Tag: 安田純平

安田純平さん解放か 内戦シリアで拘束3年超

安田純平さん解放か 内戦シリアで拘束3年超

  菅義偉官房長官は23日深夜、緊急記者会見を開き、内戦が続くシリアで2015年に行方不明になったジャーナリスト安田純平さん(44=埼玉県入間市出身)とみられる男性が解放され、トルコに出国したと述べた。これまでシリアの武装勢力が身代金獲得を求め、身柄を拘束していたとされる。 行方不明から約3年4カ月で、事件は解決に向けて転換点を迎えた。日本政府は男性が滞在しているトルコ南部アンタキヤに日本大使館員を派遣し、本人確認を急いだ。菅官房長官は24日の記者会見で「(確認は)日本時間午後3時以降になる見込みだ」と述べた。 安倍晋三首相は同日、「解放の報に接して安堵(あんど)している。一刻も早く本人であるかどうかを確認したい」と官邸で記者団に述べた。 菅官房長官によると、23日午後7時40分ごろ、早ければ同日中に安田さんが解放されるという情報がカタールからもたらされた。カタールからは同午後9時ごろ、安田さんとみられる男性が解放され、トルコのアンタキヤの入管施設にいると連絡があったという。 菅官房長官は24日の会見で、「官邸を司令塔とする『国際テロ情報収集ユニット』を中心にトルコやカタールなど関係国に働き掛けた結果だ」と説明した。また「身代金を払った事実はない」と述べた。 安田さんの妻で歌手のMyuさんは「情報が本当なら『よく頑張ったね。みんなで待っていたよ』と伝えたい」と語った。 安田さんは取材のため15年6月、トルコ南部ハタイ県からシリア北西部イドリブ県に越境後、消息を絶った。16年3月に安田さんとみられる男性が英語でメッセージを読み上げる映像が公開。同年5月には「助けて」と日本語で書いた紙を示す画像も公開された。今年7月にも安田さんとみられる複数の映像が出た。 国際テロ組織アルカイダ系の過激派「ヌスラ戦線」(「シリア解放機構」を設立)が拘束していたとみられてきたが、分派した別組織に身柄が移ったとの情報も出ていた。

動画の男性、シリアで行方不明だった安田さんと認定 菅官房長官が発表

動画の男性、シリアで行方不明だった安田さんと認定 菅官房長官が発表

  菅長官、動画男性は安田さんと認定 シリアで行方不明 シリア入国後、行方不明になっている日本人フリージャーナリストの安田純平さん(44)とみられる男性の動画がネット上に公開されたことについて、菅義偉官房長官は1日午前の記者会見で、安田さんと認定していることを明かした。 動画では、男性が日本語で助けを求めている。記者会見で、男性を安田さん本人とみているのか問われた菅氏は「そのように思っている」と述べた。安否については「様々な情報網を駆使して、全力で対応に努めている。これ以上のことは、事案の性質上、控えさせていただきたい」とした。

安田純平さんとみられる男性の新映像。銃を突きつけられた状態で、20秒間こう話した

安田純平さんとみられる男性の新映像。銃を突きつけられた状態で、20秒間こう話した

  日本人ジャーナリスト、安田純平さん(44)とみられる男性が「今すぐ助けてください」と訴える映像が7月30日に、動画投稿サイトで公開された。 安田さんは2015年、内戦下のシリアを取材中に行方不明になっていた。国際テロ組織アルカイダ系組織を母体とする「シリア解放機構」に拘束されたと報道されている。 この動画のタイトルは、英語で「シリアにいる日本人の人質からのアピール」とされている。映像は約20秒。安田さんとみられる男性は、オレンジ色の服を着て両側を武装した人物に囲まれ、そのうち一人から銃を突きつけられていた。そして、以下のように話した。 「私の名前はウマルです。韓国人です。今日の日付は、2018年7月25日。とてもひどい環境にいます。今すぐ助けてください」

Translate

Popular Post

ハロウィーン中に路上で飲酒を禁止する渋谷

  東京の忙しい渋谷地区は、ハロウィーンシーズン中にいくつかの街で酒を飲むことを禁止することを決定した、と当局者が語った。 渋谷駅周辺の野外地域への適用禁止は、昨年の秋、20代の男性数人の逮捕につながった小型トラックの転倒を含む数々の事件の後に導入されるでしょう。 東京の警察によると、昨年10月31日とその前の週末にハロウィーンで渋谷の象徴的なスクランブル交差点を囲んで、コスチュームに身を包んだ日本人と外国人の両方が参加する、合計30万人以上の人々。 2000年代に日本で流行し始めた年次祭の間に、首都の主要な娯楽エリアの1つである地区の公共スペースでいたずらをエスカレートすることについてどうするかを討議するために、渋谷区によってパネルが設置されました。 https://youtu.be/fUtt5UoeEmQ

Read more