Tag: 参議院選挙

国民民主党 旗揚げ 野党第2党に

国民民主党 旗揚げ 野党第2党に

  希望、民進両党は7日午後、新党「国民民主党」の設立大会を都内のホテルで開いた。両党の所属議員数は100人を超すものの、民進党の岡田克也元代表や安住淳元財務相らは新党に参加せず、希望の党も細野豪志元環境相らが相次ぎ参加を見送った。国民民主党は衆参両院で60人規模となり、立憲民主党に次ぐ野党第2党となる見通しだ。 希望の党の玉木雄一郎、民進党の大塚耕平両代表は設立大会で、幹事長など党幹部の人事を発表。9月末までに実施する代表選まで玉木、大塚両氏が共同代表を務めることが承認された。 希望、民進両党からは7日も国民民主党へ参加を見送る議員が相次いだ。希望の党の樽床伸二元総務相や大串博志衆院議員が不参加を表明。民進党の野田佳彦前首相も同党を離党し、無所属で活動すると明らかにした。 希望の党の玉木氏は7日午前、国会内で記者団に新党に参加する衆院議員は40人弱となるとの見通しを示した。玉木氏は「力を合わせて政権交代が可能な核となれる政治集団をつくっていきたい」と述べた。 国民民主党は綱領で「穏健保守からリベラルまでを包摂する国民が主役の中道改革政党を創る」と理念に掲げた。来年の統一地方選や参院選で安倍政権への批判票の受け皿となることを目指す。安倍政権との対決姿勢を強める立憲民主党や他の野党とどこまで連携できるかが焦点となる。 国民民主党は民進党を存続政党として発足する。希望の党はいったん解散し、玉木氏ら大半の議員が民進党に合流する形となる。松沢成文参院議員ら新党に参加しない一部の議員が「希望の党」の名称を引き継ぎ、新たに希望の党を設立する。

希望と民進、5月にも新党 党首会談で合意

希望と民進、5月にも新党 党首会談で合意

  希望の党の玉木雄一郎、民進党の大塚耕平両代表は9日夕、国会内で会談し、新党結成に向けた協議開始で合意した。5月にも結党する方針だ。9日中に両党の議員が参加する「新党協議会」を立ち上げ、党名や綱領の検討に入る。 希望の党はこれに先立ち、国会内で両院議員懇談会を開き、執行部が民進党との新党構想を説明した。玉木氏は「自民党に代わって政権を担える政治勢力を結集するため、新しいスタートを切りたい」と語った。民進党出身の大半の議員は了承した。 細野豪志元環境相や長島昭久政調会長は懇談会で反対の考えを示した。民進党への合流に反対する松沢成文参院議員団代表らは希望の党から分党し、別の党をつくる。 希望の党は昨年9月の衆院解散直前に小池百合子東京都知事が結党を表明した。わずか約7カ月で解体する。希望、民進両党の合流は2019年の統一地方選や参院選に向け、分裂した勢力の結集し、政権批判の受け皿を作る狙いがある。

首相、改憲9条最重視 「自衛隊違憲論争に終止符を」

首相、改憲9条最重視 「自衛隊違憲論争に終止符を」

  安倍晋三首相(自民党総裁)は25日、都内のホテルで開いた党大会で、憲法改正に強い意欲を示した。「いよいよ結党以来の党是である憲法改正に取り組む時が来た」と強調。改憲項目として掲げる4項目のうち、9条に具体的に触れたうえで「自衛隊を明記し、違憲論争に終止符を打とうではないか」と訴えた。「敢然と使命を果たし、新しい時代を創り上げていこう」と呼びかけた。 自民党の憲法改正推進本部は党大会に合わせて(1)9条(2)緊急事態条項(3)教育充実(4)参院選の合区解消――の条文案をまとめている。9条に関しては戦力不保持を規定した2項を維持するとともに「9条の2」を新たに設け「必要な自衛の措置をとることを妨げず、そのための実力組織」として「自衛隊を保持」すると明記した。 首相の発言は改憲4項目のうち9条改正を最も重視する考えを示したものだ。野党からは「集団的自衛権の行使拡大につながる」と指摘も出ており、改正議論では曲折が予想される。 首相は党大会のあいさつの冒頭で、学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省の決裁文書書き換え問題に関して陳謝した。「行政全般の最終的な責任は首相である私にある。改めて国民の皆さまに深くおわび申し上げる」と述べた。 そのうえで「国民の皆様の行政に対する信頼を揺るがす事態になっており、行政の長として責任を痛感している。なぜこのようなことが起こったのか徹底的に全容を解明する」と指摘。「二度とこうしたことが起こらないように組織を根本から立て直し、責任を必ず果たす」と言明した。 党大会では、改憲を前面に「実現を目指す」と宣言した2018年の運動方針を採択。19年に控える統一地方選や参院選に向けて「必勝に向けた態勢を構築」すると明記した。

Translate

Popular Post

は世界最高のものですが、日本のクラフトビールはどうですか?

2014年、日本は、世界的に有名なジム・マレーが「ワールド・ウイスキー・オブ・ザ・イヤー」を選んだとき、世界を驚かせました。 100 「信じられないほどの天才」と彼は書いた。 "現時点ではスコッチがどこにも近づくことができないシングルモルト。" それ以来、日本は独立したウイスキーシーンの最愛の人であるニッカ、サントリー、キリン、秩父のような住宅に賞賛を集めてウイスキーの世界を席巻しました。しかし、ウイスキーを持っているすべての才能のために、日本人はまだ別の西洋の飲み物を習得していません:クラフトビール。 ニセコを拠点とするBar Gyu +と夫の渡辺久の共同所有者であるIoanna Morelliは、次のように述べています。 「日本は夏の間は暑い国であり、朝日やキリンのような主要なプレーヤーは本当に人気がある「スーパーコールド」または「サブ0」ピルスナーを持っています。」 ここ数年で、一握りの日本の工芸品醸造所が全国各地にオープンし、成功の度合いはさまざまです。 「良いビール醸造所は本当に素晴らしい」とビールとワインバーのオーナー、オーストラリアのミックニッポン氏はニセコでも言った。 「悪い人はただひどいのです」 問題の一部は日本の自家製の醸造文化の欠如から生じています。アラバマ州とミシシッピ州は2013年まで合法化していませんでしたが、大多数の州では、自家醸造は1978年に合法化されました。免責 この法律は、さまざまな種類の酵母を専門とするホップファーム、モルトハウス、および実験室に対する需要を生み出し、また、いつの日かは活況を呈している産業を支える強力な知識基盤を生み出しました。それとは対照的に、日本では、1%を超える自家製ビールは違法です。地元の人々は、彼らが大声で宣伝しない限り誰も気にしないと言いますが、合法的な赤字は自家製の醸造コミュニティが小さいままでいることを保証します。 今日、日本の自家醸造業界は主に外国で技術を学び、自分たちの機器を日本に持ち込む外国人によって運営されています。彼らが去るとき、彼らはしばしば他の元パットまたは地元の人々に彼らの機器を売る。 クラフトビールバーMikkeller TokyoのオーナーであるHamilton Shieldsは、ニセコのMick's Placeで夏を過ごしました。...

Read more