Tag: 国際会議

Duterteは5月にまた日本を訪問することにしました

Duterteは5月にまた日本を訪問することにしました

公式の情報筋によると、5月にはフィリピンのロドリゴ・ドゥルテ大統領が日本を訪問し、地域会議に出席する予定だという。 Duterteは5月30日と31日に開催される日経が主催する東京で開催される第25回東京アジアの未来会議に出席します。2016年の大統領就任以来、3回目の来日となります。 「私たちは(ロドリゴドゥテルテ大統領)からの招待を受けて、日経に手紙を送った」と外交筋は共同通信に語った。 しかし、主催者はまだDuterteが会議で講演する日に取り組んでいるので、旅行の正確な日程はまだ決まっていない、と情報源は付け加えた。このイベントは、「新しい世界秩序を求めて - 混沌を乗り越える」というテーマを掲げています。 フィリピンの首相が安倍晋三首相とも会談するかどうかはすぐにはわからない。 Duterteは最初2016年10月に日本を旅行し、2017年10月にまた行き、安倍と毎回会いました。 2017年1月、安倍首相はフィリピンを訪問し、ミンダナオにあるデュテルテの本拠地であるダバオを訪れ、そこでフィリピンの指導者の私邸に迎え入れられました。 両首脳は、地域会議の傍観者として第三国でも会った。 Duterteは当初スピーチをするために昨年の日経カンファレンスに出席する予定だったが、彼の出演をキャンセルした。

解説:ほとんどの日本人は、彼らの国の最高の日が彼らの後ろにあると思う

解説:ほとんどの日本人は、彼らの国の最高の日が彼らの後ろにあると思う

  今後2年間で日本は、2019年のG20サミットと2020年のサマーオリンピックを開催することで、世界の舞台に立つことを目指す。 最近のピューリサーチセンター(Pew Research Center)の調査によると、日本への関心が高まっている中で、この大気の興奮と期待の中で、ほとんどの日本人は経済に不満を持ち、次の世代への期待を心配している。 しかし、雇用と賃金は懸念の唯一の原因です。 日本の民主主義、移民、安全保障同盟の状況に関する意見が世界第3位の経済大国の将来に関する幅広い経済に貢献している。 将来についてお聞かせください 10年以上前の世界金融危機の発生以来の日本の最高水準への公衆の満足度。 今日では、日本経済の44%が2009年から34%増加し、良好な状態にあります。そして、第3四半期の契約のほとんどは自然災害に起因していますが、経済学者は日本経済を概ね肯定的な予測にします。 しかし、日本人(55%)の大半は依然として現在の経済情勢を悪いと表現している。さらに、全員がより良いかどうかについても疑問が残っている。20年前には約4分の1の日本人(26%)のみがそうだった。 この懐かしさ - 言論の41%は今日悪化しています - 今日の日本の子供たちは、彼らの両親より財政的に良いと思うのは15%にすぎません。これは、調査対象となった25カ国(フランスのみと結ばれている)全体で最も低いレベルの楽観主義を表しています。 オートメーションとイミグレーションに関する懸念 多くの日本人が次世代に影響を与える要素の1つは自動化です。次の半世紀にわたるロボットとコンピュータが人間によって現在行われている作業の多くを行うと予想しているのは約10人(89%)だという。 その結果、74%が日本経済がより効率的になるとしているが、10人中8人(83%)が不平等が悪化するとみている。特に、国民の約4分の3(74%)は、より自動化された経済で雇用を見つけるのが難しく、大半(58%)は自動化が新しい、より賃金の高い雇用を生み出すとは考えていない。 公衆の心配にかかわらず、自動化は、国の灰色の人口と労働力の縮小に対する答えとなるかもしれません。移民の増加は、この人口動態の変化を和らげるのにも役立ちます。 ...

Translate

Popular Post

東京電力、福島工場で排気筒の撤去作業を延期

  東京電力は、福島第一原子力発電所の危険度の高い汚染度の高い排気筒の解体作業を計算誤差により延期した。 同社は5月16日、当初5月20日に開始予定の高さ120メートルの煙突の作業は、遅くとも6月まで延期されると述べた。 東京電力は、クレーンによって持ち上げられた特殊な切断装置の高さが当初の計画より1.6メートル低くなり、それがスタックの最上部に到達できないことを発見した。 作業担当の東京電力担当官は、「測定機器の誤差により、クレーンアームの吊り上げ角度が当初の計画と異なることが判明したと考えている」と述べた。 同社は現在、角度とクレーンの位置を調整するか、アームを下げた後にアームの長さを伸ばすことを検討しています。 工場の1号機と2号機には排気筒を使用した。 2011年3月に原子力災害が発生したとき、高放射性物質を含む蒸気が煙突を通して放出されました。煙突を支えるのに使用された金属棒は水素爆発によって明らかに傷つきました。 積み重ねの基部の周りの領域には、人が作業するには危険すぎるレベルの放射線が含まれているため、解体作業は遠隔操作で行われます。

Read more