Tag: 東京

大学が700人の留学生との接触を失った後、日本の当局は調査を開始

大学が700人の留学生との接触を失った後、日本の当局は調査を開始

が東京の大学で授業に出席しなくなり、学校と連絡が取れなくなりました。 日本学生支援機構によると、東京社会福祉大学では、5月1日現在で5,133人の外国人学生が早稲田大学の5,412人に次いで2番目に大きな外国人学生団体となっています。 しかし、総生徒数8000人の私立大学は、先週東京の北区の王子キャンパスに通った約2,600人の外国人のうち約700人と連絡が取れなくなったと語った。生徒たちは今月末に終わる今年度の研究者として登録されました。 学生は、ベトナム、ネパール、中国などの国々から来ており、名古屋の広報室によると、大学の学生登録から削除されています。 大学はまた、2016年に264人、2017年に493人の失踪を記録したと語った。 2000年に群馬県伊勢崎に設立されたこの学校は、東京、伊勢崎、名古屋の4つのキャンパスを持っています。 2017年、法務省は、ビザの有効期限が切れた後も、同大学の何十人もの留学生が違法に日本に滞在していることが判明したと述べました。

朝鮮民主主義人民共和国がオリンピックへの参戦を認めることを検討

朝鮮民主主義人民共和国がオリンピックへの参戦を認めることを検討

日本のオリンピック大臣は水曜日に政府が北朝鮮に対する日本の制裁の例外として2020年に東京オリンピックとパラリンピック競技大会への北朝鮮の運動選手の参入を許可するかどうか検討すると言いました。 「オリンピックとパラリンピックは世界最大の平和行事であり、できるだけ多くの参加者を持つことが望ましい」と桜田義隆大臣は下院セッションで述べた。 同氏は、この動きには「全四半期の理解が必要」と述べ、問題に慎重に対処するために関係省庁と協力する。 (桜田義隆) 北朝鮮による核実験とミサイル実験の繰り返しの後、日本はすべての北朝鮮国民による参入を禁止した。二国間関係は、北朝鮮の過去の日本人拉致に対しても緊張している。 桜田氏の発言は、ゲーム主催委員会が、ゲーム主催者や全国オリンピック委員会が保留にした後に参加に関する情報を共有するために使用するプライベートインターネットネットワークにアクセスするために必要なIDとパスワードをついに発表したと述べた翌日に出された。 「技術的な問題のため、北朝鮮NOCはこの特別なWebサイトを使用できませんでしたが、問題を解決することができました」と桜田氏は北朝鮮の全国オリンピック委員会に言及して語った。 北朝鮮機関の交渉担当者は、昨年9月頃から発行を要求していたと述べている。 機関はこの事件を「オリンピック憲章の精神の違反」と呼び、国際オリンピック委員会に正式な苦情を申し立てることを検討していると述べた。

クレムリンは島を日本に手渡す計画を放棄する

クレムリンは島を日本に手渡す計画を放棄する

RBCのニュースウェブサイトによると、クレムリンは、紛争中のクリル諸島の支配を日本に譲渡するという交渉の過程を覆し、名前のない情報源を挙げている。 ソ連軍が第二次世界大戦の終わりに押収した島の上の列はモスクワと東京が正式に戦争のための平和条約に調印するのを妨げました。日本はその領土をチェーニング領土としていると主張し、一方でクリルの住民とロシア人は全国的に日本に同居する見込みに強く反対している。 ロシアに大統領府の近くにある無名の情報筋と外務省に近い情報筋が火曜日に確認した日本へのKurilsの移転のための「そのような計画はありません」。 「外交のために」ロシアは日本への引き渡しを完全に拒否しない、と外務省筋は付け加えた。同じ資料によると、クレムリンは、日本が島に対するロシアの主権を認めるという条件に日本が同意しないであろうと信じており、合衆国がそこに軍隊を駐留させないというアイアンクラッド保証を提供する。 クレムリンのスポークスマンDmitry Peskov は、日本との会談は「何年もの間」継続する可能性があると述べた、国営RIA Novosti報道機関は報じた。 モスクワに本拠を置く政治技術センターのシンクタンクの副部長、アレクセイ・マカキン氏は、ロシアは密接に連携した日本と米国の間の楔を追求しようとしていると述べた。 「日本がアメリカの軍事施設をクリルに配備しないことを主張するならば、それは二国間関係における問題につながるでしょう」と彼はRBCに言いました。

