Tag: 経済

中国との経済協議は前進する

中国との経済協議は前進する

日本は、中国の首都で日曜日に開催された知的財産権の保護などの問題に対処するための適切な行動をとるよう、中国に二国間経済協議を行うよう求めた。東京はまた、北京との和牛輸出の再開に必要な合意を早い時期に締結することで事実上の合意に達した。 両国はさらに、二国間関係の改善を進展させることに合意した、と10月に安倍晋三首相が訪中した際に合意した目的があると述べた。 昨年4月に東京で行われた同様の協議の後、閣僚レベルで幅広い二国間経済問題を議論することを目的としたこの第5回日中ハイレベル経済対話が開催されました。 日曜日の経済対話は河野太郎外相と中国国家評議員、そして王毅外相が共同議長を務めた。河野以外にも、5人の閣僚が出席しました。その中には、セコヒロゲゲ経済産業大臣と吉川貴森農林水産大臣が含まれています。 会談で取り上げられたテーマには、米国と中国の間の貿易摩擦の激化が含まれていました。また、日米間の係争中の問題については、中国で事業を行っている外資系企業からの技術移転の強制や知的財産権の保護などに言及した。 。中国はこれらの問題に対処するために効果的な行動をとる必要があり、日本の参加者は彼らの中国の対応者に語っていると引用された。 会議で議論されたもう一つのトピックは、次世代通信規格、5Gを含むプロジェクトに関するものでした。中国は、中国の通信機器大手Huawei Technologies Co.によって製造された製品が日本で「公正に」扱われるようにするよう日本に要請した。日本政府は、省庁が使用する通信機器の購入から、これらの政府機関がセキュリティ関連の懸念を抱く可能性のある企業を除外する計画を採択しました。最近の対話で、日本は中国に、この政策は特定の企業を念頭に置いていないと語った。 両国はまた、事実上、中国への日本の牛肉輸出を再開することを視野に入れて、動物衛生と検疫検査に関する合意を早い段階で達成することに合意した。このような輸出は、2001年に狂牛病として広く知られている牛海綿状脳症(BSE)の日本での発生以来、一時停止されています。 中国外務省によると、会談中、中国は、日本がベルト・アンド・ロードイニシアチブに積極的に参加するよう促した。 KonoとWangの会談の前の月曜日の正午頃、KonoはZhongnanhaiで中国首相のLi Keqiangと会談しました。李氏は最新の経済対話の成功を称賛した。 「両国は正しい軌道で日中関係をさらに前進させることができた」とリーは言った。 河野氏は、「日中関係には難しい問題があるが、世界規模での問題にも対処しながら、適切な対処を続けていきたい」と述べた。

解説:ほとんどの日本人は、彼らの国の最高の日が彼らの後ろにあると思う

解説:ほとんどの日本人は、彼らの国の最高の日が彼らの後ろにあると思う

  今後2年間で日本は、2019年のG20サミットと2020年のサマーオリンピックを開催することで、世界の舞台に立つことを目指す。 最近のピューリサーチセンター(Pew Research Center)の調査によると、日本への関心が高まっている中で、この大気の興奮と期待の中で、ほとんどの日本人は経済に不満を持ち、次の世代への期待を心配している。 しかし、雇用と賃金は懸念の唯一の原因です。 日本の民主主義、移民、安全保障同盟の状況に関する意見が世界第3位の経済大国の将来に関する幅広い経済に貢献している。 将来についてお聞かせください 10年以上前の世界金融危機の発生以来の日本の最高水準への公衆の満足度。 今日では、日本経済の44%が2009年から34%増加し、良好な状態にあります。そして、第3四半期の契約のほとんどは自然災害に起因していますが、経済学者は日本経済を概ね肯定的な予測にします。 しかし、日本人(55%)の大半は依然として現在の経済情勢を悪いと表現している。さらに、全員がより良いかどうかについても疑問が残っている。20年前には約4分の1の日本人(26%)のみがそうだった。 この懐かしさ - 言論の41%は今日悪化しています - 今日の日本の子供たちは、彼らの両親より財政的に良いと思うのは15%にすぎません。これは、調査対象となった25カ国(フランスのみと結ばれている)全体で最も低いレベルの楽観主義を表しています。 オートメーションとイミグレーションに関する懸念 多くの日本人が次世代に影響を与える要素の1つは自動化です。次の半世紀にわたるロボットとコンピュータが人間によって現在行われている作業の多くを行うと予想しているのは約10人(89%)だという。 その結果、74%が日本経済がより効率的になるとしているが、10人中8人(83%)が不平等が悪化するとみている。特に、国民の約4分の3(74%)は、より自動化された経済で雇用を見つけるのが難しく、大半(58%)は自動化が新しい、より賃金の高い雇用を生み出すとは考えていない。 公衆の心配にかかわらず、自動化は、国の灰色の人口と労働力の縮小に対する答えとなるかもしれません。移民の増加は、この人口動態の変化を和らげるのにも役立ちます。 ...

