Tag: 田中圭

田中圭、妻・さくらとの結婚秘話語る「授かり婚だったのでいろんな選択肢あった」

田中圭、妻・さくらとの結婚秘話語る「授かり婚だったのでいろんな選択肢あった」

  俳優の田中圭(34)が1日、日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン」2時間スペシャル(後7・00)に出演。妻で女優のさくら(35)との結婚を決めた理由を明かした。 田中とさくらは2011年8月31日に入籍。当時、さくらは妊娠5カ月だった。 田中は当時を回想し「僕は授かり婚だったのでいろんな選択肢があった」と率直に告白。「仕事もまだまだしていきたいし、人気も欲しいし、もっとモテたいし、もっと遊びたい。やりたいことがいっぱいありすぎて選べなかったから“自分が今失って一番嫌なものって何だろう?”って思ったときに、それが嫁だった」と結婚を決意した理由を語った。 田中の告白に「かっけぇ~」と声をそろえる共演者たち。ナインティナイン・岡村隆史(48)は「今のぜんぶカットしてね!」とスタッフに要求していた。

「ゴチ」新メンバーは田中圭 大杉漣さん後継で初のシーズン途中加入

「ゴチ」新メンバーは田中圭 大杉漣さん後継で初のシーズン途中加入

  バラエティー番組「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の人気コーナー「グルメチキンレース ゴチになります!(ゴチバトル)」に新メンバーとして俳優の田中圭さんが加入することが13日、分かった。同日放送の番組内で発表された。2月に急逝した大杉漣さんの後を継ぐ新メンバーで、番組初となるシーズン途中からの加入となる。 田中さんは番組に「ホワイトタイガー」の特殊メークで出演。番組終盤で素顔を公開すると、「(新メンバーになることは)すごく光栄なことだと思いますし、漣さんの遺志を継いでここに来られたのもすごく光栄ですし、何とか最短のクビを免れて、皆さんと仲良くなりたいなと思っております」と意気込みを語った。  「ゴチバトル」は、レギュラーのゴチメンバーとゲストが高級レストランでメニューの金額を見ずに注文。設定金額から最も遠かった参加者が全員の合計金額を自腹で支払うルール。また、1年間の通算自腹額が最高額のゴチメンバーはコーナーを“クビ”にされ、翌年から新メンバーが加わる。2017年末のスペシャルで人気グループ「TOKIO」の国分太一さんとお笑いコンビ「ナインティナイン」の矢部浩之さんが“クビ”となり、18年からは人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと女優の橋本環奈さんが新メンバーとして加入。しかし、メンバーだった大杉さんが2月に急逝。上川隆也さんらこれまでのメンバーが週替わりで代理を務めていた。  新メンバーについて、番組の公式サイトでは「背が高くて手が奇麗」「初めての人には威嚇しちゃうけど本当はフレンドリー」「球技が大好きで俊敏に動き回る」と連日新メンバーのヒントを公開していた。 これまでのゴチメンバーの変遷(敬称略)  1998年10月~2000年 <ゴチ1> 岡村隆史、矢部浩之、国分太一、出川哲朗  2000年~2001年 <ゴチ2> 岡村、矢部、国分、出川  2002年 <ゴチ3> 岡村、矢部、国分、出川、中島知子  2003年 <ゴチ4> 矢部、国分、出川、中島、セイン・カミュ  2004年 <ゴチ5> 岡村、矢部、国分、船越英一郎、中島  2005年 <ゴチ6> 岡村、矢部、国分、船越(新メンバー入れ替え戦で復帰)、中島  2006年 <ゴチ7> 岡村、矢部、国分、船越、優香  2007年 <ゴチ8> 岡村、矢部、国分、船越、井上和香  2008年 <ゴチ9> 岡村、矢部、国分、船越、森泉  2009年 <ゴチ10> 岡村、国分、船越、森、江角マキコ  2010年 <ゴチ11> 岡村、矢部、国分、江角、佐々木希  2011年 <ゴチ12> 岡村、国分、江角、佐々木、田山涼成  2012年 <ゴチ13> 岡村、矢部、国分、江角、杏 ...

