Tag: 欧州

英国とEU、離脱合意草案で合意 英議会の強硬派は反発

英国とEU、離脱合意草案で合意 英議会の強硬派は反発

  英国と欧州連合(EU)の交渉官が、英EU離脱合意の草案で合意した。EU高官が13日、ロイターの取材で明かした。メイ首相は14日に閣議を招集して案を示す。 草案合意が伝わると、英議会内のEU懐疑派は反発した。合意に議会の承認は得られるかは依然不透明だ。 EU高官は「文面で共通理解が得られた」と語った。英政府筋も、EU離脱合意の文面で合意に達したと明らかにした。 英首相官邸によると、メイ首相が14日の1400GMT(日本時間午後11時)に閣議を招集、合意素案を検討し、次の方策を決める。閣僚らは閣議前に、文面を読むよう求められたという。 複数の外交筋は、メイ内閣が14日の閣議で合意案を了承した場合、EU側も承認に向け今月25日に特別首脳会議を開く可能性があるとの見方を示した。 合意案は数百ページに及ぶとみられるが、具体的な文言について英政府は一切詳細を明かしていない。焦点となる北アイルランド国境問題についてEU関係筋3人は、問題を解決できない場合のバックストップ(安全策)として、関税制度は原則的に英国がある程度規則を決められるものの、北アイルランドは特例としてEU規則に従う案が浮上していると指摘。また英国とEUの主張の差を埋めるための見直し制度も盛り込まれているとした。 英ポンドは当初、対ドルで1.3036ドルに急伸した。 草案合意を受け、英国内政党はさまざまな反応を示した。 メイ政権を支える北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)のドッズ副党首は、実際に詳細を見極める意向を示した。 野党・労働党は、明るみに出た合意が自国にふさわしい内容となる公算は小さいとの見方を明らかにした。 保守党議員のリースモグ氏や、ジョンソン前外相ら強硬離脱派は、メイ氏が自国を売り渡したと非難し、反対する考えを示した。

マクロン仏大統領、国家主義を批判 第1次大戦終戦100年式典で

マクロン仏大統領、国家主義を批判 第1次大戦終戦100年式典で

  パリで11日、第1次世界大戦終戦100周年の記念式典が開かれ、エマニュエル・マクロン仏大統領は各国首脳に国家主義(ナショナリズム)を拒否するよう呼びかけた。 ドナルド・トランプ米大統領やロシアのウラジーミル・プーチン大統領などが参列する中、マクロン氏は国家主義は「愛国心の裏切りだ」と訴えた。 「『自国利益が最優先で他国のことなど気にしない』と言うことで、その国で最も大切なもの、つまり倫理的価値観を踏みにじることになる」 記念式典は世界各地で行われた。 1914~18年の第1次世界大戦では970万人の兵士と1000万人の市民が犠牲となった。 記念式典に併せ、2カ国首脳会談を持った国もあった。プーチン氏は記者団に対し、トランプ氏と短い会話を交わし、結果は好ましいものだったと話した。 一方でロシアのメディアは、仏政府主催の午餐会では、トランプ氏とプーチン氏が隣に座らないよう直前に席順が変えられたと報じた。 パリの記念式典 マクロン氏をはじめとする各国首脳や高官は、パリの凱旋門の地下にある無名戦士の墓まで歩いて参拝した。この日は雨で、パリ中の教会の鐘が鳴らされる中、マクロン氏らは黒い傘を差して行進した。 その後、20分近い演説で、マクロン大統領は各国首脳に「平和のために戦う」よう訴えた。 パリでの式典にはトランプ米大統領夫妻など70カ国の首脳が出席した 「国際社会から身を引き、暴力や一極支配などに魅了されてこの希望を踏みにじるのは、間違いだ。そのようなことになれば、それは我々の責任だと、次世代は当然指摘するだろう」 式典は、1918年11月11日午前11時に終戦を知らせたラッパの演奏で締めくくられた。 この日の午後には「パリ平和フォーラム」と題された平和会議が開かれ、マクロン氏やアンゲラ・メルケル独首相に加え、プーチン氏やトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領も参加した。 メルケル氏は、欧州やあらゆる場所で「視野の狭い」国家主義が力をつけていると警告した。 ...

