Tag: 安倍晋三

ユネスコパネル、世界遺産に登録するために大阪の墓を推奨

議員、ロシアとの戦争の可能性についての発言をめぐって党から追放

  野党議員は火曜日、日本と領土紛争の中心地である島の統制を取り戻すためにロシアとの戦争を繰り広げていたために発砲した後、Japan Innovation Partyから追放された。 党首を務める松井一郎大阪市長は、最近北海道北方沖の4つの島のいずれかを訪れた際の物議を醸した話では、衆議院議員として辞任すべきだと述べた。 日本イノベーション党は、批判が高まる中で党を離れることを申し出た35歳の議員を追放した。 「国会議員がそのような発言をすることは法外なことであり、外交的見地からも非常に重大な問題である」と松井氏は丸山を追放するという党の決定に続いて記者団に語った。 「彼は今議員として辞任するべきです。」 金山から月曜日まで、丸山は北海道沖の国尻島を訪れる約60人の人々と日露間のビザなし交換プログラムを同行していた。彼は土曜日に問題の発言をした。 島の帰国を最優先課題の一つとした安倍晋三首相は、ロシアのプーチン大統領との会談で突破口を探している。 一連の二国間交渉は、両国が和平条約に署名することを妨げてきた領土問題を解決することに失敗しました。 1945年の東京の第二次世界大戦での降伏後、日本は4つの島をソビエト連邦によって違法に押収されたが、ロシアはこの押収が戦争の正当な結果であると主張している。 彼と一緒に旅行した人々によると、酔っ払った丸山は、島の元居住者のグループの89歳の長である小谷康太に、「島への代替手段はあると思いますか」と尋ねた。大塚氏はその考えを否定し、「いいえ、戦争は必要ないと思う」と言った。 月曜日に、ロシアの上院の外交委員会の委員長であるコンスタンティン・コサチェフは、日露関係に関連して丸山氏の発言を「最悪の(聞いた)」と批判した。 丸山は後で謝罪し、彼の発言を撤回した。 内閣官房長官の須賀義英氏は、丸山氏の発言を「非常に残念」と述べた。 首相のスポークスマンは記者会見で、領土問題は外交交渉で解決しなければならないという東京の姿勢に変化はないと述べた。 日本が領有権を主張している4つの島 - エトロフ、クナシリ、シコタン、そしてハボマイ島 ...

新皇帝、新時代/水研究への献身は新しい公務を強化する

スガは朝鮮民主主義人民共和国との相互不信の終結を求めます

  内閣官房長官の須賀義英氏は、日朝間の相互不信の解消を呼びかけ、各国に新たな動きを促した。 須賀は、北朝鮮による日本国民の拉致についての国際的な認識を高めるために、ニューヨークで日本政府主催のシンポジウムで話していました。 Sugaは拉致問題を担当する大臣です。彼は、日本がこの問題にイニシアチブを取り、拉致被害者全員を家に帰すために最善を尽くしていると述べた。 彼はまた、拉致問題、核問題、ミサイル問題を包括的に解決することを含む、北朝鮮に対する日本政府の政策は変更されていないと付け加えた。 内閣官房長官は、政府は過去からの問題を解決し、朝鮮民主主義人民共和国との関係を正常化するために引き続き努力すると述べた。 北朝鮮が正しい道をたどれば、北朝鮮はその天然資源と人的資源で明るい未来を享受でき、日本が北朝鮮がこの可能性を実現するのを手助けする意思があると述べた。 須賀首相は、安倍晋三首相は、前提条件なしに、北朝鮮の指導者キム・ジョンウンに直接会うことを決意していると繰り返し述べていると付け加えた。 彼は、国が重要な時期にあり、行動する機会をつかむことが重要です。