ここにも『おっさんずラブ』効果 田中圭の写真集が発売1年半で2度目の重版決定

ここにも『おっさんずラブ』効果 田中圭の写真集が発売1年半で2度目の重版決定

  きのう2日に最終回を迎えたテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』。“この春いちばんピュアな恋愛ドラマ”として、回を重ねるごとに話題が話題を呼んでいたが、その余波が主演の田中圭にも押し寄せているようだ。一昨年12月に発売された写真集『田中圭 PHOTOBOOK「KNOWS」』(東京ニュース通信社)が、発売から約1年半を経て2度目の重版が決定したことが3日、わかった。 同ドラマで、田中は主人公の春田創一として、おっさん乙女部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、ドSイケメン後輩・牧凌太(林遣都)との三角関係を熱演。韓国・台湾・香港でも「イケメンなのに顔芸がスゴい」と評判で、現地版Wikipediaにも項目が作られるなど、今もっとも勢いのある日本人俳優となっている。このタイミングで田中の知られざる素顔や正直な想いを語ったロングインタビューなどが収録された写真集に、改めて熱いリクエストが寄せられ、今回の重版にいたった。 写真集の撮影は、出演舞台『夢の劇 ドリーム・プレイ』の楽屋からスタート。同作の長野・松本公演や、広島・因島で行われたドラマ収録にも帯同し、普段見せることのない“OFF”な表情をドキュメンタリータッチに収めている。神奈川・横須賀のビーチでのBBQ大会や親友である俳優・鈴之助との北海道旅行、仲間たちとのバスケットボールなど、完全プライベートな場所にも密着し、写真集の最後には、自らつづった約5000字におよぶ「あとがき」が掲載されている。 同写真集の刊行を記念して行われたイベントでは、通算4冊目となったことを受け「生涯最後の写真集」と示唆し、「今年2冊目なので、もうよくないですか? 俳優さんってあまり写真集出さないでしょう…」と戸惑いの表情を浮かべていた田中。これから、ますます注目を集めそうだ。

Translate

Popular Post

羽生は彼の新しい記念碑が仙台を訪問することを願っています

フィギュアスケート選手の羽生柚鶴は4月20日に故郷の覇者として故郷に戻り、平昌オリンピックで金メダルを祝う記念碑の前でポーズを取った。 4月20日に市の青葉区で開かれた式典で、羽生さんは「碑が仙台への観光客の流入を刺激することを願っている」と語った。 この作品は4月29日に地下鉄の国際センター駅に設置される予定です。 駅にはすでに他に2つの記念碑があります。1つは2014年ソチオリンピックで羽生が金メダルを獲得したことを示し、もう1つは2006トリノオリンピックで荒川静香の金メ​​ダルを祝うものです。荒川は仙台で育った若い頃を過ごした。 Hanyuの新しい記念碑は、彼の右手が彼の顔の前に置かれ、左手が手のひらを上にして頭上を上げて、昨年の「Seimei」というタイトルの彼の無料プログラムの初めにポーズをとっているのを特徴とします。 「(ポーズ)は天、地、そして人々を支配する力を表します」と彼はイベントのために集まった観客に説明しました。 "私はその時自信を持って滑っ​​ていました。" 羽生はまた、彼が人々に彼の2つの描写を比較することを望んだと言いました。 「私の顔の表情やポーズは記念碑によって異なります」と彼は言った。 「私は人々にそれらの詳細に注意を払って欲しいのです。」 羽生は、仙台は東日本大震災の8年後にまだ再建されており、津波は都市や東北地方の他の場所を破壊したと述べた。 「私は街を助けるためにできる限りのことをすることを決意しています」と彼は言った。 このイベントに参加した市内の泉区出身の68歳の女性は、羽生の言葉に感動したと語った。 「私は、再建への取り組みに対する揺るぎない決意を聞いた後、涙を流しました」と彼女は言いました。

Read more