Tag: 日産自動車株式会社

代理会社は日産の株主に西川に対する投票を勧告する

代理会社は日産の株主に西川に対する投票を勧告する

  前日のCarlos Ghosn氏の逮捕後、日本の自動車メーカーで見落とされがちな問題を挙げて、2人の投資家調査会社が日産の株主に、自動車メーカーの最高経営責任者である西川裕人氏を再任する提案に反対投票するよう勧告している。 コーポレートガバナンス諮問会社であるInstitutional Shareholder Services Incは、東京で開催された日産自動車の6月25日の株主総会に向けて、その報告書で勧告を行いました。 SaikawaはGhosnと14年間密接に協力しており、Ghosnの賠償金を承認したかもしれないと述べた。 ゴーンは11月に逮捕された。彼は彼の退職金を過少報告し、個人的な利益のために日産のお金を転用したことに対する信頼の侵害で起訴されています。彼は無実だと言っています。 日産は、内部告発者による内部調査で、不正行為の疑いがあることを明らかにしたと述べている。 代理研究と投票アドバイスを提供するグローバル企業によるレポートは月曜日に出版され、水曜日にメディアによって見られました。 Ghosnが何が起こっているのかについて会社の他の人が知らずに一人で行動したと想像するのは難しいと言った。日産は「過去からの脱却」を必要としている、とそれは言った。 別の諮問グループであるGlass Lewis氏は、Saikawa氏の再任に対しても同様の勧告を行った。 Glass LewisはAP通信にレポートを開示しましたが、それは通常そのクライアントにだけ示されると言いました。 日産からの即時のコメントはありませんでした。 今週初め、Saikawaは、横浜に拠点を置く自動車メーカーのコーポレートガバナンスを強化するための提案に株主投票で棄権することを決定したとして日産のフランスのアライアンスパートナールノーを批判しました。 彼は、彼の投稿から辞任する代わりに、彼がGhosnで主張された問題に貢献したその統治で問題を解決するのを手伝うために続けるべきであると信じると言いました。 それは、ルノーとフィアットクライスラーの間の計画された合併が今月初めに崩壊した後に2人の自動車メーカーの間のより深い裂け目を示唆する。 ...

日産CEOは日付が変更された後より高いボーナスを得ました – ケリー

日産CEOは日付が変更された後より高いボーナスを得ました – ケリー

  2013年、日産自動車の最高執行責任者である西川裕人氏は、配当金を4700万円(432,382ドル)引き上げた株式連動ボーナスを再スケジュールすることを認められたと、元代表取締役のグレッグ・ケリー氏は雑誌ブンジ・シュンジュに語った。 ケリー氏は、11月の金融不祥事疑惑による最初のインタビューで、サイカワは2013年5月14日に日産の株価に株価上昇権利を付与する予定であると語ったが、より高い価格に基づいていると語った。一週間後。 「例外が出され、彼はその例外の受益者であった」とBungei Shunjuはケリーが言ったように、それが英語に翻訳されてロイターに提供されたと言って、引用した。 「それをするために例外が作られたことを私は他に知らない。」 ケリー弁護士の北村洋一氏はコメントが得られなかった。ロイターはケリーに直接連絡することができませんでした。 日産のスポークスマンNick Maxfieldは、「現時点でのKellyのインタビューの詳細についてはコメントしていない」と述べた。 ケリー氏のコメントは、カルロスゴーン会長の逮捕と追放の後、日産を率いるための闘争を強調していた中で、今月の年次総会で株主と向き合う準備をしているという。 ケリーはゴーンが約90億円の補償金を隠すのを手伝ったとして起訴されてきた。二人とも不正を否定している。 ゴーン氏は日産自動車を犠牲にして彼自身を豊かにしたという告発にも直面しており、西川氏は自動車メーカーが彼の元メンターから損害賠償を請求するかもしれないと言った。 インタビューの中でケリーは、彼がどのようにしてその例外を認めたのか、あるいは誰がそれを承認したのかを述べなかった。彼は西川や日産による違法性を主張することも、企業日本におけるそのような慣行のありうる蔓延についても議論しなかった。 西川は日産を率先して以来、フランスの過半数株主であるルノーSAとの関係を深めながら、ガバナンスの改善に努めてきました。ゴーカン氏は、両自動車メーカーの会長として、退任前に合併を支持していたが、サイカワ氏は反対したが、情報筋はロイター通信に語った。 月曜日に、ルノーは、日産が「最も残念」と呼んでおり、ある筋が潜在的な利益相反として却下した要求でない限り、日産の計画されたガバナンス改革を阻止すると発表した。 彼のインタビューの中で、文芸俊州氏は、ケリー氏を顧問として退職させ、日産の競合他社で働くことをやめさせた後、サイカワ氏がゴーンに数百万ドルの収入を支払うことに合意したと述べた。 Ghosn、Kelly、およびNissanは、退職後の支払いに同意したGhosnの給与を控えめに請求しています。 「私たちは法律に違反していません。私たちは日産を合法的な方法で保護しようとしていました。それは才能のある最高幹部を維持することでした」とBungei Shunju氏はケリー氏は述べています。 「西川はその文書に署名した。彼は唯一のものだった。彼はそれに署名して私に渡し、私はそれをゴーン氏に渡した」 ...

