Tag: 日本

日本の投資家が再生可能エネルギーを後押しすることで

日本の投資家が再生可能エネルギーを後押しすることで

域での大規模な再生可能エネルギープロジェクトの支援を模索しており、エネルギー市場アナリストが「一般炭の終わりの始まり」と言う「記念すべき」シフトを示している。 同時に、日本の銀行や商社は、石炭への投資から遠ざかって、オーストラリアの鉱山から売り払い、石炭火力発電の建設計画を廃止しています。 日本はオーストラリア最大の一般炭輸出国です。 2015年に日本で提案されている石炭火力発電プロジェクトのパイプラインのうち、Global Coal Plantトラッカーの数字によると、4分の3は現在進行中ではないようです。 日本の北西沿岸地域にある秋田にある1.3GWの石炭火力発電所は、棚上げされる可能性が最も高い最新の提案で、今年初めに他の2つが中止されたことを受けています。双日株式会社は今週、伊藤忠が先月の石炭撤退を発表し、三井物産が11月に出資したことを受けて、さらに一般炭からの売却を発表した。 アジアの再生可能エネルギーおよびエネルギー金融分野の情報筋によると、日本の銀行、商社、および2つの著名な国営企業 - 国際協力銀行および国際協力機構 - は、ここ数カ月、再生可能エネルギー分野により重く投資する意向を表明している。 再生可能エネルギーへの関心の高まりは、特に、石炭への既存のばく露を抱えている投資家や企業から来ている。人口の減少に伴い、日本の電力需要は減少しています。その市場では、石炭は、原子力再起動、太陽光発電およびその他の再生可能エネルギーによって提供される追加容量によって混雑しているように見えます。 他の開発者たちは、沖合の風力開発のための場所として、日本海の隣にある秋田に目を向けています。 今週発表されたみずほ銀行の試算によると、日本全国で13の洋上風力発電プロジェクトが環境影響評価を受けており、総投資機会は最大2兆円(250億豪ドル)に達する。 気候行動キャンペーングループである日本のKiko Networkの国際理事である平田君子は、日本のビジネス界のいくつかの大企業の間で感情の変化に気づいたと述べた。 「昨年から、大手銀行やメガバンク、そして保険会社や商社からいくつかの変化が見られましたが、石炭火力政策に関する見解は変わりました」と彼女は言います。 「だから、私たちは、国内および国際的な石炭火力への継続的な支援がもはや国際社会や日本でも受け入れられないと彼らが考えていることを明らかに見ています。大きな変化が起こることを私たちは大いに歓迎します。」 しかしながら、平田氏は、これらの金融機関の政策変更の多くは、すでに現在進行中のプロジェクトではなく、まったく新しい石炭プロジェクトに関連していると警告した。 ...

