Tag: 世界貿易機関

WTO、日本の水産物紛争でS.Koreaを支援

WTO、日本の水産物紛争でS.Koreaを支援

世界貿易機関は、日本の水産物の輸入の禁止に対する国の紛争で、韓国の支持を支配しています。 この禁止は日本の8県をカバーし、2011年の福島原発事故の後に導入されました。 WTOの控訴機関による判決は、昨年の日本の支持における下院の決定を覆すものである。 木曜日の報告では、WTOは前回の調査でいくつかの誤りを挙げた。 控訴機関はWTOでの紛争解決の最高機関であるため、木曜日の判決は最終的なものです。 韓国は輸入禁止を維持すると予想される。 声明の中で、河野太郎外相は彼がその決定に失望していると述べた。 彼は、日本が韓国との交渉で規制を解除することを望んでいると述べた。 日本の水産庁は、ソウルが2013年に禁止を導入した後、韓国への水産物輸出が1年で20パーセント以上減少したと言います。

Brexitの締め切りで日本との貿易協定が除外

Brexitの締め切りで日本との貿易協定が除外

政府は、未交渉のBrexitが発生した場合に、日本およびトルコとの既存の貿易協定をロールオーバーするのは時間切れになったと認めています。 米国商務省が木曜日に発表した文書によると、現在EU加盟国でカバーされている40の貿易相手国との取引を継続しようとしており、英国の全貿易の11%を占めています。 しかし、今月、EUとの貿易協定が施行されたばかりの日本の場合、「私たちが撤退日の前に合意に達する可能性は低い」と確認しました。 アルジェリアという第三国の場合も同様です。 出版物は1つの主要なビジネスグループのリーダーに過少提供の閣僚を非難するように促した。 国際貿易長官のリアム・フォックス氏は、英国がEUを去る予定である3月29日までに作業を完了することに自信を持って表明していました。 政府の文書はこう読みました: "これは契約のないシナリオのためのガイダンスに関係します。 「EUとの取引を終了することは、依然として政府の最優先事項です。これは変わっていません。 これらの継続契約の多くは終了日までに締結される可能性がありますが、企業や個人が万が一の事態に備えていることを確実にするために、適切でない可能性があるものの非常に慎重なリストを作成することは政府の義務です。 " 3月29日までに日本との取引を排除することによって - 年間1000億ポンド以上の物品の輸出が現在の貿易相手国の中で遥かに大きい - これは3月30日に到着する貨物を意味します。世界貿易機関の規則、したがって追加の関税。 巨大なコンテナ船Thalassa Manaが大阪に向けて出発した時、Sky Newsは月曜日にFelixstoweにいた - ...

政府、WTO提訴へ韓国に協議要請 造船への補助巡り

政府、WTO提訴へ韓国に協議要請 造船への補助巡り

  政府は6日、韓国が自国内の大手造船企業に過剰な公的資金を投入しているのが国際的な貿易ルールに違反しているとして、世界貿易機関(WTO)提訴の前提となる2国間協議を要請する方針を固めた。経営が悪化した「大宇造船海洋」に対する韓国政府の支援が市場価格をゆがめているとし、日本側が見直しを求めていた。 石井啓一国土交通相は6日の閣議後の記者会見で「WTO協定に基づく紛争解決手続きを含め、関係省庁と最終的な調整を進めている」と話した。 この問題で日韓両国は10月下旬に政府間協議を開いたが、韓国側は見直しを拒否。日本側はWTOの補助金のルールに違反すると判断した。2国間協議が決裂すれば紛争処理小委員会の設置をWTOに要請する。提訴すればWTOで日韓両国が係争中の事案は4件目となる。 両国をめぐっては10月下旬にも韓国の大法院(最高裁)が新日鉄住金に賠償を命じる判決を出し、日本政府が強く反発。日韓関係の悪化が懸念されている。造船業界は2008年のリーマン・ショック前の好況時に相次いで生産能力を増強し、世界的に供給過剰になっている。

