Tag: 日本の手彫り

褪色インク:日本の「手彫りの」タトゥーマスターは彼らの芸術を生かし続けるために戦う

褪色インク:日本の「手彫りの」タトゥーマスターは彼らの芸術を生かし続けるために戦う

  東京の六本木地区にある小さな、臨床的に照らされたスタジオでは、恐ろしい戦士たちと神話上の生き物たちが、スペースの周囲を囲む紙の絵から目を光らせています。 ここの彫師は、単に竜源として識別されることを求め、伝統的な日本のイメージ - 自然にインスピレーションを得たカラフルで漫画のような形、宗教的な図像、そして国の有名な「浮世絵」の木版画を専門としています。 龍源の方法も歴史に染み込んでいます。実際、彼はまだ「テボリ」(文字通り「手彫り」)の入れ墨の古代の伝統を実践している少数の日本の芸術家の一人です。 日本で最初に書かれた入れ墨の記録は2千年以上前のもので、Ryugenのような針のついた棒の使用は何世紀もさかのぼることができます。テボリの道具は現代のタトゥーマシンと比べると原始的に見えるかもしれませんが、原理はほとんど同じです。アーティストは棒を使って手で肌の最上層の下にインクを押し、装飾や罰のどちらかに永久的な印を残しました。 Image: Yokohama School 彼が衛生のために使い捨ての針の先端を使用するけれども、彼が単純な織物の袋に入れておくRyugenの道具はこれらの何世紀も前の道具とほとんど違いがありません。彼のテクニックを説明しながら、彼は親指のしわに沿ってロッドの1本を静止させる前に、それを繰り返しの激しい動作で動かしています - 一種の掘る動作です。 現代の入れ墨機械は芸術家が皮の正しい層を突き通すのを助ける深さの設定を特色にするが、teboriのマスターは一人で感じることに頼る。 Ryugen氏は、伝統的な方法で「直感的に」タトゥーを入れることができると述べたが、彼は通常タトゥーガンを使って輪郭を描きます。 その利点は、色が明るく、強く、そして長持ちするということです。手動の方法はまた彼が1つのインクだけを使用して、鈍い色から強い色まで、より滑らかなグラデーションを作成するのを助けます。 ...

Translate

Popular Post

2018年に日本の山に座礁した記録3,129

  木登りやウォーキングなどの活動でブームが続いている中、記録的な3,129人の人々が昨年の日本の山々に取り残されたと、警察の報道は明らかにした。 事故件数は78件から2,661件に増加しましたが、1961年に比較可能なデータが入手可能になって以来、過去最高を記録しました。 これに対し、警察庁によると、死者や行方不明者の数は12人から342人に減少し、そのうち70%以上が60歳以上であるという。 全体では、50.5%の人が立ち往生し、71.9%の人が死亡したか、まだ行方不明になっていますが、60歳以上でした。 最大の苦痛を抱えているのは70歳以上の人で、698人(22.3%)で、60代の人は692人(22.1%)、50代の人は486人(15.5%)でした。 死者と行方不明者のうち、110、32.2%が70代、101、29.5%、60代、42、12.3%が50代でした。 活動別では、385(12.3%)が野生の野菜やキノコを選んでいました。 報道によると、ゲレンデ外スキーの間に合計111人の海外観光客が立ち往生していた。 都道府県別では、長野が297で最も多く、北海道が201、東京が147となっています。 78.4パーセントのケースで、立ち往生している人々は助けを求めるために携帯電話または他の通信機器を使用しました。 2013年以降、事故の数は毎年2,000件を超え、警察は人々に適切なルートの計画と必要な装備品の装着を促しています。

Read more