戦時中の労働紛争の中、日本は韓国製品のハイキング関税を比較検討

戦時中の労働紛争の中、日本は韓国製品のハイキング関税を比較検討

情報筋によると、日本は、戦時中の労働問題で訴訟を起こした2社の日本企業の資産の差し押さえと売却の可能性に対応して、一部の韓国製品の関税引き上げを検討しているという。 資産が売却された場合、情報筋によると、東京は対応する量の損失を韓国経済に負わせる措置を取る。 金野外相は、金曜日の国会で、日本企業が苦しんだ場合、東京はそのような措置を開始すると述べた。 日本が実際に対抗策を発動するならば、韓国とのその関係はさらに悪化することは確かに見えます。 東京はソウルに対し、新日鉄住金と三菱重工業が韓国原告に対する賠償金を支払うよう命じた韓国の裁判所判決に対処するための戦争関連の主張に関する1965年の二国間協定に基づく協議を行うよう求めている戦時中の労働 しかしソウルは東京の要求を受け入れる兆候を見せていない。 情報筋によると、日本は報復措置の可能性についてすでに100項目ほど挙げているという。これらの措置には、関税引き上げ、一部の日本製品の供給停止、およびビザ発給の制限が含まれる場合があります。 情報筋によると、東京は、措置が世界貿易機関の規則を満たしているかどうか、そしてそれらが日本経済に与える影響の大きさを評価した後、一連の行動を決定する予定です。 日本はまた、戦時の労働問題を議論するために、第三国からのメンバーを含むことができる仲裁委員会を設立するように韓国に求める計画を​​検討しています。 昨年の韓国最高裁判所は、両社による補償の支払いを命じた下級判決に対する上訴を棄却した。 韓国の裁判所はすでに新日本製鐵が韓国で保有している資産の差し押さえを承認している。三菱重工の資産を押収するための同様の手続きが進行中です。

フリーランス革命が日本にやってくる

フリーランス革命が日本にやってくる

日本は終身雇用、慎重な従業員の忠誠心と順応、そして外国人専門家にとっては比較的閉鎖された国境だったのでしょうか。 まあ、時代は変わりつつあります。速くはありませんが、確実に進化しています。 日本はフリーランス革命の可能性を切り開いています。実際、ほんの数ヶ月前に、日本政府 は、幅広い産業分野の30万人以上の外国人労働者に就労ビザを提供するための一連の新しい政策に合意しました。これらの労働者は深刻なスキル不足を解消するのを助けます。そしてそうすることで、彼らはさらに別の仕事やキャリアの取り決めへの扉を開きます。 日本は、フリーランス革命と柔軟な混合労働力を歓迎し始めています。ゆっくり、慎重に、しかしそれは起こっていてそして成長するでしょう。 日本でフリーランサーになることは簡単ではありません。他の文化では、フリーランサーは独立した専門家や起業家として尊敬されていますが、日本は長い間会社の従業員の社会でした。しかし、Sの  寿命のセキュリティは過去のものとなっている収入に圧力をかけており、日本とアベノミクスで、フリーランスは上昇し始めています。 最近の日本のオンライン人材市場Lancers 'によると、日本の2018年時点でのフリーランサー数は100万人を超え、前年比で約5%増加しています。ランサーは、日本の労働人口の17%が何らかの形でフリーランスの貿易に関わっていると見積もっています。 ランサーは、日本を代表するオンライン人材市場のひとつであり、その市場を構築し、フリーランサーに金融サービスを提供するための資金を調達しました。2つ目のメイドインジャパンのオンライン人材市場は データサイエンスに焦点を当てているCrowdworksですが、ほとんどの日本のオンライン人材市場と同様に、翻訳サービスから拡張現実バーチャルの専門知識まで、スキルカテゴリの範囲は非常に広いです。Crowdworksの使命は、日本の企業からも期待されるように、「仕事中に人々を笑顔にする」ことです。同社は、米国で最も尊敬されるAIおよび機械学習プラットフォームであるFigure Eightと協力関係にあります。Crowdworkのプラットフォーム上の日本の技術専門家は、Figure Eightのグローバルな技術リソースベースの重要な部分です。