ゴーン氏はビデオの声明で彼は被害者であると述べている

ゴーン氏はビデオの声明で彼は被害者であると述べている

反抗的なカルロスゴーンは、昨年の最初の逮捕以来彼の最初の公の場を記したビデオで、日産の会長として彼を追い払い、日本の自動車メーカーの将来を脅かすことを企てた元同僚を「裏切り」したと非難した。 検察官は木曜日にゴーンを再逮捕するという非常に珍しい一歩を踏み出した。 30日間900万ドルの保釈金で出ていたかつて偽造されたエグゼクティブは、彼が刑務所に戻った前日にビデオを録画しました。 ビデオの中で、彼の弁護士によって日本の外国特派員クラブの記者に示されて、前の日産自動車Coの会長は彼が自動車メーカーとフランスのパートナールノーの間のより緊密な同盟を狂わせることに熱心な利己的なライバルの犠牲者であると言いました。 「これは欲や独裁についてのものではなく、これは陰謀についてのものであり、これは陰謀についてのものであり、これは後退についてのものです」とゴーン氏は述べた。さらに説明せずに、「私は私に対して起こされたすべての告発について無実です」と彼は言った。 ゴーン氏はまた、ビデオで、会社と日本に対する彼の愛は変わっていないと語った。 暗いジャケットと白いシャツを身に着けているゴーンは、彼がカメラを覗きながら静かな声で話しながら、机に座って手を組んだ。彼の髪は11月の彼の最初の逮捕の前よりも灰色に見え、そして彼の顔はより薄く見えた。 ゴーンと彼の妻キャロルに対する検察官による過酷な扱いを主張している彼のビデオと彼の弁護士である広中純一郎のコメントは、内戦の犠牲者としてゴーンを投じ、日本の司法制度は自白を強要した。 7分のクリップは、しかし、法的な懸念のためにゴーンが裏切りと非難した人々の名前を削除するために彼の法務チームによって編集されました。 ゴーン氏によると、この陰謀は、日産を最高株主であるルノーに近づけるという恐れから生まれたものだという。 「収斂の点で、そして合併に向かって進むことの点で、同盟の次のステップが、ある意味で何人かの人々を脅かすか、最終的に日産の自治を脅かすであろうという恐れがあった」と彼は言った。 ゴーン氏はまた、日産の現在の経営陣を狙って、2017年のCEO就任以来、3つの利益警告と不適切な車両検査を含む国内スキャンダルを非難した。 ゴーン氏によると、リーダーシップの欠如は「非常に辛い」という。 ゴーン氏の東京拘置所での2度目の任務は、昨年の最初の逮捕から108日後に行われた。 検察は「残酷な方法」で行動しており、告白を受けるために彼を激しい肉体的および精神的圧力にさらしている、と広中氏は記者団に語った。 東京検察庁の広報担当者は、広中氏のコメントに気付いていないため、コメントを控えたと述べた。 広中氏は先週木曜日の朝早くに検察官が自宅に入ったときにいた彼の携帯電話と彼の妻、キャロルのレバノンのパスポートとともに、ゴーン氏の持ち物を没収する検察官の動きを批判してきた。 弁護士は火曜日に、先週日本を去ったゴーンの妻は自分の安全のために不安を抱いていると述べ、フランス政府に夫を助けるように頼むつもりであると付け加えた。