補償と謝罪を受けるための日本における強制的な滅菌の犠牲

補償と謝罪を受けるための日本における強制的な滅菌の犠牲

牲者は、今や消滅した優生学の法の下で、ついに彼らの苦しみに対する賠償を申し出られるでしょう。 1948年から1996年の間に、「劣っている」と記載された子供の出産を阻止することを目的とした約16,500人の人々、主に障害のある女性が標的とされた。 生き残った犠牲者は、与党と野党議員の間で合意された法案の下で、すぐに「深い謝罪」と320万円の一括支払い(28,700米ドルまたは21,600ポンド)を受け取り、次の議会に提出される月。 この動きは何年にもわたる怠慢の後の一歩前進として歓迎されていると見られているが、被害者とその支持者たちは救済策は不適切であると述べた。 補償金を求めている数人の被害者を代表する弁護士、新里耕治氏は、次のように述べています。 法案の起草の背後にあるクロスパーティーグループの議長は、被害者は緊急の救済を必要としていると主張した。 「彼らは年を取っているので、私たちは何かより具体的なことを成し遂げることを何よりも望んでいました」と、大辻秀久元大臣は記者団に語った。 毎日新聞によると、彼は、「完璧な解決策が見つかるまで待っていたら、何もしないだろう」と付け加えた。 昨年、被害者がいわゆる「優生保護法」の下で行われた業務に対する補償を求めて日本政府に対する訴訟を提起し始めたことで、訴訟の呼びかけが拡大しました。 1948年から1996年の間に、約2万5千人が法の下で殺菌されました。そのうち16,500人はこの手続きに同意しませんでした。最年少の患者は9歳か10歳でした。症例の約70%が女性または女児に関係していた。 昨年、ガーディアンは、佐藤由美*を含む2人の女性犠牲者の窮状を強調しました。彼女は1972年に滅菌されたとき15歳でした。 佐藤は20代で結婚するように設定されていた、と彼女の義理の姉妹はガーディアンに言った、「しかし、彼女が子供を持つことができないと言ったとき、彼女に提案した人。 公式の記録によると、佐藤は「遺伝的弱気」のために不妊化されていますが、多くの場合、この診断は家族によって論じられています。 当時の16歳の子供が精神障害を持っていると疑われたために1963年に卵管が結ばれた飯塚純子*は、この手技を逆転させることを試みたが不可能だと言われた。 「彼らは私の人生を失いました」と飯塚は昨年の仙台でのイベントで言いました。 まだ裁判所を通って彼らのやり方で働いている補償請求は一般に提案されたパッケージより高い支払いを求めます。 法案の前文には、「私たちは、それぞれの立場から、真剣に私たちの魂を捜し出し、私たちの心から謝罪します」と書かれています。 論説では、日本の朝日新聞は、「被害者に満足のいく救済を提供するという目的には程遠い」として、パッケージを改善するようMPに求めた。紙は優生学の法則は「非常に多くの人々の人権を踏みにじった」と述べ、「悲惨な過去の政策ミス」であると述べた。

専門家に聞く:家族と一緒に日本に2週間

専門家に聞く:家族と一緒に日本に2週間

まず、日本全国の電車で簡単にJRパスを取得する方法についてお問い合わせください。それは非常に費用対効果が高く、最長3週間JRの列車を無制限に使用できます。 東京で、サムライ体験を予約してください。家族はプライベートレッスンを受けたり、ドレスアップしたり、刀で遊ぶことができます - とてもクールで、私のクライアントは全員愛しています。家族のプライベートセッションは約350ドルかかります。 その後、東京を出て、日本で最も本格的なテーマパークの1つ、Fuji-Q Highlandで過ごしてください。富士山のふもとに位置しており、近くのリゾートでは公園への早期の入場が可能です。私鉄であるのでJRのパスではここまで行くことはできませんが、必要なバスと鉄道のチケットをすべて手配できます。 JRのパスで京都からわずか30分のところにある嵐山竹林もお勧めです。それは素敵な川と景色を望む素晴らしい竹林、そしてサルを手渡すことができる猿の森です。伝統的な鉄道が峡谷を走っています。その木の席、開いている窓、そして見るべきものがたくさんあるので、それは素晴らしい家族の楽しみです。 北海道の美瑛の町、日本の美しい花畑の中心部を試してみてください。JR美瑛駅のすぐ外にあるレンタルショップで自転車をレンタルし、花畑を通り過ぎてたくさんの道​​をサイクリングしながら、途中でカフェやフルーツピッキングを楽しみましょう。 一日の疲れを癒した後は、森の旅亭美瑛温泉ホテルで最高の伝統的な日本の宿泊施設をご利用ください。

