Tag: 参議院選挙

麻生、金融庁の年金報告書を殺す

麻生、金融庁の年金報告書を殺す

  麻生太郎財務相は6月11日、高齢者のカップルが生き残るためには相当の命を救う必要があるという主張をめぐる国民の大きな不安を引き起こした年金に関する報告を撤回することを金融庁に指示すると述べた。 野党は、国会での議論で、典型的な高齢の日本のカップルが、退職後の生活を終わらせるためにさらに2,000万円(184,175米ドル)の貯蓄を必要とするという認定に焦点を当てた。 麻生氏は、来月末に予定されている参議院選挙でFSAの報告が大きな問題になるのを避けたいと考えていたようです。 報告書はまた、与党自民党内の批判を生み出した。 FSAを監督している麻生は6月11日の記者会見で次のように述べた。「(この報告は)国民の間で非常に大きな不安を引き起こしたし、政府の方針とも異なるものである。 " 麻生はFSA報告書の文言を「非常に不適切」と呼んだ。 この報告書の目的の1つは、政府がさらに100年間持続可能であると政府が保証しているにもかかわらず、より高い平均寿命が年金支払いに圧力をかけているため、公衆に資産の使用を拡大することを促すことでした。 レポートに含まれている1つの計算は、働いておらず年金に頼っていた仮想のカップルを中心としていた。 レポートによると、65歳以上の夫と60歳以上の妻は、生活費で毎月約5万円の「赤字」を被るだろう。夫婦が20年から30年生き残った場合、赤字を補うために必要な総額は1300万円から2000万円になるでしょう。

国民民主党 旗揚げ 野党第2党に

国民民主党 旗揚げ 野党第2党に

  希望、民進両党は7日午後、新党「国民民主党」の設立大会を都内のホテルで開いた。両党の所属議員数は100人を超すものの、民進党の岡田克也元代表や安住淳元財務相らは新党に参加せず、希望の党も細野豪志元環境相らが相次ぎ参加を見送った。国民民主党は衆参両院で60人規模となり、立憲民主党に次ぐ野党第2党となる見通しだ。 希望の党の玉木雄一郎、民進党の大塚耕平両代表は設立大会で、幹事長など党幹部の人事を発表。9月末までに実施する代表選まで玉木、大塚両氏が共同代表を務めることが承認された。 希望、民進両党からは7日も国民民主党へ参加を見送る議員が相次いだ。希望の党の樽床伸二元総務相や大串博志衆院議員が不参加を表明。民進党の野田佳彦前首相も同党を離党し、無所属で活動すると明らかにした。 希望の党の玉木氏は7日午前、国会内で記者団に新党に参加する衆院議員は40人弱となるとの見通しを示した。玉木氏は「力を合わせて政権交代が可能な核となれる政治集団をつくっていきたい」と述べた。 国民民主党は綱領で「穏健保守からリベラルまでを包摂する国民が主役の中道改革政党を創る」と理念に掲げた。来年の統一地方選や参院選で安倍政権への批判票の受け皿となることを目指す。安倍政権との対決姿勢を強める立憲民主党や他の野党とどこまで連携できるかが焦点となる。 国民民主党は民進党を存続政党として発足する。希望の党はいったん解散し、玉木氏ら大半の議員が民進党に合流する形となる。松沢成文参院議員ら新党に参加しない一部の議員が「希望の党」の名称を引き継ぎ、新たに希望の党を設立する。