ゴーンの法的苦難がガバナンスの失敗を強調

ゴーンの法的苦難がガバナンスの失敗を強調

  日産の元カールス・ゴーン会長の逮捕をめぐる最大の謎の1つは、何百万ドルもの収入を何年もかけて報告していない可能性があること、そして今、疑わしい犯行を追及している理由だ。 ルノー日産三菱自動車の自動車連合を率いたゴーンは、11月19日、5年間で4400万ドルの収入を報告していない疑いで逮捕された。日産自動車と三菱は会長を務めた。フランスのRenault SAの取締役会は、それがより多くの証拠を待っていると言います。 日産は、近年コーポレートガバナンスが不足しているトップクラスの日本企業が増加している。 "ちょっと待って。誰が財務諸表を書きましたか?会計士。誰がそれらを監査しましたか? CLSA証券ジャパン株式会社の自動車アナリスト、クリストファー・リヒター氏は、監査人はこの事件について述べている。 "他の人が共謀していない限り、これをどうやってやっていますか?" 日本の検察官は、ゴーンと日産の幹部であるグレッグ・ケリー(Greg Kelly)は、飛行リスクとみなされているため逮捕されたと訴えている。しかし、不正行為の長さと規模を考えると、スキャンダルのタイミングは疑問を投げかけている。 日産はなぜ今に前進したのか、カリフォルニア州ロサンゼルスの評判管理コンサルタントのエリック・シファー氏は質問する。

第二のBrexit国民投票のために上昇したい

第二のBrexit国民投票のために上昇したい

  Brexitに対する不確実性の高まりの中、英国ではEU加盟に関する第2回国民投票の希望が高まっているが、タイミングから英語チャンネルの両側の法的複雑さまで、大きなハードルが残っている。 テレサ・メイ首相は、英国の議員たちに、1週間前に欧州連合(EU)指導者が正式に辞任したBrexitの取り引きを12月11日の議会での主要投票で取り返そうと奮闘している。 広く期待されるように投票された場合、次に起こることは非常に不確実なままである。しかし、「国民投票」の支持者は、英国人に再び考えさせる機会を開くと主張する。 アナリストのリサーチコンサルタント、TSロンバード氏は、「第2次国民投票のキャンペーンの背景には勢いが増している」と語った。 「Theresa Mayの契約が破棄された場合、それは真剣な選択肢になるだろう。 「私はそれが確率だとは言わないが、速く成長している可能性が高い」 第2回国民投票活動の最近の事例では、土曜日のプロEUのベスト・オブ・ブリテン・グループが、「労働者リーダー、ジェレミー・コブンのような主要国民議会議員」の地区を対象としたバンに対する新たな広告キャンペーンを開始した。 問題に混在したメッセージを伝えた野党の支持は、すべての選択肢が表に残っていると主張しているが、別の投票を強制する重要なものとみられる。 労働党の財務相スポークスマン、ジョン・マクドネル(John McDonnell)は、総選挙を強制することができなければ、第2次支持票を支持することは避けられないと話している。 金曜日にドナルド・タスクEUの大統領が2度目の国民投票支持者の希望をさらに強めた。 ブリュッセルのG20首脳会談で、議会によるこの措置の拒絶は、「全く契約も、全くない」という2つの選択肢を残すだろうと述べた。 アナリストによると、2番目の投票には大きな構造的障壁がある。 「政府は、実際に提案を表明し、それを支持する投票を行う必要があり、これは相互党の支持を必要とする」と、ロンドン大学のEU政治学者のニック・ライト氏は語った。 MayはBrexitを中止したり、別の投票をしたりすることを何度も否定しており、彼女の支持がなければ難しいだろう。 「不可能ではない」とフレーザー氏は指摘する。 「議会で政治的圧力があることが明らかになった場合、政府は政治的に他の選択肢を持たないかもしれない」 木曜日に行われたクロスパーティーのMP議員団は、5月のEU撤退法改正案を、Brexitがデフォルトの代替オプションとして浮上することを阻止する措置と定めた。 ...