韓国の摩擦をめぐる報道の光沢

韓国の摩擦をめぐる報道の光沢

3月1日はソウルの公園で学生が韓国の独立を宣言したスピーチの100周年を迎えました。このイベントを記念して、韓国のムンジェイン大統領は、外交摩擦のために現在は深刻に擦り切れている日韓間の絆を強化するよう呼びかけた演説を発表した。 1910年から1945年までの半島。 月の和解の調子は日本政府によって辛抱強く指摘されたが、外務省は1919年の宣言によって引き起こされた蜂起で殺害されたと述べた人の数について問題を取り上げた。与党自民党の何人かのメンバーは、同省のメッセージが十分に強くなかったと不平を言った。いずれにせよ、同省は3月1日にデモの可能性について日本人に警告し、韓国への旅行を計画している人々に旅行勧告を出した。 政府が蜂起で何人の人が殺害されたのではないかと懸念しているのなら、3月1日の運動のルーツについて何も語ったことがなく、報道機関もそうではなかった。現在の政権は、当時の日本の半島の併合は合法であったという物語を維持することを除いて、植民地時代については決して話しません、そしてメディアは歴史のこの曖昧なバージョンと一緒に行きます。結果として、公衆はそれについてはほとんど知らない。それは、仮にあったとしても、歴史的クラスでは概略的にしかカバーされていないからである。 しかし、東京新聞の特集で説明されているように、3月1日の運動の起源は日本にさかのぼることができます。その宣言がソウルの公園で読まれる1か月もしない前に、文書は現在日本の韓国のYMCAを収容しているサイトの東京の建物で韓国の学生のグループによって起草されました。建物のアーカイブの管理者は、1919年に「大正の民主主義」の高さで、東京はアジアで最も政治的に啓発された都市と見なされたと東京新聞に語った。この宣言には、米国のウッドロー・ウィルソン大統領の自決の原則が組み込まれ、朝鮮民主主義人民共和国の人々が日本の統治を打ち破ることに拍車をかけた。日本で教育を受けた若いエリートによって書かれた、テキストがそれが違法であるとして日本の規則を説明したとしても日本に多くの責任を置かなかったと主張する。その文書は、「平和と文化」を促進する行動への呼びかけであった。実際、 しかし、運動は活気づいた。最初は平和的だったが、韓国の歴史家によると、その後3ヶ月間に約7,500人の朝鮮人が暴力の渦の中で当局に殺害された。さらに、約15,000人が負傷し、約46,000人が逮捕されました。 3月1日に行われたTBSラジオの " Ogiue Chiki Session-22 " のインタビューで、一橋大学大学院の准教授、加藤圭樹氏は、日本はこの動きに対応したことがないので明示的に反対しなかったと述べた。単に無視します。デモが拡大するにつれて、デモを中止するために日本からより多くの部隊が派遣され、兵士たちはあたかも彼らが戦争をするかのように感じた。当時のメディアは、この動きをテロリストの作品と表現し、1923年の地震の後、東京と横浜の朝鮮人居住者を自警団員のように殺害した。朝鮮半島に7年間住んでいた金子史子独立を支持し、震災後に逮捕され、王子皇太子を殺害することを企図したとして死刑を宣告された。A韓国の主人公、彼女は日本ではアナキストとして知られており、暗殺者であろう。 多くの朝鮮人は日本の統治を支持した - 彼らがいなければ日本は半島を支配することはできなかった - そしてこれらの人々は戦争が終わったときにまだ権力の地位を占めていたので補償を含む植民地支配に関連するすべての問題を解決したと主張する。加藤氏が強調しているように、日本は条約を謝罪したり後悔したりせず、慶應義塾大学教授の祖谷義英氏は最近、東アジアフォーラムで、現在の日韓のスタンドオフは両国間の「衝突」植民地時代の解釈。 韓国にはイデオロギー的根拠にムーンを憤慨させ、過去の日本版にいくらか同情的な保守的な要素があります。この対立は、月の3月1日の演説の主な話題である南北の分裂に現れています。「オギエチキセッション-22」クリップの別のセグメントでは、韓国を拠点とするジャーナリストのSeo Dae-gyoは、月は植民地時代の共同作者を裏切り者と見なし、戦後の韓国政府は共同作者を収容して迫害したと述べている。共産主義者としての元運動は戦う。朝鮮半島の統一はこれら二つの側面を調和させずには起こり得ない。 3月6日に朝日新聞に掲載されたエッセイで、中央大学教授の川北敦子教授は、この外交の行き詰まりが世論にどのような影響を与えるのかについて心配していました。彼女は、過去に立ち向かうことへの日本の拒絶と、それ自身とのドイツの関与を対比させる。ナチ時代に直面した結果、ドイツは人権と民主主義が究極の善であることを知りました。一方、日本は戦争経験から得た教訓は平和が究極の善であるということであった。日。朝鮮半島は日本によって支配されていましたが、日本は今や韓国の気まぐれさの犠牲者となっています。 しかし、世論は過去よりも現在起こっていることについての詳細です。日本と韓国は文化的にも経済的にも多くを共有しています。日本の女子高生が2月17日に公開されたWebronzaの記事をインタビューしたところ、彼女は韓国文化を愛し、日本に韓国人の友人がいるため外交的混乱に悩んでいると述べた。1月には約78万人の韓国人が来日し、前年比5.6%の増加となった。日本人は外務省の警告に耳を傾け、好意を返せないのだろうか。日本の観光客が韓国で恐れるべきことがあれば、電話交換で「荻上チキセッション-22」のホストから尋ねられたとき、ソは「スパイシーな食べ物だけ」と答えました。

