Tag: 北朝鮮

スガは5月にワシントンでペンスに会う

スガは5月にワシントンでペンスに会う

情報筋によると、来月、日本の政府最高スポークスマンが米国のマイク・ペンス副大統領と会談する予定だという。 拉致問題の担当大臣でもある菅芳英首相官房長官もニューヨークの国連本部を訪問する。 彼は、北朝鮮に拉致された自由な日本国民への支援を求めている日本政府主催のシンポジウムで講演する予定です。 Sugaはまた、拉致問題を解決するために米国との緊密な協力を再確認するために、Penceとワシントンの政府高官と会うことを計画しています。 2月のサミットが合意なしに終わったあと、米朝間の協議は失速した。 危機管理も担当するスガが日本を離れることは稀です。 彼の最後の海外旅行は、2015年にグアムへでした。

日本は人道援助や朝鮮民主主義人民共和国との経済協力に従事することを控えるように

日本は人道援助や朝鮮民主主義人民共和国との経済協力に従事することを控えるように

毎日新聞は2月26日、ハノイでの第2回日米サミットに先立って、当面は北朝鮮に対する人道支援や経済協力は行わないことを米国に伝えた。 東京はまた、北への人道支援を検討している国際機関にも同様のメッセージを伝えたと伝えられている。 北朝鮮がサミットで具体的な非核化措置を採択した場合、米国は対応する「補償」を提供することを検討しているが、日本政府は2月26日の報告で北。米国との実務レベルでの議論で、東京は、北朝鮮が米朝首脳会談で合意に達したとしても、北朝鮮が具体的な非核化に進むことを保証することなく、「経済協力と人道主義は「時期尚早」である」と述べた。 「拉致問題もあり、日本が北朝鮮に支援を提供することは不可能である。米国は日本の立場を理解している」と日本の外務省職員は述べた。 日本はまた、世界食糧計画(WFP)その他に、北朝鮮を支援するための寄付の使用を許可しないことを知らせた。問題の国際機関は、北部への食糧および医療支援の提供を検討していると報告している。これに関連して、同紙は、北朝鮮は「失敗国家ではない」と「食糧や医薬品を国民に配給していない」と述べたとして、河野太郎外相を引用した。 朝鮮民主主義人民共和国の首脳会談の結果にかかわらず、北朝鮮に対する人道的援助を提供しないという日本の政策は、平壌との拉致された日本国民の問題に関する協議において、援助と経済協力を交渉チップとして用いる計画に由来すると述べた。北朝鮮。 「失敗国家ではない」と「食糧や医薬品を国民に配給していない」と述べたとして、河野太郎外相を引用した。 朝鮮民主主義人民共和国の首脳会談の結果にかかわらず、北朝鮮に対する人道的援助を提供しないという日本の政策は、平壌との拉致された日本国民の問題に関する協議において、援助と経済協力を交渉チップとして用いる計画に由来すると述べた。北朝鮮。

日本と韓国は北朝鮮に注目しなければならない(お互いにではない)

日本と韓国は北朝鮮に注目しなければならない(お互いにではない)