ライアンエアー、従業員6人解雇 床で眠る「やらせ写真」公開で

ライアンエアー、従業員6人解雇 床で眠る「やらせ写真」公開で

  欧州の格安航空大手ライアンエアーは8日までに、空港施設の床で眠っているように見せかけた写真を撮影、公開したとして従業員6人を解雇した。「雇用者の評判を傷つけ、取り返しのつかない背任行為につながった」ためとしている。 問題の写真にはライアンエアーの客室乗務員6人が、制服や靴を身に着けたまま床に寝そべった状態で写っている。場所はスペイン・マラガの空港内にある一室で、悪天候のためポルトガル行きの便が飛ばなかったことにより、足止めを余儀なくされたという。写真は先月14日にソーシャルメディア上に投稿された。 ところがこの後公開された同じ部屋の監視カメラの映像には、これらの乗務員が写真撮影のために床に横になり、撮影が済むと立ち上がって歩き回る様子がとらえられている。ライアンエアーは今月5日、「契約に反する極めて不適切な行為」があったとして、当該の乗務員を解雇すると明らかにした。 写真が撮影された先月、ポルトガルの労働組合SNPVACは、当時乗務員らが飲食物を手に入れることもできず、床の上で眠ることを余儀なくされていたと主張。声明で「抗議の意思表明として写真を公開したところ、瞬く間に拡散した」と述べた。 ただライアンエアーによれば乗務員らが部屋にいたのはごく短い時間で、その後はVIP用のラウンジに移動したという。また宿泊場所の手配は行ったものの、この日は祝日で「どこのホテルも予約でいっぱいだった」としている。 CNNは監視カメラの映像や乗務員の解雇についてSNPVACにコメントを求めたが、回答は得られていない。 https://twitter.com/Jimbaba/status/1051578769817960449

イタリア新首相に政治経験ゼロの法学者コンテ氏 連立与党に弱い政権誕生か

イタリア新首相に政治経験ゼロの法学者コンテ氏 連立与党に弱い政権誕生か

  タリアのマッタレッラ大統領は23日、大衆迎合主義(ポピュリズム)政党「五つ星運動」と極右の「同盟」が推薦したフィレンツェ大学法学教授のジュゼッペ・コンテ氏を新首相に指名した。 イタリア憲政史上初の反体制派政党による政権を政治経験のない首相が率いることになる。コンテ氏は閣僚名簿をまとめるのに数日かかると明らかにした。 コンテ氏はマッタレッラ大統領と2時間にわたって会談した後、記者団に「欧州をはじめ全世界のイタリア人の利益を守る用意がある。イタリア人の弁護人になる」と述べた。 3月の総選挙では過半数を獲得した政党がなく連立協議が難航し、政治的空白が続いていた。 コンテ氏は政治や組織運営の経験がなく、連立与党に対してほとんど影響力のない非常に弱いリーダーになる恐れも指摘されている。 与党が歳出を増やして債務がさらに拡大し、欧州当局との対立が強まるとの懸念からイタリアの金融市場では、10年物国債利回りは1年2カ月ぶり高水準をつけた。国債保証コストは約1年ぶりの水準へ上昇した。 欧州連合(EU)の欧州委員会は23日、加盟国に対する年次政策提言報告を公表し、イタリアについて、政治不安と利上げが金融面の安定を脅かす恐れがあると指摘した。欧州におけるイタリアの重要性を踏まえると、同国の問題が他のユーロ加盟国に重大な波及効果を及ぼす可能性があるとしている。 これに対しコンテ氏は当面の最重要課題は欧州の改革との認識を示した。 「政府は直ちに欧州の予算を巡る協議や難民法制の改革、銀行同盟の完成に取り組む必要がある」と指摘し「われわれが進む方向には国益が反映されなければならないというのが私の考えだ」と述べた。 組閣では経済相のポストが焦点になりそうだ。 同盟はイタリアのユーロ加盟は「歴史的な間違い」と主張するエコノミスト、パオロ・サボナ氏(81)を推している。 だが関係筋がロイターに語ったところによると、マッタレッラ大統領はユーロ懐疑派のエコノミストを経済相に据えることに難色を示している。