中国に残るトンネルは日本が最後まで戦う意向を示す

中国に残るトンネルは日本が最後まで戦う意向を示す

最近中国で地下トンネルが発見されたことは、終戦を迎えるために第二次世界大戦の終わりの日に日本の帝国軍と満州国が巨大な要塞群を建設していたことを証明するかもしれません。 建造中の建造物の跡は、満州(1932-1945)、日本の人形の状態が存在していた当時の満州として知られている中国北東部の場所で日本人研究者によって発見されました。 彼らはひかり建設として知られている秘密のプロジェクトの一部であると信じられています。 この発見は、岡山に拠点を置く非営利の日本のコトウ要塞研究センターの代表である岡崎久弥が、中国の研究者の招待を受けて昨年春に訪れたときに行われました。 戦前と戦時中に帝国日本軍が中国本土に建設した軍事施設を研究している岡崎さんは、吉林省の通化市の山岳地帯でトンネルを発見しました。サイトは、戦争の間にDongbiandaoと呼ばれる地域で、現在北朝鮮であるものと国境からおよそ50キロメートルです。 「われわれの研究が進歩すれば、何十年もの間謎のままであった日本が降伏する直前に行われてきた隠密作戦の多くの側面に光を当てることができるだろう」と岡崎は言った。 崩壊に耐えたトンネルの長さは数十メートルです。明らかに床面積を確保するために、いくつかの場所で分岐し、いくつかの地域ではコンクリートが使用されました。トンネルの一方の端にはダイナマイトを含む掘削跡がありました。 トンネルの近くには物資の入り口や貯水施設の跡も残っていました。 研究者達は、戦後に地下施設は建設されなかったという地方当局の主張に基づいて、トンネルは戦時中の時代から始まったと結論付けた。 岡崎と他の研究者によると、トンネルは明らかにひかり建設計画の一部を形成した。 鞍山の満州製鉄所が空爆で被害を受けた後、鉄鉱石と石炭が豊富なトンビアンダオ地域に工業団地を建設することで、苦い終わりに抵抗することを求めた計画。鞍山は通化市の西にあります。1944年4月、満州の製鉄所を統合して設立されました。 岡山大学経済史名誉教授の松本敏郎氏は、遺跡の発見を称賛した。 中国北東部の鉄鋼業の歴史を研究している松本氏は、次のように語っています。 鞍山の製鉄所は巨大な施設であり、帝国日本と満州国の合計での銑鉄生産量の20%を占めていると彼は指摘した。 「施設を地下に移設するという考えは、今振り返ってみるとばかげていることに他なりませんが、最近の発見によって裏付けられているプロジェクトの存在は、当時の貴重な洞察を提供しています」 関連文書が不足しているため、プロジェクトの多くの側面がまだ明らかにされていません。 しかし、岡崎氏が中国を訪れた後の日本の公共施設での調査で、このプロジェクトに関連する文書がいくつか見つかった。 満州鉄鋼工場のDongbiandao支店に関する文書は、元満州鉄鋼工場の関係者らへのインタビューに基づいて、プロジェクトの概要の一部を示した。 この文書は、1951年に当時の厚生労働省の一部であった戦後の海外からの日本人の帰国を担当する機関によってまとめられた。 通り、鉄鋼などの施設を示す地図には、「ひかり」とマークされた建物が含まれていました。 ...

日本が世界に教えることができること

日本が世界に教えることができること

私が長距離を飛ぶときはいつも、機内の映画やテレビ番組を見るのではなく、本を1、2冊読んでいました。それに気づかずに、私が最近日本に旅行したときに私が持ってきた2冊の本は、どちらも日本について言及していなかったので、私がなぜ再びそこに行くのか理解するのに役立ちました。 着陸する頃には、現代生活における文明と相互尊重の欠如を嘆いたTalk to the Handと、   旅行者がなぜ他の国を訪問するのかを説明しようとしているHow to Travelを読んでいた。 で手に話を以前書いた著者リン・トラス、食べる、シュート&葉、全世界で300万枚を売り上げた句読点の本は、映画が始まったずっと後の話人々を非難、友人のグループは、上の4並ん徘徊します歩道、公衆に下品な言葉を話す人々、および言及することができないような他の問題もあります。アーメン で旅行する方法  匿名の著者を「すべての宛先が文字を持っている、と説明している。それは強調し、人間性の特定の側面を推進しています。私たちがするように描かれている宛先が私たちの生活の中で欠けているものの基本的な感覚を反映している。我々がしようとしていますその場所は、私たちが聞く必要があることを私たちに教えてくれるべきです。」