  2018年12月20日、大韓民国政府の指示に従って、朝鮮民主主義人民共和国沿岸警備隊(KCG)と大韓民国海軍(ROKN)は、東海で苦しんでいる北朝鮮漁船の援助を受けました。日本海としても知られています。船に乗って4人の漁師がいました、そのうちの1人はすでに死にました。 朝鮮半島を取り巻く海域は非常に繊細な地域であり、排他的経済水域(EEZ)が重なり合って海上境界線がまだ合意されていないため、各国の管轄区域間で混乱が生じています。この明確さの欠如は、特に漁業活動に影響を与えます。 韓国とKCGが行った共同捜索救助(SAR)活動は、日本がそのEEZとして主張している分野にあった。この地域は日本と韓国によって共有されている共同漁場でもあります。北朝鮮の漁船の乗組員は、韓国のKDX-1級駆逐艦であるGwanggaeto the Great(DDG 971)の支援を受けて、KCG船Sambong(KCG 5001)によって無事に救助され、その後Panmunjomを通じて北朝鮮に送還された。 12月22日 また、12月22日、DDG 971がSTIR-180追跡レーダーを海上自衛隊(JMSDF)に投射したと主張し、日本政府は大韓民国政府に正式な抗議を提出した。 SAR運用の近くで運用している海上監視航空機。 P-1の乗組員が自国の航空機でレーダー警告警報を受信し、ROKSと音声通信をしていると主張した12月28日に公開されたビデオを含む双方からの主張および反訴があった。公海で使用される国際通信システムであるチャンネル12を介したDDG 971。日本は、レーダーロックはP-1を狙っており、これは敵対的行為であると主張している。しかし、韓国は、錠が獲得されたことを否定し、P-1がDDG 971から150メートル以内で、危険なほど低い飛行をしていると非難します。 海上SAR作戦と敏感な海事領域における実際の海上戦との間に明確な区別がなされるべきである。 SARと海は海事法執行の一部である人道的救助活動であり、海軍が関与しているならば、特に荒天時の外洋で必要となるかもしれないように彼らは沿岸警備船を支援するべきです。このような状況では、海軍の船舶や航空機は、軍事的または外交的な役割ではなく、不安定な役割を果たしています。 SARの作戦は不快ではなく、公海でも領海でも、いかなる種類のSAR作戦にも関わっている沿岸警備隊や海軍艦艇が軍事または戦闘で行動していると解釈されるべきではありません。容量SAR任務の間、SAR作戦区域の近くで活動しているすべての海軍艦艇と航空機は国家救助調整センター(RCC)によって調整されるべきであり、RCC間の調整は国際SAR諮問グループ(INSARAG)の責任です。 この事件に対して日本がとった姿勢は、政治的要因によって最もよく説明されています。安倍晋三首相の政府は現在歴史的に低い承認評価に苦しんでいます、そしてこの状況は明らかに彼の基本的な支持でjingoistic感情を呼び起こすために有用な口実を提供します。韓国の最高裁判所はまた、最近、第二次世界大戦中に強制労働に起草した韓国人が補償の対象となると判決を下しました。さらに、韓国はまた、これまで第二次世界大戦中に日本によって使用された韓国の性奴隷の問題の下で線を引くために前政権によってなされた取り決めを放棄しました。明らかに、安倍首相は韓国で反撃する機会を模索しており、政治目的でP-1事件を利用している。 2019年1月1日、朝日新聞に日本の首相インタビューが行われ、韓国政府は「誤解を招くような作戦」をして謝罪すべきだと主張し、ROKS ...

韓国、日本が軍用レーダースパットについて協議

韓国、日本が軍用レーダースパットについて協議

  韓国と日本は先月、ソウルで人道捜査活動に軍用レーダーを使用したことに関する紛争をめぐる「相互誤解」に対処するために、シンガポールで一般級交渉を行った、と国防省は述べた。 東京は12月20日に韓国の海上哨戒機に消防用レーダーを施錠したと非難した。東海 午前中、双方は、シンガポールの韓国大使館で最初の協議を開催しました。彼らは午後に日本大使館で第2ラウンドを開催することになっていました。 韓国の代表団は、ソウルの合同参謀本部の軍事支援の最高責任者のV. Adm。Boo Suk-jongと防衛省の国際政策の総長であるLee Won-ikによって率いられました。 日本の代表団には、東京の合同参謀本部の事務局長である樋田敦史中将と、国防総省の高官である石川猛がいました。 12月27日、双方は事件に関する彼らの違いを確認するためだけにこの問題に関するビデオ作業レベルの会議を開催した。その1日後、東京は、ソウルが「深い懸念と後悔」を表明したという主張を裏付けるビデオクリップを公開しました。その後、ソウルは自身のビデオ映像で反撃し、人道的使命に焦点を当てた韓国の軍艦への「脅迫的な」低高度飛行の実施に対する日本の謝罪を要求した。 ソウルは、その軍艦は捜索レーダーシステムを使用しただけで日本の飛行機にレーダービームを送信しなかったと主張しました。それは「喫煙銃」を要求した - 軍艦が飛行機に対して追跡レーダーを使用したかどうか確認するために東京のレーダー周波数データの分析。 最近の論争は、歴史的および領土的確執によって長い間緊張してきた二国間関係の緊張を高めた。 両国は最近、韓国の国民が第二次世界大戦中に日本の会社によって激しい労働を強いられたことについて、今年初めにソウルの最高裁判所の判決を無視した。

