Tag: 女子大学

日本のタブロイド紙が女子大学の「性ランキング」をお詫び申し上げます

日本のタブロイド紙が女子大学の「性ランキング」をお詫び申し上げます

  日本のタブロイド紙は、女子学生が飲み会でセックスをする意欲に基づいて女子大学のランキングを発表したことをお詫び申し上げます。 スパの記事!男性が出席するために女性にお金を払うパーティー - 「ギャラノミ」として知られている慣行を指します。 地元メディアの報道によると、記事はこれらのパーティーが女子大学生の間で人気があり、男性と女性の両方がそのようなパーティーの出席者を見つけるのを助けることを目的としたアプリ開発者と話しました。 「センセーショナルな言葉を使って、女性とどのように親密になることができるかについて読者にアピールし、本物の大学名でランク付けして読者を不快にさせるかもしれない機能をもたらしたことをお詫び申し上げます。」部門はCNNによって得られた声明の中で言った。 昨年発表されたこのリストは、謝罪と雑誌の売り上げの一時停止を求めるchange.orgの申立てを始めた1人の女性と共に、憤慨を引き起こしました。 「私は、特にこのような公共の記事では、セクシュアライゼーション、客観化、そして軽蔑的な女性たちがやめられるように闘いたいと思います」と、請願書の作成者である山本和菜は書いた。 「2018年は、世界中の女性が女性の権利のために闘ってきた私たちの声が届いた年でした。私は女性が対象であるこの社会にうんざりしているので声を上げましょう」と山本氏は付け加えた。 彼女の請願は今日の時点で38,000以上の署名を獲得していました。 ME TOO IN JAPAN このスキャンダルは、女性に対する性的虐待についての国際的な会話が増えている中で起こります。 日本は伝統的に男性が支配する社会であり続けていますが、#MeTooのようなキャンペーンは男女平等と性的虐待にスポットを当てるのに役立ちました。 2018年8月に日本の医学部が女性を締め出すように大学の試験を厳格化し、2017年には日本のジャーナリスト、伊藤しおり氏が自身の経験について公に語ったときに強姦を禁じました。 世界経済フォーラム(WEF)の最新の世界の男女格差指数で男女平等の程度を測っている日本は、149カ国中110カ国にランクされています。 安倍晋三首相が「女性学」と呼ばれる政策を通じて働く女性に力を与えるという誓約にもかかわらず、同国はまた、男女平等のためにG7諸国の中で最下位にランクされています。

日本の雑誌が女子大生の「セックスリスト」をお詫び申し上げます。

日本の雑誌が女子大生の「セックスリスト」をお詫び申し上げます。

  日本のタブロイド誌が火曜日(1月8日)に、女子学生を飲み会でセックスさせるのがいかに簡単かを説得する記事について謝罪した。 このリストは、週刊誌「Spa!」の12月25日号に掲載されました。そして、特にオンラインで1人の女性が問題の問題の謝罪と販売の停止を求めるキャンペーンを開始した場合には、怒りを促した。 change.orgプラットフォームへの彼女の請願は、「女性のセクシュアライゼーション、客観化、および軽蔑」の記事を非難し、火曜日までに28,000人以上の人々から支持を集めました。 「センセーショナルな言葉を使って、女性とどのように親密になることができるかについて読者にアピールすること、そして本当の大学名でランキングを作成することをお詫び申し上げます。雑誌の編集部はAFPによって得られた声明の中で述べた。 この記事は、雑誌で「ギャラノミ」と呼ばれる習慣、あるいは男性の参加者が女性にお金を払って出席することについて書いたものです。 それはパーティーが女性の大学生の間で人気があると言いました、そして、男性と女性が潜在的な出席者を見つけるのを助けることを意図したアプリの開発者にインタビューしました。 同雑誌は、そのリストは開発者とのインタビューからの情報に基づいていると述べた。 「性を含む問題については、私たちは雑誌としてさまざまな意見を聞くために私たちができることをするつもりです」と声明は言った。 問題となっている問題が棚から取り除かれるという兆候はありませんでした。 日本はG7諸国の中で政治やビジネスにおける女性の代表で最下位にランクされており、#MeToo運動のようなキャンペーンは国内で離陸するのに苦労しています。 昨年、大手医科大学は、学生の体の中の女性の数を約30パーセントに保つために、女性の応募者のスコアを定期的に下げたことを認めました。 この発見により、他のいくつかの機関でも同様の差別が発見されました。

Translate

Popular Post

2018年に日本の山に座礁した記録3,129

  木登りやウォーキングなどの活動でブームが続いている中、記録的な3,129人の人々が昨年の日本の山々に取り残されたと、警察の報道は明らかにした。 事故件数は78件から2,661件に増加しましたが、1961年に比較可能なデータが入手可能になって以来、過去最高を記録しました。 これに対し、警察庁によると、死者や行方不明者の数は12人から342人に減少し、そのうち70%以上が60歳以上であるという。 全体では、50.5%の人が立ち往生し、71.9%の人が死亡したか、まだ行方不明になっていますが、60歳以上でした。 最大の苦痛を抱えているのは70歳以上の人で、698人(22.3%)で、60代の人は692人(22.1%)、50代の人は486人(15.5%)でした。 死者と行方不明者のうち、110、32.2%が70代、101、29.5%、60代、42、12.3%が50代でした。 活動別では、385(12.3%)が野生の野菜やキノコを選んでいました。 報道によると、ゲレンデ外スキーの間に合計111人の海外観光客が立ち往生していた。 都道府県別では、長野が297で最も多く、北海道が201、東京が147となっています。 78.4パーセントのケースで、立ち往生している人々は助けを求めるために携帯電話または他の通信機器を使用しました。 2013年以降、事故の数は毎年2,000件を超え、警察は人々に適切なルートの計画と必要な装備品の装着を促しています。

Read more