Tag: 政治

日本の新防衛計画は何となく充実していますか?

日本の新防衛計画は何となく充実していますか?

  日本の安倍晋三首相は、今日中国に直面している世界のリーダーの中で、最も明確な戦略的ビジョンを持っているかもしれない。 2013年に発行された最初の国家安全保障戦略文書では、より緊密な日米同盟の形での外部バランシングに基づくアプローチを概説し、インド、オーストラリアを中心とした同盟国へのアウトリーチを拡大した。 2014年に、彼は西陣平大統領に、尖閣諸島に紛争があることを日本が認識しているという西側の要求に賛成せずに会合に同意するよう強く要請した。彼は今年10月に北京を訪問し、中国側が中国のベルト・アンド・ロード・イニシアチブにおける透明性の国際基準についての日本語の条件に同意したことで、今年中国とのコーナーを回った。安倍晋三官房長官はまた、日本の自衛隊の米国や他の海洋民主化機関との共同運営能力を拡大するための日本憲法第9条の解釈を改正し、内部均衡の点で日本自身の能力を強化するための大きな措置をとった。 安倍総理の今後の大きなステップは、今月末の日本の国防計画ガイドラインの改正となる。これは国防計画ガイドラインに示された目標を達成するために必要な能力を備えた新しい中期防衛計画に日本の国家安全保障戦略を結びつける10年の防衛政策文書である。最後の中期防衛策は2013年であったが、日本を取り巻くセキュリティ環境がますます複雑になるため、改訂が必要である。しかし、これら2つの文書で想定されている変化は、日本が直面しているこれらの安全保障上の課題の性質と、東京が行動できるパラメタをますます制約する多くの国内的課題を考えると慎重すぎるかもしれない。以下では、外部および国内の課題を整理し、それらに対処する可能性のある4つの強化点を示す。 外部の課題 安倍氏は2013年以降、日本の戦略再調整に成功したにもかかわらず、治安情勢は日本全体で悪化し続けている。日本の視点から見ると、中国の急速な軍事的ビルドアップが依然として懸念されている。主に海域であるが、他の地域でも灰色の挑発的な挑発と相まって、北京では、利益を促進し、現状を変え、徐々に戦略的な競争の場を有利にシフトさせる。さらに、外交の騒ぎにもかかわらず、日本は引き続き北朝鮮を懸念している。北朝鮮の中距離弾道ミサイルを含む中長期ミサイルの兵器は、すべての日本が攻撃の範囲にとどまることを確実にしている。そして、核能力と他の大量破壊兵器の未知の兵器で、日本は1945年8月以来のレベルで日本の破壊につながる恐れがあると懸念している。日本はロシア極東地域での活動を観察する必要があると認識しているが、主要な世界的俳優として、ロシアを主要な安全保障上の脅威とみなさない。 国内の課題 日本は、外的課題に取り組む能力を制限する多くの国内課題に悩まされている。もっとも公表されているのは、人口統計学の減少との闘いです。日本の総務省統計によると、2016年の日本の人口は1億6290万人であった。出生率が低いため、今後数十年にわたって、これは激減することになります。 2025年には、1億2250万人に減少する。 2045年には、1億640万人に減少する。 2055年には、1億9700万に下がるだろう。この減少している出生率は、自衛隊に直接影響を与えます。長年にわたり、最も重要な傾向は採用の着実な減少の1つです。過去数年間に防衛予算が増加したにもかかわらず、募集は苦戦しています。自衛隊は2014年以来募集目標を達成することができませんでした。たとえば、2017年には、募集者は目標の79.9%しか達成しませんでした。 募集が減少するとともに、日本もまた拡大すると予想される資源の制約に直面している。今年の国防予算は440億ドル(4兆9000億円)。日本の比較的大きな防衛予算にもかかわらず、国防費は国内総生産(GDP)の1%で人為的に上限に達している。これは、1976年の武雄政権の政治的意思決定の結果であり、日本の防衛政策の抑制を示している。 1980年代後半の数年間を除いて、日本の防衛費はこの人工帽子の下にあった。日本経済が急速に成長していた時には、毎年1%の予算がかかっていたため、これはあまり重要ではありませんでした。これはもはや事例ではなく、しばらくの間続いていません。この人工政治帽子が残っている限り、それは日本がcの種類に捧げることができる資源の量を制限する 可能性のある拡張 第1の可能な強化は、人員の不足を克服するための可能な手段に関連している。日本の出生率が低下し続ける中、自衛隊は引き続き募集に問題を抱えている。日本が数値優位の中国との闘いを阻止したり防衛するためには、単に人員の増加に頼ることはできないだろう。 1つの選択肢は、新しいメンバーと候補者を受け入れる年齢制限を上げることです。日本は10月に26歳から32歳に新入社員の最高年齢を引き上げました。もう一つの選択肢は、より多くの女性を募集することであり、これも考慮されている。しかし、これは長期的な修正ではありませんが、継続的な出生率の低下は、自衛隊がますます縮小するプールからの募集を求めることを意味します。高い給料を要するより健康な経済は、このプールをさらに縮小します。これは、有能な人に船を傭兵させ、飛行機を飛行させ、車両を運転させ、必要な保守を実行して自衛隊のすべての装備を稼動させ続けることに大きな問題を提起する。 したがって、この強化の中で日本には2つの選択肢があります。 1つは、より少ない人間操作者しか必要としないマルチドメイン、無人システムに頼ることである。それが潜水艦、駆逐艦、戦闘機の現在の兵器であろうと、航空母艦やF-35Bのような潜在的な将来の能力であろうと、自衛隊は多くの人力を必要とする。 2016年8月、国防総省の技術・物流庁は、20年を見据えた防衛技術戦略を発表しました。それは、日本が対艦ミサイルと魚雷と無人飛行機で武装している無人の水中の車両を検討する必要性を強調した。日本が中国から直面する脅威の性質を考えると、日本はこれらの領域への大胆な動きだけでなく、武装した無人航空機の開発を検討するかもしれない。これらの資産を日本の南西諸島の一部に停泊させることは、自衛隊の存在をほとんど持たない東シナ海における自衛隊の足跡を拡大するという追加の利益をもたらすだろう。 ...