日本は防衛力の強化を加速

日本は防衛力の強化を加速

  長い平和主義者、日本は軍事支出を加速させ、効果的に加速することを決心しました。驚くことではないはずです。安倍晋三首相は長い間日本を平和主義から「普通の国」と呼んでいる国へとシフトさせようとしてきたが、北朝鮮のミサイルと中国の太平洋に対する積極性はとにかく東京をほとんど選択から離れさせたであろう。計画と同様に、支出は劇的に増加しました。積み重ねの性質は、その同盟国である米国からの他の圧力にも反応し、日本はもっと米国の機器を購入することを望んでおり、またその国が直面している人口統計的および技術的な要請からも応えています。 ダグラスマッカーサーが当時の敗北した日本国憲法の執筆を指示してから約72年経った現在でも、この文書は依然として国の機動の余地を制限している。支出は国内総生産(GDP)の1.0%を超えることはできません。巧妙な会計処理は余裕を持たせることができますが、それでもなおこの規則は、特に中国と米国の隣に厳しい制約を課し、それぞれがはるかに大きいGDPの3.0パーセント以上を防衛に費やしています。憲法は防衛だけを強調しているので、当然のことながら、2つの空母を建設し、おそらく日本国外に基地を置くという国防総省の意図ではなく、力を投影するためのあらゆる準備に疑問を呈する。憲法はまた、日本が相互防衛協定を締結することを禁じている。日本とアメリカとの長期的な同盟関係にもかかわらず、例えば、アジアのアメリカ軍基地が攻撃された場合、それはアメリカの援助に行けません。安倍首相は憲法の変更に努め、譲歩を勝ち取ったが、それは依然として制約である。 それにもかかわらず、2019年の国防省予算要求は、新たな軍事的強調を明確にしている。 9月に発表された文書によると、国防総省は総防衛費5,3兆円(480億ドル)を要求しており、これは2018年の予算額を7.2%上回っている。そのようなジャンプはどの国でも注目に値するでしょうが、特に日本では、防衛費が年に数パーセントの割合で増えています。 5年間の計画は、この高められた支出水準を維持するでしょう。さらに興味深いのは、これらの資金の提案された配分です。ここでは、それぞれの点が日本に対するさまざまな圧力を反映しています。 北朝鮮の存在はおそらく最も明白です。予算文書では「抑止力」が強調されていますが、これは日本の既存のF-15戦闘機の電子戦能力を向上させ、ロッキード・マーティンからF-35A戦闘機を6機購入する決定の裏にあります。新しい計画では、今後数年間でこれらの新しい戦闘機を147台購入することを要求しています。これは、当初の計画の42台をはるかに上回るものです。それはそれが国内で開発されたF-2戦闘機の購入を排除するので、米国の圧力もこの決定において明らかに明白です。日本のセキュリティアナリスト、松村正博氏の言葉では、日本は「日米関係を良好に維持するという政治的目標のために犠牲にされている」との見方を示している。空中早期警戒能力を向上させ、2つの陸上イージスミサイル防衛システム(「Aegis Ashore」)と他の米国製ミサイル迎撃装置を配備するために約3,000億円(27億ドル)を費やす。 中国に対抗するための措置は、ほとんど海上で、より長いリストを作る。もちろん、F-15アップグレードと新しいF-35は中国への答えのようなものを構成します。 MoDは、RQ-40 Global Hawkの長距離無人探査機を調達し、長距離の海中無人監視装置を開発するための研究に資金を提供し、それ以外ではより多くの対空ミサイルと対魚雷の弾薬を調達することで海軍の重力を強化する計画スタンドオフミサイル。計画はまた、国防省の予算文書の中で、「探知など」を目的とした新しい潜水艦の建設を要求している(エセテラは間違いなく憲法上の問題を提起する可能性がある攻撃的な能力について言及している)。鉱山を一掃することができる2つの新しい多目的、コンパクト駆逐艦。彼らは艦隊の護衛部隊を合計54隻の艦隊に連れてくるでしょう。これは過去からかなりの進歩です。 憲法的見地からさらに論議を呼んでいるのは、1)軍が権力を投影することを可能にし、2)日本をその同盟国に義務付けることを可能にする他の努力である。国防総省は海上で海軍を支援するためのタンカーを調達しようとしている。これは日本の海軍力が沿岸防衛を超えて行ったという明確な声明である。同省はまた、特に迅速な配備を目的とした2機の新しいC-2輸送機と6機のUH-Xヘリコプターを求めている。また、より遠方への配備のために日本軍を準備するためのトレーニング予算を求めています。同省はまた、新しいF-35戦闘機のいくつかを運搬してから第2の運搬船を建設するために、今後数年間で既存のヘリコプターの運搬船を補充することを目指しています。一部の解釈では、これは明らかに日本国憲法の自衛権制限に違反しているが、首相と国防総省は要求を守っている。さらに憲法違反となる可能性がある点で、同省は、日本の指揮、統制、および計画を同盟国、明らかにアメリカ、オーストラリア、オーストラリア、そしてASEANと統合するための譲歩を求めた。これらの国々が中国の拡大を確認しようとしているという言葉。 北朝鮮と中国へのこれらの明白な対抗策を超えて、MoDはまた近代化の必要性を強調しています。それは合衆国で何がサイバー防衛命令として説明するかもしれないかを確立するためにそして人工知能(AI)の軍事的使用を調査するために資金を確保しました。同様に、同省は、近くで飛んでいる物体を識別するための光学望遠鏡を含む、最終的に日本の衛星のための保護を設置するために開発資金を捧げました。さらに、「深宇宙国際意識」と呼ばれるものについて米国と協力するために、それほど重要ではないが27億円(2400万ドル)を投じました。日本は、その長い間続いている低出生率と、その結果として軍の年齢要件を満たす人々の不足に対処しています。この取り組みのもう一つの側面は、より多くの女性を制服にしようとする大臣の驚くほど非日本人的な推進力です。 たとえすべての円がその指定された場所に届くわけではないとしても、それほど遠くない将来に日本が西太平洋の安全保障方程式を変え始めることは明らかです。 安倍首相が計画通りに憲法を変更することができた場合、その変更は確実に加速されたペースで起こるでしょう。 それはワシントンの計算を変えるでしょう。 北京もまた注目するでしょう。

