スペイン代表監督モレノ 試合後に涙を浮かべ選手達と抱擁
スペイン代表、L・エンリケの監督就任発表 前指揮官が吐露「裏切られたと感じている」
「同僚から何もできないヤツという目で…」アトレティコFWモラタ、チェルシー時代の苦悩を告白!
アトレティコで出場機会に恵まれないH・エレーラ「1日に1食しかありつけなかった15歳の頃と比べれば…」
チェルシーの分岐点? マンCエース獲得に迫っていた過去明らかに
MotoGPバレンシア決勝:マルケス優勝でホンダ3冠。ホルヘ・ロレンソ、引退レースを無事完走
W杯日韓大会優勝を経験した元セレソンMFがネイマールの幸せを願う
バルサ復帰説のネイマールにアビダル氏が言及「選択肢の一つになる」
マネ、強力3トップの関係性について語る「母国も母語も違うけど…」
MotoGP最終戦バレンシアFP3:クアルタラロが首位譲らず。マルケス2番手で追う
MotoGPバレンシア予選:初優勝目指すクアルタラロ、今季6回目のポール獲得

Tag: 初体験

【初体験】コストコマスター2人に導かれて、コストコ未経験者が初めてコストコに行ってみた!!

【初体験】コストコマスター2人に導かれて、コストコ未経験者が初めてコストコに行ってみた!!

oto 昔、風の噂で聞いたことがある。この世には、「コストコ」という名の楽園があることを……。そして、そのコストコを知り尽くした者のことを、“コストコマスター” と言うのだとか……。 実はその、コストコマスターが身近にいることが判明した! その人物は、当編集部のP.K.サンジュン、そしてYoshioだ。まさかあの伝説のコストコマスターがこんなに近くにいたなんて、驚き以外の何物でもない。ということで、コストコ未経験の私(佐藤)とあひるねこは、マスター2人の導きによって、楽園と名高いコストコに行くことになったのである……。 ・会員しか入ることができないらしい 知っている人は少ないかもしれないが、コストコは選ばれし者しか入ることを許されないそうだ。年会費を支払う「会員」と呼ばれる特殊な資格を有する者だけが、あの門をくぐることを認められている。当然コストコ未経験者の私とあひるねこは、そんな高尚な資格を有するはずもない。 幸い有資格者と一緒であれば、会員でなくても中に入れるということで、今回は2人のマスターの同伴で入ることとなった。 ・極度の緊張で白目に 初めてのことで、私もあひるねこもかなり緊張していた。とくにあひるねこは、お店の駐車場に到着すると、緊張のピークを迎えて白目をむきそうになっている。 「人生初」はどんなことであってもドキドキする。たかがコストコと侮るなかれ。未知の世界に足を踏み入れる時は、誰だって身構えてしまうものだ。 ・駐車場のエスカレーターがスゴイ! さて、車を降りると駐車場の出口には巨大なショッピングカートがある。デカい! これに乗ってインスタ女子たちは度々炎上騒動を起こしていると思うと、オラ、ワクワクすっぞ! まず最初に私が衝撃を受けたのは、カートごと乗れるエスカレーターだ。マスターの2人は何でもない顔をして乗ってるけど、コイツがスゴイ! 下りのエスカレーターなのに、カートがピクリとも動かないのだ。 見ろ! カートの車輪がエスカレーターの溝にしっかりとハマっている!! これでカートが動き出すのを止めてるのか。すげえええッ!! まだ入り口にもたどり着いていないのに、自分の熱量がジワジワと上がっていくのを感じる。 ・コストコ入門 そして来ました! コストコです!! これか~ッ! これが夢にまで見たコストコってヤツか! 新宿から車で約1時間の道のりを経て、ついにたどり着いたぞ。ここまで長かった……。ついに、ついに……。 会員2人の力添えにより、未経験者2人は無事に入店。中に入ると、何だかよくわからんけどスゲエエエ! 広い、そしてモノがいっぱい!! ・大きなロットでドーン! ...

Translate

Popular Post

リッピ氏が中国代表監督辞任の理由を告白「良い成績を収めるのに必要な要素がなかった」

  イタリア人指揮官のマルチェロ・リッピ氏が18日、故郷ヴィアレッジョでおこなわれた「ヴィアレッジョ・スポルト」の授賞式に出席した際に、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じた。 かつてユヴェントスを率いてチャンピオンズリーグを制し、イタリア代表を率いてワールドカップ優勝も成し遂げた71歳の名将リッピ氏は、広州恒大の指揮官を経て2016年10月に中国代表監督に就任。今年1月に開催されたアジアカップまでチームを率いた。その後、教え子であるファビオ・カンナヴァーロに中国代表指揮官の座を譲ったが、カンナヴァーロは就任直後の2試合で連敗して辞任。リッピ氏が退任からわずか4カ月で代表監督に復帰していた。しかしリッピ氏は、14日におこなわれたカタールW杯アジア2次予選でシリアに1-2と敗れたことで責任をとり、再びチームを離れることを決めた。イタリア人指揮官はこの決断を振り返った。 「ふさわしくもないのに高給をとるのが嫌だった。中国では、クラブ、代表と指揮を執り、8年間にわたって気持ちよく過ごすことができた。アジアカップの後で退任したのだが、イタリアにやって来た習近平国家主席から復帰するよう依頼された。こうしてオファーが届き、私は再び指揮官を務めることになった。私について素晴らしい評価をしてもらったが、それに応えられないことに気付いた。なぜなら良い成績を収めるために必要な要素がなかったからだ。それで私はチームを去った方が良いと考えた」

Read more