トランプ氏、車関税引き上げ検討指示 最大25%か

トランプ氏、車関税引き上げ検討指示 最大25%か

  【ワシントン】トランプ米政権は23日、安全保障を理由に自動車や自動車部品に追加関税を課す輸入制限の検討に入ると発表した。商務省が鉄鋼に課した輸入制限と同様に、車の輸入増が安保上の脅威になっているか調べる。米メディアによると乗用車の関税を25%引き上げる案が浮上している。対米輸出が多い日本にとっては大きな打撃となり、世界的な貿易摩擦が激しくなる恐れがある。 トランプ大統領はロス商務長官と同日会談し、安保を理由に輸入制限を課せる通商拡大法232条に基づく調査を指示した。商務省は乗用車やトラック、自動車部品を対象に調査を始めた。トランプ氏は「自動車や自動車部品などの中核産業は国家としての強さに重要だ」との声明を出した。 232条は輸入増が安全保障上の脅威になっていると認めた場合、大統領に関税引き上げなどの輸入制限を課す権限を認めている。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は現行2.5%の乗用車関税に最大25%の追加関税を課す案が出ていると報じた。 世界貿易機関(WTO)は一方的な輸入制限を禁じるが、安保が理由であれば「例外扱い」にできるとしている。ただ安保の定義は曖昧で、自動車に適用できるか疑問の声もある。政権内や議会のほか、外国の自動車メーカー、米国の輸入車販売店など産業界からも強い反対意見が出そうだ。 調査開始から追加関税を発動するまでには時間がかかる。商務省は2017年4月、トランプ大統領の指示を受けて鉄鋼とアルミについて輸入制限の検討を開始。18年1月に調査を終え、3月にそれぞれ25%、10%の関税を発動した。調査しても最終的に関税を発動しないケースも過去にはある。 車貿易が最大の争点となっている北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉は難航しており、トランプ政権は輸入制限を持ち出してカナダ、メキシコから譲歩を引き出すことも狙っているようだ。日本との2国間の自由貿易協定(FTA)交渉につなげる思惑もあるとみられ、6月にも始まる日米の新たな通商協議で最大の議題となりそうだ。 米自動車調査センターによると、17年の米国の乗用車販売(1730万台)のうち輸入車が占める割合は44%。日本、カナダ、メキシコからの輸入がそれぞれ11%ずつ占めるほか、ドイツや韓国が続く。日本の自動車メーカーは輸出全体のうち4割を米国に振り向けている。関税が上がれば輸入車の競争力が下がり、日本を含む自動車メーカーはサプライチェーンの見直しを迫られることになる。 トランプ氏は11日にホワイトハウスで開いた自動車メーカー首脳との会合で、車関税の引き上げを提案したもようだ。会合にはゼネラル・モーターズ(GM)など米大手のほか、トヨタ自動車やホンダ、日産自動車、独フォルクスワーゲンなど世界各国の大手首脳が出席していた。

米独首脳、鉄鋼輸入制限で平行線 独首相「トランプ氏が判断」

米独首脳、鉄鋼輸入制限で平行線 独首相「トランプ氏が判断」

  【ワシントン】トランプ米大統領は27日、ホワイトハウスでドイツのメルケル首相と会談した。鉄鋼やアルミニウムの輸入制限やイラン核合意をめぐる協議は平行線をたどった。北大西洋条約機構(NATO)への貢献でも主張のすれ違いが改めて鮮明になった。 メルケル氏は会談後の共同記者会見で「米国と公平な貿易を望む」と強調したが「世界貿易機関(WTO)のシステムと整合的な貿易を望む」と語り、保護主義的な貿易政策が目立つトランプ氏をけん制した。 米政府は欧州連合(EU)に鉄鋼やアルミニウムの輸入制限を来月1日まで猶予している。メルケル氏は輸入制限の恒久的な撤廃は「米大統領が決める」と述べるにとどめた。トランプ氏は今後の措置を明言せず「WTOは米国を不公平に扱ってきた」と批判した。 イラン核合意に関してメルケル氏は「イランの(核開発の)行動を減速させる最初の手段だ」と説明し「イランの野心を止めるには十分でない」と認めた。米国は核合意からの離脱も視野に入れるが「欧米は足並みをそろえるべきだ」と訴えた。トランプ氏は「イランによる危険なミサイルの拡散やテロ支援を確実にやめさせる必要がある」と指摘したが、核合意の存続に関する言及は避けた。 トランプ氏は北大西洋条約機構(NATO)の加盟国が軍事費の目標を国内総生産(GDP)の2%としていることに関して「望ましいのはもっと多いことだ」と述べた。ドイツは目標を達成していないが、メルケル氏は軍事費の拡大に向けて「正しい方向に進んでいる」と強調した。一方で「貢献には外交にさらに関与するということもある」とも主張した。