外国人幹部が日本の仕事について話題になっている

外国人幹部が日本の仕事について話題になっている

元日産自動車の最高経営責任者であるCarlos Ghosn氏の驚くべき逮捕、起訴および長年の拘禁により、日本企業で上級職に就くことを検討している外国人幹部は休止しました。 ゴーンが刑務所で4ヶ月目を迎え、まだ数ヶ月後に裁判を待つ中、日本のビジネス界で最も知名度の高い外国人の投獄は、企業の地位を海外の才能で多様化するという国家の努力を妨げるかもしれません。外国の幹部は、自分の訴訟がどのように行われ、それがより厳格なコンプライアンス規則につながるかがわかるまで、ポジションを受け入れることについて二度考えているかもしれません。 コーポレートガバナンスについてクライアントに助言する法律事務所のOrrick Herrington&Sutcliffeと提携している東京のパートナーである太田由美子氏は、次のように述べています。「外国人役員を日本に採用することは、はるかに困難になるでしょう。」 どんなに遵法- -待っている裁判は、いくつかの外国人を怖がらせることができなかった間、彼のリリースに勝つために、このような著名なビジネスリーダーのことができない日本の転記を受け入れ、また、そこにそれらを投稿する国際企業は、より消極的にするから、言ったヨハンUittenbogaard、管理手段東京の求人会社Odgers Berndtsonと提携。 「もう1つのリスク層があります」と彼は言いました。「あなたはそれについて考え始めます。たとえあなたが間違ったことをしていなくても、あなたは3ヶ月間刑務所に入れられることができます。」 ゴーンの弁護人である広中淳一郎氏も先週の記者会見でこの問題を取り上げ、彼のクライアントは日産のアンダーライターによる陰謀の犠牲者であると述べた。ゴーン氏は今月、前の法務チームが2度も保釈に失敗した後、広中を雇った。 「これがそのような事件になったのは私にとって奇妙なことです」と広中氏は語った。 広中純一郎写真家:太田清/ブルームバーグ ゴーン氏(64歳)は、東京の刑務所に残っており、8000万ドルの繰延収益に関して、信頼の侵害が深刻化し、規制当局に虚偽の申告をしていると非難されている。彼は11月19日に逮捕され、有罪判決を受けた場合10年もの刑務所に直面しています。彼は、すべての料金を拒否する呼び出し法廷外観先月中に、「メリットレスと根拠のない」告発を。 「これは日本とその事業にとって大きな問題になるでしょう」と広中氏は述べた。「日産はこの問題を社内で解決したはずです。」 日本には外国のCEOとの限られた歴史があります。近年最も注目されているのは、Ghosn、Sony Corp.の Howard Stringer 、Takeda Pharmaceutical Co.のChristophe Weber、およびMcDonald's ...

