Tag: 広島

日本の「完璧な蘭」を守る術

日本の「完璧な蘭」を守る術

  時には、鳥の鳥は植物の世界の雪片です。これらの花はいくつかの類似点を持っていますが、それらのすべてが脆弱で魅力的に不規則であり、2つの花は全く同じです。彼らは、限定版の傑作として存在し、その美しさはコストのためにほとんどアクセスできない。 何百年もの間、蘭のブリーダーはキュレーターを献呈しています。新生児に近いケアの下で保育園で作物を栽培します。 1つのラン種、Neofinetia falcataは、新しい芸術形態の誕生を記念して、日本の家具として栽培される最初のランとして特に顕著な歴史を持っています。しかし今日、日本の環境省はジャスミン臭いネオフネチア・ファルカタ(他の種族の70%以上が危機にさらされている)を絶滅危惧種とみなし、その価値をさらに高めています。 17世紀、日本の江戸時代、将軍の徳川伊奈里はネオフェティア・ファルカタに襲われました。この繊細なランは、日本の高山に特有の香りが強いため、夕暮れ時に活性化します。野良で発見されたとき、これらの花は "風の蘭"を意味する "フラン"と呼ばれていた。イエナリは日本の11番目の長寿将軍(軍の独裁者)だったので、彼の強迫観念は急速に文化的なカセのマーカーになった。その結果、野生のフランは「富と貴族の蘭」を意味する高級な「フキラン」となりました。ファインアート界のエリート主義に沿って、特に優れたランの威信はクラスの象徴となりました。時間のために、侍はNeofinetia falcata(ニックネーム「samurai orchid」を促した)を成長させることを許可された唯一の人々でした。将軍を感動させようと努めている藩主は、彼に強力な植物を贈り、通常は自分の財産を返すでしょう 明るい花が咲きます。 スコット・ウィルソン/(CC BY-ND 2.0) ネオフネチア・ファルカタの貴重さは、審美的に重点を置いた栽培技術によってさらに強化され、日本の文化芸術の新しい時代に幕を開いた。支配階級の家庭では、これらの蘭はゴールド糸の保護ネットの裏に展示され、訪問者は花瓶から花を守るために書道用紙で口を覆わなければならなかった。伝統的な手塗りの粘土焚き鉢で、これらの着生植物(他の植物の上に生育する生物)を植え付け植えることは、それ自体が芸術形態になった。しかし、彼らの花は全体的に美しい蘭の構成を超えて、宇宙にも美しさをもたらしました。これらのランの色はリネンホワイトからラズベリーに変わり、その花はバニラとココナッツの香りがあります。 将軍のNeofinetia ...

ソフトバンクが2年連続日本一 プロ野球日本シリーズ

ソフトバンクが2年連続日本一 プロ野球日本シリーズ

  SMBC日本シリーズ2018は3日、マツダスタジアムで第6戦が行われ、パ・リーグ2位から勝ち上がったソフトバンクが2―0でセ・リーグ優勝の広島に勝ち、通算4勝1敗1分けで2年連続9度目の日本一に輝いた(前身含む)。広島は34年ぶりの日本一を逃した。 ソフトバンクは四回1死二、三塁から西田の投前スクイズで先制。五回グラシアルの今シリーズ第1号となる左越えソロで加点した。先発バンデンハークが6回無失点、10奪三振と力投し、継投で零封した。 広島はジョンソンが粘投したが、打線が沈黙した。一回田中、二回安部が盗塁失敗。シリーズを通じて8度企てた盗塁が全て失敗し、得意の機動力を封じられた。