日本の韓国戦略はリスクをもたらす可能性がある

日本の韓国戦略はリスクをもたらす可能性がある

  安倍晋三首相は首脳会談を開催することを期待して北朝鮮に手を差し伸べている、と戦略批評家は言っている、米国の同盟国韓国との関係が悪化するとしても、突破口の可能性について疑問を投げかける 先週の日本の日経新聞とのインタビューで、安倍首相は北朝鮮の指導者キム・ジョンウンと無条件協議を行うことを申し出た。平壌は数十年前です。 1910 - 45年の朝鮮半島の植民地化を含む戦時中の歴史の上に行が激しくなっているために日本と韓国が凍りつくような関係にある中、このアウトリーチはやって来ます。 「安倍首相は、(韓国大統領の)月(ジェイン)よりもキムと話すほうが熱心だ」と語った。 「彼は反対をするべきだ:月に手を差し伸べなさい…そして北朝鮮に対して三国間の結束を再建するためにキムを無視しなさい。」 日本の外務省職員は、東京、ソウル、ワシントンは、北朝鮮に核兵器計画を放棄させるという究極の目標に団結していると述べた。 金とトランプ、月、中国の指導者Xi Jinpingとロシアのウラジミールプーチン大統領の首脳会談の後、安倍は金に会っていない唯一の地域指導者であり、彼が外交のループの外にいないことを彼の国内聴衆に見せたいと思う。 日本が拉致問題に重点を置いているとの見方で、須賀吉英内閣官房長官は、ワシントンで米国の最高幹部と会合した後、拉致に関するシンポジウムで金曜日にニューヨークで講演する予定です。 外務省当局者は、スガが米国にいる間に北朝鮮当局者と会う予定はないと述べた。 2002年、北朝鮮はその代理人が13年前に日本の誘拐を誘拐したことを認めた。日本は17人の市民が拉致され、そのうち5人が送還されたと言っています。北朝鮮は、8人が死亡し、さらに4人がこの国に入国したことはないと述べている。 安倍首相は、すべての拉致被害者が帰宅するまで休まないことを誓った。したがって、彼が公に「前提条件」を設定するかどうかにかかわらず、どんなサミットの成功もほぼ確実にその話題に進歩があったかどうかで判断される。 進捗がなければ、「会議は失敗として分類され、失敗の費用は非常に大きくなるだろう」と別の元外交官は述べた。 行方不明者全員の返還が不足している場合、自宅では否定的な反応が生じる可能性があるため、「成功」を定義することも面倒です。 「現段階で、日本政府は、12人が行方不明であり、まだ生きていると考えています。それが北朝鮮との交渉の前提条件です。日本政府?」最初の元外交官は言った。 「もちろん、めぐみさんが含まれていれば、それは私たちにとって大きな勝利になるでしょう」と彼は付け加えた。彼は、1977年に13歳で北朝鮮に拉致され、拉致被害者のせいで一種のポスターの子供になった横田めぐみを指していました。

日本語の名前の反転を英語で終了する必要があると示唆

日本語の名前の反転を英語で終了する必要があると示唆

河野太郎外務大臣は金曜日に、同省は日本の名前を英語やその他の外国語で反転させるという伝統を破ることを検討するだろうと述べた。 英語に堪能なKonoは、中国のXi Jinping大統領と韓国のMoon Jae In大統領を挙げて、言語に関係なく同じ順序で使用される中国と韓国の名前との対比を描きました。 「首相は安倍晋三(日本語のように安倍晋三ではなく、私は河野太郎ではない)だ。日本が日本語の発音に従うべきかどうかについて考える必要がある」と河野記者団は語った。 公式協議の間、彼の相手との英語でのコミュニケーションを好むことが多い河野氏は、さらなる詳細を明らかにしなかった。英語などの外国語を使用する場合、日本人は姓の前に自分の名前を付けるのが通例です。 「皇帝の入会式(10月)や東京オリンピック・パラリンピック(2020年)に間に合うかどうかなど、そのような変更を行うべきかどうかを議論するのは当然だ」と述べた。 秋仁皇帝は4月30日に - 約2世紀の間にそうすることになった最初の生きている日本の君主 - を辞任するように設定されています - そして皇太子成仁は翌日彼を引き継ぐでしょう。

