Tag: 第二次世界大戦

河野の目は失速した和平交渉を復活させるために5月にロシアを訪問

河野の目は失速した和平交渉を復活させるために5月にロシアを訪問

河野太郎外相は5月にロシアを訪問し、第二次世界大戦からの敵対行為を正式に終結させるための和平条約交渉を救済することを望んでいる、と情報筋は述べている。 訪問が進むならば、Konoは戦争の衰退した日にソビエト軍によって押収された領土の復帰への道を開くことができる突破口に達することを期待して2月以来3回目の彼のロシアの相手であるSergei Lavrovと会うでしょう。 両国の外務大臣と防衛大臣は、5月下旬に2対2会議として知られる会議で東京で会談を行う予定です。ラヴロフはまた別の会議のために河野と会う予定です。 しかし、日本政府は、河野とラヴロフの間の追加の会談が6月に日本で予定されている首脳会談からの明白な結果を発表するために安倍晋三首相とロシアのウラジミールプーチン大統領に役立つことを決定しました。 河野首相は4月22日に東京で外務大臣の外務大臣と反対側のイゴール・モルグロフとの間で実務レベルで交渉した後、5月11日から12日までロシアを暫定的に訪問する予定だ。 安倍首相とプーチン大統領は、昨年11月に和平条約に向けた協議を加速するために会談したときに合意した。 翌月、安倍首相は平和条約交渉を監督し、実務交渉を森氏に任命するため、河野氏を指名した。 安倍首相は、日本が北方領土と呼ぶ北海道沖の4つの紛争島すべてで​​はなく、2つの島の帰還を求めることから切り替えたが、ロシアはこの問題についてより厳しい方針を採用した。 日本の外交官によると、モルグロフは森が日本に第二次世界大戦の結果として4つの島が合法的なロシアの領土になったことを認めなければならないと繰り返し言わなければならなかったと繰り返し言いました。 ロシアは日本列島の「固有の部分」であるため、ロシアがノーザンテリトリーを違法に占領してきたという長年の立場を守りながら、日本はロシアの要求を拒否した。 この問題に関する両国間の認識のあいまいなギャップがデッドロックを引き起こした。 安倍首相は当初、プーチン大統領との会談中に和ロシアが和平条約について合意し、6月に首脳会談を控えて開催されるというシナリオを策定した。 しかし、ロシアがしっかりしているので、安倍政権内の多くの当局者は、次回の安​​倍プーチン会議ではロシアとのより広範な合意はありそうもないという考えに辞任している。 それでも、政府はロシアとの「できるだけ多くの連絡先」が現時点で可能な限り最善の政策アプローチであると判断したため、Konoをモスクワに派遣することになりました。 政権はまた、7月の参議院選挙に先立ってこの問題の進展を証明したいと考えている。