イタリア、ポピュリズムと極右の連立協議大詰め 経済公約はEUと衝突必至

イタリア、ポピュリズムと極右の連立協議大詰め 経済公約はEUと衝突必至

  イタリアでは、大衆迎合主義(ポピュリズム)政党「五つ星運動」と極右政党「同盟」の新政権樹立に向けた連立協議が大詰めを迎えつつある。 ただ両党が打ち出した経済政策の公約は欧州連合(EU)の財政ルールと相容れず、履行するのは不可能ではないにしてもかなり難しいだろう。 公約として挙げられたのは、法人税と所得税の減税、福祉予算拡大、売上税の税率引き上げ中止、支給開始年齢の大幅な引き上げを定めた2011年の年金改革の撤回などだ。 3月4日の総選挙でどの政党も過半数を獲得できず、これまで10週間にわたって各政治勢力が連立に向けた駆け引きを続けてきた。選挙前は、五つ星連動と同盟の連携はあり得ない組み合わせで、万が一実現すれば懸念すべき事態だとの声が専門家の間で大勢だったが、両党はこの数日間の協議で、全く違うそれぞれの政策プログラムを、双方が受け入れ可能な「協定」へとまとめ上げた。 もっともその内容は、巨額の財政負担を伴う。つまり財政赤字はEUと合意した水準を大きく上回る恐れがあり、そうなると欧州委員会と新政権が衝突するのは避けられない。 同盟のサルビーニ書記長は12日、五つ星運動のディマイオ党首との協議を経て「われわれはイタリアが窒息しないようにEUと合意事項を再交渉する必要が出てくる」と発言した。 五つ星運動の目玉公約である低所得層向けのベーシックインカムを導入するには、年間約170億ユーロの費用がかかる。法人税と所得税の税率を一律15%にするという同盟の看板政策が実施されれば、税収は年800億ユーロ減少するとみられる。 年金改革撤回の財政コストは150億ユーロ、予定されていた売上税の税率引き上げをやめるにはおよそ125億ユーロが必要だ。両党は、政府が企業からの借り入れを返済するために特別な新通貨を発行することも検討している。 ロンドンを拠点とするシンクタンク、ユーロインテリジェンスを率いるWolfgang Munchau氏は「これらが実行されれば、現代におけるイタリア経済システムにとって最大の変革になる」と述べた。 財政赤字巡る攻防 連立協議に携わっている両党関係者の何人かは、選挙前の提案を一部だけ徐々に実行していくという、より現実的なやり方に結局は落ち着くとの見方を示した。支持者が失望すれば、双方が相手と妥協せざるを得なかったと言い訳するだろう。 それでもこうした政策と、これまでイタリア政府が表明してきた財政赤字と公的債務の削減が整合性を保てるかどうかは分からない。イタリア経済に減速の兆しが見えていることで、新政権の仕事は一層困難になる。 選挙前に五つ星運動と同盟はいずれも、イタリアの経済成長がずっと低迷し貧困が増大しているのはEUの財政ルールがあるからだと批判し、政権の座に就けばEUの意向など無視して歳出を拡大するという公約を掲げた。 足元ではそこまで強硬な姿勢は示しておらず、五つ星運動の幹部は11日、財政赤字を増やす場合はまずEUと協議すると語った。 現政権は、昨年2.4%だった財政赤字の対国内総生産(GDP)比を今年1.6%に、来年は0.8%に下げ、2020年に財政均衡を達成すると約束している。 ディマイオ氏は選挙直前になって、財政赤字の対GDP比をEUが設定した上限の3%よりも引き上げるというそれまでの方針を修正し、この比率を1.5%に保つと述べた。 ただディマイオ氏の考えは、依然として現政権が打ち出した財政均衡化とは異なる。同盟所属のアルベルト・バニャイ上院議員に至っては「財政均衡化目標はイタリア経済を破壊している」とにべもない。 同盟は財政赤字の対GDP比を今年2.8%、2020年に3%まで高めたいとしており、バニャイ氏はこの問題で五つ星運動との合意点を探す必要があると話す。 ...