日本軍は記録的な支出を見て、より多くの米武器を購入することを目指す:日経

日本軍は記録的な支出を見て、より多くの米武器を購入することを目指す:日経

  日本の軍は、安全保障上の課題に対処するために今後5年間で支出を増やし、米国の設備を買うことによって米国との貿易黒字を縮小することを目指している。 国防部は、2019年4月から2024年3月までに少なくとも27兆円(240億ドル)を費やしており、来年3月に終了する5年間の平均0.8%を上回っている。そのソースを特定することなく。 日経は、現在、設備費や人件費が国防費の80%を占めていると述べた。この計画の下では、新たな機器購入のための資金がこれらの費用から分離され、米国からの機器の購入がより容易になると付け加えた。 スポンサード 日本政府は、12月中旬に閣議決定した。国防省はすぐにコメントに達することができなかった。 ドナルド・トランプ米大統領が軍事装備を含む米国の物資をより多く購入し、東京との貿易赤字を削減するために日本の自動車輸入に関税を課すと脅しているため、米国製の装備を購入すれば、 8月の日本国防総省は、核兵器放棄の約束にもかかわらず、東京が継続的な脅威と見ている北朝鮮の弾道ミサイルを撃墜するために設計された防衛への大幅なアップグレードを支援するため、来年5兆3000億ドルの支出を追求した。