希望と民進、5月にも新党 党首会談で合意

希望と民進、5月にも新党 党首会談で合意

  希望の党の玉木雄一郎、民進党の大塚耕平両代表は9日夕、国会内で会談し、新党結成に向けた協議開始で合意した。5月にも結党する方針だ。9日中に両党の議員が参加する「新党協議会」を立ち上げ、党名や綱領の検討に入る。 希望の党はこれに先立ち、国会内で両院議員懇談会を開き、執行部が民進党との新党構想を説明した。玉木氏は「自民党に代わって政権を担える政治勢力を結集するため、新しいスタートを切りたい」と語った。民進党出身の大半の議員は了承した。 細野豪志元環境相や長島昭久政調会長は懇談会で反対の考えを示した。民進党への合流に反対する松沢成文参院議員団代表らは希望の党から分党し、別の党をつくる。 希望の党は昨年9月の衆院解散直前に小池百合子東京都知事が結党を表明した。わずか約7カ月で解体する。希望、民進両党の合流は2019年の統一地方選や参院選に向け、分裂した勢力の結集し、政権批判の受け皿を作る狙いがある。

首相、改憲9条最重視 「自衛隊違憲論争に終止符を」

首相、改憲9条最重視 「自衛隊違憲論争に終止符を」

  安倍晋三首相(自民党総裁)は25日、都内のホテルで開いた党大会で、憲法改正に強い意欲を示した。「いよいよ結党以来の党是である憲法改正に取り組む時が来た」と強調。改憲項目として掲げる4項目のうち、9条に具体的に触れたうえで「自衛隊を明記し、違憲論争に終止符を打とうではないか」と訴えた。「敢然と使命を果たし、新しい時代を創り上げていこう」と呼びかけた。 自民党の憲法改正推進本部は党大会に合わせて(1)9条(2)緊急事態条項(3)教育充実(4)参院選の合区解消――の条文案をまとめている。9条に関しては戦力不保持を規定した2項を維持するとともに「9条の2」を新たに設け「必要な自衛の措置をとることを妨げず、そのための実力組織」として「自衛隊を保持」すると明記した。 首相の発言は改憲4項目のうち9条改正を最も重視する考えを示したものだ。野党からは「集団的自衛権の行使拡大につながる」と指摘も出ており、改正議論では曲折が予想される。 首相は党大会のあいさつの冒頭で、学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省の決裁文書書き換え問題に関して陳謝した。「行政全般の最終的な責任は首相である私にある。改めて国民の皆さまに深くおわび申し上げる」と述べた。 そのうえで「国民の皆様の行政に対する信頼を揺るがす事態になっており、行政の長として責任を痛感している。なぜこのようなことが起こったのか徹底的に全容を解明する」と指摘。「二度とこうしたことが起こらないように組織を根本から立て直し、責任を必ず果たす」と言明した。 党大会では、改憲を前面に「実現を目指す」と宣言した2018年の運動方針を採択。19年に控える統一地方選や参院選に向けて「必勝に向けた態勢を構築」すると明記した。

Translate

Popular Post

2018年に日本の山に座礁した記録3,129

  木登りやウォーキングなどの活動でブームが続いている中、記録的な3,129人の人々が昨年の日本の山々に取り残されたと、警察の報道は明らかにした。 事故件数は78件から2,661件に増加しましたが、1961年に比較可能なデータが入手可能になって以来、過去最高を記録しました。 これに対し、警察庁によると、死者や行方不明者の数は12人から342人に減少し、そのうち70%以上が60歳以上であるという。 全体では、50.5%の人が立ち往生し、71.9%の人が死亡したか、まだ行方不明になっていますが、60歳以上でした。 最大の苦痛を抱えているのは70歳以上の人で、698人(22.3%)で、60代の人は692人(22.1%)、50代の人は486人(15.5%)でした。 死者と行方不明者のうち、110、32.2%が70代、101、29.5%、60代、42、12.3%が50代でした。 活動別では、385(12.3%)が野生の野菜やキノコを選んでいました。 報道によると、ゲレンデ外スキーの間に合計111人の海外観光客が立ち往生していた。 都道府県別では、長野が297で最も多く、北海道が201、東京が147となっています。 78.4パーセントのケースで、立ち往生している人々は助けを求めるために携帯電話または他の通信機器を使用しました。 2013年以降、事故の数は毎年2,000件を超え、警察は人々に適切なルートの計画と必要な装備品の装着を促しています。

Read more