日本海沿岸では、小さな会社が中国の経済的苦悩の跡を見せる

日本海沿岸では、小さな会社が中国の経済的苦悩の跡を見せる

北部沿岸の雪国では、精密金型の製造業者が中国の景気減速の痛みを感じています。 株式会社デンソーやアイシン精機などの大手自動車部品メーカーに供給されているNagumo Seisakusho Coでは、受注が鈍化しており、来年度は給与を横ばいにするか、さらには減額する可能性がある。 日本の製造業者は、世界第2位の経済大国である中国の顧客、特に中国の製造現場に到達する部品や設備を購入し、国内外の成長を促進することに大きく依存しています。 自動車用半導体メーカーのルネサスエレクトロニクス社は先週、中国の成長がさらに減速することを見込んでいるため、一部の工場では最大2ヶ月間生産を停止すると発表した。ここ数カ月の間に、ファクトリーロボットメーカーのYaskawa Electric CorpとFanuc Corpのような他の大企業。三菱電機、商社の三井物産およびトイレ大手Toto Ltdは、利益予想を下回ったため中国を非難した。 しかし、中国のぐらつきの影響は、小さなNagumoのように、サプライチェーンの開始に近いメーカーにとってはさらに深刻です。100人の従業員を擁し、他の日本の製造業者が中国市場向けの自動車部品およびその他の製品を製造するために使用する精密プレス金型を製造しています。 ナグモの主要な三和工場の説明のない4,000平方メートルの工場フロアで、灰色の手術を受けた作業員、青い手術用マスクを着用していた従業員は、最近コンピュータで金型を設計し、その後組み立て金型 しかし、Nagumoの常識は厳しい時代を迎えており、Nagumoはすべての製品をオンデマンドで提供しています。 「1月から急に注文が停滞した。顧客の多くは自動車部品メーカーであり、最近は注文を急いでブレーキをかけている」と少なくとも米3月までの社長は語った。 「中国がくしゃみをすると日本は風邪をひくと言われている」とコメマスはロイター通信に最近工場で語った。「私は、貿易戦争が私たちのような中小企業でさえも影響を及ぼしていると強く感じています。」 リップル効果 施設の最も空いている部分は最も忙しかったです。Nagumoの5人のセールススタッフは、頻繁に外出先で新規顧客を探して注文の減少を補っていました。 第二次世界大戦の直後に繊維加工会社として設立された同社は、東京の北西225キロメートル(140マイル)にある約20万人の静かな都市上越に本拠を置いています。 日本の最大の都市の喧騒からかけ離れて、上越は1900年代初頭に日本の帝国軍にクロスカントリースキーを教えたフェスティバル、美術館、そしてオーストリア - ...