鈴木&丸弾!広島先勝で2勝、巨人阿部は負傷交代

鈴木&丸弾!広島先勝で2勝、巨人阿部は負傷交代

  <セCSファイナルステージ:広島6−1巨人>◇第1戦◇17日◇マツダスタジアム 3年連続リーグ優勝の広島がクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージの初戦を制しアドバンテージの1勝を含めて通算2勝0敗、日本シリーズ進出へあと2勝とした。 巨人は1回に1番坂本が中前安打で出塁も、2番田中が併殺打に倒れて先取点を奪えなかった。広島は初回から“タナキクマル”で先制点を奪った。まずは1番田中がフルカウントから四球で出塁。田中は2球目にスタートを切り、2番菊地が中前安打を放ち、一塁走者の田中は三塁まで進塁。エンドランを成功させた。3番丸の二ゴロの間に三塁走者が生還し、3人で先取点をもたらした。巨人は今回のCSで初めて追う展開になった。 1点を追う巨人は直後の2回にアクシデント発生。5番阿部が左膝近辺に自打球をあてて、トレーナーらとベンチ裏に下がって手当を受けたが、そのまま途中交代となった。3回に巨人は2死一、二塁で田中がライナー性の当たりを放つも丸の正面の中飛で追い付けられず。この日、初めて得点圏に走者を進めたが、チャンスをものにできなった。 広島打線が4回、牙をむいた。先頭の丸が中前打で出塁すると4番鈴木が甘く入ったカーブを左翼席へ2ランを放った。鈴木は昨年はシーズン中の右足骨折のためCSを欠場し、4番として初めて戦うポストシーズン初陣で役割を果たした。さらに会沢の適時二塁打で4点目を奪った。巨人先発のメルセデスは4回途中4失点で降板となった。 巨人は6回1死一、二塁でマギーが適時左前打を放った。その後、2死満塁としたが、長野が二飛に倒れて1点止まり。広島は7回から継投策に入った。 広島は7回に丸がソロ本塁打を放って、リードを4点に広げた。8回にフランスア、9回に中崎が締めくくり、白星発進とした。 勝ち投手は広島大瀬良1勝。負け投手は巨人メルセデスで1敗。第2戦の予告先発は広島ジョンソン、巨人田口。

ヤクルト再生担う 石井琢コーチの情熱と「広島式」

ヤクルト再生担う 石井琢コーチの情熱と「広島式」

  既視感に襲われたのは今年2月、ヤクルトの浦添(沖縄県)キャンプを取材したときだった。同時進行で何人も打ち込める打撃練習の工夫が施され、手持ち無沙汰にしている選手がいない。この風景、どこかで見たぞ……。 ヤクルトの練習を見ると、打撃ケージで打撃投手やマシンの球を打ちこむほか、バックネット側に向かって4人ほどがローテーションでトス打撃に取り組んでいた。 この風景、広島の打撃練習とそっくり。今季広島からヤクルトに“移籍”した石井琢朗打撃コーチ(47)が、強力打線をはぐくんだ手法をそのまま持ち込んだらしい。 広島の打撃練習ではバント練習を含め、最大11人がダイヤモンドの狭い土地を分け合って取り組んでいた。危険な硬球を扱う打撃練習は防護ネットなどの設置の仕方を工夫しないと、ここまで密に詰め込むことはできない。 ■グラウンドを最大限有効活用 狭い土地を有効活用するあたり、何となく日本の工業団地を想起させるものがあり、さしずめ「3割バッター養成工場」といったところ。その風景がヤクルトでもそっくり再現されていた。 グラウンド一面だけを使った練習では「手待ち時間」のできる選手が多く、非効率になりがち。「広島式」は狭いグラウンドを最大限有効に活用し「空間の壁」を取り払った。広島の選手たちの時間当たりのバットスイングは打撃ケージでの練習のみの場合と比べ、相当の増量になっているはずだ。 ちなみに、広大な敷地に何面もグラウンドを用意しているメジャーではこうした詰め込み練習は行われていない。 以前、米フロリダの大学チームを訪れ、かつて日米大学野球で指揮を執り、来日した経験がある監督に話を聞いたことがある。 彼が日本で驚いたのは打撃練習で打撃のケージを2つ並べ、2人同時に打ち込む練習法だったそうだ。打撃投手を、隣のケージから打ち込まれる打球から守るネットを立てる必要があるが、逆にそうした安全策さえ施せば、打撃練習の密度を簡単に高められる。日本では当たり前の風景だが、米国の指導者には「目からうろこ」だったようだ。こうした「日本式」を突き詰めたのが「広島式」だといえる。 この練習を取り入れたヤクルト打線が復活するのかどうか。もちろん「形」だけでは何も変わらない。注目したいのは石井琢コーチの心血を注いだ指導だ。 広島では真夏のカンカン照りのなか、自ら野間峻祥(25)らを相手に、小一時間も打撃投手を務めていた。それも毎日の日課としてだ。 野間は2014年のドラフト1位。俊足の外野手として期待されたが、打力が課題で昨年までの3年間で計62安打にとどまっていた。 今季、まだまだ打席数は少ないものの、30試合で16安打。打率3割2分7厘と守備、走塁だけの選手ではなくなりつつある。努力の結果が、時間をかけてじわじわと出始めている。 ■打線に粘りと反発力も ヤクルトに移ってもその情熱に変わりはない。キャンプで一日に何度も打撃投手を務める石井琢コーチの無尽蔵の体力に、小川淳司監督も驚いていたそうだ。 1人のコーチで何かが劇的に変わるほど野球は単純なものではないだろう。鍛錬の成果が出るのは2年後、3年後かもしれない。それでもヤクルト打線に昨年までみられなかった粘りが出つつあるのは確かだ。投手が失点を重ねても、取り返してやるという反発力が感じられる。 完成度の高い広島打線にはまだまだ及ばないヤクルト打線。しかし、このまま力をつけていけば、同じ刀匠が手掛けた名刀同士が切り結ぶといった、ゾクゾクするような緊張感が両者の対戦に生まれてくるかもしれない。