日本の製造業生産高は回復したが、幅広い経済動向は依然として弱い

日本の製造業生産高は回復したが、幅広い経済動向は依然として弱い

2月の4ヵ月ぶりに日本の工場生産高は拡大したが、反動は比較的弱く、セクターと企業の全体的な見通しから、戦後の記録的な経済成長局面は終焉を迎えると思われる。 経済への圧力の高まりは、小売売上高の低調な結果によってさらに強調されました。つまり、日本の回復は、内需と外需の両方を鈍化させる餌食になる兆候を示しています。 経済産業省(METI)のデータによると、工場の生産高は1.4%増で、ロイターのエコノミスト調査では1.0%増となった。しかし、それは1月に見られる修正された3.4パーセントの不振をほとんど回復しなかった。 個別のデータによると、小売売上高 - 個人消費の主要な基準は経済の約60%を占めています - は、経済学者の1.2%増を下回り、1月以降は0.4%増にとどまりました。 同省が調査した製造業者は、生産が3月に1.3%、4月に1.1%増加すると予想している。それでも、予測が実現したとしても、第1四半期の生産は過去3カ月を下回るだろう、と当局者は述べた、「十分に強くはない」とリバウンドを説明した。 金曜日の一連のデータは、輸出や設備投資の主要指標を含む、最近の一連の弱い指標に続き、世界第3位の経済にとって急激な下落のリスクが高まっています。 アナリストによると、弱い外需による経済への圧力の高まりは輸出に影響を及ぼし、企業収益を脅かしている。 経済産業省は金曜日の鉱工業生産高を「失速」とし、前月と変わらず評価を続けた。 中国経済の減速により日本からの携帯電話部品およびチップ製造機器の需要が抑制されたため、中米貿易戦争も国内成長に悪影響を及ぼしました。英国の欧州連合からの離脱と不安定な世界金融市場に対する不確実性は、政策立案者にとっての懸念の高まりを増しています。 政府は今月、3年ぶりに日本経済に対する査定を打ち切り、日本銀行は輸出と生産高に対する見方を切りましたが、どちらも景気は緩やかな回復を続けているという見方に固執しました。 それでも、輸出と工場生産の持続的な弱さは、安倍晋三首相に対し、10月の現在の8%から10%への予定売上税の引き上げを延期するよう圧力をかける可能性がある。日本銀行はまた、さらなる緩和のために消耗した兵器庫を利用するよう圧力を受ける可能性があります。 ロイター通信によると、日銀の注目を集めている「短観」調査では、大手製造業のセンチメントが1 - 3月期に2年ぶりの最低水準に落ち込むと見込まれている。 金曜日に発表された別のデータによると、厳しい労働市場にもかかわらず、インフレは加速するのに苦労していました。 石油製品を含むが生鮮食品の価格を除いた東京の消費者物価指数(CPI)は、前年同期比で1.1%上昇し、2019年1月以来安定している。 ...