米国首相の要求を受けて、日本首相がノーベルのトランプを指名

米国首相の要求を受けて、日本首相がノーベルのトランプを指名

東京 - 安倍晋三首相は、ワシントンの要請を受けて、昨年秋にノーベル平和賞を受賞したドナルド・トランプ大統領を指名した、と日曜日に報じられた。 ワシントンは2018年6月中に北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)国連と彼の画期的なサミットの後に賞指名トランプの可能性を介して東京を打診、無名の日本政府筋は語った朝日新聞を。 金曜日にトランプが安倍首相に賞を授与されたとの報告があったことを受けて、報道は行われた。 トランプ氏は、安倍首相がノーベル平和賞委員会に送付された5ページの推薦状のコピーを彼に送ったと述べ、日本の指導者が平壌との緊張を和らげるための努力を称賛した。 「私は日本を代表して敬意を表してあなたを推薦しました。私は彼らにあなたにノーベル平和賞を授けるよう頼んでいます。トランプ氏はホワイトハウスの記者団に語った。 「他の多くの人たちもそう感じています。私はおそらくそれを決して得ないでしょう。大丈夫。" 日本の当局者は、トランプの主張や新聞報道に対するAFPのコメント要求には応じなかった。

日本の新しいF-3戦闘機:なぜもっと多くのF-35を購入しないのですか?

日本の新しいF-3戦闘機:なぜもっと多くのF-35を購入しないのですか?

2019年2月、日本は先住民族のステルス戦闘機の開発を進めることを決心しました。これは、アメリカのF-35ジェット機を100機以上購入するという決定と、2018年に日本のX-2ステルス戦闘機のプロトタイプが中止されたことをきっかけに起こりました。 日本の防衛省は、自衛隊の近代化と調達の決定を決定する中期防衛計画(MTDP)の一環として、現在未来型戦闘機(F-3)と名付けられた新しい戦闘機を開発する動きを発表しました。次の10年間 日本のMTDPに新たな戦闘機を追加することは驚きですが、性格外ではありません。MTDPの最後の改訂は、日本が域内のより深刻な治安状況として認識していることに対応して、国防支出を大幅に増加させる。 しかし、F-3は実際どのように見えるのでしょうか? 日本のMoDによると、F-3は日本の三菱F-2戦闘機に取って代わるものと期待されています。F-3はアメリカのF-16から日本の技術を加えて開発されたシングルエンジンの軽戦術戦闘機です。 2000年の変わり目には、AESAレーダーとレーダー断面積を最小限に抑えるための複合材料を使用した、世界で最も先進的な戦闘機の1つでした。それはまた強力な対艦ミサイルを運ぶことができるように翼の面積を増やしました。最後の生産F-2は2011年に生産を中止し、タイプは2030年代にサービスを終了する予定です。 しかし、以前のプロジェクトに基づくと、新しいF-3はF-2のようには見えないかもしれません。F - 16に基づいているので、F - 2はシングルエンジン設計です。しかし、新しい日本のステルス戦闘機契約のために提供された2つの飛行機は、どちらもダブルエンジン設計です。 これにはいくつかの理由が考えられます。ダブルエンジンは、信頼性を高め、あるエンジンを別のエンジンからの電力で空中で再起動することができるため、長距離にわたる巡回を行う場合に有利です。また、F-15J自体はダブルエンジン設計であり、F-2よりも早く実用化されるのとほぼ同じ時期に寿命を迎えようとしています。サービス。 それでは、F-35はどのようにしてこのエンジンにシングルエンジンの戦闘機として適合するのでしょうか。F-35がF-2に取って代わることは、より論理的ではないでしょうか。 F-35s日本が買おうとしている百かそこらの範囲は、おそらく現代の空中戦では疑わしい実用性である1970年代のヴィンテージの非常に古いF-4EJ戦闘機の段階的廃止につながるでしょう。X-2が開発を終えるのを待つのではなく、それはまた日本の空軍力に比較的戦闘可能な後押しを提供する。 日本はF-35Bを購入しているので、それらは将来の展望や厳格な飛行場(そして出雲)に基づいている可能性もあります。これは日本が開発された飛行場を欠いているその鎖のより遠い島で空力を発生させることを可能にするかもしれません、F-3が通常のジェット機としてすることができそうにない何か。 一方、F-3は、おそらくF-35よりも大きな内部武器ベイを持ち(これはF-2に代わるもので、これもアメリカの同等品よりも多く搭載されています)、より高度な攻撃能力を備えています。日本もF-2の2人乗りバージョンを狙っています、そして、F-35は現在その構成で提供されないか、または購入されていません、それでF-3はもっと要求ストライクミッションのために2人乗りバージョンに開発されるでしょうあるいは、将来の戦闘ドローンをコントロールできる「母船」として使用することもできます。 F-3は、日本が国内の航空宇宙設計能力を維持するための方法でもあります。米国から日本への技術移転は限られているため、F-2をF-16から適応させるという決定は、すでに国内では物議をかもしていたので、日本のMoDが国内の航空宇宙産業に譲歩を提供する可能性があります。 F-3調達あり。他のF-35パートナーとは異なり、日本は自衛隊のための航空機を製造する上で小さな役割を果たしています。 それにもかかわらず、F-3は今後数十年の間に自衛隊にとって重要な航空機になるでしょう。それは中国の急速に発展している空軍に立ち向かわなければならず、それでもまだ数を調達するのに十分なほど経済的です。日本は軍事輸出規制を緩和しているため、輸出市場で競争する機会さえあるかもしれません。それが失敗した場合、日本の国内戦闘機の設計能力はそれで失敗する可能性があります。

