Tag: 清宮幸太郎

日本ハム清宮10号幻…守備”初失策”も雨に流れた

日本ハム清宮10号幻…守備”初失策”も雨に流れた

  <イースタン・リーグ:日本ハム-DeNA>◇6日◇鎌ケ谷  日本ハムのドラフト1位、清宮幸太郎内野手(19)の10号2ランは幻となった。1回1死一塁、DeNAの高卒ルーキー阪口が投じた140キロ速球を左中間席へ運んだが、試合は激しい雨のため、11分間の中断を経て、2-5の4回表2死二、三塁でノーゲームとなった。 「最近はファウルが多かったので、狙った球を逃さないようにと思って打席に入りました。取られるかと思ったけど、うまく伸びてくれました。幻になってしまったけど…」と、打撃の方は手応え十分。左翼守備では、4回に三塁へ悪送球して“初失策”も、記録には残らず「トントンですね」と、雨に流れた2つの記録を笑顔で振り返った。 5月28日に出場選手登録を外れてからは、前日まで2軍戦7試合で4発と、ハイペースでアーチを量産。巨人和田と、リーグ最多9本塁打で並んでいる。

中日松坂が球宴投票用紙ノミネート、清宮は入らず

中日松坂が球宴投票用紙ノミネート、清宮は入らず

  日本野球機構(NPB)は21日、都内でマイナビオールスターゲーム2018の開催要項を発表した。ファン投票用紙も公開され、日本で12年ぶりに勝利を挙げた松坂大輔投手が、小笠原、柳とともに中日先発投手の3人にノミネートされた。セ・リーグの指揮を執る広島緒方監督は「まだ対戦していないが楽しみ。ファンの方もオールスターで見たいと思う」と話した。 日本ハムの一塁手は中田で、外野手はアルシア、西川、大田、DHは近藤。清宮幸太郎内野手は塗りつぶしの選択肢に入らなかった。

清宮がプロ初本塁打 24打席目で右越えに

清宮がプロ初本塁打 24打席目で右越えに

  プロ野球日本ハムのドラフト1位新人、清宮幸太郎内野手(18)が9日、大阪市の京セラドーム大阪で行われたオリックス7回戦の二回にプロ初本塁打を放った。出場7試合目、24打席目で、ブランドン・ディクソン投手から右越えに先制のソロ本塁打を運んだ。 東京・早稲田実業高時代に高校歴代通算最多とされる111本塁打を放った注目ルーキー。開幕1軍は逃したが、デビュー戦となった2日の楽天戦(札幌ドーム)の初打席で二塁打をマーク。この初本塁打で連続試合安打を7に伸ばした。

清宮3試合連続安打なるか!松井、清原はスランプに

清宮3試合連続安打なるか!松井、清原はスランプに

  <日本ハム4-1楽天>◇3日◇札幌ドーム  ▼日本ハム清宮幸太郎内野手が2試合連続安打。デビュー戦から2試合連続安打の高卒新人は昨年10月3、4日細川(DeNA=2試合連続本塁打)以来でドラフト制後は13人目になる(13年大谷は1戦目2安打、2戦目無安打)。 86年清原(西武)93年松井(巨人)も初本塁打を含む2試合連続安打を記録したが、この2人は3試合目からスランプ。清原は3試合目の4月8日日本ハム戦から20打席連続無安打、松井は3試合目の5月3日広島戦から21打席連続無安打だった。清宮は3試合目も安打を打てるか。

