Tag: ロシア

ユネスコパネル、世界遺産に登録するために大阪の墓を推奨

議員、ロシアとの戦争の可能性についての発言をめぐって党から追放

  野党議員は火曜日、日本と領土紛争の中心地である島の統制を取り戻すためにロシアとの戦争を繰り広げていたために発砲した後、Japan Innovation Partyから追放された。 党首を務める松井一郎大阪市長は、最近北海道北方沖の4つの島のいずれかを訪れた際の物議を醸した話では、衆議院議員として辞任すべきだと述べた。 日本イノベーション党は、批判が高まる中で党を離れることを申し出た35歳の議員を追放した。 「国会議員がそのような発言をすることは法外なことであり、外交的見地からも非常に重大な問題である」と松井氏は丸山を追放するという党の決定に続いて記者団に語った。 「彼は今議員として辞任するべきです。」 金山から月曜日まで、丸山は北海道沖の国尻島を訪れる約60人の人々と日露間のビザなし交換プログラムを同行していた。彼は土曜日に問題の発言をした。 島の帰国を最優先課題の一つとした安倍晋三首相は、ロシアのプーチン大統領との会談で突破口を探している。 一連の二国間交渉は、両国が和平条約に署名することを妨げてきた領土問題を解決することに失敗しました。 1945年の東京の第二次世界大戦での降伏後、日本は4つの島をソビエト連邦によって違法に押収されたが、ロシアはこの押収が戦争の正当な結果であると主張している。 彼と一緒に旅行した人々によると、酔っ払った丸山は、島の元居住者のグループの89歳の長である小谷康太に、「島への代替手段はあると思いますか」と尋ねた。大塚氏はその考えを否定し、「いいえ、戦争は必要ないと思う」と言った。 月曜日に、ロシアの上院の外交委員会の委員長であるコンスタンティン・コサチェフは、日露関係に関連して丸山氏の発言を「最悪の(聞いた)」と批判した。 丸山は後で謝罪し、彼の発言を撤回した。 内閣官房長官の須賀義英氏は、丸山氏の発言を「非常に残念」と述べた。 首相のスポークスマンは記者会見で、領土問題は外交交渉で解決しなければならないという東京の姿勢に変化はないと述べた。 日本が領有権を主張している4つの島 - エトロフ、クナシリ、シコタン、そしてハボマイ島 ...

日本は就学前教育を無料にする法律を制定

ロシア、日本は異議を唱える島々の上に違いが残ると言う

  ロシアと日本のトップ外交官は、金曜日に彼らの国が一連の島々をめぐる第二次世界大戦時代の論争を解決することができる前に行く方法があると言いました。 交渉に先立って、ロシアのセルゲイラブロフ氏は、以前の数回の交渉にもかかわらず、モスクワと東京の立場には「大きな違い」が残っていると述べた。 「仕事は容易ではない、それは長く、骨の折れるそして創造的な仕事によって解決されるだけであることは明らかである」とラブロフはジャーナリストに彼の日本のカウンターパートTaroとの会談の後に語った。 領土紛争はオホーツク海と太平洋の間の4つの島に集中しています。 一連の火山島はロシアによってクリルスと呼ばれ、日本によってノーザンテリトリーと呼ばれています。 同氏は共同記者会見で、「終戦後70年以上も未解決の問題を解決することは容易ではない」とロシア語に翻訳したコメントで述べている。 「今日の協議の結果、我々はこれらの違いを克服することができたとは言えない」 東京は、島に対するモスクワの主権を認めることを拒否し、両国が平和条約に署名して敵対行為を正式に阻止することを妨げた。 安倍晋三首相とウラジミール・プーチン大統領は、協力を構築するための努力の中で2013年以来25回会合を開くことで論争を解決することを優先しました。 しかし、どちらも妥協に対して国内の反対に直面しており、1月のモスクワでの会議では合意に達するには至らなかった。 ラブロフ氏は金曜日に、5月末に東京で外相と国防相の間でさらに会合が開かれると述べた。 モスクワは、交渉は1956年のソビエト - 日本の宣言に基づくべきであると言いました。そして、それは日本への2つのより小さな島の可能な引渡しの前に和平協定の署名を要求します。 しかし、第二次世界大戦が非常に象徴的で、戦後の領土獲得が交渉不可能であると見られているロシアでさえ、無人島でさえ譲渡することは不十分に受け入れられるでしょう。 モスクワはここ数カ月で、約2万人が住む島での保有を強化するためにさらなる措置を講じました。 12月にロシアは、クリルに4つの新しい軍の兵舎を建設し、東京からの怒りの対応を促したと述べた。 2月には、家庭や企業に高速インターネットアクセスを提供するために光ファイバーケーブルを敷設したと発表した。

