Tag: 子供

子供の人口は38年連続で減少します

  5月5日は日本のこどもの日です。 しかし、同国の子供の数は1982年以来38年連続で減少しており、現在では過去最低となっています。 総務省によると、15歳未満の子供の数は4月1日の時点で1,533万人で、785万人の男の子と748万人の女の子がいます。 これは1年前の数字から18万減少しています。 平成30年の間に、子供の人口は約800万人減少しました。 子供たちは現在、日本の総人口の12.1パーセントを占めています。 この数字は、過去1年間で0.2ポイント低下しました。 そしてそれは45年連続で過去最低を記録しました。 10月1日現在の子供の数のための県の数字は、同様の話をします。 唯一の増加は東京でした。 沖縄の人員は前年比横ばいだった。 残りの45の都道府県はすべて減少を見ました。 https://youtu.be/ozR_jjekmXA

子どもの手足にまひ、増加 風邪に似た症状、注意必要

子どもの手足にまひ、増加 風邪に似た症状、注意必要

  子どもの手足にまひ、増加 風邪に似た症状、注意必要 子どもの手足に急にまひが出る「急性弛緩(しかん)性まひ」の報告数が、10月ごろから増加している。3年前、感染症の流行と同時にまひが相次ぎ、厚生労働省は今年5月から全国の医療機関に報告を求め、監視を強めていた。今回も感染症との関連が指摘されている。専門家は手洗いの徹底と、医療機関への早めの相談を呼びかけている。 国立感染症研究所によると、これまで全国で数例だったまひの報告が最新の10月21日までの1週間で10例に増えた。5月以降で計73例に上る。兵庫8例、岐阜7例、愛知5例、東京や神奈川4例と続く。感染症疫学センター第三室の多屋馨子室長は「1週間に10例は多い」と指摘する。 その原因として専門家が指摘するのは、エンテロウイルスD68というウイルスが原因の感染症だ。小児まひとも呼ばれるポリオや、手足口病を引き起こすウイルスの仲間だ。せきのしぶきなどで感染し、夏から秋に流行する。せきや発熱など風邪に似た症状が出る。対症療法しかなくワクチンもない。 病原体の検査には時間がかかるため、現時点ではまひの患者の一部からしか検出されていない。だが、各地の医療機関から今年は26件ウイルスの検出が報告された。昨年1年間の6件、16年の1件より多い。 285件報告された15年は、すべてがエンテロウイルスD68との関連かどうかは確認できていないが、流行のあった8~12月に手足のまひが出て、脊髄(せきずい)に病変が認められた人が約60人に上った。その半数以上が5歳未満だった。 研究班に参加する吉良龍太郎・福岡市立こども病院小児神経科長は「この病気はまだ十分に知られておらず、風邪のような症状の後に手足にまひが出たら、医療機関に相談してほしい。予防には手洗いやうがいが欠かせない」と話す。

多言語を話す子供は2倍速く学習することが判明! 「成長を遅延させる説」は覆る

多言語を話す子供は2倍速く学習することが判明! 「成長を遅延させる説」は覆る

  <脳科学の研究においても、複数言語を操る人は習得のアドバンテージを身につけ学力向上に役立てていることが分かっている。多言語を話す子どもは勉強で成果を出しにくいという考えは誤解> 複数の言語を話す中学生は成績が伸び、テストの得点も改善されていることが新しい研究で判明した。ニューヨーク大学のマイケル・キーファー准教授とオレゴン州立大学のカレン・トムソン准教授が発表した研究によると、英語のみを話す生徒に比べ、多言語を話す生徒の方が読書や数学の分野で2~3倍の速さで学力向上の成果を出していることが分かった。 アメリカの学校は言語教育において、ここしばらく他国に遅れをとっている状況で、これまでも多言語習得の有効性を示す研究は多数発表されているものの、多言語を話す子どもは勉強で成果を出しにくい、という誤った考え方も根強い。しかし今回の研究で、その通説は覆されることになった。 不十分な教育環境でもマルチリンガルの学力は伸びる 現在アメリカには約500万人のELL(English Language Learner::英語を勉強中の人)の生徒がいる。これは全国の公立校に通う生徒の約10%に当たり、今後更に増える見通しだ。その一方で、自身をバイリンガルだと認識しているアメリカ人は約15~20%にとどまる。これは英語以外の言語で授業ができる教員の不足、そして複数言語で授業ができる教員の数はさらに少ないことを意味するという。 ところがこういった不利な学習環境にも関わらず、アメリカの生徒、特にマルチリンガルの生徒たちは2003~2015年まで、学習能力を伸ばし続けていた。2008年の金融危機により教育機関への助成が削減され、多くの教員が困窮状態を目前にしていたにも関わらず、である。 特筆すべきはマルチリンガルの生徒の成長率。小学4年生は、英語のみを話すモノリンガルの生徒と比べ読書の点数を25ポイント、算数においては27ポイント上回った。中学3年生の結果はより顕著で、それぞれ37ポイントと39ポイントの差をつけた。 この結果についてトムソンは、「(マルチリンガルの生徒の)情報に注目する、または遮断する、ある兆候の任意性を理解する能力は、読書をする際に有利になる」との見方を示す。 多言語の知識を持つ生徒は脳機能も発達 今回の研究でトムソンらは、マルチリンガルの生徒たちをELLのサブグループとして区分けして調査を進めた。マルチリンガルの生徒のすみ分けを確立させたことで、細分化されたデータが明らかになり、彼らが十分に英語を使いこなせるのにELLと同じグループに分類されていたという問題が浮き彫りになった。 一口にELL と言っても、第一言語と同程度に英語を操れる人と、英語は勉強中で、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングにおいて十分に習得できていない人たちのグループがいっしょくたにされていた。 トムソンらは現在英語を学んでいる者と、以前そのカテゴリーに属していたが今は十分に英語を習得した者との差を「埋まることのないギャップ」と呼ぶ。つまり、彼らが上達していく際に身につける学力は認知されていないのだ。 実は脳科学の研究においても、複数言語を操る人は、習得のアドバンテージを身につけ学力向上に役立てていることが分かっている。これまで主流であった、相反する2つの言語は子供の成長を遅延させるという極端な理論は、どうやら真逆であるようだ。 英デイリーメールによると、マルチリンガルの人は脳の下頭頂小葉にある灰白質密度が多いそうで、これが、可塑性や精神的な柔軟性を生み出しているとのこと。認知的可塑性は学びや記憶、そして脳の機能性において大変重要な鍵である。つまり、多言語の知識を持つ生徒は脳機能も発達しており、学術において秀でているのは偶然ではないのだ。 また、別の研究では多言語使用と認知症やアルツハイマー病発症の遅延との関係性が発見された。ニューヨークにあるフランス大使館職員で教育官を務めるファブリス・ジョモンは情報サイト「フレンチリー」に対し、「マルチリンガルかどうかは、最終的に人々の健康に関わってくるのです。我々はその点に充分注目、投資していくべき」と述べている。 マルチリンガルの生徒の多くは貧しい有色人種 ...