伝統の重荷に立ち向かう新帝国カップル

伝統の重荷に立ち向かう新帝国カップル

日本にやって来る皇帝である鳴仁皇太子は、宮殿の厳格な規則から家族を守ることを含め、世界最古の君主制の中で伝統と彼自身の現代的価値のバランスをとるという微妙な課題に直面しています。 59歳の相続人は、特に彼の妻マサコが帝国生活に順応するのに苦労していたように、時々苛酷な生活様式に課せられた生活様式を批判することについて恥ずかしがり屋ではありませんでした。 そして彼の人気のある父、アキヒトのように、彼は日本の20世紀初頭の軍国主義を軽視することなく、「正しく」第二次世界大戦を覚えておく必要があると警告しました。 1960年2月23日生まれのナルヒトは、彼の両親や兄弟と同じ屋根の下で育った最初の日本の王子でした。 彼は日本で歴史学位を取得した後1980年代にオックスフォード大学で2年間学び、伝えられるところによればアメリカの女優ブルック・シールズのポスターで彼の住居を飾った。イギリスでは、彼は日本の王室生活のいくつかの厳格さを放棄することができ、他の学生や英国の王室と混ざり合っていました、そして彼はその時代を好んで話しました。 1993年、彼は5月にナルヒトが菊の王位に就任したときに皇后になる大和田雅子と結婚した。外交家族の娘で、ハーバード大学とオックスフォード大学で教育を受けたマサコは、王室の家族と結婚するために彼女自身の有望な外交キャリアを後にしました。 Naruhitoは、彼女が移行を行ったときに「任意の費用で彼女を保護すること」を約束しました、そして、Masakoは彼女が彼女自身のキャリアを犠牲にしたことを説明しました。 しかし、彼女は家族の中での独占的な生活に順応するのに苦労しました。彼女はまた、日本の帝国継承が女性を排除しているので、息子を産むことに大きな圧力をかけられました。この精査は、2001年に娘の愛子姫(夫婦の唯一の子供)を産んだ後に初めて激しさを増しました。 2004年、ナルヒトは、前例のない公の発言で、宮殿の葬儀手が彼の妻の人格を非難したと非難した。 「私にとって、マサコは過去10年間にわたって王室としての生活に自分自身を適応させるための彼女の努力に疲れ果てているようです…それはマサコの元キャリアを否定することになる何かがあったことも事実です」と彼は言いました。 彼はマサコを「彼女は外交官としての仕事を辞めたにもかかわらず、彼女が外国を訪問することはほとんど許されないと憤慨した」と述べた。 同じ年に、宮殿は、マサコがほとんどすべての結婚のためにストレス誘発性の「適応障害」の治療を受けていたことを明らかにしました。 なる人は後で彼の発言を謝罪したが、彼は現代に合うように "新しい王国の義務"を求めた。 マサコへの圧力は、義理の姉が2006年に息子、現在12歳の久仁王子を出産したときにやや緩和されました。 ナルヒト氏はまた、第二次世界大戦における日本の役割の修正主義に反論し、父親の指導に従って、安倍晋三首相のナショナリズムの叱責としての見解を示した。 「戦争の記憶が薄れつつある今日、私たちの過去を謙虚に振り返り、惨めな経験と戦争を知っている世代から受け継いだ世代への日本の歴史的な歩みを正しく伝えていくことが重要だと思います。 t、「彼は2015年に言った。 成仁と雅子は、現在の帝国の夫婦によって作られた慰安婦の役割を追求することが期待されています。 名古屋大学の助教授であり、日本の歴史専門家である川西秀也氏は、「彼らはおそらく国民と並んで立っている ...

歴史を形づくる:新しい帝国時代の名前が日本で大いに登場

歴史を形づくる:新しい帝国時代の名前が日本で大いに登場

日本では、皇帝の時代にはそれぞれ独自の名前が付けられています - コイン、公式の事務処理、新聞などの場所に登場します - そして4月末に棄権が起こり、新しい "gengo"がどうなるかについて憶測が渦巻きます。 西洋暦は日本で広く普及していますが、ここで多くの人々はgengoの観点から年を数えるか、または2つのシステムを互換的に使用します。 1989年に始まった秋人皇帝の明治時代は、平成31年の2019年です。 新しい時代の名前は、5月1日に鳴子皇太子の治世が始まった頃の日本にとって、実質的にも心理的にも大きな変化の一つです。4月30日に、秋人は多くの日本人の心の時代を終えます。 メディアの報道によると、この新しい名前はあまりにも秘密であるため、この決定に関与した政府高官は彼らの携帯電話を放棄し、放送されるまで隔離されたままでいなければならない。 コンピュータシステムや事務処理に主にgengoを使用している市役所や政府機関は、不具合を回避するために数カ月間準備を進めています。 移行を容易にするために、当局は、4月1日、月の早い時期に、学者によって提案された短いリストから内閣が選択する2つの漢字を発表する予定です。 「私たちは約1年間この変更に取り組んできました」と、東京の郊外にある三鷹市の役人であるシズメツカサ氏は語りました。一ヶ月のリードタイムは十分であるべきだ、と彼は言った。 富士通とNECは、スイッチがシステムをクラッシュさせないようにするための支援をしてきました。 NECの役員である上田俊一氏によると、プログラムは簡単に元に戻すことができるように設計されているという。 「人々が自分のコンピュータシステムをテストしたいのなら、彼らは試用版gengoを使ってそれがうまくいくかどうかを確かめることができる」と彼は言った。 ほとんどの大手企業は彼らのコンピュータシステムに西暦を使用しているので、それほど彼らに影響を及ぼさないであろう、中小企業はいくつかの問題にぶつかるかもしれないが、彼は言った。 東京の港区では、職員たちは何千もの文書で平成を締め切り、その上に新しい原語をスタンプします。 ナショナルムード 時代の名前は、多くの日本人にとって年数を数える単なる方法ではありません。 ...