韓国と日本の間の将来の軍事的対立の「レーダー確執」の兆候はありますか?

韓国と日本の間の将来の軍事的対立の「レーダー確執」の兆候はありますか?

国が地域の軍事作戦を再配置するように、韓国の軍艦のレーダー捜索作戦をめぐる朝鮮と日本の間の神経戦争は、緊張が高まる兆候かもしれない、と軍事専門家は言う。 特に、このエピソードは、朝鮮民主主義人民共和国の軍事作戦が北朝鮮の脅威から日本を含む近隣諸国によって引き起こされる脅威へとシフトしたことと一致している。 12月20日、韓国海軍の3,900トン級のKDX-I駆逐艦がその別の目標照明レーダー(STIR)を日本海上自衛隊のP-1巡視機にロックしていたと伝えられている。独島小島沖の東部海域で遭難している北朝鮮の漁船を探している。 射撃管制レーダーを目標に向けることは、実際の射撃から一歩離れたと見なすことができます。日本の軍事外交当局は、韓国の同国軍に対して、「非常に危険」と呼ばれるレーダー作戦に対して強い抗議を行ってきた。次元レーダー同省は後に、北朝鮮のボートを探すために、船がレーダーのそばに取り付けられたカメラを操作したことを認めた。 米国と韓国の間の合意は、ソウルが国防に対してより多くの責任を負う複合防衛体制をもたらすことを意味します。 投稿者:ジェフジョン ソウルを本拠地とする防衛シンクタンク、韓国防衛ネットワークの責任者であるシン・インギュン氏は、最新の事件は、アメリカの東アジアにおける最も近い2つの同盟国間の対立の兆候であると述べた。 「韓国と日本の関係が、領土問題や歴史問題をめぐる最低の引き下げを迎えたとき、この事件はぎこちない時期に来ました」と、シンは言った。 「ソウルと東京の関係が悪化したことで、この地域での米国との三国間防衛協力が妨げられる可能性があるかどうか心配だ」とアナリストは語った。 レーダーが対決する1週間前に、韓国は独島を守るために年1回の訓練を行い、戦艦や戦闘機を動員した。運動は日本政府からの怒りの反発を引き起こした。 ソウルの国防部の関係者によると、北朝鮮は近々公開される2018年の国防白書で初めて「敵」とは言われないだろう。その代わりに、隔年報告書は、敵の言葉を「生命と財産を脅かすあらゆる勢力」として韓国を説明することです。 ソウルのThe Defense Timesの軍事アナリスト兼発行者であるAhn Seung-beomは、近隣諸国、特に日本による潜在的な脅威への対応に重点を置いた韓国の軍事力増強が加速すると予想している。 「レーダー問題は単なる奇妙な出来事であったと思いますが、この状況は将来的に2つの力がいつか直面する可能性がある状況を垣間見ることができます」と彼は言った。