仏大統領「米はパリ協定復帰を」 米議会で演説

仏大統領「米はパリ協定復帰を」 米議会で演説

  【ワシントン】マクロン仏大統領は25日、米議会の上下両院合同会議で演説に臨んだ。国連や世界貿易機関(WTO)などでの国際協調に関して「米国こそが多国間主義を維持し、改革に寄与すべきだ」と訴えた。「米国第一」を推進するトランプ米大統領をけん制した。 温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」に関連して「生きることは地球を破壊し、子どもの将来を犠牲にして暮らすことなのか」と疑問を呈し「地球を代替するものはない」と強調。トランプ氏はパリ協定からの脱退を宣言したが「米国はいつか復帰すると確信している」と語った。マクロン氏が環境問題を語る間は多くの民主党議員が立ち上がり拍手を送る半面、共和党議員の一部のみが歓迎する場面もあった。 通商問題についても「WTOでの交渉によって正しい答えが得られる」と指摘し「我々がWTOのルールをつくった。それに従うべきだ」と強調した。トランプ氏は鉄鋼やアルミニウムを対象に制裁関税を課すなどWTOのルールを逸脱するとみられる政策が目立つ。 マクロン氏は米仏には「壊れることのない絆がある」とも述べて、両国の友好関係もアピールした。

中国製品1300品目に制裁関税、米政権が提案

中国製品1300品目に制裁関税、米政権が提案

  (ニューヨーク) 米トランプ政権は3日、中国の知的財産侵害に対する制裁として、関税の候補とする約1300品目の一覧を発表した。米中の貿易戦争が一層エスカレートする懸念が強まっている。 米通商代表部(USTR)によると、ソフトウエアや特許など、およそ500億ドル(約5兆3000億円)相当の中国製品に対して関税を適用する計画。全製品が25%の関税の対象となる。 関税は中国の航空、ハイテク、機械といった分野の製品を中心に、医療機器や医薬品、教材などにも適用される。 これに対して在米中国大使館は非難声明を発表し、世界貿易機関(WTO)に提訴する意向を表明。米製品に対して同等の対抗措置を講じると言明した。 米国の関税は直ちに発動されるわけではない。米政府は5月15日に米国企業のための公聴会を開く予定。その後いつから関税をかけるのかははっきりしない。 中国外務省報道官は、「中国は貿易戦争を望まない」「だがそれを恐れることもない。相手が戦争を望むのであれば、断固として最後まで戦う」と述べた。 両国は妥協点を探るため、1週間以上にわたって高官級協議を行っていた。 USTRは数カ月に及ぶ調査を経て、中国が同国への進出を望む米ハイテク企業に対し、中国企業との合弁や技術の共有を強要しているとの結論を出した。中国企業が米国企業の特許やソフトウエアを盗む場合もあるとしている。

Translate

Popular Post

ハロウィーン中に路上で飲酒を禁止する渋谷

  東京の忙しい渋谷地区は、ハロウィーンシーズン中にいくつかの街で酒を飲むことを禁止することを決定した、と当局者が語った。 渋谷駅周辺の野外地域への適用禁止は、昨年の秋、20代の男性数人の逮捕につながった小型トラックの転倒を含む数々の事件の後に導入されるでしょう。 東京の警察によると、昨年10月31日とその前の週末にハロウィーンで渋谷の象徴的なスクランブル交差点を囲んで、コスチュームに身を包んだ日本人と外国人の両方が参加する、合計30万人以上の人々。 2000年代に日本で流行し始めた年次祭の間に、首都の主要な娯楽エリアの1つである地区の公共スペースでいたずらをエスカレートすることについてどうするかを討議するために、渋谷区によってパネルが設置されました。 https://youtu.be/fUtt5UoeEmQ

Read more