解説:ほとんどの日本人は、彼らの国の最高の日が彼らの後ろにあると思う

解説:ほとんどの日本人は、彼らの国の最高の日が彼らの後ろにあると思う

  今後2年間で日本は、2019年のG20サミットと2020年のサマーオリンピックを開催することで、世界の舞台に立つことを目指す。 最近のピューリサーチセンター(Pew Research Center)の調査によると、日本への関心が高まっている中で、この大気の興奮と期待の中で、ほとんどの日本人は経済に不満を持ち、次の世代への期待を心配している。 しかし、雇用と賃金は懸念の唯一の原因です。 日本の民主主義、移民、安全保障同盟の状況に関する意見が世界第3位の経済大国の将来に関する幅広い経済に貢献している。 将来についてお聞かせください 10年以上前の世界金融危機の発生以来の日本の最高水準への公衆の満足度。 今日では、日本経済の44%が2009年から34%増加し、良好な状態にあります。そして、第3四半期の契約のほとんどは自然災害に起因していますが、経済学者は日本経済を概ね肯定的な予測にします。 しかし、日本人(55%)の大半は依然として現在の経済情勢を悪いと表現している。さらに、全員がより良いかどうかについても疑問が残っている。20年前には約4分の1の日本人(26%)のみがそうだった。 この懐かしさ - 言論の41%は今日悪化しています - 今日の日本の子供たちは、彼らの両親より財政的に良いと思うのは15%にすぎません。これは、調査対象となった25カ国(フランスのみと結ばれている)全体で最も低いレベルの楽観主義を表しています。 オートメーションとイミグレーションに関する懸念 多くの日本人が次世代に影響を与える要素の1つは自動化です。次の半世紀にわたるロボットとコンピュータが人間によって現在行われている作業の多くを行うと予想しているのは約10人(89%)だという。 その結果、74%が日本経済がより効率的になるとしているが、10人中8人(83%)が不平等が悪化するとみている。特に、国民の約4分の3(74%)は、より自動化された経済で雇用を見つけるのが難しく、大半(58%)は自動化が新しい、より賃金の高い雇用を生み出すとは考えていない。 公衆の心配にかかわらず、自動化は、国の灰色の人口と労働力の縮小に対する答えとなるかもしれません。移民の増加は、この人口動態の変化を和らげるのにも役立ちます。 ...

アメリカと日本が中国を含むことができる

アメリカと日本が中国を含むことができる

  彼は21世紀は、中国の覇権拡大とアジアの世紀になると思われる。したがって、近い将来、日米同盟は、民主的規範、経済的繁栄、世界各国の多国間協力を進める上で引き続き米国の外交政策の支点となるであろう。 日本は1945年以来、米国の信頼できるパートナーであり、日米同盟は、引き続き、ガバナンス、市場開放、世界的な機関の戦略的ビジョンを示している。しかし、ソ連の崩壊、中国の強国化、信頼できる核抑止力の発達により日米冷戦関係の格差が拡大している。 今日、米国の政策立案者は、密接な同盟国であり、中国の後ろにあるアジア最大の経済として、日本はアジアにおける米国の利益の主要な支持者になることがうまく考えられていることを理解しています。これまで、1997年の東アジア金融危機以降、アジア通貨基金の設立への米国の干渉が、東京の地域多国間主義への最初の挑戦を妨げたため、この可能性はほとんど活用されなかった。しかし、最近では、アジア太平洋経済協力や東南アジア諸国連合(ASEAN)などの地域機関への参画を強化し、米国とは独立した地域統合を積極的に支持している。さらに、東京は、2018年の太平洋パートナーシップのための包括的かつ累進的な合意の通過を率先して行っている。 日本の独立性とリーダーシップは肯定的な発展であるが、その主張がますます増大することは米国にとって新たなリスクを生み出す。特に、日本は、米国主導の自由主義国際秩序が、グローバリゼーション、技術的混乱、大後退の崩壊に起因する摩擦から崩壊し続けるならば、米国へのコミットメントに対してヘッジを開始する可能性がある。すでに日本は、同盟管理のための実用的な本能を実証している。日本のインドとの間の経済的な投資、日本との間の地政学的緊張を相殺する中国との貿易拡大、さらには安倍晋三首相のロシアのプーチン大統領への暫定的な援助もこのことを強調する。 今後、日本は、アジアにおける米国政策の輪郭を形作る重要な能力を維持する。このように、米国は、高齢化社会としての日本の経済的優先事項の変化と、重要な天然資源が不足しており、拡大している隣人に囲まれた孤島の国家としての安全保障特権を認識すべきである。 日本の主張性への適応 オバマ大統領のアジアへの枢軸をはじめ、2006年にアブ氏が提出したコンセプトを復活させるトランプ政権の「フリー・アンド・オープン・インド・パシフィック」戦略に続き、米国は軍事的関与の自制制限を縮小し始めているベトナム戦争以来、アジアでは、米国、日本、オーストラリア、インドを含む非公式の四国間安全保障対話(Quad)もまた、堅固な日本へのコミットメントを再確認した。 米国に対する日本の支援の鍵は、西太平洋における航行の自由と法の支配を守る前方防衛拠点です。しかし、日本の米軍の存在は、日本の左派イデオローグや極端な平和主義者、そして現在日本に駐留している5万4000人の米軍の半数を派遣している沖縄の人々のための多年生の源泉である。騒音公害、暴力犯罪、航空機事故は、沖縄人に影響を与える問題が再発しています。米国は、沖縄の主要軍事基地を島の比較的人口の少ない沿岸地域に移転することを支持しているが、まず軍事作戦を完全に終了させるために地方の政治的姿勢に立ち向かわなければならない。 南シナ海での中国の軍備増強と尖閣諸島への侵攻を考えると、米国は沖縄の軍事基地に対する不満を緩和する圧力が高まっている。最近、リチャード・アーミテージ元国務副長官とハーバード大学のジョセフ・ナイ大統領が日本本土に共同拠点を導入する提案は、沖縄の潜在的可能性を低下させる可能性がある。 冷戦時代には、米連邦政府は共産主義者の侵略から韓国と台湾を守るために、日本にとってより大きな役割を追求した。日本の平和主義者指向は徐々に衰退しているが、日本の憲法第9条は軍事的拡大の混乱の障害となっている。 2015年に安全保障法を含む第9条の範囲を調整しようとする努力は、集団防衛を可能にするための条項を再解釈する - 公然とした抵抗に直面する。安倍晋三が2021年までに第9条を改正する動きは、政治的な威力を発揮する可能性は低い。しかし、世論調査によると、大多数は、憲法改正が将来必要であると信じている。 第9条に向けた日本の矛盾した考え方は、最近の安倍政権の政策調整と関係している。これには、(1)2013年にホワイトハウスNSCの後にモデル化された国家安全保障理事会の設立、 (2)2014年の半世紀の武器輸出禁止の逆転、 (3)防衛技術取得ガイドラインの合理化(2014年も) (4)2015年に「二重使用」の軍事・民間用途で科学研究費を拠出する政府プログラムの立ち上げ。 (5)2017年にGDPの1%で40年間の軍事費の上限を消した。中国の軍事拡大と北朝鮮の核心という日本の脅威の特徴は、引き続きより精力的に外交政策と防衛の姿勢 アジアで日本を活用する ...