広島のメンツも立てた内川聖一の2000安打

広島のメンツも立てた内川聖一の2000安打

  ソフトバンク内川聖一内野手(35)が5月9日の西武戦で通算2000安打を達成したニュースを興味深く読みました。 横浜市営地下鉄のブルーラインに乗っている内川を見かけ「内川でも地下鉄に乗るんやな」と思ったことはありますが、直接、取材したことはないし、ホークス自体、担当したこともありません。 それでもある種の感慨が浮かんだのには、ちょっとした理由があるのです。 広島カープの担当記者だった00年のドラフトのことです。当時、広島が狙っていたのがほかならぬ大分工の内川でした。「いい選手だ」。関係者を取材しても内川の名前ばかりが出てきました。 同時に横浜も獲得を目指していました。高校時代にかかとを故障していた内川には大学に進むのでは、という情報もあり、結局、広島は指名を回避。内川は横浜入りしたのは知られる通りです。 ところが、です。 横浜で中心選手になった内川が10年オフにFA宣言したとき、ソフトバンクとともに手を挙げたのが広島だったのです。これは球界ではちょっとしたニュースでした。 無名の選手を獲得、他球団の追随できない育成力で、戦力として育て上げることで知られる広島。国内でのFAで他球団の選手を獲得したことは過去も現在もありません。手を挙げたことすら、このときだけです。 先に書きましたが、内川はドラフト時にある意味でフラれている選手です。にもかかわらず前例のないFA獲得の名乗り、でした。 それだけほしいということなのか。当時は不思議にすら思ったものでした。結果はこれもご存じの通り、内川は故郷・大分に近い福岡の球団を選び、広島はまたしてもフラれる結果になりました。 そんな内川の大記録です。広島サイドがどう思っているのか。 当時もいまも広島球団の指揮を執る松田元オーナーの話を聞く機会がありました。 「そりゃあ喜んでいるよ。それだけの選手だったということだからね」 オーナーの感想は単純明快でした。あの広島がFAで獲得を目指した選手。FAで移籍しても成功しないケースもありますが、横浜時代同様、ソフトバンクでも活躍。大記録を打ち立てた内川は、同時に広島のメンツも立てたのではないか。そんなことを思っています。