日本の無人機の配達野望は立法の停滞に直面する

日本の無人機の配達野望は立法の停滞に直面する

ドローン配達や自動運転車などの技術をテストするために設計された、いわゆるスーパーシティ経済圏を設定する日本の計画は、立法が議会で失速するにつれて遅れるかもしれません。 11月の日産自動車会長カルロスゴーンの逮捕後、新たな懸念が表明された後、社外取締役の選任を義務付けるために会社法を改正した法案は、現在の国会では提出されません。 日本のビジネス競争力を高めることを目的としたこれらの法案を成立させなかったことは、今年の参議院選挙に先立って立法成果を宣伝することを望んでいる安倍晋三首相の政府にとって大きな後退を意味するだろう。 特にスーパーシティのイニシアチブは、安倍にとって最優先事項でした。 2018年後半、首相は「世界各地で、AIとビッグデータを活用した最先端の都市計画が急速に実験段階から実用段階へと移行しつつある」と述べた。日本の都市生活のさまざまな面でこれらの先駆的な革新を積極的に実行しています。」 しかし、内閣法局は懸念を表明しています。当初の理解では、住民や首相の支援がある限り、地方自治体は国内法ではまだ許可されていない技術を許可する条例を発令することができました。局は、しかし、このアプローチは地方条例を支配する憲法の規定に違反する可能性があると述べた。 政府と与党自民党は国会に立法案を提出する3月19日の締め切りに間に合わなかったので、4月末までにそれを受け入れようとしている。しかし、それから来る10日間のゴールデンウィーク休暇と参院選挙は、このセッションの通過のための少しの時間を残します。 政府はまた、日本の出版社に4,000億円(36.4億ドル)かかると推定される、マンガや写真などの海賊版コンテンツのダウンロードを制限するための法律の提出を断念した。この計画は、より強力な著作権保護の恩恵を受けようとしているコンテンツ制作者からでさえも、激しい反発を引き起こしました。法律を提出するために急いで、政府は広範囲の支持を確実にするというその意図を徹底的に説明しませんでした。文化庁は法案の内容を再検討する予定です。 独立系取締役の選任を求める措置は、日本企業における対外的な統制が弱いという外国人投資家の批判を受けて提案された。しかしゴーン氏の逮捕は、日産がそうであったように、社外取締役を持つだけでは最高経営者による不正行為を防ぐのに十分ではないことを証明した。 その結果、自民党議員は、野党が日産のスキャンダルを使って立法を攻撃することができるのではないかと懸念を表明した。

「アベノミクス」の建築家、日本が売上増税を進めると予測

「アベノミクス」の建築家、日本が売上増税を進めると予測

世界的な需要の鈍化や賃金の軟調な成長が景気を圧迫する可能性があるにもかかわらず、安倍晋三首相は10月に予定されている売上増税を進める可能性が高い、と首相の刺激政策の建築家の一人は述べた。 安倍首相と密接な関係にある与党議員の山本耕三氏も、現在の金利を対象とした政策の枠組みの下で日本銀行が経済を急成長させるためにできることはこれ以上ないと述べた。 「間違いだ」と山本氏は、2016年の政策目標をマネー印刷のペースではなく金利に変更することを決定したと述べ、利下げは大規模な資産購入ほど効果的なツールではないと付け加えた。 「日銀は国債をもっと積極的に買うべきだ」としているが、現在の枠組みではそうするのは難しいだろう、と山本氏は火曜日にロイター通信に語った。 山本氏は、賃金が低いままであるため、10月の8%から10%への増税は反対しているが、2018年5月に延期された2回延滞の引き上げを延期することはできなかった。 「私は理論的には正しいかもしれませんが、首相が私に言った、政治的に困難でした」と山本氏は語った。彼がこれが安倍の考えのままであると信じるかどうか、彼が尋ねた、立法者は言いました:「私はそう思います」。 積極的な支出 山本氏によると、増税によって景気が悪化しすぎる場合、政府は支出を増やすべきだという。 山本氏は、大胆な金融緩和、柔軟な財政政策および構造改革を組み合わせた「アベノミクス」刺激策の起草において重要な役割を果たした。 彼は積極的な財政支出を積極的に支持してきたし、一貫して日本銀行に債券購入を増やして経済を磨くよう促してきた。 中米貿易の緊張と中国の需要の鈍化が日本の輸出と生産を打撃となり、アベノミクスによる戦後の過去最高の成長サイクルが終わったのではないかという懸念が高まっています。 一部のアナリストは、安倍首相が再び売上税の引き上げを延期する可能性があると推測しているが、首相は、リーマン・ブラザーズの2008年の崩壊規模の衝撃が世界経済に打撃を与えない限り継続すると繰り返し述べた。 政府は教育をより手頃な価格にするためにハイキングからのいくらかの収入を使うことを約束しました。 長年の大型資産購入がインフレ率を目標の2%にまで引き上げられなかった後、2016年に日銀は短期金利をマイナス0.1%、長期利回りをほぼゼロにするというイールドカーブコントロール(YCC)と呼ばれる政策に移行しました。 中央銀行は、一部の市場関係者が「ステルス」テーパリングとして説明していることから、債券購入のペースを着実に減速させてきました。