日本首相、2019年の初めにロシア訪問 – プーチン

日本首相、2019年の初めにロシア訪問 – プーチン

  ウラジミールプーチン大統領は、G20首脳会議の後、記者会見で、安倍晋三首相は2019年初めにロシアを訪問すると述べた。 プーチン大統領は、「安倍晋三首相と来年初めにロシアを訪問することに同意したが、日本にも訪れる機会があるだろう」と述べた。 彼はロシアと日本が、1956年10月19日に両国間の停戦を樹立し、二国間の外交関係を回復させた共同宣言の議論に戻る準備ができていることを思い出した。プーチン大統領は、安倍晋三首相との間で、新たな協力メカニズムを作り出し、人道的接触と経済的結びつきを拡大することによって両国間の信頼水準を高めることの重要性を議論したと述べた。 同代表は、安倍条約の問題解決のための新たな仕組みについても同意したと述べた。新機構に関しては、我々の側から、例えば特別大統領特使が任命され、日本側からは首相の特別特使であることに同意した。このプロセスは、外相、前記。彼は、このプロセスの詳細については後で提供すると述べた。 プーチン大統領と安倍首相は12月1日、アルゼンチンのG20サミットの会合を開き、安倍晋三首相は会談で、早期の合意に基づき両国間の平和条約に署名する問題について詳細に議論したいと述べた。