日本首相、2019年の初めにロシア訪問 – プーチン

日本首相、2019年の初めにロシア訪問 – プーチン

  ウラジミールプーチン大統領は、G20首脳会議の後、記者会見で、安倍晋三首相は2019年初めにロシアを訪問すると述べた。 プーチン大統領は、「安倍晋三首相と来年初めにロシアを訪問することに同意したが、日本にも訪れる機会があるだろう」と述べた。 彼はロシアと日本が、1956年10月19日に両国間の停戦を樹立し、二国間の外交関係を回復させた共同宣言の議論に戻る準備ができていることを思い出した。プーチン大統領は、安倍晋三首相との間で、新たな協力メカニズムを作り出し、人道的接触と経済的結びつきを拡大することによって両国間の信頼水準を高めることの重要性を議論したと述べた。 同代表は、安倍条約の問題解決のための新たな仕組みについても同意したと述べた。新機構に関しては、我々の側から、例えば特別大統領特使が任命され、日本側からは首相の特別特使であることに同意した。このプロセスは、外相、前記。彼は、このプロセスの詳細については後で提供すると述べた。 プーチン大統領と安倍首相は12月1日、アルゼンチンのG20サミットの会合を開き、安倍晋三首相は会談で、早期の合意に基づき両国間の平和条約に署名する問題について詳細に議論したいと述べた。

トランプは、米国の赤字と日本の「非常に速い」バランスをとるよう、

トランプは、米国の赤字と日本の「非常に速い」バランスをとるよう、

  ドナルド・トランプ米大統領は、金曜日、安倍晋三首相に対し、両国間の貿易不均衡を「非常に迅速に」対応するよう促した。 トランプ氏はブエノスアイレスでメディアに公開されていたミーティングで、日本のF-35やその他の戦闘機の購入に対する評価を表明し、日本の貿易赤字を縮小した。 しかし、財政赤字を「巨額」と「実質的」と呼んでいると、トランプ氏は「われわれはそれを早急にバランスさせることを望んでいる」と述べた。 指導者たちは、両国政府が早ければ1月中旬に二国間貿易協定の交渉を開始する予定であることから、会談した。 交渉は、日本の経済活性化大臣である茂木利光とロバート・ライトハイザー(Robert Lighthizer)貿易代表部が率いる。 9月の合意にもかかわらず、アルゼンチンの首都圏で開催された20カ国首脳会議の席上で、トレードは貿易協定にサービスを含めることを要求した。 トランプは、米国との巨額の貿易黒字と慢性的な貿易黒字を批判している。彼の政権は、交渉で自動車や農業の市場アクセスを拡大するために日本を押し進めることが期待されている。 安倍晋三官房長官はまた、自由貿易と開放的なインド・パシフィックの進展に関する両国の協力の進展と、ホワイトハウスによると、エネルギーやインフラなどの分野における協力を拡大するための共通の決意を実現するための次のステップについて議論した。 彼らは、1970年代と1980年代に北朝鮮の非核化を促進し、平壌の日本人拉致問題に取り組むための共同努力を強化することに合意したと考えられていた。 インド首相ナレンドラ・モデイ(Narendra Modi)を含む別の会合で、3人の首脳は、明らかにこの地域における中国の影響力に対抗することを目指して、自由で開放的なインドパシフィックのビジョンを進めることに合意した。 3つの主要な民主主義を含む第1回首脳会談となった。