プーチン大統領は、安倍首相と取引をする力を持っていない

プーチン大統領は、安倍首相と取引をする力を持っていない

火曜日に安倍晋三首相がモスクワを訪問したことで、ロシアと日本が和平条約で正式に第二次世界大戦を終結させる機会の幅は再び突破に至らなかった。安倍首相が遺産を守るための時間はまだあるが、プーチン大統領の国内での不安定な立場に大きく左右される。 プーチンとアベが11月に会ったときに書いたように(火曜日の会議は25日でした)、両首脳はこれまで以上に取引を必要としています。安倍にとって、第二次世界大戦の終わりにソビエト連邦が日本から没収された島々をめぐるロシアとの紛争の終結は、彼が任期を尽くし、日本で最も奉仕する首相になるために必要な大きな勝利となるでしょう。ロシアと中国の間のくさびは、一緒になって日本の安全保障にとって最大の脅威となっています。 プーチン大統領にとって、日本との合意は戦略的にも戦術的にも有益であろう。ロシアの極東の発展は大統領の戦略的優先事項の一つであり、彼は日本の支援を得てこの地域における中国の役割の増大を相殺することを望んでいる。プーチン大統領は生産的な外交政策の考えから外れているようであり、日本とのより緊密な関係を築くことはいくつかの刺激的な機会を提供するであろう。非侵略的保証を含むであろう和平条約を交渉することは、日米軍事協力を損ない、そしてロシアを経済的に孤立させるという米国の試みを弱体化させる可能性がある。 これらの動機はまだありますが、ゴーディアンノットを切り開く瞬間は、少なくとも一時的には過ぎ去ったようです。プーチン大統領は、やや意外なことに、彼の大統領としてのキャリアの中で最悪の瞬間を生きている。ロシアの経済成長は停滞しており、再開するための明白な方法はありません。昨年、ロシアからの資本流出は675億ドルに達した、と中央銀行は先週報じた。それは2017年の約3倍であり、2014年、クリミア併合の年、そして原油価格の壊滅的な年以降のほとんどです。 最近ではプーチン大統領は外交政策の成果をわずかしか得点しておらず、強力な国内プロパガンダ機によってウクライナと中東に関するメッセージが何度も何度も集まったことは以前よりも興味を引かない。 2018年、両国営テレビチャンネルは視聴率を失いました。代わりに、ロシア人はインターネットに頼ることが多く、多くの場合、ソーシャルネットワークで広まっている暗い噂に頼っています。最近の、特にしつこい話は、当局が39人が死亡した製鉄所の都市マグニトゴルスクでのガス爆発として説明したものは実際には隠蔽が続くテロ攻撃であると主張している。 したがって、プーチン大統領の人気は低下し続けている。クレムリンのチームは、定年退職後のハイキングで明らかな打撃を受けた後、2013年の水準でボトムアウトすると期待していましたが、それは起こりませんでした。クレムリンに忠実な世論調査機関VCIOMによる1月の世論調査では、ロシア人の33.4パーセントしかプーチン大統領に信頼を寄せていないことを示した。それは2006年以来の最低レベルです。プーチン大統領が3月に厳しく管理された「選挙」に再び参加したため、VCIOMは57%を超える信頼水準を報告した。 プーチン大統領が今必要としている最後のものは、ロシアが領土を放棄することを要求する日本との協定によって助長される不安定性である。プーチン大統領と安倍首相は、1956年にソ連と日本が署名した、シコタン島とハボマイ島を日本に引き渡すことに合意した共同宣言の条項に戻ることを議論した。日本はさらに2つのもっと大きな島、エトロフとクナシリを望んでいます、しかし、安倍は1956年の条件でサインオフする彼の意欲を示しました、そして、彼はそのために国内の支持を持っています。しかし、ロシアでは、いかなる土地の引渡しも非常に人気がありません。レバダセンターによる11月の世論調査によると、国の最後の大きな独立した世論調査によると、74%のロシア人は日本に島のいずれかを持たせています。 プーチン大統領はまだ取り引きをすることができたが、彼はそれを相殺するためにもっと人気のあるイベントを必要としていた。クレムリンはベラルーシとの緊密な結束を推進してきました。それは本質的に単一の通貨、共有された司法制度および他の国家の属性によって、両国の単一の国家を創造するでしょう。しかし、ベラルーシ大統領アレクサンドル・ルカシェンコはこれらの計画(彼の国では不評です)に頑固に抵抗して、彼がロシアとの同盟を弱めて、圧力が高まり続けるならば西側で助けを求めると合図しました。 プーチン大統領が安倍首相に何かを譲渡する瞬間ではない。そのため、今月初め、ロシアのセルゲイラブロフ外相は、日本との会談後、紛争中の島々に対するロシアの主権を平和の前提として認識する必要があると述べた。これは安倍首相には受け入れられないが、ロシアは領土を引き渡すことを約束したことはなく、紛争地域の共同開発など、あらゆる種類の妥協案について議論することを好む。 日露協議が急速に進展しなかったからといって、必ずしもこれまでの協議がすべて終わってしまったということにはならない。双方はまだ取り引きを必要としています。彼らはそれに取り組んでいて、もっと時機を得た瞬間を待っているでしょう。しかし、プーチン大統領が衰退している国内政治的魔法は、彼が安倍首相が彼が切望する勝利を主張するのに間に合うようにそれを創造することができるかどうか疑わしくする。

