Tag: 民主党

日本のBTSテレビ出演取り消し問題…韓国与野党も論評

日本のBTSテレビ出演取り消し問題…韓国与野党も論評

  防弾少年団(BTS)の日本での放送出演取り消し議論と関連し韓国政界も公式な立場を発表した。 「共に民主党」のホン・イクピョ首席報道官は10日、「日本の放送局が政治的な理由でBTSの出演を取り消したとすれば望ましくない」との立場を明らかにした。 ホン首席報道官はこの日口頭論評を通じ、「民間交流に政治的な色を着せるのは望ましくない。ただ政界で日本の民間放送局の判断に対し問題にするのは未来の韓日関係の役に立たないと考える」とし線を引いた。 自由韓国党も論評で「日本の偏狭な文化相対主義と自己中心的歴史認識に深刻な遺憾を表わす」と明らかにした。 ユン・ヨンソク首席報道官は「フジテレビは2010年代初めに韓流ブームが起き番組を韓流中心に編成すると日本のネットユーザーなどから袋叩きにされ、2011年8月には抗議のデモまで起きたことがある」と指摘した。 その上で「同じ理由でテレビ朝日も視聴者から『防弾少年団の原爆Tシャツ』を問題にされた。日本の放送が日本政府と一部ネットユーザーの顔色をうかがって番組を無差別に取り消す行動は世界の嘲笑を買って余りあるだろう」と批判した。 続けて「特に防弾少年団は日本国内でも人気がとても高いスターなのにメンバーのうち1人が着たTシャツだけで出演を取り消したというのは日本の文化的低級さを端的に見せる行動。日本政府は放送掌握を通じた韓流叩きが世界的な物笑いの種になるだけだということを肝に銘じるよう望む」と付け加えた。 一方、9日に日本のテレビ朝日は当初予定された防弾少年団の「ミュージックステーション」への出演を保留すると明らかにした。 制作スタッフは公式ホームページを通じて「メンバーが着用されていたTシャツのデザインが波紋を呼んでいると一部で報道されている」とし、「その着用の意図をお尋ねするなど、所属レコード会社と協議を進めてまいりましたが、残念ながら今回はご出演を見送ることとなりました」と発表した。 また、日本のスポニチアネックスは10日、防弾少年団の年末の日本音楽特別番組出演がすべて白紙になったと明らかにした。 日本メディアはジミンが着たTシャツに言及し、防弾少年団が「反日活動をしている」と主張している。

