Tag: 北朝鮮政府

米朝首脳会談、来年初め開催に意欲 トランプ氏

米朝首脳会談、来年初め開催に意欲 トランプ氏

  トランプ米大統領は7日の記者会見で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長との2回目の首脳会談について来年初めの開催に意欲を示した。北朝鮮が求めている経済制裁の解除について「私は喜んで解除したいと思っているが北朝鮮も(非核化に)応じなければいけない」と強調した。非核化交渉に関して「急がない」とも語った。

米朝再会談「かなり近づく」 米国務長官、拉致も提起

米朝再会談「かなり近づく」 米国務長官、拉致も提起

  ポンペオ米国務長官は8日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長との7日の会談を受けて2回目の米朝首脳会談に「相当近づいている」との認識を示した。ポンペオ氏は金正恩氏との会談で日本人拉致問題も取り上げた。訪朝を終えたポンペオ氏が8日、ソウルで記者団に語った。 ポンペオ氏は米朝再会談が実現すれば、非核化で実質的な進展が見込めるとの期待感を表明。金正恩氏が受け入れを表明した豊渓里(プンゲリ)の核実験場の廃棄を検証する査察について、準備ができれば早期に派遣する考えを示した。 訪朝に同行したビーガン北朝鮮担当特別代表は北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官との間で、米朝再会談に向けた実務レベルの調整を急ぐ方針を強調。6月の米朝首脳会談で合意した(1)新しい米朝関係の構築(2)朝鮮半島の平和構築(3)完全な非核化(4)朝鮮半島の戦没者の遺骨回収――に取り組む考えを示した。 一方、北朝鮮の朝鮮中央通信は8日、金正恩氏とポンペオ氏の会談を報じ、金正恩氏が「満足の意を表した」と伝えた。金正恩氏は「2回目の朝米首脳会談を契機に全世界の関心事となる問題の解決と、前回の会談で示した目標の達成で必ず大きな前進が遂げられる」と強調。近く会談に向けた計画が作られることへの自信を示したという。 シンガポールで会談した際の共同声明の履行へ努力を傾けているトランプ米大統領に謝意を表し、ポンペオ氏に「トランプ氏に自身のあいさつを伝えてほしい」と話した。 ポンペオ氏は8日夜、河野太郎外相と約15分間、電話で協議した。金正恩氏との会談結果を説明。日本人拉致問題を含む日朝間の問題について提起したと伝えた。河野氏が協議後、記者団に明らかにした。両外相は今後も北朝鮮の非核化に向け、連携を強化していく方針で一致した。 河野氏は米朝首脳会談の日程について「やりとりは控えたい」と述べた。北朝鮮が求める朝鮮半島の終戦宣言は「主要なテーマではない」と語った。 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領も8日の閣議で、米朝首脳の再会談について「早期に開催できる雰囲気と環境がつくられた」と指摘した。文氏は7日夜、平壌で金正恩氏と会談した後にソウルを訪れたポンペオ氏と会い、説明を受けた。 文氏は、金正恩氏が近くロシアを訪問し、また中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が平壌を訪れる見通しだと発言した。「日朝首脳会談の可能性も開かれている」とも語った。

北朝鮮が拘束邦人を解放 北京到着、政府が経緯調査

北朝鮮が拘束邦人を解放 北京到着、政府が経緯調査

  【北京】北朝鮮に拘束されて国外追放処分を受けた日本人の男性が28日午前、北朝鮮を高麗航空機で出国し、経由地の中国の北京空港に到着した。同日午後にも帰国するとみられる。日本政府関係者によると、北京の日本大使館員が接触しており、拘束された経緯などを聞き取っている。 北朝鮮の朝鮮中央通信によると、男性は観光客として訪朝した杉本倫孝氏。違法行為をしたため、調査したうえで人道主義に基づいて追放を決めたとしている。違法行為の具体的な内容は明らかにしていない。杉本氏は外国の旅行会社が企画したツアーに参加して北朝鮮に入国したもようだ。日本政府は北京の大使館ルートなどを通じて確認を急いでいた。 日本外務省の幹部は28日、北朝鮮に拘束された日本人男性が北京に到着したことを認めた。「健康状態は悪くない」と明らかにしたうえで、拘束に至った経緯などについて男性から事情を聴取する考えを示した。日本人に北朝鮮への渡航自粛を引き続き求めていく意向も表明した。

日朝首脳会談「8、9月に成果は難しい」 官房副長官

日朝首脳会談「8、9月に成果は難しい」 官房副長官

  西村康稔官房副長官は17日のフジテレビ番組で、安倍晋三首相が意欲を示す日朝首脳会談の開催時期について「報道されているような8月や9月は、これまでの状況を考えるとそう簡単に成果を出すのは難しい」と述べた。日本人拉致問題と核・ミサイル問題の前進が会談の前提になるとの考えを改めて示した。 西村氏は12日の米朝首脳会談について「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が文書を交わし、米国の大統領に完全な非核化を約束をしたのは非常に大きな前進だ」と指摘。日朝首脳会談の実現に向け「(米朝首脳会談を)前向きに受け止め、まずは率直に話し合える環境をつくっていきたい」と語った。