ロシアは第二次世界大戦の結果を認識するよう日本に要求する

ロシアは第二次世界大戦の結果を認識するよう日本に要求する

  ロシアのセルゲイラブロフ外相は水曜日、モスクワが数十年にわたる領土紛争を終結させるための協議で日本に最終通告を課したが、第二次世界大戦の結果を認識するよう東京に求めたことを否定した。 第二次世界大戦の末期にソビエト軍によって捕獲された島々をめぐる紛争を終結させることを望んでいるロシアとの和平協定を求めている。 この島はロシアのサザンクリュレスと日本のノーザンテリトリーとして知られており、日本の安倍晋三首相はモスクワとの交渉に反対する外交キャンペーンを開始した。 ロシアは、和平交渉が進展する前に、東京が島に対するロシアの主権を認識しなければならないと言います。 「これらは前提条件ではありません。日本が世界で唯一の国であるとは言えない理由を理解するための努力です」とラヴロフ氏は記者会見で語りました。 河野太郎外相は月曜日にラブロフとモスクワで領土紛争について話し合い、安倍晋三は1月22日にプーチン大統領と会談する予定だ。 ラヴロフ氏は、ロシアと東京との関係を正常化させたいとの意向は、領土紛争と和平協定に関する協議を強化することで合意したと述べたが、両者には大きな違いが残っていると述べた。 世論調査によると、ほとんどのロシア人は島を日本に引き渡すことに反対しており、ロシアの民族主義者たちは今週末にモスクワでデモを行う予定で、領土を維持するようクレムリンに要求している。