メディアはどのようにして海外旅行から日本の青年を抑止

メディアはどのようにして海外旅行から日本の青年を抑止

日本を訪れる外国人旅行者はしばしば、彼らがこれまでに訪れたことのある他のどの国ともその国がどれほど違うのかを話します。「まるで彼らが別の惑星に住んでいるかのようです」と旅行者は、他では遭遇したことのない特異な習慣や精神性に言及しながら言うかもしれません。 海外旅行が何らかの兆候であるならば、日本の若者の人口はこのような日本の例外主義の感覚になるとこれらの外国人と一致するようです。 海外旅行データによると、2017年の20代の日本人の海外旅行数は、1996年にピークを迎えた数の約50%減少しています。近年はそれほど増加していません。付随する調査によると、20代の日本人の半数以上が海外に行ったことは一度もなく、多くの人が特に行きたいという願望はありませんでした。 海外に留学する日本の若者にとっても、状況は同じではありません。2004年にピークに達した約8万人に達した後、留学生の数は10年間で36%減少して 5万人を下回りました。 日本に住む若者の数が減るにつれて、なぜ海外旅行がそれほど多くの人にとって望ましくないものになったのかについて、日本のメディアでは深刻な魂の探求が行われてきました。 専門家による分析では、言葉の壁からコミュニケーションスキルの欠如、忙しく減少している人口に対する低賃金まで、さまざまな問題が指摘されています。 しかし、彼らの分析では、専門家はより単純でより直接的な理由について忘れているかもしれません。 そのためには、日本の旅行ガイドブックを開くだけです。 地球の歩き方(「地球の歩き方」)されているベストセラーの日本の旅行ガイド出版さ800万コピーして、過去35年間のために。このシリーズはしばしば「日本の孤独な惑星」と呼ばれますが、この2つが特定のロケールについて書く方法には興味深い違いがあります。簡単に言えば、という大きな長地球が何の歩き方旅行の目的地の潜在的な犯罪に充てていない潜在的な日本の旅行者のための心理的な抑止力として機能しての標的と日本人の旅行者と、諸外国は日本よりも著しく危険であることについて、日本の若者の間で既に存在している信念を定着さ犯罪者 『ロンリープラネット』と 『ちきゅうのアルカタ』による東アフリカの報道の比較は実例です。 ちきゅうの有りかたは、その地域を旅する危険性を強調するために、非常に広いスペースを費やしています。2013年の記事は親切にまとめた地球の歩き方のカバレッジを。最初から、ガイドは地域全体が危険に満ちているとそこに旅行についての最も重要なことは犯罪を認識することであることを強調しています。また、都市公園、繁華街、そして矛盾して、どんな郊外でもノーゴーゾーンとしてリストされています。都市部とサファリの両方で武装強盗の標的とされている日本の観光客の具体的な危険性は、過去に日本人旅行者が直面した実際のエピソードの具体例に示されているように詳細にカバーされます。 このような犯罪重視の報道は、 『ロンリープラネット』とは大きく対照的です。 その東アフリカガイドは、地域の美しさの魅力と長引く暴力の見込みを同じ長さで紹介することによって、成功への肯定的なトーンを設定します。「ちきゅうのありかた」で犯罪の説明が焦点となっているこの地域の都市でも、主にLonely Planetの主要な魅力とされており、色鮮やかな街頭文化と犯罪の危険性を上回る精力的な活気があります。もちろん、ロンリープラネット可能性のある犯罪もカバーしていますが、献身的な「危険と煩さ」のセクションでそうしており、個人的な危害の可能性がさまざまな目的地への一般的な紹介に関連する全体的な前向きな態度に影響を与えません。 2人のガイドの内容の違いは決して東アフリカの彼らの報道に独特ではありません。旅行の目的地が異なっていても、「ちきゅうの有りかた」は一貫して犯罪の標的にされている日本人観光客の潜在的可能性を執筆の主要なテーマとしており、うっかり外国人観光地への訪問を躊躇しています。犯罪にそんなに焦点を当てることで、地球の歩き方が海外旅行するために、多くの日本の若者のための心理的な障壁を作成しませんし、日本以外の世界は危険な場所であることを物語を強化します。 Lonely Planetは、異文化や美しい光景を見ることで得られる大幅な増加に対して、犯罪の費用を軽視することによって、そのほとんど日本人以外の視聴者に同様の精神的障害をもたらすことはありません。 外の世界に直接触れることがほとんどない日本の若者にとって、「ちきゅうのある形」は、日本のニュース報道とともに、外国の社会や人々の認識を形作るための主要な媒体としての役割を果たす。残念なことに、これらの日本の報道機関が、犯罪が多発していると考えられる外国の土地に足を踏み入れることへの恐怖をもたらしているのは残念です。これらのメディアが潜在的な犠牲者の役割に日本の旅行者を正当に投げかけない代替の物語を思い付くことができるまで、より多くの日本の若者が頻繁な旅行と短期滞在のために海外に進出することを納得させることができるのを見ることは困難です。 Xiaochen Suは博士です。移民問題を専門とする東京大学の候補者。彼は以前、東アフリカ、台湾、韓国、そして東南アジアで働いていました。