トランプは、米国の赤字と日本の「非常に速い」バランスをとるよう、

トランプは、米国の赤字と日本の「非常に速い」バランスをとるよう、

  ドナルド・トランプ米大統領は、金曜日、安倍晋三首相に対し、両国間の貿易不均衡を「非常に迅速に」対応するよう促した。 トランプ氏はブエノスアイレスでメディアに公開されていたミーティングで、日本のF-35やその他の戦闘機の購入に対する評価を表明し、日本の貿易赤字を縮小した。 しかし、財政赤字を「巨額」と「実質的」と呼んでいると、トランプ氏は「われわれはそれを早急にバランスさせることを望んでいる」と述べた。 指導者たちは、両国政府が早ければ1月中旬に二国間貿易協定の交渉を開始する予定であることから、会談した。 交渉は、日本の経済活性化大臣である茂木利光とロバート・ライトハイザー(Robert Lighthizer)貿易代表部が率いる。 9月の合意にもかかわらず、アルゼンチンの首都圏で開催された20カ国首脳会議の席上で、トレードは貿易協定にサービスを含めることを要求した。 トランプは、米国との巨額の貿易黒字と慢性的な貿易黒字を批判している。彼の政権は、交渉で自動車や農業の市場アクセスを拡大するために日本を押し進めることが期待されている。 安倍晋三官房長官はまた、自由貿易と開放的なインド・パシフィックの進展に関する両国の協力の進展と、ホワイトハウスによると、エネルギーやインフラなどの分野における協力を拡大するための共通の決意を実現するための次のステップについて議論した。 彼らは、1970年代と1980年代に北朝鮮の非核化を促進し、平壌の日本人拉致問題に取り組むための共同努力を強化することに合意したと考えられていた。 インド首相ナレンドラ・モデイ(Narendra Modi)を含む別の会合で、3人の首脳は、明らかにこの地域における中国の影響力に対抗することを目指して、自由で開放的なインドパシフィックのビジョンを進めることに合意した。 3つの主要な民主主義を含む第1回首脳会談となった。

PM Abeは、’19年4月から外国人労働者の導入を繰り返す

PM Abeは、’19年4月から外国人労働者の導入を繰り返す

  安倍晋三首相は、11月28日の参議院全体会議で、日本の労働力不足を緩和するため、より多くの外国人労働者を受け入れるための移民制度改正法案を可決するよう求めた。 安倍氏は、来年4月に移民規制と難民認定法の改正が実施されるという立場を再確認した。 「各都道府県には求職者よりも多くの求人があり、今は深刻な労働力不足に取り組まなければならない」と述べた。 「新しい移民制度は迅速に実施されなければならない」政府と与野党は、12月10日に終了する現在の臨時国会で法案を可決したい。 政府議員の石原道広議員が発言したように、野党議員らは政府スポークスマンの法案を「不足物質」として攻撃している。野党は衆議院で法案の審議を続けたが失敗したが、11月27日に3分の2以上の大多数が改正案を採決した。 民主党野党民主党の小野元博参議院議員は、新配置で受け入れられる外国人労働者の上限が法案に含まれるよう要求した。しかし、安倍総理は、「労働力不足の状況は、経済的、社会的状況によって変動する可能性がある」と拒否した。 この法案は、外国人労働者のための2つの新しい在留ステータスを作成する。特定の知識と経験を有する者のためのカテゴリー1のステータスは、所有者が最高5年間日本に滞在することを可能にします。一方、カテゴリー2のステータスは、高い専門性を持つ労働者のためのものであり、所有者は滞在期間を延長して家族と一緒に暮らすことができます。政府主導の技術インターン研修プログラムの参加者は、テストなしでカテゴリー1のステータスを取得できます。 新しい移民協定に関して、首相は、高価な預金や手数料を要求するなど、悪い実績を持つ求人企業をそのような外国人労働者の雇用から排除することを目的とした計画を立てる計画を明らかにした。 「司法省の命令は、外国人労働者や預金を払っている親戚(就職のための)が日本に受け入れられないことを規定している」と述べた。 開発途上国の人々に日本の技術ノウハウや経験を移転するために設計された技術研修生プログラムでは、多くの研修生が低料金で不法に長時間働き続けたり、セクシュアルハラスメントに直面することがありました。 これらの研修生の多くは、より多くの外国人労働者を受け入れることが許可される特定の産業のためのカテゴリー1の在留資格を申請することが期待されている。この見通しについて、安倍氏は「安い労働力を確保し、雇用者の便宜を図っている企業(研修員受入れ)だけではない」と強調した。 新たな移民制度の運営責任者を務める山下隆司法務部長官によると、3年間の訓練コースを修了し、帰国した技術研修生は、試験を受けることなくカテゴリー1のステータスを申請することができる。 首相は、外国人労働者のための支援プログラムとして、日本語コースの開設や人生や働き方に関するガイドブックの作成と配布を手助けして、地域のコミュニティを支援する意向を表明した。 一方、11月28日の夜、上院司法委員会の取締役会で、与野党与党与党与党与党与野党議員の横山真一議長は11月29日、独自の裁量。