日本の小売売上高は10カ月ぶりに上昇、景気は回復

日本の小売売上高は10カ月ぶりに上昇、景気は回復

  日本の小売売上高は、消費者が燃料、自動車、医薬品、化粧品などを多く消費し、サイン会社で民間消費が経済成長の軌道に乗る可能性が高いため、10月に10ヶ月で最も速く成長した。 10月の小売売上高の年率3.5%の増加は、前年比で2.6%の増加となり、9月の2.2%の上昇に続きます。 去年12月以来の最も速い年間利益だった。 小売売上高は、日本経済の約60%を占める民間消費の強さの鍵となる指標です。 データは、厳しい労働市場と段階的な賃金の伸びを反映し、1年連続で上昇したことを確認した。 消費者物価指数は5年以上にわたる大規模な景気刺激策にもかかわらず、目標値の半分に上昇しているため、中央銀行の2%の目標に対するインフレを加速させるために民間消費の増加を期待している。 季節調整ベースでは、10月の小売売上高は前月の0.1%増加と比較して1.2%増加し、経済産業省のデータは木曜日に示された。 これは5カ月連続の増益となり、6月以来の増加となった。 世界第3位の日本経済は、第3・四半期に自然災害や輸出が低迷し、予想以上に縮小した。 しかし、工場の生産額や失業者数を含む今週のデータが急落したことで、一時的な縮小であるという合意形成の見通しが強化される見通しだ。 その反動の強さは依然として議論の余地があるものの、経済は今四半期に成長に戻ることが広く予想されている。 世界的な需要の減速と米中貿易戦争の激化は、輸出依存型の日本の見通しを曇らせている。 日本の製造業は11月に2年間で最も遅いペースで拡大し、2016年9月以来初めて新規受注が減少したと予備調査が示した。

日本、ロシア、平和条約交渉を推進するための高水準の枠組みを求める

日本、ロシア、平和条約交渉を推進するための高水準の枠組みを求める

  日本とロシアは、戦後二国間平和条約締結のスピードを上げるための高水準の協議枠組みの構築を検討している、と政府筋が明らかにした。 安倍晋三首相とウラジミールプーチン大統領は、ブエノスアイレスで開催される20カ国首脳会議の席上で、両国が条約に署名することを妨げた長年にわたる領土紛争について議論する可能性が高い。日本政府内の情報源によると、この枠組みの発足。 プーチン大統領の外交政策諮問官、ユリ・ウシャコフ、ニコライ・パトシェフ、ロシア安全保障理事会の秘書は、ロシア側を代表して浮かび上がった名前の中に、谷野正太郎安倍晋三外相、イゴール・モルグロフ外務次官。 安倍首相は最近、ソ連のシコタンとハボマイ島の日本への帰還についての1956年の宣言に基づき、シンガポールでの交渉を加速するための会合で合意した。 首相が来月1日に首脳会談のためにロシアを訪れる際のさらなる進展のための基盤を整えることを望んでいるという。 外交通商部の高官は、「(平和条約)の協議を進めている(後の)合意の後ではなく、より早く実務レベルの交渉を開始する必要がある」と述べた。 安倍長官は1956年の合意に焦点を当て、両島の移転を優先するとの見通しを示した。これは、エトロールとネパールを含む4つの紛争地域すべての地位に関する問題を解決しようとする日本の長年の政策に反するかもしれない。国政 - 平和条約に署名する前に。 河野太郎外相は、ロシアとの交渉に先立ち、引き続き政府の立場を明確にすることを拒否した。 日本の北方領土とロシア南部のクルイル族で知られている島々の領土紛争は、両国が平和条約を締結するのを妨げている。旧ソ連は、第二次世界大戦での日本の1945年の降伏に続いて、彼らを押収した。 これまで、日本の森武夫外務副大臣とモーグロフは、島嶼における共同経済活動の促進を主目的とした交渉を主導してきた。 安倍は、東京とモスクワの間の信頼関係を構築することで領土紛争の突破口を目指しており、こうした活動の一環でもある。 安倍首相とプーチン大統領は、11月14日にシンガポールで開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国の会合の枠組みの中で、最新の1対1の会合を開催した。