仏メーデー行進で大暴れした新左翼集団「ブラック・ブロック」とは何者か

仏メーデー行進で大暴れした新左翼集団「ブラック・ブロック」とは何者か

  <パリのデモ行進をぶち壊しにした黒づくめの集団は、破壊衝動をかかえた学生やサラリーマンや女性のバラバラの集まりで、欧米に拡大中の現象だ> 今年のパリのメーデー行進は、暴徒のために台無しにされてしまった。デモコースの4分の1も歩けなかった。 あの日、出発地点のバスチーユ広場ではとくに集会や演説はなく、デモ隊が組織ごとに大通りを歩き始めた。まもなくセーヌ川の橋を渡り始めたとき、隊列が突然、止まった。 全身黒づくめの一団が、「Black Bloc(黒い塊)」と書いた横断幕を持ってデモ隊を待ち受けていたのだ。それから一緒になってゆっくり橋を渡りきると、バラバラに散って角のマクドナルドのガラスを破り、火炎瓶を投げつけた。近くにあった小型工事車も炎に包まれた。新聞キオスクのガラスもメチャメチャに砕け散った。 「フランスのパリで5月1日、労働者によるメーデーのデモに参加していた若者らが暴徒化し、商店や車に放火する騒ぎに発展した」(AFP=時事)という報道があったが、実情は異なる。 たしかに、ニュース映像を見てもまるでデモの先頭に立っているように見えるが、デモ隊とはまったく別だ。参加者が暴徒化したのではなく、暴徒が加わったのである。 彼らはまさに忽然と現れた。バスチーユ広場と周辺道路には、黒づくめの塊はなかったのだ。 デモコースに通じる道はいずれも通行止めにされ、警官もいるのだが、そこは普通の格好で通り抜けたのだろう。そして人目につかないところで着替え、前日までに隠してあった火炎瓶やハンマーを取り、セーヌ川の橋の上に陣取ってデモ隊に紛れ込んだのだ。 いったい彼らは何者か。 黒づくめが仲間の合図 「Black Bloc(黒い塊)」の名前のとおり、全員目出し帽やバンダナの覆面で顔を隠し、つま先まで真っ黒な服装をしている。だがよくみれば、Tシャツの者もいればジャージや防水ジャケットを着ている者もいる。バラバラの服装が物語るように、統制は取れていない。 フランスの軍警察学校の報告書の表現を借りれば、「彼らは数人で集まったグループの集合体であって、メンバーはデモのたびに違う。ヒエラルキーもなく、指導者もいない」 つまり、はじめから組織団体があって、この服装で集まれ、といわれるのではなく、この服装の者たちが集まることで集団が形成されるのである。 その目的はあくまでも破壊をすることだ。はじめから催涙ガスよけのスキーのゴーグルや水泳用のメガネをかけ、指紋を残さぬように手袋をしている。 ただし彼らによれば「決して手当たり次第壊しているわけではない」。あくまでも反資本主義運動の左翼を自負している。 たしかにメーデーに襲撃されたのも、マクドナルドとルノーとBMWのディーラーだった。マクドナルドとディーラーの間はピッザリアやカフェ、中華レストランなど10軒ぐらい並んでいるのだが、とくに被害はなかった。 現代資本主義の象徴としてマクドナルドを襲撃する運動はフランスでは前からある。しかし、その活動家たちは顔を出し、まとまった政治運動として主張をしていた。だが、ブラック・ブロックはあくまでも匿名でバラバラだ。 ...

中国、米国保護主義対抗で欧州各国大使に「共同戦線」呼び掛け

中国、米国保護主義対抗で欧州各国大使に「共同戦線」呼び掛け

  中国商務部(商務省)の傳自応副部長が先週、欧州主要国の大使と会談し、中国と協力して米国の保護主義に対抗することを要請した。事情に詳しい4人の関係者が明らかにした。 会談に関わった何人かの西側外交筋は、傳氏による大使呼び出しについて、米国との摩擦拡大を受けた中国側の外交的な働き掛けが活発化している表れだと指摘した。 米政府は中国の知的財政権侵害行為などへの制裁として1500億ドル相当の中国製品に関税を課す方針を表明。これに対して中国は、自らを多国間の自由貿易体制の守り手と位置付け、国際社会にアピールしている。 会談が行われたのは12日と13日で、フランス、ドイツ、英国、スペイン、イタリアと欧州連合(EU)の大使が出席した。中国がトランプ政権の強硬な通商政策への「共同戦線」構築を目指しているとみられる。 ある外交筋は会談について「メッセージは、われわれは米国の保護主義に共同で反対して、自由貿易を提唱しなければならないということだった。中国は自信を誇示しているが、内心ではかなり懸念を抱いているように見受けられる。彼らはトランプ大統領の通商問題に関する決意を見くびっていたようだ」と語り、中国には主な貿易相手が米国と連携する事態にならないか不安に思っていると付け加えた。 一方、EUのある外交担当高官は、EUはどちらかの肩を持つつもりはなく、目標とするのは多国間システムを元通り機能させることだと強調し、世界貿易機関(WTO)を通じた通商紛争解決の取り組みに言及した。 イタリアと英国両大使館およびEU代表部の報道官は、いずれも大使が傳氏と会ったことを認めた。ドイツ大使館の報道官はコメントを拒否し、他国の大使館は取材に返答しなかった。 中国商務部もコメント要請には応じていない。