広島野村が登録抹消 前日の先発で背中の張り訴える

広島野村が登録抹消 前日の先発で背中の張り訴える

  広島野村祐輔投手(28)が27日、出場選手登録を抹消された。 野村は前日26日DeNA戦(横浜)に先発し、背中の張りを訴えて4回3失点で降板していた。明日28日から始まる9連戦を前に離脱となり、畝投手コーチは「痛いけれど、いる選手でやっていくしかない」と話した。

衣笠祥雄さん死去 元プロ野球・広島の「鉄人」

衣笠祥雄さん死去 元プロ野球・広島の「鉄人」

  プロ野球広島カープの内野手として当時世界記録となる2215試合連続出場を果たし「鉄人」と呼ばれた衣笠祥雄(きぬがさ・さちお)さんが死去したことが24日、分かった。71歳だった。 1947年京都府生まれ。平安高(現・龍谷大平安高)で64年、捕手として甲子園大会に春夏連続出場。65年に広島に入団して内野手に転向、75年は山本浩二氏とともに中軸を担ってセ・リーグ初優勝に貢献し「赤ヘル旋風」を巻き起こした。 死球による骨折も乗り越え、70年からの2215試合連続出場は96年に米大リーグのカル・リプケン選手に抜かれるまで世界記録だった。87年に現役引退し、同年に国民栄誉賞を授与された。 23年間の現役生活で2543安打、504本塁打、1448打点、生涯打率2割7分、266盗塁を記録。76年に盗塁王、84年に打点王で最優秀選手に選出され、3度のゴールデングラブ賞を獲得するなど攻守の名選手として活躍し、広島の黄金期を支えた。 背番号「3」は広島の永久欠番。引退後は野球解説者としても活動した。

逆転の広島逆転され3連敗、薮田8四球…配置転換も

逆転の広島逆転され3連敗、薮田8四球…配置転換も

  <阪神4-3広島>◇10日◇甲子園  あぁ自滅…。広島が阪神に逆転負けし、今季初の連敗は3に伸びた。先発の薮田和樹投手(25)は3失点ながら、自己ワースト8与四球と大乱調。期待されて続投した6回も、1死から連続四球を与えて降板し、逆転のきっかけを与えてしまった。前回登板でも7四死球と制球の定まらない右腕。大事な「火曜日の先発」を任されているが、配置転換の危機も迎えた。早くトンネルから抜け出したい。 薮田がまたも大荒れの投球だ。1週間前の自己ワーストを更新する8与四球。さすがに厳しい顔つきで、反省しか出てこない。制球が不安定な原因を聞かれて「すべてですね」とポツリ。試合中の修正ポイントについては「ストライクを入れようと…。それだけです」。唇をかみしめた。 立ち上がりから直球、変化球とも狙いが定まらない。1回先頭から2者連続の四球を与えた。3回も1死から連続四球。だが、糸井の一塁飛び出しによるけん制死。阪神の拙攻に助けられながら、5回まで1失点で耐えているのがやっとの状態だった。 <阪神4-3広島>◇10日◇甲子園  それでも6回、続投を命じられた。畝投手コーチは「(直前の攻撃が8番で終わり)打席が回ってこなかったので、あとひと踏ん張り」と明かした。今季の先発ローテの柱として、立ち直って欲しいというベンチの期待だったが、ここも裏切ってしまった。1死から連続四球。たまらず緒方監督から交代を告げられた。降板後、遊撃田中の適時失策で2点を失い同点。テンポの悪い投球が守備にも悪影響を及ぼした。2番手一岡はその後、代打伊藤隼に勝ち越し打を許した。 薮田にとって、転機にしたい試合だった。前回3日ヤクルト戦も5回3失点で白星ながら6与四球。「今年も勝たせてもらったスタート。これでは変わらない」と奮起を誓っていたのだが…。甲子園登板はチームが9点差を逆転された昨年5月6日以来。薮田は3失点で敗戦投手となっていた。嫌なイメージをぬぐい去りたかったが、今年の開幕前からの制球難は、さらに深刻化した。 「力がないだけ。練習あるのみです」と力なく続けた薮田。畝投手コーチは2軍降格については否定したが、次回登板について「考えるところに来ている」と配置転換の可能性も示唆した。緒方監督は「選手はやることをやっている。負けたことも含めて、采配をふるっている自分の責任」と責めなかった。公式戦の3連敗は、昨年8月以来。開幕から好スタートを切ったセ界の覇者だが、早くも懸念材料が増え始めている。