ロシアは、和平協議会談への日米同盟障害を呼ぶ

ロシアは、和平協議会談への日米同盟障害を呼ぶ

外交筋によると、ロシアは和平協定についての日本との交渉を促進することに対するスタンスを強化し、米国との安全保障同盟を脅かし、障害としている。 この見解は、冷戦時代の核兵器管理条約から撤退するというワシントンの決定に対するロシアの米国との悪化した関係を明らかに反映している。 ロシア北部のウラジミール・プーチン大統領が大統領を迎える6月に北海道沖の4つの島々でモスクワとの数十年前の領土紛争を解決しようとしている安倍晋三総理大臣の後退です。 20サミットのグループのために日本を訪問するため。 ロシアは日米同盟を日露関係の主要なマイナス要因としてますます検討しており、東京がそれに対して経済的制裁を課すことにおいて米国のそばにいないことを要求した、と情報筋は述べた。 安倍首相とプーチン首相は11月、和平協定が締結された後の4つの島のうちの2つ、四国およびハボマイ島のモスクワから東京への移転について言及した1956年の共同宣言に基づいて和平協議を加速することに合意した。 しかし、ロシアが4つの島のモスクワによる獲得を第二次世界大戦の結果として認めなければならないと強調しながら、東京が島によって違法に没収されている間、ロシアは強調します。 1945年の日本の降伏後のソ連。 日本のノーザンテリトリーとロシアのサザンクリルと呼ばれる島々への封じ込めは、第二次世界大戦を正式に終結させるための平和条約の締結を妨げました。 ロシアはすでに、米国との日本の安全保障同盟についての懸念を明らかにしており、米軍が紛争地域に派遣される可能性があるとの見方を示している。 また、ロシアを攻撃するために使用される可能性がある米国の陸上イージスアショアミサイル防衛システムをインストールする日本の計画に反対します。東京は北朝鮮のミサイルによってもたらされる脅威に対抗するための配備であると述べた。 ロシア外務省によると、ロシアのセルゲイラブロフ外相は先月中国とベトナムのメ​​ディアとのインタビューで日本とアメリカとの密接な関係を維持していると警告し、ワシントンはロシアを「その主たる敵」と宣言した。 ラブロフ氏は、米軍と日本の軍事同盟関係により、「武力を日本のどこにでも配備する権利があり、すでにミサイル防衛システムを配備しているため、ロシアと中国の両方にリスクが生じる」と述べた。 「宣言された目標に反して、これが実際に(日本との)我々の関係の質を悪化させるという事実を無視することは間違いであろう」と彼はインタビューで言った。 米大統領ドナルド・トランプ氏は2月初めに、米国は1987年に発した中距離核兵器条約から撤退し、500から5,500キロメートルの範囲の陸上ミサイルの開発と所有を禁止したと述べた。発表は新しい武器競争についての懸念を提起した。

ロシアで捕虜になった日本の漁船が帰国

ロシアで捕虜になった日本の漁船が帰国

鳥取県境港市、3月3日(ジジプレス) - 1月下旬に日本海でロシアの巡視船に押収された日本の漁船が日曜日に鳥取県境港市の帰港地に戻った。 第68号西野丸の船長、加上秀二氏は、西日本港に到着後、「安心した」と述べた。彼はまた、カニ漁船を所有する島根県の隣接県の出雲にある漁業会社、カガミ水産の社長でもあります。 1月30日、港を出て海で赤いズワイガニを捕まえるために、ボートはロシアの船に襲われました。Kagami Suisanがロシア側に現金を支払った後、ボートとその乗組員は解放されました。彼らは金曜日にロシア極東でナホトカを去った。 10人のメンバー全員が健康だと言われました。 同社の弁護士は、ロシアの排他的経済圏でカニを捕まえなかったと強調した。