11月の日本の機械受注はほぼ横ばい

11月の日本の機械受注はほぼ横ばい

  民間部門の中核的機械受注は11月の前月比でほぼ横ばいであり、世界経済へのリスクの中で企業の投資意欲が低下している可能性があることを示唆している。 内閣府によると、設備投資の先行指標として見られる受注は、10月の7.6%増に続き、0.02%減となった。 設備投資は近年の日本経済の重要な原動力となっており、第二次世界大戦後の最長の拡大局面を記録する可能性があります。 しかし、米国と中国の間の貿易の緊張が高まり、英国が欧州連合から脱退しようとする激しい試みは、企業の消費意欲に食い込み、世界的な成長の減速に対する懸念を引き起こしています。 内閣府の関係者は、船用や電力会社からのボラティリティの高さから、機械受注を除いて、「これまでの上昇傾向にはない」と述べた。受注高は8,631億円(79億ドル)となりました。 このうち、製造業からの受注は、非鉄金属業界からの需要の減少を受けて、6.4%減の3,957億円となりました。 非製造業部門では、船舶および電力会社向けを除くと、輸送および農業業界からの受注が増加したことにより、前年同期比2.5%増の4,650億円となりました。 国内公共部門からの受注は264.9億円(前年同期比26.8%減)、海外からの受注は1兆26兆円(同18.5%増)となりました。

日本の安倍晋三はロシアとの和平条約を推進すると言う

日本の安倍晋三はロシアとの和平条約を推進すると言う

  安倍晋三首相は、第二次世界大戦中に島の集団について始まった数十年にわたる領土紛争を正式に終結させるために、ロシアとの和平条約に向けて前進することを誓いました。 安倍首相は今月末、ロシアのウラジミール・プーチン大統領と会談し、決勝戦でソビエト軍に襲われた4つの吹きさらしの島々での不一致を終わらせることを目指した。 「今月中にロシアを訪問し、和平条約に向けた議論を進めるつもりだ」と彼は金曜日に西部の都市伊勢での記者会見で語った。 同問題については、70年以上も「まったく進展していない」と述べた。 安倍首相は、合意の保証はないが、両国は過去2年間にわたり、島に関する問題について、そして経済的にも「これまでにないほど」協力してきたと述べた。 数十年前の論争 ロシアと日本の間の紛争は70年以上前に始まった。1945年の第二次世界大戦末期にはソビエト連邦が戦略的に配置されたクリルの島々の鎖を占領した。 両国は、ロシアのサザンクリルと日本のノーザンテリトリーとして知られている4つの島のグループを主張し、それによって彼らが平和協定に署名することを妨げています。 プーチン大統領は9月、ウラジオストクでの会議で日本の指導者たちとのステージで、「何の前提条件もなしに」平和条約に署名することを提案し、安倍首相を逮捕した。 安倍首相は後にこの提案を棄却し、主権の問題は最初に解決しなければならないという日本の立場を繰り返した。 彼は11月にシンガポールで再び会った後、彼らが平和条約の締結後にモスクワが2つの小さな島を日本に移すことに合意した1956年の共同声明に基づいて交渉をスピードアップすることに合意したと記者団に語った。 安倍首相は金曜日、「私たち二人は、これを他の世代に引き出すことを望んでいない」と述べた。 プーチン大統領と安倍首相は、島々をめぐる紛争を解決するために過去に何度も会議を開いた。 昨年、日本は戦略的地域でミサイル能力を拡大することを決心しました。これはロシアを心配させた動きです。