人工知能は日本のオンデマンドバスサービスを制御しようとしています

人工知能は日本のオンデマンドバスサービスを制御しようとしています

三菱商事は、日本でのオンデマンドバスの運行を制御する人工知能(AI)を使用する合弁会社を設立しました。 Next Mobilityと呼ばれる新会社は、三菱と日本の大手バス会社である西日本旅客鉄道株式会社によって設立されました。 この合弁事業は、4月に福岡市東区のアイランドシティで1年間の試験を開始する予定です。水曜日に声明で、三菱はAIがスマートフォンアプリを通してなされる乗客の要求に基づいてリアルタイムで、自動的にルートを生成するために使われるであろうと言いました。詳細な学習は、交通状況と旅客の目的地の両方に関する「運用データ」を照合するために使用されます。これは、バスがより多く使われるほどより効率的な方法でバスが走るのを助けるだろう、と三菱氏は付け加えた。 このプロジェクトは日産が後援しており、日産のキャラバンがパイロットで使用されます。車は福岡西鉄タクシー会社のタクシー運転手によって運転されます。新しいイノベーションやアイデアがゆっくりと、しかし確実に人々の動きを変えています。例えば、2月には、AIセンサーとコンピューターを搭載した電気自動車が、オーストラリアのクイーンズランド州で1,200キロメートル(745マイル)の3か月間の旅程を開始すると発表されました。ライブ、ニュース作りのディスカッションユニークで対面的な経験もっと詳しく知る ゼロエミッションのルノーZOEは、国の北東部にある州内の道路をマッピングします。ブリスベンに本拠を置くクイーンズランド工科大学の研究者が車を運転するでしょう。 クイーンズランド州の交通大臣であるマーク・ベイリー氏は、「研究者がクイーンズランド州を車で走るにつれて、車内で安全に運転できるようにAI搭載車両を改良するためのバーチャルマップを作成する」と述べた。 