72時間以内にシリア空爆開始の恐れ 欧州管制機関が航空会社に警戒呼び掛け

72時間以内にシリア空爆開始の恐れ 欧州管制機関が航空会社に警戒呼び掛け

  欧州全体の航空管制を統括する欧州航空航法安全機構(ユーロコントロール)は10日、今後72時間以内にシリアへの空爆が開始される恐れがあるとして、地中海東部の航行に警戒を払うよう航空会社に呼び掛けた。 空爆の際には空対地ミサイルか巡航ミサイルが使われる可能性があり、無線航法装置の接続が断続的に切れることもあり得るという。 また、フランスのマクロン大統領も同日、シリアの化学兵器施設への空爆を実行するどうかについて、米英とさらに協議した上で数日中に決定する方針を示した。 大統領は、国連安全保障理事会で行われている協議とは無関係に、フランスおよび同盟国として実行の条件を検討すると説明。「同盟国、とりわけ英国および米国と技術的、戦略的情報の交換を続け、数日中に決定を発表する」と述べた。 サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子も同日、シリアの化学兵器使用疑惑を巡り、軍事行動が実施されるならサウジも加わる可能性があると表明。訪問中のパリでマクロン大統領と共同記者会見した。皇太子は、同盟国に求められれば「参加する」と述べた。 トランプ米大統領は9日、速やかに強力な措置を採ると約束し、軍事行動の可能性を示唆している。

Translate

Popular Post

中国ではなく日本がアジアのインフラ投資コンテストで優勝する可能性があります。

中国がベルト・アンド・ロード・イニシアチブを通じたインフラ投資で東南アジアを訴え始める前は、日本がこの地域の開発資金のトップを占めていました。現在2つの大国が経済的影響と商業的影響のために競っているので、北京は戦いに勝ったが戦争を失ったかもしれないと言う人もいます。 すなわち、東京は北京の投資の莫大な量に匹敵することができないかもしれません、しかしそれは評判と地域の影響の点で、先にランクします、専門家によると。 政府が1990年代にインフラ接続の青写真を先導する前に1970年代後半に多国籍企業を通して最初に始まった新興アジアにおける日本のベンチャーは、G-7とOECDが「高品質のインフラ」と呼んでいるもののポスターの子と見られている。そのようなプロジェクトは、発展途上地域における全体的な物流を改善することに加えて、高い安全性、環境、信頼性および包含基準を誇っています。 例えば、国際協力銀行は、国道と港湾のアップグレードのためのベトナムへの貸付は、農村世帯の収入を増やし、貧困レベルを下げ、効率を高めたと主張している。 中国のXi Jinping大統領のBelt and Roadの下にあるいくつかのキャンペーンも「質の高いインフラ」と見なされているが、中国の権力を世界に広めるためのプラットフォームと長い間考えられてきた。 2018年の報告書で、「BRIの意欲的な投資水準では、新しいインフラストラクチャプロジェクトの実際の影響についてはほとんどわかりません」とシニアフェロー兼アジア研究プロジェクト担当アジアプロジェクトのディレクターであるJonathan Hillmanは述べています。 「その支出は、それを最も必要としている人々に役立つでしょうか。それは実行可能なプロジェクトか白い象に入るでしょうか。それは気候変動を助けるか、または傷つけますか。それは価値を創造または破壊しますか?」 地域のエンゲージメント透明度 専門家によると、日本の企業や政府関連機関によって構築された鉄道、通信ネットワーク、農業開発は、彼らが地域の利害関係者に提供する技術研修や教育で特に評価されています。それは東京とホスト国の間でのれんを培うのに大いに役立ちます。 安倍晋三首相の政権は11月に、東南アジア諸国が5年間で8万人の製造業およびデジタル業界の専門家を地域全体のスマートシティの構築を推進する手助けとすると発表した。対照的に、Belt and Roadの参加者はしばしば地元の関与がないことを訴えます - 多くの中国主導の建設努力は、地元企業を関与させるのではなく、中国から大量の材料と労働を輸入すると非難されます。 ベルトと道路プロジェクトのための汚職の恐れもあります。ある例では、中国当局はマレーシアでのインフラプロジェクトのコストを増大させることに同意したと伝えられている、とWall Street...

Read more