ロシアは和平同盟交渉の日米同盟障害を呼びます

ロシアは和平同盟交渉の日米同盟障害を呼びます

外交筋によると、ロシアは和平協定についての日本との交渉を促進することに対するスタンスを強化し、米国との安全保障同盟を脅かし、障害としている。 この見解は、冷戦時代の核兵器管理条約から撤退するというワシントンの決定に対するロシアの米国との悪化した関係を明らかに反映している。 ロシア北部のウラジミール・プーチン大統領が大統領を迎える6月に北海道沖の4つの島々でモスクワとの数十年前の領土紛争を解決しようとしている安倍晋三総理大臣の後退です。 20サミットのグループのために日本を訪問するため。 ロシアは日米同盟を日露関係の主要なマイナス要因としてますます検討しており、東京がそれに対して経済制裁を課すことにおいて米国とは反対ではないことを要求している、と情報筋は述べた。 安倍首相とプーチン首相は11月、和平協定が締結された後の4つの島のうちの2つ、四国およびハボマイ島のモスクワから東京への移転について言及した1956年の共同宣言に基づいて和平協議を加速することに合意した。 しかし、ロシアが4つの島のモスクワによる獲得を第二次世界大戦の結果として認めなければならないと強調しながら、東京が島によって違法に没収されている間、ロシアは強調します。 1945年の日本の降伏後のソ連。 日本のノーザンテリトリーとロシアのサザンクリルと呼ばれる島々への封じ込めは、第二次世界大戦を正式に終結させるための平和条約の締結を妨げました。 ロシアは、米国との日本の安全保障同盟についての懸念をすでに明らかにしており、米軍が紛争地域に派遣される可能性があるとの見方を示した。 また、ロシアを攻撃するために使用される可能性がある米国の陸上イージスアショアミサイル防衛システムをインストールする日本の計画に反対します。東京は北朝鮮のミサイルによってもたらされる脅威に対抗するための配備であると述べた。 ロシア外務省によると、ロシアのセルゲイラブロフ外相は先月中国とベトナムのメ​​ディアとのインタビューで日本とアメリカとの密接な関係を維持していると警告し、ワシントンはロシアを「その主たる敵」と宣言した。 ラブロフ氏は、米軍と日本の軍事同盟関係により、「武力を日本のどこにでも配備する権利があり、すでにミサイル防衛システムを配備しているため、ロシアと中国の両方にリスクが生じる」と述べた。 「宣言された目標に反して、これが実際に(日本との)我々の関係の質を悪化させるという事実を無視することは間違いであろう」と彼はインタビューで言った。 米大統領ドナルド・トランプ氏は、2月上旬に、1987年に発射された500〜5500キロメートルの範囲の陸上ミサイルの開発と所持を禁じた中距離核兵器条約から撤退すると発表した。発表は新しい武器競争についての懸念を提起した。

日本の安倍晋三はロシアとの和平条約を推進すると言う

日本の安倍晋三はロシアとの和平条約を推進すると言う

  安倍晋三首相は、第二次世界大戦中に島の集団について始まった数十年にわたる領土紛争を正式に終結させるために、ロシアとの和平条約に向けて前進することを誓いました。 安倍首相は今月末、ロシアのウラジミール・プーチン大統領と会談し、決勝戦でソビエト軍に襲われた4つの吹きさらしの島々での不一致を終わらせることを目指した。 「今月中にロシアを訪問し、和平条約に向けた議論を進めるつもりだ」と彼は金曜日に西部の都市伊勢での記者会見で語った。 同問題については、70年以上も「まったく進展していない」と述べた。 安倍首相は、合意の保証はないが、両国は過去2年間にわたり、島に関する問題について、そして経済的にも「これまでにないほど」協力してきたと述べた。 数十年前の論争 ロシアと日本の間の紛争は70年以上前に始まった。1945年の第二次世界大戦末期にはソビエト連邦が戦略的に配置されたクリルの島々の鎖を占領した。 両国は、ロシアのサザンクリルと日本のノーザンテリトリーとして知られている4つの島のグループを主張し、それによって彼らが平和協定に署名することを妨げています。 プーチン大統領は9月、ウラジオストクでの会議で日本の指導者たちとのステージで、「何の前提条件もなしに」平和条約に署名することを提案し、安倍首相を逮捕した。 安倍首相は後にこの提案を棄却し、主権の問題は最初に解決しなければならないという日本の立場を繰り返した。 彼は11月にシンガポールで再び会った後、彼らが平和条約の締結後にモスクワが2つの小さな島を日本に移すことに合意した1956年の共同声明に基づいて交渉をスピードアップすることに合意したと記者団に語った。 安倍首相は金曜日、「私たち二人は、これを他の世代に引き出すことを望んでいない」と述べた。 プーチン大統領と安倍首相は、島々をめぐる紛争を解決するために過去に何度も会議を開いた。 昨年、日本は戦略的地域でミサイル能力を拡大することを決心しました。これはロシアを心配させた動きです。