清宮5・2プロ初振り二塁打、憧れゴジラも同日初弾

清宮5・2プロ初振り二塁打、憧れゴジラも同日初弾

  <日本ハム0-1楽天>◇2日◇札幌ドーム  日本ハムのドラフト1位ルーキー清宮幸太郎内野手(18)が「スター・ウォーズのテーマ」で登場し、プロ初スイングで初安打を放った。「6番指名打者」で2回2死走者なしの初打席、カウント1-1から外角高め直球を中堅フェンス直撃の二塁打とした。デビュー戦は3打数1安打で、敗戦も輝きを放った。93年5月1日、巨人松井もデビュー戦でフェンス直撃二塁打で初安打をマーク。ルーク・スカイウォーカーによる、ゴジラを超えるスター街道の第1歩が記された!? 時が、来た。2回2死走者なし。映画「スター・ウォーズ」のテーマに乗って、清宮が悠然と打席に立った。「いつも通り、平常心で打席に入ることができました」。足が震えるような緊張とは、無縁の男だ。直球、カーブと見送って、3球目。プロ初スイングでリーグを代表する右腕、楽天岸の145キロ直球を捉えた。低い弾道で伸びた打球は、中堅フェンス上部にドスンと激突。あとわずかで本塁打という、記念すべき二塁打に「うまく打てました。手応えは、まあまあでした。初心に帰る時に、このヒットを思い出せたら」。ゴールデンウイークのまっただ中、背番号21が主役になった。 開幕から34日目。1軍デビューまでの道は苦難続きだった。オープン戦の最中、限局性腹膜炎を患い、約2週間の入院を余儀なくされた。一時は手術も検討されたほどの重症で、体重は8キロも落ちた。オープン戦、2軍戦と、なかなか安打が出なかったが、1軍初打席で結果を出すのだから、さすがは高校通算111本塁打の注目ルーキーだ。 忘れられない記憶がある。04年に日本で行われたメジャー開幕シリーズ。ヤンキース対デビルレイズの2戦目、当時ヤ軍の松井秀喜を一目見ようと、東京ドームに4歳の清宮も駆けつけた。「小学校に上がる前だと思いますけど、すごく覚えています。ヤンキースの松井秀喜さんがホームランを打ったんです」。打った瞬間、右中間席に突き刺さった弾丸アーチに憧れた。 ファンの期待に応えてこそ、スター。その松井が、巨人時代にプロ初本塁打を放った「5月2日」に、くしくも初安打を記録した。清宮も「今まで聞いたことがない歓声で、うれしかった。甲子園とも神宮とも違う」と高ぶった。ただ、安打はマークしたものの、試合は敗れた。自身は3打数1安打2三振。「楽しめた。いろんなことが詰まり過ぎた1日。チャンスでまわって来ていたので打てていたらと思うと悔しい。チームを勝ちに導けるように、チームのために尽くすだけ」と反省の弁ながら、充実した表情で語った。 スターの「道」へ踏み出した第1歩。初々しくも力強い輝きは、多くの野球少年たちの心に、生涯忘れられない記憶として残ったはずだ。

日本ハム清宮4号弾「うまくタイミングが取れた」

日本ハム清宮4号弾「うまくタイミングが取れた」

  <イースタン・リーグ:日本ハム4-2楽天>◇26日◇鎌ケ谷  日本ハムのルーキー清宮幸太郎内野手(18)が、第1打席で右越えの先制4号ソロを放った。 1軍経験豊富な9年目右腕、楽天戸村の2球目。143キロの直球を右翼芝生席へ運び「うまくタイミングが取れて、いい感じで打てました」と、振り返った。 この日は6試合連続「3番一塁」で先発フル出場。3打数1安打1打点だった。20日の同リーグ、ロッテ戦で公式戦1&2号を放った清宮は、22日同戦で3号をマークした。

日本ハム清宮プロ初打点1回中犠飛/2軍戦打撃速報

日本ハム清宮プロ初打点1回中犠飛/2軍戦打撃速報

  限局性腹膜炎から復帰した日本ハムのドラフト1位、清宮幸太郎内野手(18)が12日、イースタン・リーグ西武戦(西武第2)に「3番ファースト」で先発出場。 第1打席の1回1死三塁から先制の犠飛を中堅へ放ち、公式戦5打席目でプロ初打点をマークした。第2打席は中飛に倒れた。 この日は1打数無安打。退院後、初めて守備につき、4回の守備からベンチへ退いた。

Translate

Popular Post

2018年に日本に居住する記録2.73ミルの外国人住民

記録的な2,731,093人の外国人が2018年末に日本で登録され、前年同期比で6.6%増加し、学生数と技術研修生の数の増加に支えられて、法務省は言う。 政府は、国内の深刻な労働力不足の中でより多くの外国人労働者を引き付けることを目的に、来月実施される新しいビザ制度の下で、外国人住民のさらなる増加を期待しています。 登録された居住者の中で、技術研修生は328,360または前年同期比19.7%増となり、留学生は8.2%増の337,000人でした。 国籍に基づき、中国人が764,720人で最大のグループを構成し、韓国人が449,634人で続いた。最も技術的な研修生を日本に派遣するベトナムは、26.1%増の330,835人の住民で3位にランクされました。 同省によると、1月1日現在、同国に不法滞在する外国人の数は11.5%増えて74,167人となった。 そのうち最大のグループは韓国人で、12,766人で、前年同期比0.9%の減少となった。 ベトナムは11,131で、64.7パーセントのジャンプで2番目に来ました、そして10,119で中国人が続きます。 特別永住権を持つ登録韓国人の数は321,416人に2.5%減少したが、永住権を持つ人は3%増の771,568人で登録住民の中で最大のグループを構成していた。

Read more