米民主、20年大統領選は視界不良 亀裂抱え党の顔不在

米民主、20年大統領選は視界不良 亀裂抱え党の顔不在

  米中間選挙で8年ぶりに下院の過半数を奪回した野党・民主党はこの余勢を駆って2020年大統領選の勝利をめざす。ただ、現時点で抜きんでた候補は見当たらない。前回の大統領選で党内を二分した中道・穏健派と左派の路線対立もなお抱えており、先行きは視界不良だ。一方、再選をめざすトランプ大統領は人事刷新に踏み切る構えで、態勢立て直しを急ぐ。 「トランプ政権に対するチェック・アンド・バランスの機能を復活させる」。民主の下院トップ、ペロシ院内総務は6日夜、下院奪回を受けて支持者にこう強調した。民主は共和党のブッシュ(子)政権下の06年の中間選挙で、上下両院で過半数を奪還。2年後の大統領選でオバマ前大統領の勝利につなげた。その再来を狙う。 その道は決して平たんではない。1つは高い知名度を誇る「党の顔」の不在だ。08年大統領選はヒラリー・クリントン元国務長官や上院議員で頭角を現しつつあったオバマ氏を擁していた。ヒラリー氏は16年も再挑戦した。 現在、世論調査で名前が上位にあがるのはバイデン前副大統領、無所属のバーニー・サンダース上院議員らだ。いずれも大統領選に出馬経験があって全米で名を知られるが、両氏ともに過去の民主の指名候補争いで敗れている。70歳代の年齢も難点だ。 トランプ政権の移民政策や連邦最高裁判事の人事を巡る追及で、「女性版オバマ」の異名をとるカマラ・ハリス上院議員や、アフリカ系のコリー・ブッカー上院議員ら有望株も台頭しつつある。「今回の選挙は国の未来を決定づける機会となるものだ」。ハリス氏は6日夜、こうツイッターに投稿し、支持者を鼓舞したが、全米で通じる知名度とは言いがたい。 民主の新星オルーク氏は、今回の中間選挙で共和の牙城、南部テキサス州で流ちょうなスペイン語をしばしば交えた演説でヒスパニック(中南米系)を含め支持を拡大し注目を集めた。現職のクルーズ上院議員に肉薄したが、結局惜敗した。 党内の路線争いも悩みのタネだ。16年大統領選は主流派のヒラリー氏と左派のサンダース氏が党の指名を激しく争い、ヒラリー氏が勝利した後も禍根を残した。サンダース氏を支持した若者が「ヒラリー氏の支援には回らない」というケースも多かった。 左派は日本のような国民皆保険の導入や大学無償化、移民税関捜査局(ICE)廃止といったリベラル色の強い政策を訴えており、党主流の中道派とは一線を画す。「病的な嘘つきである大統領と戦っていこう」。上院で3選を果たしたサンダース氏は6日夜、支持者にこう宣言した。 アメリカン大のデビッド・バーカー教授は「バイデン氏のように中道色が強い候補でないと、支持が広がりにくい」と見方を示す。実際今回の選挙で、サンダース氏の支援を受けた候補の当選はニューヨーク州下院14区のオカシオコルテス氏ら一部にとどまり、フロリダ州やメリーランド州の知事選の候補らは相次ぎ敗北した。 ただ、民主内には「トランプ氏に対抗するには、こちらも極端な主張をぶつけるしかない」との声もくすぶる。 一方、トランプ氏は態勢立て直しのため、人事刷新に踏み切る方針だ。複数の閣僚らの交代が有力視される。筆頭格はかねてロシア疑惑への対応を公然と批判してきたセッションズ司法長官だ。ホワイトハウスはすでに後任の人選に着手した。ジンキ内務長官も職権を利用して個人的利益を得ようとした疑いがあり、交代説がくすぶる。 注目されるのはマティス国防長官の去就だ。トランプ氏とは米韓合同軍事演習やアフガニスタンやシリアの米軍駐留などを巡って隔たりがあり、トランプ氏もたびたび不快感を示しているとされる。国際協調を重視し、現実的な安全保障観を持つマティス氏は日本など同盟国からの信頼も厚いだけに、交代すればその影響は大きい。トランプ氏は週内に年末に辞任するヘイリー国連大使の後任人事も発表する。 ブッシュ(子)政権は06年の中間選挙で敗北を喫すると、その最大の原因となったイラク戦争を主導したラムズフェルド国防長官を交代させた。

米中間選ねじれ「ハッカーの仕業か」ロシア報道官が皮肉

米中間選ねじれ「ハッカーの仕業か」ロシア報道官が皮肉

  上院と下院がねじれる結果になった米国の中間選挙について、ロシア外務省のザハロワ報道官が7日、自身のフェイスブックで「ロシアのハッカーの仕業か」と皮肉った。 ザハロワ氏は「国民の意思表示の結果を米国の政治家はどう説明するのだろうか?」と問題提起。想定される答えとして、「全てはロシアのハッカーの仕業」「選挙にロシアのハッカーは介入しなかった」の2種類が考えられるとした。 前者は、両党が「結果を敗北だ」ととらえる場合。ロシアのせいで上下両院の過半を取れなかったと言い訳をするため、両党とも「(ハッカーが介入しなければ)我が党が上下両院で多数を占めていた」と言うはずだ、とした。 後者は、両党が結果を肯定的にとらえる場合。共和党は「介入しないよう我々がロシアに要求した」ため上院で過半数を維持できたと言える。一方の民主党も「我々が共和党に圧力を加え」て介入させないようにしたため下院で過半数が取れたと言える、とした。 米国は、ロシアがSNSを通じた偽ニュースの拡散やハッカーによる選挙システムへの侵入などを通じ、2016年の大統領選に介入したと非難してきた。今回の中間選挙で、ロシアのハッカーが暗躍したとの報道などは、いまのところ見当たらない。 それでも上下両院がねじれたことで、ザハロワ氏は「まさか、巧妙なロシアのハッカーの仕業?」と結び、米国を当てこすった。

