Tag: 日馬富士

900人聞き取り終了 暴力問題検討委

900人聞き取り終了 暴力問題検討委

  昨年10月に起きた元横綱日馬富士関による暴行事件に端を発して2月に立ち上げられた、暴力問題再発防止検討委員会の第1回中間報告記者会見が8日、東京・両国国技館で行われた。 但木敬一委員長は、相撲協会関係者ら約900人からの聞き取り調査を終えたことを発表。調査結果はこれから集約するといい、新たな暴力問題の発覚については「全然ありませんでしたというわけではない」とした。今後は、過去10年の間に協会に在籍していたOBら約1000人に対してアンケートを実施し、9月に2回目の中間報告記者会見を開き、10月に最終報告する見通しだという。

臨時年寄総会に貴乃花親方 自らの言動、親方衆に説明へ

臨時年寄総会に貴乃花親方 自らの言動、親方衆に説明へ

  大相撲の貴乃花親方(元横綱)が28日、臨時年寄総会が開かれるエディオンアリーナ大阪に入った。役員以外の親方衆でつくる年寄会(会長・錦戸親方=元関脇水戸泉)の求めで開かれ、役員も参加。昨年の元横綱日馬富士による傷害事件への対応や無許可でのテレビ出演など、騒動の中心にいる貴乃花親方に対して不信感を持つ親方衆は多く、一連の言動について説明を求めるとみられる。 29日に開かれる日本相撲協会の理事会では、春場所中に暴行問題を起こした弟子の貴公俊とともに貴乃花親方の処分が検討される。

貴ノ岩7勝、十両残留確実に 相手は日馬の傷害事件で…

貴ノ岩7勝、十両残留確実に 相手は日馬の傷害事件で…

  大相撲の西十両12枚目で、元横綱日馬富士の傷害事件の被害者である貴ノ岩が春場所(エディオンアリーナ大阪)14日目の24日、照ノ富士を破って7勝7敗とし、十両残留を確実にした。 立ち合いは照ノ富士の出方を見ながら距離を取った貴ノ岩。続いて相手の左腕を手繰りながら攻め込むと、最後は横について押し出した。取組後は「よく見えていた」と納得の表情。千秋楽に勝ち越しをかけることになり、「最後、思い切りやって終わりたいと思う」と語った。 元大関の照ノ富士は負け越しが決定。貴ノ岩と同じ鳥取城北高出身で後輩にあたり、鳥取市内で起こった元横綱日馬富士の傷害事件の現場にも同席していた。

貴乃花親方 貴公俊への処分配慮を見据えて告発状を取り下げる意向

貴乃花親方 貴公俊への処分配慮を見据えて告発状を取り下げる意向

  大相撲春場所13日目(23日、大阪府立体育会館)、渦中の貴乃花親方(45=元横綱)が、元横綱日馬富士(33)による弟子の十両貴ノ岩(28)への傷害事件をめぐる日本相撲協会の対応を問題視して内閣府公益認定等委員会に提出していた告発状を取り下げる意向を表明した。 貴乃花親方は報道陣に対して「私が法律にそこまで詳しくないですから。弁護士に相談しながら、私としてはすべてをゼロにして、一兵卒として出直しして精進したい」と話した。 なぜ取り下げるのか、その理由については、弟子の十両貴公俊(20)が8日目(18日)に起こした付け人暴行騒動を挙げた。「将来のある身の弟子の不祥事。師匠の私の責任があると思います。貴公俊は20歳で将来のある身ですので、ぜひとも寛大な措置をお願いしたい」と述べ、29日の相撲協会理事会で協議される貴公俊への処分への配慮を見据えてのものだという。 これまで対立を続けてきた相撲協会と今後はどんなスタンスを取るかについては「私は一兵卒として、微力ながら、協会のためみなさんと協力して、努力していきたい」と語った。 また、年寄会(親方衆)から求められている28日の会合への出席についても、出席して一連の問題を説明する意向を示した。