日本は中国と北朝鮮に対抗するために国防費を引き上げる

日本は中国と北朝鮮に対抗するために国防費を引き上げる

  日本は北朝鮮と中国と他の脆弱性からの潜在的脅威に対抗するためにその必要性を引用火曜日承認された新防衛ガイドラインによると、今後数年間で初の空母と国防支出や武器の能力の大きな増加を計画しています。 安倍晋三首相の内閣の会議で承認されたガイドラインは、短い離陸・垂直着陸が可能な高価な米国製F-35Bステルス戦闘機を配備することができ、船の中に、既存のヘリ空母を再取り付けするために呼び出します。日本は今後10年間で42のF-35Bを含む147のF-35を購入する予定です。 ガイドラインでは、途中で、現在の防衛計画を交換し、阿部の言葉で「正常な国」にするために、日本の軍事的役割と能力を拡大するために阿部のプッシュを強調します。彼は、長い戦争を放棄し、すでに日本はますます米軍と一緒に作品として日本軍人が連合軍を守るためにできるように、自己防衛の概念を拡大している、日本の米国-起草憲法を改正したかったです。 国防当局者は、北朝鮮のミサイルや核の脅威がそれらを解体するための具体的な手順が存在しない場合には変わらず、中国の海洋活動はますます自己主張成長しているように、日本は高い抑止力と増加したミサイル防衛や戦闘機の能力を必要とすると言います。新ガイドラインは、日本がよく準備する必要があり、それが脅威に耐えることができます表示するには、列島に注意することは自然災害が発生しやすいですし、その脆弱な海岸線は原子力発電所が点在していると言います。 当局は、海上自衛隊のヘリ空母出雲、14機のヘリコプターを運ぶことができる250メートル(820フィート) - ロング、フラットトップの駆逐艦は、空母として再装備されるように設定されていると言います。日本では、従来のF-35Sのための十分な長さの滑走路を構築するための比較的少ない土地を持っており、空母は日本が中国との係争を含め離島を守るために、より大きなを再生しようと西太平洋で特に有用であろう日米同盟の一環としての役割。 修理された航空会社の費用見積もりは行われていません。この作業は5年以上にわたって行われ、船には10人のステルス戦闘員が乗ることになる。第2のヘリコプター運搬船の補給が続く。 ステップは、彼らが日本の戦時中の海軍による侵略の日本のアジアの近隣諸国を思い出させることが懸念のうちの一部で空母を欠いていた日本の戦後の海軍防衛に大きな変化です。 批判派は、空母の所持は、自衛にのみ力を使うことを制限する平和主義憲法に違反して日本にストライキ能力を与えると言う。日本は、新防衛ガイドラインの下で、また対戦相手は、日本の平和主義を超えて行くことができると言う敵の目標を達成するために設計された巡航ミサイルを、保有する予定です。 防衛当局は出雲が必要なときだけ国防のための多機能空母軍艦として使用されますと言って、批判をオフにブラッシング。 官房長官菅義偉計画は、海での緊急時に戦闘機のパイロットのための主であり、それはと言った「憲法の下で許容される最小の必要範囲内にある。」彼は改訂ガイドラインは、日本が真に人々を守るために必要なもの提示したと日本の将来の防衛はどうあるべきかを描いた。 ガイドラインは、日本が太平洋における防空能力を強化し、その地域における監視を拡大する必要があると指摘している。国防総省は、日本はF-15の艦隊の一部を代替するために、従来型のF-35を105台、F-35Bを42台購入する計画だと語った。 日本の防衛費は、F-35Bの約100億円(約9000億円)で、2012年末に就任してから6年連続で着実に増加している。対地固定型米国を買収するために2350億円(20億ドル)を費やすミサイル防衛システム、イージス・アショア(Aegis Ashore)、その他のアメリカのミサイル迎撃砲などがあります。 内閣は、ガイドラインの下で、またアップ以上2000000000000円($ 17.6十億)以前の5年から2019年始め27000000000000円($ 240十億)の記録5年間の防衛費を要求する新しい中期防衛計画を承認しました防衛予算。 ドナルド・トランプ大統領から米国の輸出を増やすよう圧力がかけられているため、アメリカの高額な武器を購入することは、同盟国間の軍事協力を強化している。日本の米国武器購入が急増し、国防総省はワシントンの重い尋問価格にあまりにも容易に同意したという批判を受けた。この指針は、日本がより効率的な先行能力の購入を求めると述べている。機器、より多くの共同研究開発を推進しています。 ...