日本は、AH-1Sコブラ艦隊を置き換えるための探索に海軍に優しい要件を設定する

日本は、AH-1Sコブラ艦隊を置き換えるための探索に海軍に優しい要件を設定する

  日本は、従来のBell / Fuji重工業のAH-1Sコブラの攻撃ヘロを取り替えるように見えるため、新しい攻撃ヘリコプターに船舶操縦用の装備を要求しています。 今年初めに出された日本の情報提供要請は、新ヘリコプターを「遠征飛行場や海底からのマリナイズと運航が可能だ」とベルのアドバイザーであるGeorge Trautman中将は述べた。 元米国海兵隊飛行士と海兵隊航空司令官は、東京で開催された日本国際航空宇宙展の防衛ニュースで、RFIは「30,40,50」ヘリコプターの価格と情報を要求したと語った。同氏は、今後3〜4カ月以内に提案の申請が予定されていると付け加えた。 日本の三菱重工業は、BellのAH-1Z Viperとは別に、スタブウィングと武器ステーションを備えたUH-60J / JA Black Hawkヘリコプターを提案しています。三菱重工業は、1990年代からSikorskyとのライセンス交付を受けて、日本の自衛隊のBlack HawkとSH-60 Seahawkのいくつかの亜種を生産しています。 欧州のメーカーエアバスは防衛ニュースに、タイガー攻撃ヘリコプターを提供していないことを確認し、代わりにH145M多目的ヒーローを同社のHフォース武器セットに入れた。地元の救急医療サービスが民間人H145を運営しているため、会社とヘリコプターの両方のタイプはすでに日本で足跡を残しています。エアバスはまた、日本の神戸にある既存の施設に隣接して、メンテナンス、修理、オーバーホールの複合施設を追加すると発表した。 競争のための他の可能な競争相手は、AH-64E Apacheを備えたボーイング、現在開発中のAW249攻撃ヘリコプターを備えたイタリアのLeonardoを含む。 日本は既にApacheを使用しています。現在Apacheはライセンス生産されたAH-64Dを13台使用しています。 しかし、これは当初計画していた62機のヘリコプターよりもはるかに少なく、近隣の韓国のように、日本はApacheのロングボウレーダーの性能に大きな影響を与えていないと言われています。

日本が米国で設計したステルスジェット機を「空母」に装備する準備をしている

日本が米国で設計したステルスジェット機を「空母」に装備する準備をしている

  日本は、約100の米国製F-35ステルス戦闘機を、アジアの権力のバランスを揺るがす可能性のある取引で注文している、との見通しを示した。 その命令には、離陸して垂直に着陸できるジェットのバージョンが含まれている。これは、日本が既存の船の一部を航空会社に変えて海上で戦闘機を操作できるようにする機能である。第二次世界大戦以来、F-35プログラムの近くの情報源はCNNに語った。 「離陸時の垂直着陸能力があれば、海上での操縦が可能になり、距離を伸ばして距離を伸ばすことができ、重要な機能となります。 岩内武志国防相は同国との合意には至らず、安倍晋三首相の12月の内閣総理大臣認可のために、「中期防衛計画」が策定された時点で、「有能な戦闘機」を購入する予定だと語った。 同省は、既存のF-15J戦闘機のほぼ半分がアップグレードできないため、新しい飛行機の購入が必要だと述べた。 「現時点で具体的なモデルは決定されていない」と同省の報道官は語った。 しかし、米国のF-35プログラムに近い関係者は、日本がステルス型のシングルエンジンF-35を約100台購入することに取り組んでいることをCNNに確認した。 ペンタゴンは、「世界で最も高度な航空電子工学、エンジン、武器を備えたF-35に、「これまで使用されていた最も手頃で致命的で、支持可能で生存可能な航空機」と宣言している。 命令の約40はF-35Bであり、短い離陸と戦闘機での垂直着陸が可能であることが確認された。 日本の国防相は、イズモのヘリコプター駆逐艦の少なくとも1機にジェット機を装備することを真剣に検討していることを真剣に考えている。 岩谷容疑者は閣議後の記者会見で、「これはすでに所有している貴重な装置なので、可能な限り多くの目的に使用することが望ましいと思う」と述べた。 日経ニュースサービスは、戦闘機の価値を88億ドルとし、各ジェットの価値は8,800万ドルとした。 批評家が戦後の平和主義憲法に違反しているとの主張は、太平洋における中国の海軍拡張の中にある。 8月の日本防衛白書は、中国が変化する安全保障環境への懸念を強調した。 「中国の人民解放軍近代化、運営能力の向上、日本に近い地域における一方的な活動の拡大は、日本を含む地域や国際社会での安全保障上の懸念を強めている」と述べた。 日本の航空自衛隊のF-35戦闘機は、2018年10月14日に埼玉県朝霞市の地上自衛隊の朝霞訓練場で軍事見直しに参加する。 RAND Corpのシニアディフェンスアナリスト、ティモシー・ヒース氏はCNNと会談し、アジア太平洋地域を支配する中国の野心が「日本にとって大きな影響をもたらす」と述べた。 「中国が暴走行為をするのを阻止し、他の諸国が政治的、軍事的に中国の力とバランスを取るのを助ける有能な軍隊を建設することは、日本の利益になる」とヒースは述べた。 ...

