Tag: 安田純平

安田純平さん解放か 内戦シリアで拘束3年超

安田純平さん解放か 内戦シリアで拘束3年超

  菅義偉官房長官は23日深夜、緊急記者会見を開き、内戦が続くシリアで2015年に行方不明になったジャーナリスト安田純平さん(44=埼玉県入間市出身)とみられる男性が解放され、トルコに出国したと述べた。これまでシリアの武装勢力が身代金獲得を求め、身柄を拘束していたとされる。 行方不明から約3年4カ月で、事件は解決に向けて転換点を迎えた。日本政府は男性が滞在しているトルコ南部アンタキヤに日本大使館員を派遣し、本人確認を急いだ。菅官房長官は24日の記者会見で「(確認は)日本時間午後3時以降になる見込みだ」と述べた。 安倍晋三首相は同日、「解放の報に接して安堵(あんど)している。一刻も早く本人であるかどうかを確認したい」と官邸で記者団に述べた。 菅官房長官によると、23日午後7時40分ごろ、早ければ同日中に安田さんが解放されるという情報がカタールからもたらされた。カタールからは同午後9時ごろ、安田さんとみられる男性が解放され、トルコのアンタキヤの入管施設にいると連絡があったという。 菅官房長官は24日の会見で、「官邸を司令塔とする『国際テロ情報収集ユニット』を中心にトルコやカタールなど関係国に働き掛けた結果だ」と説明した。また「身代金を払った事実はない」と述べた。 安田さんの妻で歌手のMyuさんは「情報が本当なら『よく頑張ったね。みんなで待っていたよ』と伝えたい」と語った。 安田さんは取材のため15年6月、トルコ南部ハタイ県からシリア北西部イドリブ県に越境後、消息を絶った。16年3月に安田さんとみられる男性が英語でメッセージを読み上げる映像が公開。同年5月には「助けて」と日本語で書いた紙を示す画像も公開された。今年7月にも安田さんとみられる複数の映像が出た。 国際テロ組織アルカイダ系の過激派「ヌスラ戦線」(「シリア解放機構」を設立)が拘束していたとみられてきたが、分派した別組織に身柄が移ったとの情報も出ていた。

動画の男性、シリアで行方不明だった安田さんと認定 菅官房長官が発表

動画の男性、シリアで行方不明だった安田さんと認定 菅官房長官が発表

  菅長官、動画男性は安田さんと認定 シリアで行方不明 シリア入国後、行方不明になっている日本人フリージャーナリストの安田純平さん(44)とみられる男性の動画がネット上に公開されたことについて、菅義偉官房長官は1日午前の記者会見で、安田さんと認定していることを明かした。 動画では、男性が日本語で助けを求めている。記者会見で、男性を安田さん本人とみているのか問われた菅氏は「そのように思っている」と述べた。安否については「様々な情報網を駆使して、全力で対応に努めている。これ以上のことは、事案の性質上、控えさせていただきたい」とした。

安田純平さんとみられる男性の新映像。銃を突きつけられた状態で、20秒間こう話した

安田純平さんとみられる男性の新映像。銃を突きつけられた状態で、20秒間こう話した

  日本人ジャーナリスト、安田純平さん(44)とみられる男性が「今すぐ助けてください」と訴える映像が7月30日に、動画投稿サイトで公開された。 安田さんは2015年、内戦下のシリアを取材中に行方不明になっていた。国際テロ組織アルカイダ系組織を母体とする「シリア解放機構」に拘束されたと報道されている。 この動画のタイトルは、英語で「シリアにいる日本人の人質からのアピール」とされている。映像は約20秒。安田さんとみられる男性は、オレンジ色の服を着て両側を武装した人物に囲まれ、そのうち一人から銃を突きつけられていた。そして、以下のように話した。 「私の名前はウマルです。韓国人です。今日の日付は、2018年7月25日。とてもひどい環境にいます。今すぐ助けてください」

Translate

Popular Post

パイロットがアルコールテストに不合格になった後、日本の飛行機が遅れた

新しい規則にもかかわらず、副操縦士がアルコール呼気検査に失敗した後、今週初めに日本全日本空輸の国内線が遅れた。 飛行乗組員の飲酒を含むいくつかの事件が見出しに当たった後、日本がパイロットによるアルコール消費を抑えるための新たな規制を導入した後にこの事件が起こりました。 火曜日に、ANA副操縦士は322人の乗客と一緒にボーイング777を日本の西部の神戸から東京の羽田空港に飛ばすことになっていました。 しかし彼は呼気検査に失敗し、飛行の約6時間前に彼のホテルの部屋でビール1杯とアルコール飲料の半分の缶を消費したと言った。 交換用のパイロットが発見された間、飛行は1時間以上遅れました。 航空会社は声明の中で、それは「厳密に」事件を扱うだろうと述べた。 それは飛行の24時間前までにアルコールを飲むことからパイロットと共同パイロットを禁止しました。 昨年末、イギリスで日本航空副操縦士が逮捕され、飛行直前に法定限度の10倍近くの血中アルコール濃度で発見された後、10ヶ月間刑務所に投獄された。 彼は伝えられるところによれば飛行前夜に6本以上のワイン2本と1.8リットル以上(米国の4パイント近く)のビールを消費していた。 1月の規則変更の前は、日本は飛行前の航空機乗務員による飲酒に法的制限はなく、呼気検査は必要ありませんでした。

Read more