日本はG20が世界的な貿易苦境を多面的に解決するよう促す

日本はG20が世界的な貿易苦境を多面的に解決するよう促す

  日本はG20諸国の主要経済国に対し、グローバルな不均衡に対処することで、貿易収支に焦点を当てることを控えていると警告した。 日本の麻生外務次官補は、経常収支黒字国と赤字国の不均衡を解消するために、相互に関税をかけることはほとんどないと述べた。 20メンバーのグループは、代わりに多国間環境における持続的なグローバルな不均衡を修正するための政策オプションを模索する必要がある、と彼は言った。 浅川は、国際通貨基金(IMF)のセミナーで、「余剰国と赤字国の間に大きな協力の余地があることを認識すべきだ」と述べた。 「当座預金は貿易収支だけではなく、関税引き下げは「経常収支に重大な影響を与えない」と付け加えた。 二国間の貿易不均衡にあまり重点を置くのではなく、現在の勘定残高に影響を与える資本フローや構造的要因にもっと注意を払うべきである、と浅川は述べた。 日本は、G20の中核的任務と非常によく合致するため、来年度のG20議長国としての審議において、グローバルな不均衡に優先的に取り組む」と述べた。 G20は、米国との貿易の違いを橋渡ししなかった。ドナルド・トランプ大統領は、関税をかけて巨大な米国を狭めようと、他の国々との摩擦を引き起こした貿易赤字。 火曜日の発言は、トランプ氏の米国進出への対抗措置として、他国が日本に加わることを期待している。現在行われている多国間協定ではなく、貿易赤字が二国間貿易協定を通じて狭められるようにする。 G20諸国が外的不均衡を修正する方法の中には、先進国経済に蓄積された莫大な貯蓄を新興国が投資に使うことが挙げられる。 先進国は、高齢者が退職に備えてより多くの資金を得ることができるように、貯蓄率を高めて新興国に投資することで利益を得ることができると同氏は述べた。 浅川氏は、円が弱くなれば輸出量が増え、輸出量は海外にシフトするため、近年減少しているとの見方を示した。 「日本経済にとっては非常に良いことだ」と述べた。これは、日本の輸出構造が高値で売る高付加価値商品に移行したことを意味するかもしれない」

北朝鮮の木造船漂着、過去最多ペース 今月だけで33件

北朝鮮の木造船漂着、過去最多ペース 今月だけで33件

  北朝鮮籍とみられる木造船が日本海沿岸に漂着している問題で、今年確認された漂流・漂着が95件(12日時点)にのぼり、過去最多ペースになっている。 海上保安庁の集計によると、今月だけですでに33件。統計を取り始めた13年以降で最多だった昨年の104件に迫る勢いで、同11月末時点(59件)を大きく上回る。これまで遺体は12人確認されているが、生存者は確認されていない。昨年は遺体35人、生存者42人が見つかり、過去最多だった。 海保によると、漂流・漂着する木造船の多くが漁船で、冬の日本海が荒れるために流されたとみられるという。昨年は12月に45件見つかっており、今後も増える可能性がある。

「恋に落ちた」はずが……米国と北朝鮮、また口も利かない仲に?

「恋に落ちた」はずが……米国と北朝鮮、また口も利かない仲に?