拉致被害者「返す約束を」 米朝会談前に家族ら

拉致被害者「返す約束を」 米朝会談前に家族ら

  史上初の米朝首脳会談が12日に開かれるのを前に、北朝鮮による拉致被害者家族会のメンバーが11日、東京都内で記者会見し「このチャンスを逃したら家族は永遠に帰ってこない」と拉致問題の解決を改めて求めた。 トランプ米大統領は会談で拉致問題を取り上げるとしている。田口八重子さん(失踪当時22)の兄で同会代表の飯塚繁雄さん(80)は「はっきりと日本人を返すという約束を取り付けるのが大事。機会は今回しかない」と訴えた。 高齢になった自身やメンバーの体調不良が深刻といい、「被害者が帰ってきても親や兄弟がいなければ悲劇。どんな手段であろうと帰国させて」と求めた。 横田めぐみさん(同13)の母、早紀江さん(82)は「とうとうここまでやってきた」と感慨をにじませた。拉致問題が広く知られる前に署名活動を始め、世論や政府に訴えてきた経緯を振り返り「北朝鮮の指導者が米国の大統領と会うのは奇跡。長い年月をかけて活動してきたかいがあった」と話した。 入院中の夫、滋さん(85)は病室に飾っためぐみさんの写真を眺め、12日の会談に期待を寄せているという。早紀江さんは「もうすぐ帰ってくるかもしれないから頑張らなきゃならないよと話している。金正恩氏に人間として親の心を分かってほしい」と言葉を振り絞った。

北朝鮮の宿泊費だれが負担? 米朝会談時、1泊66万円

北朝鮮の宿泊費だれが負担? 米朝会談時、1泊66万円

  【ワシントン】12日にシンガポールで開く米朝首脳会談での北朝鮮の宿泊費負担の行方が物議を醸している。米紙ワシントン・ポストによると、北朝鮮は外貨不足のため外国政府に高級ホテルの負担を要請。米側は前向きに検討しているという。ただ米国が負担すれば北朝鮮のメンツをつぶす可能性があり、当事者でないシンガポール政府が負担する案まで浮上している。 米ホワイトハウスのヘイギン大統領次席補佐官が率いる代表団は5月末からシンガポールで米朝会談の段取りをめぐって北朝鮮側と協議しており、宿泊費負担も議題になっているという。 北朝鮮側はシンガポールの5つ星ホテル「フラトン・ホテル・シンガポール」を要望している。金正恩(キム・ジョンウン)委員長の部屋になるとみられる「プレジデンシャル・スイート」は1泊あたり最低6000ドル(約66万円)かかる。 北朝鮮代表団の宿泊日数は現時点で判明していないが、代表団全体の宿泊費となれば大きな負担になる。ワシントン・ポストによると、米側は負担に前向きというが米国民の負担になれば批判が出る可能性がある。ただ米国務省のナウアート報道官は2日、米国の負担の可能性を否定した。 北朝鮮側は核開発を通じて米国と対等な関係の構築を主張してきた。米国が負担すれば対等な関係を目指す北朝鮮のメンツがつぶれる懸念があり、米側はシンガポール政府に負担を要請する案も検討しているという。 北朝鮮が国際イベントで費用負担を他国に求めることは今までもあった。今年2月に韓国で開かれた平昌冬季五輪では韓国が北朝鮮の応援団などの代表団の渡航費を負担した。2014年に当時のクラッパー米国家情報長官が訪朝した際に北朝鮮側から朝鮮半島の伝統的な料理を提供されたが最終的に費用負担を求められたという。

在韓米軍の縮小検討、トランプ氏が指示か 米紙報道  米朝会談控え ホワイトハウス高官は否定

在韓米軍の縮小検討、トランプ氏が指示か 米紙報道 米朝会談控え ホワイトハウス高官は否定

  【ワシントン、ソウル】米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は3日、トランプ大統領が米朝首脳会談を控え、在韓米軍の規模縮小を検討するよう国防総省に指示したと報じた。在韓米軍は北朝鮮が撤収を求めてきたが、米政府当局者らには規模縮小を北朝鮮との非核化交渉の材料にする意図はないという。 複数の米当局者は、朝鮮戦争を巡る平和協定が締結されれば現在の規模は必要なくなる可能性があるとの認識を示した。トランプ氏は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と近く会談する方針で、日時や場所の調整を進めている。 国防総省当局者によると、具体的な検討作業には入っていないという。一方、韓国大統領府は、訪米中の鄭義溶大統領府国家安保室長が報道内容をホワイトハウス高官に確認したところ「全く事実ではない」との回答があったとした。 国防総省などでは、在韓米軍縮小は米韓同盟の弱体化につながり、日本の不安もあおるとの懸念がある。行動が予測できないトランプ氏が、米朝首脳会談で金氏に規模縮小を約束しかねないと危ぶむ見方も出ている。 トランプ氏は大統領就任前から在韓米軍や在日米軍の見直しを持論とし、日韓は駐留経費で相応の負担をせず、不公正だと主張。2019年以降の在韓米軍駐留費負担を話し合う米韓協議の行方も注目される。 韓国と北朝鮮は今年4月の南北首脳会談で年内に朝鮮戦争の終戦を宣言し、休戦協定を平和協定に転換するために米国や中国を交えた協議を推進すると合意した。平和協定締結は在韓米軍の駐留や、北東アジアの軍事バランスに影響する。