「なぜ勉強が必要?」子供への模範回答3

「なぜ勉強が必要?」子供への模範回答3

  この季節、「なぜ勉強をしなければならないのか?」という根源的な問いにハマる中高生が少なくない。そう子供に問われたとき、親としてどう答えればいいのだろうか。「いい大学にいくためだ」などと答えれば、子供は不登校になりかねない。3つの「模範解答」を紹介しよう——。 ■子供に「なぜ勉強をしなければならないのか?」と問われたら 筆者は仕事柄、中高生と話すことが多い。すると毎年、5月の大型連休後に、いわゆる「五月病」の症状に悩む生徒に出くわす。新学年、新学期の新しい環境への適応がうまくいかずに心身に不調が出てくるのだ。その中には「なぜ勉強をしなければならないのか?」という“根源的な悩み”にぶち当たってしまう子がいる。 今回は、そういう思春期特有の悩みを持つ子供を3つのタイプに分け、親にできることは何かを探ってみたい。 【1:「秀才煮詰まりタイプ」へのアプローチ法】 ある時、東京大学合格者数ベスト10に入るほどの進学校に通う首都圏の私立中学生にこういう話をされたことがある。 「勉強をやる意味がわからないんです……。学校を辞めたい……」 会社役員である父親にそう告げたところ、その子の父親はこう返したのだそうだ。 「オマエは『駕籠(かご)に乗る人、担ぐ人、そのまた草鞋(わらじ)を作る人』という言葉を知っているか? オマエは車で言えば、どの座席に座りたいのか、よく考えろ」 つまり、その父親は息子にも自分のように運転手付きの車の後部座席に乗る立場の人間になってほしいのだ。そのために偏差値の高い難関大学に行き、優良企業に就職しろという希望を持っているようだった。 いろいろな世の中の矛盾や理不尽に気が付いていく中で、その進学校の中学生は「勉強をやることは当然」と迫ってくる親や学校に強烈な反発心を持ってしまったのだろう。 残念ながら、その後この中学生は不登校に陥り、併設高校へは進学しなかった。父親の落胆ぶりは相当なものだったが、これは“秀才煮詰まり”タイプへの誘導を親が間違えた結果だと筆者は思っている。 優秀な子供が勉強する目的を見失った時に、大人が「試験のため」「知名度の高い大学へ行くため」「裕福な生活をするため」と言って丸め込もうとすると、親の期待とは正反対のところに着地するケースは少なくない。 そうした大人の意見は、幸せに至るひとつの“手段”であって、人生の“真の目的”ではないから子供の疑問解消には至らないのだろう。 では、このタイプの子供にはどうアプローチすればよいのだろうか? ■「なぜ勉強が必要か」こじらせ中学生に効くコトバ 彼らは非常に賢く、また繊細なので、親が功利的な答えを下すより、子供自身にあえて問いかけたほうが「悩み」は解決の方向へと進んでいくと思われる。 例えば、以下のような話をして「君はどう思う?」と問いかけてみるというのはどうだろうか。 筆者は多くの私立中学・高校を訪問し、校長や担当責任者に学校の教育方針などを聞いている。先日、南山大学(名古屋市)の前学長で、いまは聖園女学院中学・高校(神奈川県藤沢市)の校長のミカエル・カルマノ神父と面会した際、「人はなぜ勉強しなければならないのでしょう?」と問いかけてみた。 ...