フランス、ルノーと日産の合併を受け入れるよう日本に圧力

フランス、ルノーと日産の合併を受け入れるよう日本に圧力

  フランス政府は、自動車メーカーの同盟を掌握していたカルロスゴーン氏の逮捕を受けて、ルノーSAと日産自動車の合併の可能性を認めるよう日本に要請した。 この要求は、明らかに2つの自動車メーカーを新しい持株会社の下に置くことを目的としたものであり、東京でフランスと日本の関係者間の交渉でなされ、フランス大統領エマニュエル・マクロンの願いを反映している。 フランス政府によって任命されたルノーのディレクターであるMartin Vialを含む代表団は、計画について話し合うために日本の当局を訪問した。 フランス政府はルノーの最大の利害関係者です。 先月、マクロンは安倍晋三首相と会談し、三菱自動車も含めた三者同盟の中で安定的な関係を築くことに合意した。 日産は、フランスのパートナーによる経営への影響を減らし、より公平なものにすることを目指して同盟を見直すことを望んでいると広く考えられています。 同社のビジネスアイデンティティを維持するために、日本政府と協力することで、日産はルノーとの統合を阻止するための措置の策定をスピードアップする、と情報筋は述べた。 2015年、フランス政府は日産とルノーに日本の自動車メーカーの経営に干渉しないことに同意したが、この合意が成り立つかどうかはまだ分からない。 ゴーン氏は11月に逮捕され、日産の財務諸表で彼の賠償金を過少申告していたとされている。 内部告発の後に検察官に申し立てをもたらした日産は、彼の20年の統治の間に彼の力の十分なチェックがなかったと言っている間、議長としてGhosnを追放しました。 彼は日本で保釈を否定されているので、ルノーは会長兼最高経営責任者(CEO)としてゴーンに代わることで今週新しいリーダーを配置する予定です。ゴーンは彼に対するすべての主張を否定した。 ゴーン氏の逮捕から2ヶ月後、日本の自動車メーカーは、ガバナンスを再構築するための改革を推進する中、議長の役割を廃止することを検討している。このスキャンダルはまた、ゴーンが20年間に渡って結んだ組合であるルノーとの同社のパートナーシップを圧迫した。 ゴーン氏は伝えられるところによれば、彼の逮捕前に両自動車メーカーの合併を計画していたという。 日産とルノーの間では、互いの役員会の中でそれぞれの権限を超えて緊張が高まっています。ルノーは、複雑な株式持ち合いを通じて日産の43%を所有しており、日産はフランスの自動車メーカーの15%を所有しています。 先月、ルノーは日産の取締役会に新しいディレクターを任命して、彼らの同盟の範囲内で力を保護することを計画していると言いました。 「ルノーは、取締役の指名をする可能性を行使したいと考えており、これは株主総会で行われる」とも述べた。フランス政府の出資者である同機関の責任者でもあるVialは、BFMビジネスに関するインタビューで述べた。 以前、日産の最高経営責任者である西川裕人は、日産の統治について話し合うためにフランスの自動車メーカーの株主総会の要請を撤回しました。 日産を破産の危機から救ったことで知られるゴーンは、最高執行責任者として1999年にルノーから日本の自動車メーカーに送られました。 ...

ゴーンがまだ投獄されている理由と日本について

ゴーンがまだ投獄されている理由と日本について

  カルロスゴーンは、最近まで、ルノーSAと日産自動車の両方を救うのを手伝っていた業界のジェット機作のキャプテンでした、彼は11月19日に日本で逮捕され、それ以来ずっと拘留されています彼の個人的な財政を含むあいまいなケース、目に見えるリリース日なし。ゴーン氏の主張されている行為だけが精査下にあるわけではない。日本の非常に効率的な法制度とそのほぼ完全な有罪判決率もそうです。 1.ゴーンは何を請求されていますか? 日産からの収入に関する規制当局への虚偽の申告書の提出 - 退職まで延期 - 合計8000万ドル。 Ghosnの報道によると、日本が役員報酬の公表を企業に要求した2009年から、給与は以前の約半分になったが、延期された給与は膨らんでいるという。共同通信によれば、日本の法律では、支払いが後で行われたとしても、報酬が確定した年に報告することが義務付けられています。ゴーンの給料は日本ではイメージの問題であり、彼は以前それについて声をかけられていました。彼はまた、2008年に日産に個人投資損失を一時的に譲渡することを含む、行為のための悪化した信頼の侵害で起訴されています。 2.ゴーンは何と言っていますか? 64歳の裁判所は、繰延べ給与に関する契約は拘束力のない「提案草案」であると述べたので、開示する必要はなかった。彼の弁護士はゴーンが契約に決して署名しなかったと言いました。トレーディング損失に関して、ゴーン氏は、日産が取締役会の承認を得て一時的に2つの外国為替スワップ契約を締結し、損失を被ることなくそれらを譲渡したと述べた。彼の弁護士は、規制当局が事件を調査し、刑事訴訟を起こしていないと述べた。 Image: KIYOSHI OTA/BLOOMBERG 3.なぜ彼はまだ閉じ込められているのですか? これは日本では珍しいことではありません。日本では、弁護士がいなくても、容疑者が長時間にわたる裁判前の拘留や検察官による繰り返しの抗議に日常的に耐えています。容疑者は、検察官が訴訟を起こそうとしている間、彼らを拘留するために定期的に新しい容疑を疑って逮捕されることが多い。保釈金は規則以上の例外です。法律の専門家は、これは自白を確保し、裁判を容易にするためのすべての戦略であると言います。裁判官は起訴を戦う人々に保釈を与える可能性が低くなります。ゴーン氏の事件では、1月8日の審問での裁判官は、彼の継続的な拘禁は飛行の危険性と証人または証拠の改ざんの危険性によるものであると述べた。ゴーンはフランス、レバノン、ブラジルのパスポートを所持しており、彼の子供はアメリカに住んでいます。 ...

