Tag: 本塁打

【巨人】松原がランニングホームラン!

【巨人】松原がランニングホームラン!

  ◆日米野球エキシビションゲーム 巨人—MLB(8日・東京ドーム) 代打・松原のランニングホームランで3点を返した。松原はプロ初の本塁打。 三塁コーチャーの元木内野守備兼打撃コーチが迷わず、腕を回した。松原はスピードを落とすことなく、三塁を回ってホームへ。滑り込んだが、メジャー軍団もあっさり返球をあきらめるほどのスーパーな走りで余裕のホームインとなった。 見せ場は巨人が6点を追う4回。先頭の陽がこの日2安打目の中前打を放つと、敵失も絡んで1死二、三塁の得点チャンス。ベンチは和田恋に代打・松原を送った。 打球はメジャーの左翼、中堅がともに追いかけながらも、その間を越えて左中間へ。自慢の俊足で見事にランニングホーマーを決めた松原を、原監督も満面の笑みで迎えた。 16年ドラフトで育成選手として入団し、2年目の今年7月に支配下登録された松原。今季のイースタンでは134安打をマークして、リーグ新記録を達成した。

大谷翔平が10&11号の2打席連続ホームラン。自身初となる1試合4安打も記録(動画あり)

大谷翔平が10&11号の2打席連続ホームラン。自身初となる1試合4安打も記録(動画あり)

  メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平が8月3日(日本時間8月4日)、インディアンスとの試合で2打席連続のホームランを放った。 この日エンゼルスは、アメリカ・オハイオ州クリーブランドで、ここを本拠地にするインディアンスと対戦。大谷は「3番DH」で先発出場した。日刊スポーツによると、「3番」はメジャー移籍後初めて。 大谷は1回、ワンアウト1塁の場面で迎えた第1打席、インディアンス先発の右腕クリビンジャーが投じた2球目の155キロのストレートを強振。レフトスタンドに先制10号2ランをたたき込んだ。 https://twitter.com/MLB/status/1025523872974553093 続く第2打席は3回に訪れた。ワンアウト走者なしの場面でフルカウントと追い詰められたが、クリビンジャーの151キロのストレートを右中間にはじき返し、第11号同点ソロを放った。 https://twitter.com/MLB/status/1025536163153633281 大谷はその後もヒット2本を放ち、自身初となる1試合4安打を記録した。 試合は9回表の途中で、エンゼルスが9対3とリードしている。

大谷初本塁打「最初、何があったのかなと」/一問一答

大谷初本塁打「最初、何があったのかなと」/一問一答

  <エンゼルス13-2インディアンス>◇3日(日本時間4日)◇エンゼルスタジアム  エンゼルス大谷翔平投手(23)がメジャー初本塁打を含む3安打猛打賞と打ちまくった。試合後のインタビューは以下の通り。 -メジャー初本塁打 大谷 フェンスに当たるかなと。まさか越えるとは思わなかったのですごくうれしいです。 -カーブを打った 大谷 ランナー(満塁)がいたので暴投で1点入ったのが大きかったです。気持ち的に楽になりました。 -第4打席は153キロ直球を中前安打 大谷 少しコンパクトに小さめのスイングでいきました。ピッチャーの球が速かったのでその力も借りていい打撃ができたと思います。 -本塁打を打ってベンチに戻るとナインが最初無視 大谷 最初、何があったのかなと。そういうやつなのかと思いました(笑い)。

Translate

Popular Post

日本企業は、2020年度に大学院生の摂取量を増やす意欲がない

共同通信の調査によると、日本の大手企業は、経済見通しへの懸念から、2020年度は4月から今年に比べて新卒採用を控えている。 トヨタ自動車、ソニー、みずほフィナンシャルグループを含む112社の調査では、21%、23社が、2019年度の29%からさらに多くの新卒採用を計画していると語った。 それでも、多くの企業は同時に、国内の慢性的な労働力不足と急速な高齢化を考えると、労働力の中で女性と外国人の数を増やすことに熱心であると述べました。 3月中旬から4月上旬にかけて行われた調査では、34%、つまり38社が以前のレベルの新卒採用を維持するとし、16%が10%から雇用を減らすと答えた。 より多くの新卒者を採用することに積極的な姿勢を示している企業は、鉄鋼、機械、不動産、小売の各分野で際立っていました。 10月に消費税を現在の8%から10%に引き上げるという政府の計画で激化している日本経済の方向性に対する不確実性に加えて、ある製造業者は情報の進歩でより少ない数の労働者が必要になると示唆した技術。 しかし、60%の企業が、主に日本の少子高齢化社会のために、必要な資源の確保に苦労していると答えています。 この状況に取り組む努力の一環として、57%が女性により有利な職場環境を作り出そうとしていると答え、24%がより多くの外国人労働者を受け入れようとしていると答えた。

Read more