トランプ氏、米朝会談の日程・場所「数日内に発表」

トランプ氏、米朝会談の日程・場所「数日内に発表」

  【ワシントン】トランプ米大統領は1日、6月初旬までに予定する米朝首脳会談の日程と場所に関して「数日の間に発表するだろう」と述べた。ホワイトハウスで記者団に語った。サンダース大統領報道官も同日の記者会見で会談場所について「発表はまもなくだろう」と説明した。会談場所をめぐっては韓国と北朝鮮の軍事境界線がある板門店やシンガポール、ジュネーブなどが候補にあがっている。

CIA長官が極秘訪朝、金正恩氏と面会 メディア報道

CIA長官が極秘訪朝、金正恩氏と面会 メディア報道

  【パームビーチ】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は17日、次の米国務長官に指名されたポンペオ米中央情報局(CIA)長官が数週間前にトランプ米大統領の特使として北朝鮮を極秘に訪問し、金正恩(キム・ジョンウン)委員長と面会していたと報じた。トランプ氏と金委員長との首脳会談に向けた調整を進めた。 訪朝時期は3月末から4月1日にかけてのイースター(復活祭)休暇の間のもようだ。米閣僚の訪朝は、クリントン政権下の2000年10月にオルブライト国務長官が訪朝した例がある。オルブライト氏は金正日(キム・ジョンイル)総書記と会談し、クリントン氏の訪朝を巡って協議した。最終的にクリントン氏の訪朝は実現しなかった。 これに関連し、トランプ氏は17日、米朝首脳会談に向けた「極めてハイレベル」な高官による直接協議を進めていることを明かした。安倍晋三首相との首脳会談の少人数会合の冒頭で記者団に語った。米朝はすでに複数回接触したことが明らかになっているが、ポンペオ氏の訪朝を含め、米朝が高官協議を通じて突っ込んだやり取りをしているとの認識を示したものだ。 ただ、調整がうまくいかなければ会談そのものが「開かれないこともあり得る」と指摘した。サンダース大統領報道官はポンペオ氏の訪朝について「コメントしない」との声明を出した。

南北実務会談、首脳間ホットラインを協議

南北実務会談、首脳間ホットラインを協議

  【ソウル】韓国と北朝鮮は7日、軍事境界線がある板門店(パンムンジョム)で実務会談を開いた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領と金正恩(キム・ジョンウン)委員長が直接電話で話せる「ホットライン」の開設について協議した。ただ、開通時期など協議の結果は明らかにしなかった。 首脳間ホットラインの設置は南北が3月に首脳会談開催で合意した際、韓国大統領府が首脳会談前の開設で合意したと発表していた。 南北間のホットラインは北朝鮮に融和的だった金大中(キム・デジュン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時にはあったというが、保守の李明博(イ・ミョンバク)政権になって絶たれた、と韓国メディアは報じている。 韓国と北朝鮮は5日にも首脳会談の進行や警備体制などを協議する実務会談を開いていた。

Translate

Popular Post

羽生は彼の新しい記念碑が仙台を訪問することを願っています

フィギュアスケート選手の羽生柚鶴は4月20日に故郷の覇者として故郷に戻り、平昌オリンピックで金メダルを祝う記念碑の前でポーズを取った。 4月20日に市の青葉区で開かれた式典で、羽生さんは「碑が仙台への観光客の流入を刺激することを願っている」と語った。 この作品は4月29日に地下鉄の国際センター駅に設置される予定です。 駅にはすでに他に2つの記念碑があります。1つは2014年ソチオリンピックで羽生が金メダルを獲得したことを示し、もう1つは2006トリノオリンピックで荒川静香の金メ​​ダルを祝うものです。荒川は仙台で育った若い頃を過ごした。 Hanyuの新しい記念碑は、彼の右手が彼の顔の前に置かれ、左手が手のひらを上にして頭上を上げて、昨年の「Seimei」というタイトルの彼の無料プログラムの初めにポーズをとっているのを特徴とします。 「(ポーズ)は天、地、そして人々を支配する力を表します」と彼はイベントのために集まった観客に説明しました。 "私はその時自信を持って滑っ​​ていました。" 羽生はまた、彼が人々に彼の2つの描写を比較することを望んだと言いました。 「私の顔の表情やポーズは記念碑によって異なります」と彼は言った。 「私は人々にそれらの詳細に注意を払って欲しいのです。」 羽生は、仙台は東日本大震災の8年後にまだ再建されており、津波は都市や東北地方の他の場所を破壊したと述べた。 「私は街を助けるためにできる限りのことをすることを決意しています」と彼は言った。 このイベントに参加した市内の泉区出身の68歳の女性は、羽生の言葉に感動したと語った。 「私は、再建への取り組みに対する揺るぎない決意を聞いた後、涙を流しました」と彼女は言いました。

Read more