広島逆転勝ち本拠マツダ初開幕白星 中日小笠原1敗

広島逆転勝ち本拠マツダ初開幕白星 中日小笠原1敗

  <広島6-3中日>◇30日◇マツダスタジアム  広島が1回に松山の犠飛で先制。2回に中日松井雅の犠飛で同点に追い付かれるも、広島は3回に鈴木の適時二塁打で勝ち越した。 中日が6回に京田の適時打などで逆転するも、その裏に広島がエルドレッドの1号ソロで追いつき、田中の2点打で勝ち越した。 7回にも1点を追加した広島が必勝リレーで逃げ切った。緒方監督就任初、マツダスタジアム開場初の開幕戦白星となった。 広島野村1勝、中崎は1セーブ目。中日小笠原が1敗。

Translate

Popular Post

河野の目は失速した和平交渉を復活させるために5月にロシアを訪問

河野太郎外相は5月にロシアを訪問し、第二次世界大戦からの敵対行為を正式に終結させるための和平条約交渉を救済することを望んでいる、と情報筋は述べている。 訪問が進むならば、Konoは戦争の衰退した日にソビエト軍によって押収された領土の復帰への道を開くことができる突破口に達することを期待して2月以来3回目の彼のロシアの相手であるSergei Lavrovと会うでしょう。 両国の外務大臣と防衛大臣は、5月下旬に2対2会議として知られる会議で東京で会談を行う予定です。ラヴロフはまた別の会議のために河野と会う予定です。 しかし、日本政府は、河野とラヴロフの間の追加の会談が6月に日本で予定されている首脳会談からの明白な結果を発表するために安倍晋三首相とロシアのウラジミールプーチン大統領に役立つことを決定しました。 河野首相は4月22日に東京で外務大臣の外務大臣と反対側のイゴール・モルグロフとの間で実務レベルで交渉した後、5月11日から12日までロシアを暫定的に訪問する予定だ。 安倍首相とプーチン大統領は、昨年11月に和平条約に向けた協議を加速するために会談したときに合意した。 翌月、安倍首相は平和条約交渉を監督し、実務交渉を森氏に任命するため、河野氏を指名した。 安倍首相は、日本が北方領土と呼ぶ北海道沖の4つの紛争島すべてで​​はなく、2つの島の帰還を求めることから切り替えたが、ロシアはこの問題についてより厳しい方針を採用した。 日本の外交官によると、モルグロフは森が日本に第二次世界大戦の結果として4つの島が合法的なロシアの領土になったことを認めなければならないと繰り返し言わなければならなかったと繰り返し言いました。 ロシアは日本列島の「固有の部分」であるため、ロシアがノーザンテリトリーを違法に占領してきたという長年の立場を守りながら、日本はロシアの要求を拒否した。 この問題に関する両国間の認識のあいまいなギャップがデッドロックを引き起こした。 安倍首相は当初、プーチン大統領との会談中に和ロシアが和平条約について合意し、6月に首脳会談を控えて開催されるというシナリオを策定した。 しかし、ロシアがしっかりしているので、安倍政権内の多くの当局者は、次回の安​​倍プーチン会議ではロシアとのより広範な合意はありそうもないという考えに辞任している。 それでも、政府はロシアとの「できるだけ多くの連絡先」が現時点で可能な限り最善の政策アプローチであると判断したため、Konoをモスクワに派遣することになりました。 政権はまた、7月の参議院選挙に先立ってこの問題の進展を証明したいと考えている。

Read more