京都と東京を結ぶ日本の風光明媚なトレイルをハイキング

京都と東京を結ぶ日本の風光明媚なトレイルをハイキング

Boundless Journeysが提供する10日間の遠足で日本の伝統文化を発見しましょう。ツアーは京都から始まり、赤い鳥居で知られる伏見稲荷の社殿を見学します。 ハイライトには、京都と東京を結ぶ古代道路のネットワークであるナカセンドトレイルの区間に沿った中等度のハイキングや、つままれと木曽福島の小さな町での一泊が含まれます。 ツアーは東京の観光の日で終わります。 馬籠村は中山道トレイルの停留所です。(チャールズフレミング) 日程:4月15〜24日、5月20〜29日、10月14〜23日、11月12〜21日 料金:お一人様6,695ドルから、2名様まで。伝統的な旅館を含むすべての宿泊施設が含まれています。酒とビールを含む旅程ごとの食事。活動と国内輸送 国際航空運賃は含まれていません。

Page 1 of 13 1 2 13

Translate

Popular Post

は世界最高のものですが、日本のクラフトビールはどうですか?

2014年、日本は、世界的に有名なジム・マレーが「ワールド・ウイスキー・オブ・ザ・イヤー」を選んだとき、世界を驚かせました。 100 「信じられないほどの天才」と彼は書いた。 "現時点ではスコッチがどこにも近づくことができないシングルモルト。" それ以来、日本は独立したウイスキーシーンの最愛の人であるニッカ、サントリー、キリン、秩父のような住宅に賞賛を集めてウイスキーの世界を席巻しました。しかし、ウイスキーを持っているすべての才能のために、日本人はまだ別の西洋の飲み物を習得していません:クラフトビール。 ニセコを拠点とするBar Gyu +と夫の渡辺久の共同所有者であるIoanna Morelliは、次のように述べています。 「日本は夏の間は暑い国であり、朝日やキリンのような主要なプレーヤーは本当に人気がある「スーパーコールド」または「サブ0」ピルスナーを持っています。」 ここ数年で、一握りの日本の工芸品醸造所が全国各地にオープンし、成功の度合いはさまざまです。 「良いビール醸造所は本当に素晴らしい」とビールとワインバーのオーナー、オーストラリアのミックニッポン氏はニセコでも言った。 「悪い人はただひどいのです」 問題の一部は日本の自家製の醸造文化の欠如から生じています。アラバマ州とミシシッピ州は2013年まで合法化していませんでしたが、大多数の州では、自家醸造は1978年に合法化されました。免責 この法律は、さまざまな種類の酵母を専門とするホップファーム、モルトハウス、および実験室に対する需要を生み出し、また、いつの日かは活況を呈している産業を支える強力な知識基盤を生み出しました。それとは対照的に、日本では、1%を超える自家製ビールは違法です。地元の人々は、彼らが大声で宣伝しない限り誰も気にしないと言いますが、合法的な赤字は自家製の醸造コミュニティが小さいままでいることを保証します。 今日、日本の自家醸造業界は主に外国で技術を学び、自分たちの機器を日本に持ち込む外国人によって運営されています。彼らが去るとき、彼らはしばしば他の元パットまたは地元の人々に彼らの機器を売る。 クラフトビールバーMikkeller TokyoのオーナーであるHamilton Shieldsは、ニセコのMick's Placeで夏を過ごしました。...

Read more