Tag: 地下鉄

地下鉄内で戯れのカップルを集団暴行、「自由な抱擁」掲げ抗議デモ 印

地下鉄内で戯れのカップルを集団暴行、「自由な抱擁」掲げ抗議デモ 印

  インド東部コルカタ市の地下鉄内で仲睦(むつ)まじくしていた若い男女カップルを他の乗客が集団暴行したとする事件が伝えられ、市内の複数の地下鉄駅で自由な抱擁の権利を唱えるポスターなどを掲げる抗議運動がこのほど起きた。 事件は現場を直接目撃したとする記者の記事が掲載された地元紙が最初に報道。この記事によると、被害を受けた男性は20歳代で、混雑した車内で共に乗っていた女性の体に腕を回すなどしていたという。 この姿態が一部の年長者の乗客を刺激し、口論が起きて収拾がつかなくなり、次の駅に停車した際、カップルを引きずり出して殴ったり、足蹴(げ)りするなどの暴力に発展。これを止めようとしたカップルの女性も襲われたという。 ただ、地下鉄運営組織の幹部は監視カメラを調べたところ、暴力発生をとらえた映像などの証拠は見付からなかったと主張。若いカップルも被害届けは出さなかったという。「不幸な出来事」と事件を非難する声明は出した。 カップルの負傷の有無は伝えられていない。 暴行発生の情報はインターネット上に流れ、抗議活動を引き起こしていた。地下鉄の駅では抗議デモの参加者が「道徳は信じるが、道徳行為の監視活動にはくみしない。自由な抱擁を」などのプラカードを掲げて乗客らに訴えた。

インドネシア初の地下鉄 日本製の車両を初公開

インドネシア初の地下鉄 日本製の車両を初公開

  日本の技術や円借款を活用して建設が進められている、インドネシア初となる地下鉄で利用される車両がこのほど日本から首都ジャカルタに到着し、12日報道陣に公開されました。 この地下鉄はジャカルタ中心部と南部を結ぶ全長15キロ余りの路線で、およそ1200億円の円借款を活用して、日本と地元の建設会社による共同企業体が来年3月の完成を目標に建設を進めています。 この路線で導入される日本製の車両が、12日ジャカルタにある車庫で報道陣に公開されました。車両は全長が20メートル、高さ4メートル、幅3メートルで、合わせて96両を大手鉄道車両メーカーの「日本車両」と、「住友商事」が受注し、これまでに12両が納入され、今後試運転が行われる予定です。 車両を視察したジャカルタのアニス知事は「この事業が完成すれば、ジャカルタの多くの人たちが効率的に街を移動することができるようになる」と述べて、この地下鉄が世界最悪とも言われるジャカルタの交通渋滞の改善につながることへの期待を示しました。 日本側としても今回の事業で実績を示し、インドネシアが進める新たなインフラ開発の受注につなげたい考えです。

Translate

Popular Post

羽生は彼の新しい記念碑が仙台を訪問することを願っています

フィギュアスケート選手の羽生柚鶴は4月20日に故郷の覇者として故郷に戻り、平昌オリンピックで金メダルを祝う記念碑の前でポーズを取った。 4月20日に市の青葉区で開かれた式典で、羽生さんは「碑が仙台への観光客の流入を刺激することを願っている」と語った。 この作品は4月29日に地下鉄の国際センター駅に設置される予定です。 駅にはすでに他に2つの記念碑があります。1つは2014年ソチオリンピックで羽生が金メダルを獲得したことを示し、もう1つは2006トリノオリンピックで荒川静香の金メ​​ダルを祝うものです。荒川は仙台で育った若い頃を過ごした。 Hanyuの新しい記念碑は、彼の右手が彼の顔の前に置かれ、左手が手のひらを上にして頭上を上げて、昨年の「Seimei」というタイトルの彼の無料プログラムの初めにポーズをとっているのを特徴とします。 「(ポーズ)は天、地、そして人々を支配する力を表します」と彼はイベントのために集まった観客に説明しました。 "私はその時自信を持って滑っ​​ていました。" 羽生はまた、彼が人々に彼の2つの描写を比較することを望んだと言いました。 「私の顔の表情やポーズは記念碑によって異なります」と彼は言った。 「私は人々にそれらの詳細に注意を払って欲しいのです。」 羽生は、仙台は東日本大震災の8年後にまだ再建されており、津波は都市や東北地方の他の場所を破壊したと述べた。 「私は街を助けるためにできる限りのことをすることを決意しています」と彼は言った。 このイベントに参加した市内の泉区出身の68歳の女性は、羽生の言葉に感動したと語った。 「私は、再建への取り組みに対する揺るぎない決意を聞いた後、涙を流しました」と彼女は言いました。

Read more