発展途上国における4ミルの女性のための教育を支援する日本

発展途上国における4ミルの女性のための教育を支援する日本

安倍晋三首相は、土曜日に東京で開催された国際女性会議で、日本が2020年までに400万人の女性に「質の高い」教育を提供することを支援すると発表した。 安倍首相は、持続可能な経済発展のためには教育へのアクセスを改善することが重要であり、日本が6月に主催する20カ国のグループ会議で女性により良い教育機会を提供するための努力を加速することを提案すると述べた。 「G-20会長として、私は他のG-20リーダーと、少なくとも12年間の質の高い教育を受けられる世界を創造するという私たちの決意を確認したい」と語った。主要経済国に政策提言をするG-20エンゲージメントグループ。 ノーベル平和賞受賞者のMalala Yousafzaiも会議に出席し、女性教育への投資を呼びかけました。 「すべての女性と女児が輝くことができ、女性が革新を推進している」世界を創造し、政府や企業に着席するためには、指導者たちは女児の教育に投資しなければならない。 「もし私たちが今日女の子に投資すれば、私たちの想像を超える未来が可能になる」と彼女は言った。 このイベントでは、W20の日本代表は、G20加盟国が経済成長と公正かつ持続可能な開発のためにジェンダー格差を埋めるための行動をとることを要求するコミュニケをAbeに渡しました。 コミュニケは、G-20加盟国に対し、次回の大阪でのG-20サミットで、2014年のオーストラリアのブリスベンでのG-20サミットで行われた労働力参加におけるジェンダー格差を25倍減らすための中間報告を提出するよう要請した。 2025年までにパーセント。 この勧告はまた、G-20首脳にデジタル技術、科学、工学、芸術、数学の分野での女性の参加を促進するための措置を講じるよう求めながら、「女性が取り残されないようにする」人工知能を含む新しい技術の使用を促した。 。 2015年にイスタンブールで第1回W20サミットが開催され、G-20加盟国の女性の社会的地位向上と経済力の強化が図られました。 「すべての女性が輝く社会」を実現することを目的に、日本政府が主催する第5回世界女性会議を同時開催しました。 安倍政権による女性のエンパワーメントの推進にもかかわらず、日本は他の多くの先進国経済よりも女性の社会的・経済的進歩において遅れをとっている。 2013年、安倍首相は、2020年までに社会のあらゆる分野における指導的地位の30%以上を女性が占めるという目標を達成するための努力の一環として、上場企業すべてに少なくとも1人の女性を任命するよう求めた。 内閣府によれば、要請後、女性委員の数は2012年の630人から2018年には約1,700人へと倍増した。