ゴーンの妻が日本の刑務所で処刑を非難

ゴーンの妻が日本の刑務所で処刑を非難

  追放された日産自動車の会長Carlos Ghosnの妻は、日本の刑務所で彼女の夫の「過酷な扱い」を批判し、弁護士がいないまま毎日何時間も質問を繰り返していると語った。 キャロルゴーン氏によると、ゴーン氏は法務部と面談する機会が限られているという。 ゴーンさん(64歳)は、刑務所内で約7キログラム(15ポンド)の量を失っている、と彼女は言った。 先週、キャロルゴーン氏は、夫が東京の拘置所で高熱を患っていたため、家族と連絡をとることは許可されていないと述べた。 カルロスゴーンが逮捕されてから開催されている東京の収容所 写真家:岩部貴明/ブルームバーグ 日本の刑事司法制度は、検察官が訴訟を起こしている間、容疑者を長期間拘束しておく権限を与える権限を当局に与えているので、長い判決前の拘留は珍しいことではない。 ゴーンがまだ投獄された理由と日本について何を言っているか:QuickTake ゴーン氏は金曜日、2008年に個人的な取引損失を日産に譲渡したこと、および2018年3月までの3年間の補償を控えていたことで起訴されました。

カルロスゴーン対日本の法制度

カルロスゴーン対日本の法制度

  何カ月もの間、日産自動車の退任した会長であるカルロスゴーンは、日本の刑事司法制度の特殊性に追いついてきた。容疑者は、最初の逮捕後最大20日間無料で尋問を受けることができます - 他のほとんどの先進国よりはるかに長いです。容疑者は起訴された後にのみ保釈を求めることが許され、それでも、その人は新しい告発の疑いについての尋問のために直ちに再逮捕されることができる。それは20日の時計を再開します。そして、それは非常に一般的なやり方です。裁判官はあらゆる延長を承認しなければなりませんが、ほとんど常に承認し、そして周期は無期限に続くことができます。法律の専門家は、これは自白を確保し、裁判を容易にするためのすべての戦略であると言います。 2017年には、日本の地方裁判所および郡の裁判所における訴訟の1%未満が無罪判決または被告の釈放につながりました。批評家は、システムが人権を保護するのに十分な保護を持っているかどうかについて疑問を投げかけます。 1.ゴーンはなぜ逮捕されたのですか。 当初、日産からの給与が規制当局への数千万ドルの給与によって偽造されていると疑われていました。彼は後に2015年3月までの5会計年度についてその罪で起訴された。その後の起訴状はその後3年間をカバーし、報告されていない合計は8000万ドルとなった。これらの費用は、比較的難解な会計ポイント、すなわち退職金が正しく予約されているかどうかに関連していました。東京の元検事代理で、現在TMIアソシエイツのロンドン事務所で弁護士を務めている絹川健一氏は、上場企業は日本の法律の下で、取締役の報酬を1億円(900,000ドル)を超える金額で開示しなければならないと述べた。 もっと来ていますか? ゴーン氏は、2008年から2012年にかけて日産への個人取引損失の何百万ドルもの譲渡を試みたとして、さらに深刻な信頼の侵害の罪で捜査中である。日産はまた、ブラジルからレバノンへの住宅購入や顧問契約での彼の姉妹の雇用を含む、会社の資金を悪用したとしてゴーンを非難した。その調査は拡大し続けていると1月8日に語った。これらの申し立ては刑事事件の一部ではありませんが、検察官が正当であると判断した場合は追加することができます。 ゴーンは何と言っていますか? ゴーン氏は1月8日、東京の裁判所に対し、「私は誤って非難され、非実体的な告発に基づいて不正確に告発され、不当に拘禁されてきた」と述べた。理事会の承認を得て、損失を被ることなく。彼の弁護士は、証券取引監視委員会が2008年にこの事件を調査し、刑事訴訟を起こしたことはないと述べた。日産のサウジアラビアのパートナーもゴーンの防衛に来ました。