Tag: 女子大学

日本のタブロイド紙が女子大学の「性ランキング」をお詫び申し上げます

日本のタブロイド紙が女子大学の「性ランキング」をお詫び申し上げます

  日本のタブロイド紙は、女子学生が飲み会でセックスをする意欲に基づいて女子大学のランキングを発表したことをお詫び申し上げます。 スパの記事!男性が出席するために女性にお金を払うパーティー - 「ギャラノミ」として知られている慣行を指します。 地元メディアの報道によると、記事はこれらのパーティーが女子大学生の間で人気があり、男性と女性の両方がそのようなパーティーの出席者を見つけるのを助けることを目的としたアプリ開発者と話しました。 「センセーショナルな言葉を使って、女性とどのように親密になることができるかについて読者にアピールし、本物の大学名でランク付けして読者を不快にさせるかもしれない機能をもたらしたことをお詫び申し上げます。」部門はCNNによって得られた声明の中で言った。 昨年発表されたこのリストは、謝罪と雑誌の売り上げの一時停止を求めるchange.orgの申立てを始めた1人の女性と共に、憤慨を引き起こしました。 「私は、特にこのような公共の記事では、セクシュアライゼーション、客観化、そして軽蔑的な女性たちがやめられるように闘いたいと思います」と、請願書の作成者である山本和菜は書いた。 「2018年は、世界中の女性が女性の権利のために闘ってきた私たちの声が届いた年でした。私は女性が対象であるこの社会にうんざりしているので声を上げましょう」と山本氏は付け加えた。 彼女の請願は今日の時点で38,000以上の署名を獲得していました。 ME TOO IN JAPAN このスキャンダルは、女性に対する性的虐待についての国際的な会話が増えている中で起こります。 日本は伝統的に男性が支配する社会であり続けていますが、#MeTooのようなキャンペーンは男女平等と性的虐待にスポットを当てるのに役立ちました。 2018年8月に日本の医学部が女性を締め出すように大学の試験を厳格化し、2017年には日本のジャーナリスト、伊藤しおり氏が自身の経験について公に語ったときに強姦を禁じました。 世界経済フォーラム(WEF)の最新の世界の男女格差指数で男女平等の程度を測っている日本は、149カ国中110カ国にランクされています。 安倍晋三首相が「女性学」と呼ばれる政策を通じて働く女性に力を与えるという誓約にもかかわらず、同国はまた、男女平等のためにG7諸国の中で最下位にランクされています。

日本の雑誌が女子大生の「セックスリスト」をお詫び申し上げます。

日本の雑誌が女子大生の「セックスリスト」をお詫び申し上げます。

  日本のタブロイド誌が火曜日(1月8日)に、女子学生を飲み会でセックスさせるのがいかに簡単かを説得する記事について謝罪した。 このリストは、週刊誌「Spa!」の12月25日号に掲載されました。そして、特にオンラインで1人の女性が問題の問題の謝罪と販売の停止を求めるキャンペーンを開始した場合には、怒りを促した。 change.orgプラットフォームへの彼女の請願は、「女性のセクシュアライゼーション、客観化、および軽蔑」の記事を非難し、火曜日までに28,000人以上の人々から支持を集めました。 「センセーショナルな言葉を使って、女性とどのように親密になることができるかについて読者にアピールすること、そして本当の大学名でランキングを作成することをお詫び申し上げます。雑誌の編集部はAFPによって得られた声明の中で述べた。 この記事は、雑誌で「ギャラノミ」と呼ばれる習慣、あるいは男性の参加者が女性にお金を払って出席することについて書いたものです。 それはパーティーが女性の大学生の間で人気があると言いました、そして、男性と女性が潜在的な出席者を見つけるのを助けることを意図したアプリの開発者にインタビューしました。 同雑誌は、そのリストは開発者とのインタビューからの情報に基づいていると述べた。 「性を含む問題については、私たちは雑誌としてさまざまな意見を聞くために私たちができることをするつもりです」と声明は言った。 問題となっている問題が棚から取り除かれるという兆候はありませんでした。 日本はG7諸国の中で政治やビジネスにおける女性の代表で最下位にランクされており、#MeToo運動のようなキャンペーンは国内で離陸するのに苦労しています。 昨年、大手医科大学は、学生の体の中の女性の数を約30パーセントに保つために、女性の応募者のスコアを定期的に下げたことを認めました。 この発見により、他のいくつかの機関でも同様の差別が発見されました。

Translate

Popular Post

‘私のアメリカの夫は私をだましています。 私は離婚したいのです。

精通した東京在住の "Love in Japan"コラムニストであるHilary Keyesは、日本でのデートから女性の健康問題まで、読者からの匿名の質問に答えます。ヒラリーに質問したいことがありますか。 「Ask Hilary」という件名で、editorial@gplusmedia.comにメールしてください。 親愛なるヒラリー、 私は30代後半のアメリカ人男性と11年間結婚した日本人女性です。私たちは子供がいない、そして両方ともフルタイムで働いている(彼は英語を教えている、私はオフィスで働いている)。最近私は彼が他の日本人女性と私をだましていることを知りました。私たちの結婚は幸せでした、と私は思いました。昨年彼は彼が心臓の問題を抱えていると言ったので、私たちはセックスをするのをやめた。彼はいつも疲れていてとても遅く働いています、そして私がこの他の女性への彼のメッセージを見るまで私たちの結婚に何か問題があるとは思いませんでした。私達がデートしていたときに彼は前に不正行為をしていましたが、その時彼は若かったので私は彼を許しました。彼は彼女に会うのをやめるだろうと言ったが、私はもう彼を信用しない。私は彼を愛していました、しかし私は私が十分に持っていたと思います。私は離婚について友達に話しましたが、彼らは主婦であり、それは私の将来にとって良い考えではないと思います。あなたは私の最良の選択だと思いますか? - これにうんざりして これにうんざりして、 私の短い答え:彼と離婚します!正直なところ、あなたがそもそも彼と結婚したことさえ残念ですが、私たち全員が知っているように、私たちはそれがうまくいかないと思って結婚することは決してありません。人々は変化すると主張するかもしれませんが、不正行為は私が許すことができるものではありませんし、極端な状況でない限りそれを許すことをお勧めしません(全体的に非常にありそうもない)。 私の長い答えは、しかし、もっと考えました。あなたは彼を信頼していない、そしてあなたは十分に持っていたとあなたは言った。私はそれを完全に理解することができます。私は前にそのような状況にありました、そしてそれが来るのが容易な決断ではないということを知っています。ですから、あなたが将来あなたの決断を後悔することはないと確信してほしいのです。それはあなたの友達が表現しようとしていたことかもしれません。 専門家によると、離婚が現在より一般的になっている理由の1つは、女性がもはや夫に経済的に依存していないことです。女性は外出し、仕事に就き、そして自分自身を完全に支えることができます。それは私たちの両親の世代では単に不可能であった、あるいは社会によっては容認されさえしなかったことです。

Read more