  ドナルド・トランプ米大統領が、自分たちは「恋に落ちた」のだと言った時のことを覚えているだろうか。相手は、北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長だ。しかし今ではもう、口も利かなくなってしまったらしい。 口を利く代わりに米国と北朝鮮は、お互いをひたすらじっとにらみ合っているようだ。相手がまばたきをしたり、何か動きを見せたりするまでは、身じろぎもせず。そしてどちらも、まったく譲るかまえを見せていない。 両首脳の2度目の会談実現に向けて予定されていた今月初めの協議は、実現しなかった。 金委員長の最有力側近でタカ派の金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長が、ニューヨークを訪れてマイク・ポンペオ米国務長官と会談する予定だった。しかし、北朝鮮の代表団が予定されていたフライトに登場しなかったことを国務省が知り、会談が中止されたことがBBCの取材で分かった。 高官級協議は別の日取りで実施されるというのが公式説明だ。トランプ大統領は、協議の進展に「とても満足」しているし、北朝鮮への制裁が継続している限り、「何も急いでいない」と述べている。 ポンペオ国務長官が最後に平壌を訪問したのは10月7日。写真は今年5月の訪問時 韓国政府も、米朝協議の中止をあまり深読みしすぎないようにと記者団に呼びかけている。中止の前例は前にもあるのだからと。 ただし、韓国外務省関係者からは「残念だ」という声も聞かれた。 私が文在寅(ムン・ジェイン)大統領をインタビューした際、北朝鮮に核放棄を促す過程で国際社会は「あちこちでぶつかったり、あざを作ったりする」だろうと、大統領は覚悟している様子だった。 とはいえ、北朝鮮との協議の機運も、北朝鮮と関わり続けるための機会も、徐々に失われつつあるという気が、どうしてもしてしまう。 実務者レベルでも、米国の新しい北朝鮮特使、スティーブン・ビーグン氏は就任から2カ月たつが、まだ相手方の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官と会うことができずにいる。 完全非核化は なぜこのようなこう着状態が続いているのか。それは結局のところ、北朝鮮と米国が実は一度も「非核化」という目標の内容について、合意していなかったからだ。 両国が軍縮と口にするとき、それぞれ実際には何を意味しているのか。米朝首脳は確かに今年6月、シンガポールで合意文書に署名した。しかし当時から私たちは、具体的な内容のない合意だと指摘したし、その具体的な中身のなさが今も協議に影を落としているし、そのせいでいずれ破談になりかねない。 北朝鮮側の姿勢は最初からはっきりしていた。一方的な武装解除はしないと。少し譲歩すれば見返りがもらえるという交換を少しずつ重ねていく段階的な手続きを、北朝鮮は求めている。 ...

Page 1 of 11 1 2 11

Translate

Popular Post

河野の目は失速した和平交渉を復活させるために5月にロシアを訪問

河野太郎外相は5月にロシアを訪問し、第二次世界大戦からの敵対行為を正式に終結させるための和平条約交渉を救済することを望んでいる、と情報筋は述べている。 訪問が進むならば、Konoは戦争の衰退した日にソビエト軍によって押収された領土の復帰への道を開くことができる突破口に達することを期待して2月以来3回目の彼のロシアの相手であるSergei Lavrovと会うでしょう。 両国の外務大臣と防衛大臣は、5月下旬に2対2会議として知られる会議で東京で会談を行う予定です。ラヴロフはまた別の会議のために河野と会う予定です。 しかし、日本政府は、河野とラヴロフの間の追加の会談が6月に日本で予定されている首脳会談からの明白な結果を発表するために安倍晋三首相とロシアのウラジミールプーチン大統領に役立つことを決定しました。 河野首相は4月22日に東京で外務大臣の外務大臣と反対側のイゴール・モルグロフとの間で実務レベルで交渉した後、5月11日から12日までロシアを暫定的に訪問する予定だ。 安倍首相とプーチン大統領は、昨年11月に和平条約に向けた協議を加速するために会談したときに合意した。 翌月、安倍首相は平和条約交渉を監督し、実務交渉を森氏に任命するため、河野氏を指名した。 安倍首相は、日本が北方領土と呼ぶ北海道沖の4つの紛争島すべてで​​はなく、2つの島の帰還を求めることから切り替えたが、ロシアはこの問題についてより厳しい方針を採用した。 日本の外交官によると、モルグロフは森が日本に第二次世界大戦の結果として4つの島が合法的なロシアの領土になったことを認めなければならないと繰り返し言わなければならなかったと繰り返し言いました。 ロシアは日本列島の「固有の部分」であるため、ロシアがノーザンテリトリーを違法に占領してきたという長年の立場を守りながら、日本はロシアの要求を拒否した。 この問題に関する両国間の認識のあいまいなギャップがデッドロックを引き起こした。 安倍首相は当初、プーチン大統領との会談中に和ロシアが和平条約について合意し、6月に首脳会談を控えて開催されるというシナリオを策定した。 しかし、ロシアがしっかりしているので、安倍政権内の多くの当局者は、次回の安​​倍プーチン会議ではロシアとのより広範な合意はありそうもないという考えに辞任している。 それでも、政府はロシアとの「できるだけ多くの連絡先」が現時点で可能な限り最善の政策アプローチであると判断したため、Konoをモスクワに派遣することになりました。 政権はまた、7月の参議院選挙に先立ってこの問題の進展を証明したいと考えている。

Read more