月例労働問題を解決する日本との会談に熱心な月

月例労働問題を解決する日本との会談に熱心な月

  ムン・ジェイン韓国大統領は、すでに脆弱な外交関係を崩壊させる恐れのある別の話題を阻止するために、戦時労働問題について東京との会談を受け入れているようだ。 最近の一連の韓国の最高裁判決は、第二次世界大戦中に日本の鉱山、工場、造船所で働く韓国人に日本企業に補償を命じた。 ムーン氏は、両国の関係を改善したいと望む日本の国会議員たちと会いながら、彼の意見を明確にした。 12月14日の会議には、日本と韓国の関係に取り組む国会議員のリーグを務めている野中福生が参加した。 ムーン氏は、1965年の両国間の関係を正常化させるという二国間協定が有効である一方で、「補償を求める個人の権利は存在しなくなっていない」と述べた。 多くの日本の議員は、ムン氏も外交関係を不安定にしている問題の解決策を模索するために二国間協議の必要性に触れたと述べた。 日本政府は、1965年の不動産の決済に関する合意と戦時期の補償問題が解決されたと主張する主張を使用している。同時に、政府は、補償を求める個人の権利も消滅したと主張するまでは行っていない。 韓国最高裁判決は、第二次世界大戦中の雇用が朝鮮半島の日本の植民地支配自体が違法であったことから、非人道的かつ違法行為であったため、原告は日本企業から慰安金を求める権利を持っていると述べた。 ムン氏は、韓国大統領府の関係者によると、韓国政府は権力分離の観点から最高裁判決を尊重すると日本の議員に語った。また、韓国政府は徹底した議論を経て問題に対処する方策を模索すると述べた。 日本代表団との関係者によると、ムン氏は、1965年の二国間協定と最新の司法解釈の間に今存在するギャップを克服するために、日本との協議を開始したいと表明したと述べた。 ムーン氏のコメントは、自分が見つけた繊細な立場を反映している。 個人は補償を求める権利があると指摘していたが、日本側には具体的な行動を求めなかった。 これは、ムーン氏が韓国人の戦時労働者の要求に共感していることを韓国人に感銘したいと考えているが、彼は日本を敵対することを望まず、より深い外交上の亀裂を引き起こしたくないということを示唆している。 ムー日長は、韓国政府が戦時労働者を満足させる措置を取るために奮闘しているため、問題に対処し、日本との措置を取る方法を明らかにするために、より多くの時間を望んでいる。 同時に、両国間の関係が下方にスライドしているという兆候がすでに出ている。 日本との関係を改善しようと努めている韓国のある国会議員が12月14日にソウルで訪問した日本代表団との合同会議を開催した。しかし、珍しい動きとして、安倍晋三首相は祝辞を述べなかった。 首相がスピーチを読むことは、これまでのところ、通常の慣行であった。 一方、菅首相は、12月14日の東京での日刊紙記者会見で、韓国政府が最高裁判決を尊重するとのムーン氏の声明についてコメントすることを拒否した。

河野、ラブロフが日本・ロシアの平和条約交渉を率いる

河野、ラブロフが日本・ロシアの平和条約交渉を率いる

  日本とロシアの外相は、平和条約締結のための新たな交渉の枠組みを進めるだろうが、紛争地域に対する主権は、この目標を達成する上で大きな障害となっている。 安倍晋三首相は、12月1日にブエノスアイレスで開催されたロシアのプーチン大統領との会談で、首脳会談の席上で新たな枠組みに関する合意に達した。 プーチン大統領は、安倍晋三首相との会談後の記者会見で、「将来の相互作業と信頼水準の向上のための補完的メカニズムを作り出すことに合意した」と述べた。 最近の動きは、1956年の両国の共同宣言に基づく平和条約交渉のスピードを速めるために、11月14日のシンガポール協定に続くものである。 今までは、第二次世界大戦の終わりにソ連軍に押収された北海道沿岸の4つの小さな島であるノーザン・テリトリーでの紛争を突破するために、ロシアの関係者と交渉するために様々な特別補佐官を使用してきた。 しかし、現在、平和条約の締結に焦点を当て、河野太郎外相とロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、外務省の権限の下にある条約に関する交渉を担当する。 ナッツとボルトの交渉は、麻生外務次官(外務次官)とロシア副大臣イゴール・モルグロフ(Igor Morgulov)が担当する。 河野氏とラブロフ氏は記者たちに説明した政府関係者によると、1月にロシアを訪問する前に、新しい枠組みの下で会合を開く。 さらに交渉は、2019年6月までにG20サミットが大阪で開催される予定で、プーチン大統領の出席が予定されていることから、原則として2人の外相と補佐官による交渉が行われる。 日本は、平和条約に調印する前に、ロシアが4つの紛争島を返還すると主張してきた。 しかし、シンガポールの合意は、ロシアに1956年宣言に明記されているように、ハボマイ諸島とシコタンの2つを返還させるという最初の交渉に焦点を当てるという、アベの意図を示した。 しかし、プーチン大統領は、安倍晋三首相と会談した直後のシンガポールでの記者会見で、1956年の宣言は、どの国がハボマイとシコタンに対して主権を持つのか明らかにしていないと述べた。 ロシアとの交渉で主権をめぐる違いだけが固執する点ではない。 最近のロシアのウクライナ船の最近の押収によって引き起こされたロシアと米国のますます緊密な関係もまた、日露の会談に大きな雲を投げかける可能性がある。 安倍長官はプーチン大統領に対し、ハボマイとシコタンが日本に帰還すれば、これらの島には米軍基地は許されないと語った。 しかし、モスクワは、米国が日本との共同治安協定をどのように実施したいかに関する制限を拒否することができることを踏まえ、その約束について確信することはできないかもしれない。 日本とロシアは、領土紛争を解決し、結果の道のりではほとんど示唆していない平和条約に署名するために様々なチャネルを試みた。 このような事例の1つは1998年で、両国の外相が領土紛争を議論する共同委員長を務めた時であった。しかし、その委員会は問題の解決に失敗した。 ...