彼の拘留期間の長さ(彼は11月19日に逮捕された)と事件を取り巻く明確さの欠如が海外からの批判を引き起こしている。 (ゴーン、64歳、フランス、レバノン、ブラジルのパスポートを持っています。) 4.日本の法制度について、何がそれほど変わっていますか。 日本の戦後の刑事司法制度は大部分がヨーロッパ大陸法に基づいており、英米体制の特徴もあります。一部の研究者は、それが正当なプロセスよりも正当な結果に重点を置いていると考えています。日本の検察官は、比較的軽微な容疑の疑いで容疑者を日常的に逮捕し、尋問のために拘束し、訴訟を起こしながら容疑を加えている。批評家らは、弁護士へのアクセスが制限された長時間の拘留と尋問は、刑務所内で20年後に釈放された女性の最近の事件のような虚偽の自白につながる可能性があると言っている。国連拷問防止委員会は懸念を表明している。アムネスティは2017年に、審理前の拘留中に「尋問に関する規則や規制の欠如について懸念を表明した」と述べた。日本弁護士連合会は、尋問の記録を含む改革を求めている。これに対し、日本政府は、容疑者の人権と捜査官のニーズとのバランスをとるために「各段階で厳格な司法審査」が必要であると述べている。 4.ゴーンは保釈されますか? 多田雄一判事は1月8日、ゴーン氏は飛行の危険性と証人の改ざんの危険性のために拘禁されていると述べた。彼は彼の拘留期間が終わったら保釈を申し込むことができるが、そのような適用の約30パーセントだけが成功する、弁護士は言う。起訴の直後に保釈されない場合は、裁判の初日の後、または重要な証人の話が聞かれた後に起訴される可能性があります。多くの場合、起訴を争う被告は証拠を破壊する可能性があるという理由で保釈を拒否されている、と同問題に取り組んでいる日本弁護士連合会のグループの一員、Yuido Kaidoは言った。 5.ゴーンはどんな罰に直面することができますか? 規制当局への虚偽の申告と信頼の侵害の両方が、10年の禁固刑と最高1000万円の罰金の刑を宣告する可能性があります。検察官は一部の容疑を一つにまとめたり、別々にしたりすることができます。ゴーン氏の訴訟は、殺人事件や殺人事件などの特定の種類の事件についてのみ召集されるため、3人の裁判官のパネルによって処理される可能性が高い。 3人の裁判官による裁判の平均期間は13ヶ月以上であり、裁判官は裁判の最終日に彼らの評決と判決を発表するでしょう。 ...

Translate

Popular Post

2018年に日本の山に座礁した記録3,129

  木登りやウォーキングなどの活動でブームが続いている中、記録的な3,129人の人々が昨年の日本の山々に取り残されたと、警察の報道は明らかにした。 事故件数は78件から2,661件に増加しましたが、1961年に比較可能なデータが入手可能になって以来、過去最高を記録しました。 これに対し、警察庁によると、死者や行方不明者の数は12人から342人に減少し、そのうち70%以上が60歳以上であるという。 全体では、50.5%の人が立ち往生し、71.9%の人が死亡したか、まだ行方不明になっていますが、60歳以上でした。 最大の苦痛を抱えているのは70歳以上の人で、698人(22.3%)で、60代の人は692人(22.1%)、50代の人は486人(15.5%)でした。 死者と行方不明者のうち、110、32.2%が70代、101、29.5%、60代、42、12.3%が50代でした。 活動別では、385(12.3%)が野生の野菜やキノコを選んでいました。 報道によると、ゲレンデ外スキーの間に合計111人の海外観光客が立ち往生していた。 都道府県別では、長野が297で最も多く、北海道が201、東京が147となっています。 78.4パーセントのケースで、立ち往生している人々は助けを求めるために携帯電話または他の通信機器を使用しました。 2013年以降、事故の数は毎年2,000件を超え、警察は人々に適切なルートの計画と必要な装備品の装着を促しています。

Read more