日本が武装した

日本が武装した

  日本はアジアでもっとも技術的に高度な軍隊を持っていますが、その硬い力を国家政策の手段として使う闘いはまだありません。 第二次世界大戦の恐怖は東京の政策立案者を引きつけ、中国や韓国は日本が受け入れる軍事的野心に留まっている。 しかし、東アジアの地政学の根本的な変化は、日本が米国の占領中にした平和主義へのコミットメントを再考するようになった。 国連の支援のもとに軍隊を配備し、強制制裁に参加し、監視能力を強化し、防衛予算を引き上げることで、筋肉がますます疲れてしまった。 1946年に米国当局が作成した9つの日本の憲法の9つは、日本人が「国際紛争を解決するための手段として永遠に力の使用を放棄する」と主張している。安倍首相が第9条の改正 抗議は驚くほど黙った。 かつては安全保障上の負債として恐れられていた軍隊は、今や増加しつつあり、政策立案表に座っていなければならない、不可欠の資産であるように見える。 我が国では、外交問題評議会(CFR)上級研究員のシーラ・A・スミス氏は、日本が北朝鮮のミサイルや海洋活動の脅威の増大に対応しているだけでなく、米国への依存度を再評価していると主張している。 もはや彼らが日本を守るためにアメリカ人に頼ることができると確信していないので、東京の政治指導者は戦争のために国軍を準備する必要があるかもしれないという可能性に直面している。

Page 1 of 9 1 2 9

Translate

Popular Post

パイロットがアルコールテストに不合格になった後、日本の飛行機が遅れた

新しい規則にもかかわらず、副操縦士がアルコール呼気検査に失敗した後、今週初めに日本全日本空輸の国内線が遅れた。 飛行乗組員の飲酒を含むいくつかの事件が見出しに当たった後、日本がパイロットによるアルコール消費を抑えるための新たな規制を導入した後にこの事件が起こりました。 火曜日に、ANA副操縦士は322人の乗客と一緒にボーイング777を日本の西部の神戸から東京の羽田空港に飛ばすことになっていました。 しかし彼は呼気検査に失敗し、飛行の約6時間前に彼のホテルの部屋でビール1杯とアルコール飲料の半分の缶を消費したと言った。 交換用のパイロットが発見された間、飛行は1時間以上遅れました。 航空会社は声明の中で、それは「厳密に」事件を扱うだろうと述べた。 それは飛行の24時間前までにアルコールを飲むことからパイロットと共同パイロットを禁止しました。 昨年末、イギリスで日本航空副操縦士が逮捕され、飛行直前に法定限度の10倍近くの血中アルコール濃度で発見された後、10ヶ月間刑務所に投獄された。 彼は伝えられるところによれば飛行前夜に6本以上のワイン2本と1.8リットル以上(米国の4パイント近く)のビールを消費していた。 1月の規則変更の前は、日本は飛行前の航空機乗務員による飲酒に法的制限はなく、呼気検査は必要ありませんでした。

Read more