カンボジアで日本は中国のように行動をやめるべき

カンボジアで日本は中国のように行動をやめるべき

東京の高級ホテルの薄暗いボールルームで、カンボジア開発評議会の事務総長でフン・セン首相に付託された大臣Sok Chenda Sopheaは、約200人の日本のビジネスマンにカンボジアへの投資を固執した。 「カンボジアは中華人民共和国ではありません。来てください」とソフィアはカンボジアの投資フォーラムで3月5日に述べました。ソフェアの30分のスピーチは経済特区から日本の海外開発援助まですべてを述べました。 しかし、昨年の選挙前のカンボジアの異議に対する主要な取り締まりと主要野党の禁止は彼の議題には含まれていなかった。 Sopheaは、増え続ける海外投資や開発プロジェクトの中で、カンボジア政府がカンボジアの人々の権利保護を確実にするための具体的な戦略を持っているかどうかについてHuman Rights Watchから質問されたとき、その質問を避けました。 「申し訳ありませんが、私たちはビジネスセミナーに参加しています」とSopheaは、ビジネスプロジェクトのための違法な土地没収と労働者の虐待が国の最大の権利問題の1つであることを懸念していないと述べた。 日本は何十年もの間、カンボジアにとって最も重要な援助供与者であり、その最大の外国人投資家の一人でした。現在、中国が両方の分野で日本を凌駕しているため、日本政府はフンセンの愛情を求めて中国と競争するためにその原則を捨て去ろうとしているようだ。 フンセンの独裁的で暴力的な記録を考えると、これは日本が勝つことができず、またしたくないというコンテストです。 Sopheaの否定にもかかわらず、近年では、34年間権力を握ってきたフンセンと中国のXi Jinping大統領は不可分です。彼らは、フンセンが約6億ドルの中国からの助成金で、カンボジアの米を40万トン輸入するという誓約書であると述べたことを含む契約を打ち切ることによって、2019年を始めました。二人は2023年までに二国間貿易100億ドルの目標に合意した。 カンボジアの閣僚評議会にボディガード化合物を提供するという中国からの合意を含む、より小規模な投資と融資がこの取引を補った。フンセンのボディガード部隊が、当時の野党指導者サム・レイニーによる政治的デモに対する1997年の榴弾攻撃を含む、首相の批評家に対する血まみれの攻撃を長い間担当してきたことを考えると、これは非常に厄介です。 Xi Jinping氏とHun Sen氏にとっては、これまで通りビジネスでした。 1998年に中国が権力を行使し、200万人ものカンボジア人が死亡し、クメールルージュが崩壊して以来、中国はカンボジアへの融資、援助、投資で何十億ドルものお金を注いできました。 2010年までに、中国はカンボジアの最大の外国援助国となりましたが、その援助の多くはカンボジアが返済できないかもしれないローンにあります。 2018年、中国はカンボジアの60億ドルの対外債務の約半分を占めました。 ...

Page 1 of 12 1 2 12

Translate

Popular Post

議員、ロシアとの戦争の可能性についての発言をめぐって党から追放

  野党議員は火曜日、日本と領土紛争の中心地である島の統制を取り戻すためにロシアとの戦争を繰り広げていたために発砲した後、Japan Innovation Partyから追放された。 党首を務める松井一郎大阪市長は、最近北海道北方沖の4つの島のいずれかを訪れた際の物議を醸した話では、衆議院議員として辞任すべきだと述べた。 日本イノベーション党は、批判が高まる中で党を離れることを申し出た35歳の議員を追放した。 「国会議員がそのような発言をすることは法外なことであり、外交的見地からも非常に重大な問題である」と松井氏は丸山を追放するという党の決定に続いて記者団に語った。 「彼は今議員として辞任するべきです。」 金山から月曜日まで、丸山は北海道沖の国尻島を訪れる約60人の人々と日露間のビザなし交換プログラムを同行していた。彼は土曜日に問題の発言をした。 島の帰国を最優先課題の一つとした安倍晋三首相は、ロシアのプーチン大統領との会談で突破口を探している。 一連の二国間交渉は、両国が和平条約に署名することを妨げてきた領土問題を解決することに失敗しました。 1945年の東京の第二次世界大戦での降伏後、日本は4つの島をソビエト連邦によって違法に押収されたが、ロシアはこの押収が戦争の正当な結果であると主張している。 彼と一緒に旅行した人々によると、酔っ払った丸山は、島の元居住者のグループの89歳の長である小谷康太に、「島への代替手段はあると思いますか」と尋ねた。大塚氏はその考えを否定し、「いいえ、戦争は必要ないと思う」と言った。 月曜日に、ロシアの上院の外交委員会の委員長であるコンスタンティン・コサチェフは、日露関係に関連して丸山氏の発言を「最悪の(聞いた)」と批判した。 丸山は後で謝罪し、彼の発言を撤回した。 内閣官房長官の須賀義英氏は、丸山氏の発言を「非常に残念」と述べた。 首相のスポークスマンは記者会見で、領土問題は外交交渉で解決しなければならないという東京の姿勢に変化はないと述べた。 日本が領有権を主張している4つの島 - エトロフ、クナシリ、シコタン、そしてハボマイ島...

Read more