「イヤイヤ期」別の呼び方が良い? 子の反抗と考えずに

「イヤイヤ期」別の呼び方が良い? 子の反抗と考えずに

  2歳前後の子どもが、何をするのにも嫌がる「イヤイヤ期」――。大人が手を焼く行動も、子どもにとっては自我が芽生え、それを表現できる大切な成長過程です。本紙の「声」欄(東京本社版など)に寄せられた「前向きに捉えられる新しい呼び方を考えませんか?」との投稿を機に考えます。 「声」欄への投稿(要旨) カウンセラー、永瀬春美さん 認知症当事者の思いに添って「徘徊(はいかい)」という言葉を見直す動きがあることを知り、子どもの「イヤイヤ期」も同じ構図だと気づきました。 2歳前後に始まるイヤイヤは、「自分で決めて自分でしたい」という素晴らしい成長の姿なのに、大人には「反抗」に見え、「言うことを聞くようにしつけなければならない」という誤解があるように思います。 「イヤイヤ期」という大人サイドの呼び方、変えませんか。 「大人が考え方変えれば…」  公園から帰ろうと言うと「イヤ!」。ご飯を食べようと誘っても「イヤ!」。着替えも「イヤ!」。自分の要求が通らないと大泣きしたり、道の真ん中で寝転がったり。親は周囲の目も気になり、やめさせようとして強引に従わせたり、怒ったり……。永瀬さんはこんな親の話を聞くたび、「子どもの立派な成長なのに」と胸を痛めていた。 そんなとき、朝日新聞の「認知症とともに 徘徊と呼ばないで」(3月25日付朝刊)の記事に目がとまった。「徘徊」は、認知症の当事者にとっては「目的を持った外出」という指摘だ。 「記事を見たときにはっとしました。大人が考え方を変えれば、悩みが軽くなることもあると思ったんです」 欲求や意思を自覚  この時期の子どもが頻繁に「イヤ」と言うのはなぜなのか。 遠藤利彦・東大教授(発達心理学)は「自分探し」と指摘する。1歳半~2歳は、歩行や手づかみが可能になり、世界が一気に広がる。だが、初体験が多すぎて「わからない」と「本当にイヤ」が区別できないため、何でも反応が「イヤ」になりがちだという。でも、感情を大人にぶつけるやりとりを通じ、子どもは自分の欲求や意思を自覚し、周囲に伝えられるようになる。 これは、他人の願望に合わせる「偽りの自分」ではなく、自分の内側の欲求に従う「本当の自分」を発達させる過程なのだという。「将来、打たれ強くなるための大事なトレーニングです」 ただ、イヤイヤ期がない子どももいる。年齢も1歳や3歳のこともあり、激しさも個人差があるという。 思い 言葉にさせて  親はこの時期、どう向き合えばいいのだろう。40年以上の保育士経験を生かし、子育てに関する講演や執筆活動をする井桁容子さんは、「まずは子ども自身に理由を聞くことが大事」と話す。 例えば、「ご飯を食べるのがイヤ」と言い出したら――。頭ごなしに「食べなさい」と言うと、子どもは親から気持ちをすぐに否定されたと受け取り、反発する可能性が大きい。一方、「どうして食べたくないの?」と聞くと「おなかがすいてないよ」「遊んだあとでね」など、自分の気持ちや意思を表現できる。「食べる」という結論は同じでも、思いに寄り添ってもらえた満足感が積み重なれば、徐々に「今回は食べてみようかな」という気持ちになることも多い。 事前に予告することも効果的だ。井桁さんによると、遊びをやめる時間も、あらかじめ「時計の針がここに来るまでね」など具体的かつ短い言葉で伝えるとよいという。 ...

Translate

Popular Post

ゴーンの起訴状に追加の資金移動が追加された

  東京検察は、日産自動車の元会長Carlos Ghosnの起訴状に、不適切な口座振替に関する別の申し立てを追加しました。 検察は、ゴーンの資金運用会社はサウジアラビアのビジネスマンの会社から約1800万ドルを受け取ったと言っています。 彼らはすでにゴーンに悪化した信頼侵害の容疑で起訴している。彼らは、彼が日産の子会社からサウジアラビア人の男性の会社へ不適切に約1500万ドルを譲渡したと主張しています。 ビジネスマンが個人投資の損失をカバーするために約2700万ドルの曲にGhosnを助けた後に調査員らは不適切な資金の流れが起こったと疑っていた。 ゴーンは2008年にリーマン・ブラザーズが崩壊した後、約1600万ドルの潜在的損失を被った。 しかし検察官は、ゴーンの資金運用会社がそれ以前に1,800万ドルを受け取ったと信じている。 裁判が開始される前の5月23日に準備裁判所の手続きが開始されます。ゴーンの弁護士がこの訴訟にどのように対処するかに注目が集まっている。

Read more