2世、3世はルパン3世だけでいい」国民民主・玉木氏

2世、3世はルパン3世だけでいい」国民民主・玉木氏

  玉木雄一郎・国民民主党共同代表(発言録)  森友、加計学園の問題、いつまでやっているんだと批判もありますが、問題を起こしているのは政府・与党の側なんですよ。もう終わるかなと思ったら、また新たな問題がバンバンバンバン出てくる。終わらしたくても終わらない。それがいまの実態ではないでしょうか。 (森友学園をめぐる国有地の)8億円の値引き、会計検査院は「根拠がない」と言っている。8億円の値引きをして、そのおかしさを隠すために国の決裁文書を300カ所以上改ざんして、起訴もされない、おとがめなし。そんな国でいいんですか。 権力を握っている人がみんな2世、3世。野田(佳彦)元総理がおっしゃいましたね。2世、3世はルパン3世だけでいいんですよ。庶民の感覚がわからない、そんな政治をいくら続けても、みなさんの暮らしは決してよくなりません。だからもう一度、私たちに政権を託していただきたい。もう一度原点に戻って、市民のため、国民のための政治をぜひ実現していきたい。

麻生財務相に「ご発言にはご注意を」 西村官房副長官

麻生財務相に「ご発言にはご注意を」 西村官房副長官

  麻生太郎副総理兼財務相が衆院予算委員会でヤジを飛ばした問題で、西村康稔官房副長官は16日午前の記者会見で、麻生氏に対して「ご発言にはご注意を願います」と伝えたことを明らかにした。 麻生氏は14日の衆院予算委員会で、国民民主党の玉木雄一郎共同代表の質問中に自席から「自分でしゃべりたいんだよ、この人は」と発言し、紛糾させた。 自民党の森山裕国対委員長から「ヤジととらえられかねない発言があった」との指摘を受け、西村氏は15日、財務省の官房長を通じて、麻生氏に「注意」を伝えたという。 西村氏は、15日の閣議後に安倍晋三首相と麻生氏が「お互いに注意しような、という雰囲気の話をしていた」とも明かした。

石破氏、首相の民主党時代との比較は「誰も聞いてない」

石破氏、首相の民主党時代との比較は「誰も聞いてない」

  石破茂・自民党元幹事長(発言録)  (安倍晋三首相の信頼低下への指摘に対し)予算委員会で聞いていて、(安倍首相から)「民主党時代はどうだったんですか」という話がすぐ出る。誰もそんなことは聞いていない。民主党と比べてどうのこうのではなく、自民党、公明党の連立政権はどうなんですかって話であり、前より良かったからいいでしょって話にはならないし、民主党政権が我が党の政権にかわって5年以上たっている。5年も前のことを言われても、国民はそんなことは聞いていない。 我々が野党の時も心掛けたのは、国民が何なんだろうと思っていることを代弁しなければいけない。私は予算委員会の筆頭理事をやっていたが、鳩山(由紀夫元首相)さんとか菅(直人元首相)さんに、失礼だけど「この時間はあなたの時間じゃない、国民の時間だから、どうでもいい話を延々として、時間をつぶさないで下さい」と何度か申し上げた。どんな政権になろうと一緒で、質疑時間は国民の時間なんだから、国民が聞きたいことを野党は聞く、政府は答えなきゃいけないことを答える。議会の役割を果たさなきゃいかんのは、政府も与党も野党も同じ責任を負っている。