英米から日本兵の遺族へ日章旗3枚の返還が実現 滋賀

英米から日本兵の遺族へ日章旗3枚の返還が実現 滋賀

  第二次世界大戦中に米国兵や英国兵が戦地から持ち帰った日章旗(寄せ書き日の丸)3枚が5日、滋賀県から出征した日本兵3人の遺族に返還された。同県彦根市の県護国神社で返還式が行われ、元米兵の遺族らが日章旗を持参。70年以上を経て「里帰り」を果たした。 日章旗の持ち主は、フィリピン・レイテ島で22歳の時に戦死した三宅孝雄、同・ミンダナオ島で28歳で亡くなった中野義良、インドで25歳の時に死亡した中嶋康平-の3氏。 来日した元米兵の遺族、ジェニファー・トリップさん(42)ら4人の家族と、旗を所持していた英国のアンドリュー・クレアさん(54)ら夫妻が、3氏の遺族に手渡した。 トリップさんは「過去の痛み、恨みを持ち続けるべきではない。友情の証として返還する」と話した。 三宅氏の弟、三宅信雄さん(81)=同県長浜市=は「『せめて旗だけでも帰したい』と兄が願ったのではないか。その願いが通じて帰って来られたのだと思う」と感慨深げに語った。

Translate

Popular Post

2018年に日本の山に座礁した記録3,129

  木登りやウォーキングなどの活動でブームが続いている中、記録的な3,129人の人々が昨年の日本の山々に取り残されたと、警察の報道は明らかにした。 事故件数は78件から2,661件に増加しましたが、1961年に比較可能なデータが入手可能になって以来、過去最高を記録しました。 これに対し、警察庁によると、死者や行方不明者の数は12人から342人に減少し、そのうち70%以上が60歳以上であるという。 全体では、50.5%の人が立ち往生し、71.9%の人が死亡したか、まだ行方不明になっていますが、60歳以上でした。 最大の苦痛を抱えているのは70歳以上の人で、698人(22.3%)で、60代の人は692人(22.1%)、50代の人は486人(15.5%)でした。 死者と行方不明者のうち、110、32.2%が70代、101、29.5%、60代、42、12.3%が50代でした。 活動別では、385(12.3%)が野生の野菜やキノコを選んでいました。 報道によると、ゲレンデ外スキーの間に合計111人の海外観光客が立ち往生していた。 都道府県別では、長野が297で最も多く、北海道が201、東京が147となっています。 78.4パーセントのケースで、立ち往生している人々は助けを求めるために携帯電話または他の通信機器を使用しました。 2013年以降、事故の数は毎年2,000件を超え、警察は人々に適切なルートの計画と必要な装備品の装着を促しています。

Read more