Tag: 日本の新しい「さよなら」

旅行者に対する日本の新しい「さよなら」税はここにあります

旅行者に対する日本の新しい「さよなら」税はここにあります

  お得なフライトや新しい路線のおかげで、今までになく簡単に日本に着くことができましたが、東京の寿司、沖縄のビーチ、そして京都の寺院がいっぱいになったら、国を出るのも少し高価になります。 。月曜日に、国は訪問者から「さよなら」税を徴収し始めました。国籍にかかわらず、予約時に1,000円(9.23米ドル)の新料金が、すべての乗客の飛行機および船の輸送運賃に加算されます。 ただし、例外がいくつかあります。2歳未満の子供は税金に見舞われず、24時間以内に日本に滞在している人や "やむを得ない事態"のために入国を余儀なくされている人もいません。フライトの乗り換えと悪天候)は、ジャパンタイムズを報告します。 日本政府は、これらの9ドルの手数料が加算されることを期待しており、税金によって生み出された収入は2019年末までに約500億円(4億6,100万ドル)になると推定しています。彼らは、出入国管理をより迅速に処理するためのより多くの顔認識ゲートの設置、文化的アトラクションにおける多言語での情報の追加、公共交通機関での無料Wi-Fiの開発を含む。 タイミングは理にかなっている:東京は2020年オリンピックとパラリンピックを開催し、日本はインバウンド観光客の数を増やすことを検討している - 2018年に3000万人以上の旅行者、そして政府は2020年までに4000万人の訪問者を言うことを望んでいる。 (私達はあなたが今年行くべきであるいくつかの理由さえ持っています。) 旅行者のブリジットハリナンが以前に報告したように、日本は訪問者に税を課すために唯一の国から遠いです。確かに、それはあなたが弁当とカスタム大橋に使うために9ドル少ないお金を持っていることを意味します、しかし、あなたがそれをイギリスの「Air Passenger Duty」税(数百人に忍び寄る)またはオーストラリアのものと比較するとき、それほど悪く見えません「旅客移動料」は、他国へ出発するときに60オーストラリアドル(42.75米ドル)を請求するものです。

Translate

Popular Post

は世界最高のものですが、日本のクラフトビールはどうですか?

2014年、日本は、世界的に有名なジム・マレーが「ワールド・ウイスキー・オブ・ザ・イヤー」を選んだとき、世界を驚かせました。 100 「信じられないほどの天才」と彼は書いた。 "現時点ではスコッチがどこにも近づくことができないシングルモルト。" それ以来、日本は独立したウイスキーシーンの最愛の人であるニッカ、サントリー、キリン、秩父のような住宅に賞賛を集めてウイスキーの世界を席巻しました。しかし、ウイスキーを持っているすべての才能のために、日本人はまだ別の西洋の飲み物を習得していません:クラフトビール。 ニセコを拠点とするBar Gyu +と夫の渡辺久の共同所有者であるIoanna Morelliは、次のように述べています。 「日本は夏の間は暑い国であり、朝日やキリンのような主要なプレーヤーは本当に人気がある「スーパーコールド」または「サブ0」ピルスナーを持っています。」 ここ数年で、一握りの日本の工芸品醸造所が全国各地にオープンし、成功の度合いはさまざまです。 「良いビール醸造所は本当に素晴らしい」とビールとワインバーのオーナー、オーストラリアのミックニッポン氏はニセコでも言った。 「悪い人はただひどいのです」 問題の一部は日本の自家製の醸造文化の欠如から生じています。アラバマ州とミシシッピ州は2013年まで合法化していませんでしたが、大多数の州では、自家醸造は1978年に合法化されました。免責 この法律は、さまざまな種類の酵母を専門とするホップファーム、モルトハウス、および実験室に対する需要を生み出し、また、いつの日かは活況を呈している産業を支える強力な知識基盤を生み出しました。それとは対照的に、日本では、1%を超える自家製ビールは違法です。地元の人々は、彼らが大声で宣伝しない限り誰も気にしないと言いますが、合法的な赤字は自家製の醸造コミュニティが小さいままでいることを保証します。 今日、日本の自家醸造業界は主に外国で技術を学び、自分たちの機器を日本に持ち込む外国人によって運営されています。彼らが去るとき、彼らはしばしば他の元パットまたは地元の人々に彼らの機器を売る。 クラフトビールバーMikkeller TokyoのオーナーであるHamilton Shieldsは、ニセコのMick's Placeで夏を過ごしました。...

Read more