日本とヨルダンは安全保障協力を強化することに合意

日本とヨルダンは安全保障協力を強化することに合意

  安倍晋三首相とヨルダン国王のアブドラ2世は、東京で、テロと過激派との闘いにおける両国の外交安全保障協力の強化を約束した。 会談では、安倍晋三首相と二国間外相会談、上級外交官と国防当局との協議を開始することで合意した。 安倍晋三官房長官は、「政治、安全保障、防衛、過激派に対する対策など、ヨルダンとの対話と協力を強化し続ける」と語った。 麻生総理は、陸上自衛隊の陸上自衛隊練習場を訪問し、陸上自衛隊の訓練を実施した。 日本が主催したこの訪問は、イスラム過激派のグループと戦っている米国主導の連立に加わったヨルダンとのテロ対策協力を強化するという東京の関心を示している。 安倍晋三首相は会談で、ヨルダンに近隣のシリアから130万人の難民を受け入れた後、財務状況を改善するために最高3億ドル相当の低金利ローンを提供することを約束した。 「日本は引き続き、それが非常に強く信頼できるパートナーであることを実証しており、我が国に対する難民の影響を緩和するための支援に感謝している」と述べた。 安倍長官は、中東和平プロセスにおける協力を再確認した。ヨルダンは経済連携によるイスラエルとパレスチナの平和の促進を目的とした日本主導の「平和と繁栄のための回廊」開発プロジェクトの一環である。

台湾、今年の年次貿易協議の後、MOUを締結する

台湾、今年の年次貿易協議の後、MOUを締結する

  台湾と日本は、両国の中小企業(SEM)の協力を強化する目的で、木曜日と金曜日の台北での年次経済貿易会議の後、5つの覚書(MOU)にサインする予定である。外務省(MOFA)が水曜日に発表した。 木曜日の台北アンバサダーホテルで閉幕会が始まります。 日台関係協会(TJRA)の崔義一(邱義仁)、日台交流協会(JTEA)会長の大橋光夫(大橋光夫)は、各国代表団を議論に導く経済・貿易問題に関する幅広い議論を行っている。 台湾は、日本が率いる広大な太平洋貿易協定である、太平洋横断パートナーシップ(CPTPP)の包括的かつ累進的な合意に加わることへの関心を表明することが期待されている。 一方、日本は、2011年3月11日の福島第一原子力発電所の災害による放射性降下物の影響を受けた日本の5県からの食糧輸入禁止措置を台湾が撤回することを期待している可能性が高い。先週の土曜日禁止。 12月には11ヵ国の貿易協定が発効し、2019年1月にCPTPP閣僚級会合が開かれ、新会員の加盟交渉が開始される予定です。 台湾と日本は、金曜日の経済・貿易協定が結ばれた後、中小企業間の二国間交流と協力を促進し、医療機器の質を向上させるための5つの覚書を締結する予定だという。 1976年に初めて開催されたこの年次会議は、二国間の経済貿易協力と両国間の交流を強化するように設計された。 昨年の東京での会合では、TJRAとJTEAは関税協力と文化交流に関する2つの覚書(MOU)に署名した。

Page 1 of 7 1 2 7

Translate

Popular Post

日本、中国、韓国に食料輸入禁止措置の解除を求める

  日曜日に日本の吉川高森農務大臣は福島や他のいくつかの都道府県で作られた食物の輸入禁止を解除するように中国と韓国に要求しました。 吉川は、中部日本の新潟市で行われた二国間会合で、彼の中国の対応者であるハン・チャンフ氏と韓国の農業大臣のリー・ゲホ氏に依頼した。 吉川はまた、土曜日からの20人の農業大臣のグループの2日間の集会のサイドラインで開催された会議で、中国で猛威を振るっているアフリカの豚熱との闘いで北京とソウルとの協力を確認しました。 2011年3月の地震と津波を契機に、東京電力ホールディングスの<9501>福島第1発電所での原発事故による近隣諸国の禁止措置が導入されました。 中国は福島、宮城、茨城を含む10県で作られた食品の輸入を禁止し、韓国の禁止は福島、青森、岩手を含む8県からの水産物を対象としています。

Read more