貴乃花親方 内閣府への告発「ゼロからスタートする」

貴乃花親方 内閣府への告発「ゼロからスタートする」

  大相撲の貴乃花親方(45=元横綱)は23日、京都府宇治市の宿舎で行われた朝稽古後に取材に応じ、内閣府を告発した件について「ゼロからスタートする」と話した。 貴乃花親方は「私としてはゼロからスタートするということで、弁護士さんに了承をもらおうと思っている」と話した。「取り下げですか」という質問には「法律的にくわしいことは分からないのですが、私としては全部戻してやっていきたいということです」と説明した。 「心境の変化ですか」との問いかけには「とにかく、一兵卒でいくという所存です」と返答。弟子の十両・貴公俊(20)が付け人に暴力を振るった問題について触れ「私の弟子のことで協会に迷惑をかけたことは事実ですので」と話した。 貴乃花親方は9日、元横綱・日馬富士(33=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ)による貴ノ岩(28=貴乃花部屋)への傷害事件に関する日本相撲協会の対応を問題視し、同協会の監督機関である内閣府の公益認定等委員会に対し、立ち入り検査や適切な是正措置を求めて告発状を提出していた。

Translate

Popular Post

河野の目は失速した和平交渉を復活させるために5月にロシアを訪問

河野太郎外相は5月にロシアを訪問し、第二次世界大戦からの敵対行為を正式に終結させるための和平条約交渉を救済することを望んでいる、と情報筋は述べている。 訪問が進むならば、Konoは戦争の衰退した日にソビエト軍によって押収された領土の復帰への道を開くことができる突破口に達することを期待して2月以来3回目の彼のロシアの相手であるSergei Lavrovと会うでしょう。 両国の外務大臣と防衛大臣は、5月下旬に2対2会議として知られる会議で東京で会談を行う予定です。ラヴロフはまた別の会議のために河野と会う予定です。 しかし、日本政府は、河野とラヴロフの間の追加の会談が6月に日本で予定されている首脳会談からの明白な結果を発表するために安倍晋三首相とロシアのウラジミールプーチン大統領に役立つことを決定しました。 河野首相は4月22日に東京で外務大臣の外務大臣と反対側のイゴール・モルグロフとの間で実務レベルで交渉した後、5月11日から12日までロシアを暫定的に訪問する予定だ。 安倍首相とプーチン大統領は、昨年11月に和平条約に向けた協議を加速するために会談したときに合意した。 翌月、安倍首相は平和条約交渉を監督し、実務交渉を森氏に任命するため、河野氏を指名した。 安倍首相は、日本が北方領土と呼ぶ北海道沖の4つの紛争島すべてで​​はなく、2つの島の帰還を求めることから切り替えたが、ロシアはこの問題についてより厳しい方針を採用した。 日本の外交官によると、モルグロフは森が日本に第二次世界大戦の結果として4つの島が合法的なロシアの領土になったことを認めなければならないと繰り返し言わなければならなかったと繰り返し言いました。 ロシアは日本列島の「固有の部分」であるため、ロシアがノーザンテリトリーを違法に占領してきたという長年の立場を守りながら、日本はロシアの要求を拒否した。 この問題に関する両国間の認識のあいまいなギャップがデッドロックを引き起こした。 安倍首相は当初、プーチン大統領との会談中に和ロシアが和平条約について合意し、6月に首脳会談を控えて開催されるというシナリオを策定した。 しかし、ロシアがしっかりしているので、安倍政権内の多くの当局者は、次回の安​​倍プーチン会議ではロシアとのより広範な合意はありそうもないという考えに辞任している。 それでも、政府はロシアとの「できるだけ多くの連絡先」が現時点で可能な限り最善の政策アプローチであると判断したため、Konoをモスクワに派遣することになりました。 政権はまた、7月の参議院選挙に先立ってこの問題の進展を証明したいと考えている。

Read more