クレムリンは島を日本に手渡す計画を放棄する

クレムリンは島を日本に手渡す計画を放棄する

RBCのニュースウェブサイトによると、クレムリンは、紛争中のクリル諸島の支配を日本に譲渡するという交渉の過程を覆し、名前のない情報源を挙げている。 ソ連軍が第二次世界大戦の終わりに押収した島の上の列はモスクワと東京が正式に戦争のための平和条約に調印するのを妨げました。日本はその領土をチェーニング領土としていると主張し、一方でクリルの住民とロシア人は全国的に日本に同居する見込みに強く反対している。 ロシアに大統領府の近くにある無名の情報筋と外務省に近い情報筋が火曜日に確認した日本へのKurilsの移転のための「そのような計画はありません」。 「外交のために」ロシアは日本への引き渡しを完全に拒否しない、と外務省筋は付け加えた。同じ資料によると、クレムリンは、日本が島に対するロシアの主権を認めるという条件に日本が同意しないであろうと信じており、合衆国がそこに軍隊を駐留させないというアイアンクラッド保証を提供する。 クレムリンのスポークスマンDmitry Peskov は、日本との会談は「何年もの間」継続する可能性があると述べた、国営RIA Novosti報道機関は報じた。 モスクワに本拠を置く政治技術センターのシンクタンクの副部長、アレクセイ・マカキン氏は、ロシアは密接に連携した日本と米国の間の楔を追求しようとしていると述べた。 「日本がアメリカの軍事施設をクリルに配備しないことを主張するならば、それは二国間関係における問題につながるでしょう」と彼はRBCに言いました。

スリランカのライトレールシステムに資金提供する日本

スリランカのライトレールシステムに資金提供する日本

日本の海外開発機関は月曜日、スリランカの首都コロンボに新しい15億ドルのライトレールシステムのための資金を貸すことに合意したと述べた。 コロンボのトラフィックはピーク時には時速7キロメートル未満の平均速度まで減速し、南アジアで最も遅い速度の1つになります。 国際協力機構(JICA)は、スリランカと3004億円(2億7000万ドル)の融資を行うことで合意したと発表した。今回の契約では、車両や電気機械設備などの日本の技術がプロジェクトに利用される予定だという。 15.7キロメートル以上の16の駅があるLight Rail Transit(LRT)システムは、コロンボ内およびその周辺の高架トラックで運行します。 「それは根本的にこの国の公共交通機関の表面を変え、交通渋滞を緩和しそしてコロンボ市の環境を改善するだろう」と声明は言った。 JICAによると、日本のローンの金利は0.1%であり、40年間で12年間の猶予期間があります。 日本はすでに首都の内外での交通渋滞を減らすために新しい高速道路の区域と主要な橋に資金を供給してきた。 スリランカは近年、港湾、高速道路、鉄道の大規模な展開を見てきましたが、いくつかの野心的なインフラストラクチャプロジェクトは白象になり、主に中国への借金の山に直面しました。 貸付金を返済することができなかった、Ranil Wickremesinghe首相の政府は、2017年に11億2000万ドルのためにHambantotaで中国製の港を11.2億ドルでリースしました。