生活保護世帯の大学進学を支援 改正案が審議入り 衆院本会議

生活保護世帯の大学進学を支援 改正案が審議入り 衆院本会議

  生活保護を受給する世帯の子どもの進学を後押しするため、進学の際に一時金を支給する生活保護法の改正案が、衆議院本会議で審議入りし、安倍総理大臣は子どもの教育環境が家庭の経済状態に影響されないようにするための法案だと意義を強調しました。 生活保護法の改正案は、生活保護を受給する世帯の子どもの大学への進学率が低いことを踏まえ、子どもが大学などに進学した際に、自宅から通う場合は10万円、親元を離れて通う場合は30万円を一時金として支給するとしています。 30日の衆議院本会議で法案の趣旨説明と質疑が行われ、安倍総理大臣は「子どもたちの無限の可能性が家庭の経済環境で制限されてはならない。誰もが夢に向かって頑張ることができるようにしていく」と述べ、子どもの教育環境が家庭の経済状態に影響されないようにするための法案だと意義を強調しました。 また、野党6党が共同で提出した、児童扶養手当の増額などを盛り込んだ法案の趣旨説明と質疑も行われ、提出者を代表して、立憲民主党の池田真紀氏が「貧困の連鎖を断ち切り、子どもたちが夢と希望を持って将来を切り開いていく社会を実現すべきだ」と述べました。 一方、政府が提出した、いわゆる「貧困ビジネス」に悪用されるケースのある「無料低額宿泊所」の規制強化を盛り込んだ社会福祉法の改正案なども審議入りしました。

文書改ざん 立民 辻元氏 「総理出席で集中審議を」

文書改ざん 立民 辻元氏 「総理出席で集中審議を」

  財務省の決裁文書の改ざん問題をめぐり、立憲民主党の辻元国会対策委員長は、記者団に対し、真相は解明されていないとして、来週、安倍総理大臣の出席を求めて、衆議院予算委員会で集中審議を行うべきだという考えを重ねて示しました。 この中で、辻元国会対策委員長は、財務省の決裁文書の改ざん問題について、「『森友問題』は原因を元から絶たないとだめで、うそやごまかしの上塗りで終わらせるわけにはいかない。麻生副総理兼財務大臣の責任もしっかり問い続ける」と述べました。 そのうえで、辻元氏は「政治の信頼がない中で、憲法やカジノ、働き方改革の議論にはならない。来週中には、予算委員会を開いてもらいたい」と述べ、問題の真相は解明されていないとして、来週、安倍総理大臣の出席を求めて、衆議院予算委員会で集中審議を行うべきだという考えを重ねて示しました。

Translate

Popular Post

羽生は彼の新しい記念碑が仙台を訪問することを願っています

フィギュアスケート選手の羽生柚鶴は4月20日に故郷の覇者として故郷に戻り、平昌オリンピックで金メダルを祝う記念碑の前でポーズを取った。 4月20日に市の青葉区で開かれた式典で、羽生さんは「碑が仙台への観光客の流入を刺激することを願っている」と語った。 この作品は4月29日に地下鉄の国際センター駅に設置される予定です。 駅にはすでに他に2つの記念碑があります。1つは2014年ソチオリンピックで羽生が金メダルを獲得したことを示し、もう1つは2006トリノオリンピックで荒川静香の金メ​​ダルを祝うものです。荒川は仙台で育った若い頃を過ごした。 Hanyuの新しい記念碑は、彼の右手が彼の顔の前に置かれ、左手が手のひらを上にして頭上を上げて、昨年の「Seimei」というタイトルの彼の無料プログラムの初めにポーズをとっているのを特徴とします。 「(ポーズ)は天、地、そして人々を支配する力を表します」と彼はイベントのために集まった観客に説明しました。 "私はその時自信を持って滑っ​​ていました。" 羽生はまた、彼が人々に彼の2つの描写を比較することを望んだと言いました。 「私の顔の表情やポーズは記念碑によって異なります」と彼は言った。 「私は人々にそれらの詳細に注意を払って欲しいのです。」 羽生は、仙台は東日本大震災の8年後にまだ再建されており、津波は都市や東北地方の他の場所を破壊したと述べた。 「私は街を助けるためにできる限りのことをすることを決意しています」と彼は言った。 このイベントに参加した市内の泉区出身の68歳の女性は、羽生の言葉に感動したと語った。 「私は、再建への取り組みに対する揺るぎない決意を聞いた後、涙を流しました」と彼女は言いました。

Read more