フリーランス革命が日本にやってくる

フリーランス革命が日本にやってくる

日本は終身雇用、慎重な従業員の忠誠心と順応、そして外国人専門家にとっては比較的閉鎖された国境だったのでしょうか。 まあ、時代は変わりつつあります。速くはありませんが、確実に進化しています。 日本はフリーランス革命の可能性を切り開いています。実際、ほんの数ヶ月前に、日本政府 は、幅広い産業分野の30万人以上の外国人労働者に就労ビザを提供するための一連の新しい政策に合意しました。これらの労働者は深刻なスキル不足を解消するのを助けます。そしてそうすることで、彼らはさらに別の仕事やキャリアの取り決めへの扉を開きます。 日本は、フリーランス革命と柔軟な混合労働力を歓迎し始めています。ゆっくり、慎重に、しかしそれは起こっていてそして成長するでしょう。 日本でフリーランサーになることは簡単ではありません。他の文化では、フリーランサーは独立した専門家や起業家として尊敬されていますが、日本は長い間会社の従業員の社会でした。しかし、Sの  寿命のセキュリティは過去のものとなっている収入に圧力をかけており、日本とアベノミクスで、フリーランスは上昇し始めています。 最近の日本のオンライン人材市場Lancers 'によると、日本の2018年時点でのフリーランサー数は100万人を超え、前年比で約5%増加しています。ランサーは、日本の労働人口の17%が何らかの形でフリーランスの貿易に関わっていると見積もっています。 ランサーは、日本を代表するオンライン人材市場のひとつであり、その市場を構築し、フリーランサーに金融サービスを提供するための資金を調達しました。2つ目のメイドインジャパンのオンライン人材市場は データサイエンスに焦点を当てているCrowdworksですが、ほとんどの日本のオンライン人材市場と同様に、翻訳サービスから拡張現実バーチャルの専門知識まで、スキルカテゴリの範囲は非常に広いです。Crowdworksの使命は、日本の企業からも期待されるように、「仕事中に人々を笑顔にする」ことです。同社は、米国で最も尊敬されるAIおよび機械学習プラットフォームであるFigure Eightと協力関係にあります。Crowdworkのプラットフォーム上の日本の技術専門家は、Figure Eightのグローバルな技術リソースベースの重要な部分です。

Page 1 of 51 1 2 51

Translate

Popular Post

日本の投資家が再生可能エネルギーを後押しすることで

域での大規模な再生可能エネルギープロジェクトの支援を模索しており、エネルギー市場アナリストが「一般炭の終わりの始まり」と言う「記念すべき」シフトを示している。 同時に、日本の銀行や商社は、石炭への投資から遠ざかって、オーストラリアの鉱山から売り払い、石炭火力発電の建設計画を廃止しています。 日本はオーストラリア最大の一般炭輸出国です。 2015年に日本で提案されている石炭火力発電プロジェクトのパイプラインのうち、Global Coal Plantトラッカーの数字によると、4分の3は現在進行中ではないようです。 日本の北西沿岸地域にある秋田にある1.3GWの石炭火力発電所は、棚上げされる可能性が最も高い最新の提案で、今年初めに他の2つが中止されたことを受けています。双日株式会社は今週、伊藤忠が先月の石炭撤退を発表し、三井物産が11月に出資したことを受けて、さらに一般炭からの売却を発表した。 アジアの再生可能エネルギーおよびエネルギー金融分野の情報筋によると、日本の銀行、商社、および2つの著名な国営企業 - 国際協力銀行および国際協力機構 - は、ここ数カ月、再生可能エネルギー分野により重く投資する意向を表明している。 再生可能エネルギーへの関心の高まりは、特に、石炭への既存のばく露を抱えている投資家や企業から来ている。人口の減少に伴い、日本の電力需要は減少しています。その市場では、石炭は、原子力再起動、太陽光発電およびその他の再生可能エネルギーによって提供される追加容量によって混雑しているように見えます。 他の開発者たちは、沖合の風力開発のための場所として、日本海の隣にある秋田に目を向けています。 今週発表されたみずほ銀行の試算によると、日本全国で13の洋上風力発電プロジェクトが環境影響評価を受けており、総投資機会は最大2兆円(250億豪ドル)に達する。 気候行動キャンペーングループである日本のKiko Networkの国際理事である平田君子は、日本のビジネス界のいくつかの大企業の間で感情の変化に気づいたと述べた。 「昨年から、大手銀行やメガバンク、そして保険会社や商社からいくつかの変化が見られましたが、石炭火力政策に関する見解は変わりました」と彼女は言います。 「だから、私たちは、国内および国際的な石炭火力への継続的な支援がもはや国際社会や日本でも受け入れられないと彼らが考えていることを明らかに見ています。大きな変化が起こることを私たちは大いに歓迎します。」 しかしながら、平田氏は、これらの金融機関の政策変更の多くは、すでに現在進行中のプロジェクトではなく、まったく新しい石炭プロジェクトに関連していると警告した。...

Read more