河野、ラブロフが日本・ロシアの平和条約交渉を率いる

河野、ラブロフが日本・ロシアの平和条約交渉を率いる

  日本とロシアの外相は、平和条約締結のための新たな交渉の枠組みを進めるだろうが、紛争地域に対する主権は、この目標を達成する上で大きな障害となっている。 安倍晋三首相は、12月1日にブエノスアイレスで開催されたロシアのプーチン大統領との会談で、首脳会談の席上で新たな枠組みに関する合意に達した。 プーチン大統領は、安倍晋三首相との会談後の記者会見で、「将来の相互作業と信頼水準の向上のための補完的メカニズムを作り出すことに合意した」と述べた。 最近の動きは、1956年の両国の共同宣言に基づく平和条約交渉のスピードを速めるために、11月14日のシンガポール協定に続くものである。 今までは、第二次世界大戦の終わりにソ連軍に押収された北海道沿岸の4つの小さな島であるノーザン・テリトリーでの紛争を突破するために、ロシアの関係者と交渉するために様々な特別補佐官を使用してきた。 しかし、現在、平和条約の締結に焦点を当て、河野太郎外相とロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、外務省の権限の下にある条約に関する交渉を担当する。 ナッツとボルトの交渉は、麻生外務次官(外務次官)とロシア副大臣イゴール・モルグロフ(Igor Morgulov)が担当する。 河野氏とラブロフ氏は記者たちに説明した政府関係者によると、1月にロシアを訪問する前に、新しい枠組みの下で会合を開く。 さらに交渉は、2019年6月までにG20サミットが大阪で開催される予定で、プーチン大統領の出席が予定されていることから、原則として2人の外相と補佐官による交渉が行われる。 日本は、平和条約に調印する前に、ロシアが4つの紛争島を返還すると主張してきた。 しかし、シンガポールの合意は、ロシアに1956年宣言に明記されているように、ハボマイ諸島とシコタンの2つを返還させるという最初の交渉に焦点を当てるという、アベの意図を示した。 しかし、プーチン大統領は、安倍晋三首相と会談した直後のシンガポールでの記者会見で、1956年の宣言は、どの国がハボマイとシコタンに対して主権を持つのか明らかにしていないと述べた。 ロシアとの交渉で主権をめぐる違いだけが固執する点ではない。 最近のロシアのウクライナ船の最近の押収によって引き起こされたロシアと米国のますます緊密な関係もまた、日露の会談に大きな雲を投げかける可能性がある。 安倍長官はプーチン大統領に対し、ハボマイとシコタンが日本に帰還すれば、これらの島には米軍基地は許されないと語った。 しかし、モスクワは、米国が日本との共同治安協定をどのように実施したいかに関する制限を拒否することができることを踏まえ、その約束について確信することはできないかもしれない。 日本とロシアは、領土紛争を解決し、結果の道のりではほとんど示唆していない平和条約に署名するために様々なチャネルを試みた。 このような事例の1つは1998年で、両国の外相が領土紛争を議論する共同委員長を務めた時であった。しかし、その委員会は問題の解決に失敗した。 ...

日本、ロシア、平和条約交渉を推進するための高水準の枠組みを求める

日本、ロシア、平和条約交渉を推進するための高水準の枠組みを求める

  日本とロシアは、戦後二国間平和条約締結のスピードを上げるための高水準の協議枠組みの構築を検討している、と政府筋が明らかにした。 安倍晋三首相とウラジミールプーチン大統領は、ブエノスアイレスで開催される20カ国首脳会議の席上で、両国が条約に署名することを妨げた長年にわたる領土紛争について議論する可能性が高い。日本政府内の情報源によると、この枠組みの発足。 プーチン大統領の外交政策諮問官、ユリ・ウシャコフ、ニコライ・パトシェフ、ロシア安全保障理事会の秘書は、ロシア側を代表して浮かび上がった名前の中に、谷野正太郎安倍晋三外相、イゴール・モルグロフ外務次官。 安倍首相は最近、ソ連のシコタンとハボマイ島の日本への帰還についての1956年の宣言に基づき、シンガポールでの交渉を加速するための会合で合意した。 首相が来月1日に首脳会談のためにロシアを訪れる際のさらなる進展のための基盤を整えることを望んでいるという。 外交通商部の高官は、「(平和条約)の協議を進めている(後の)合意の後ではなく、より早く実務レベルの交渉を開始する必要がある」と述べた。 安倍長官は1956年の合意に焦点を当て、両島の移転を優先するとの見通しを示した。これは、エトロールとネパールを含む4つの紛争地域すべての地位に関する問題を解決しようとする日本の長年の政策に反するかもしれない。国政 - 平和条約に署名する前に。 河野太郎外相は、ロシアとの交渉に先立ち、引き続き政府の立場を明確にすることを拒否した。 日本の北方領土とロシア南部のクルイル族で知られている島々の領土紛争は、両国が平和条約を締結するのを妨げている。旧ソ連は、第二次世界大戦での日本の1945年の降伏に続いて、彼らを押収した。 これまで、日本の森武夫外務副大臣とモーグロフは、島嶼における共同経済活動の促進を主目的とした交渉を主導してきた。 安倍は、東京とモスクワの間の信頼関係を構築することで領土紛争の突破口を目指しており、こうした活動の一環でもある。 安倍首相とプーチン大統領は、11月14日にシンガポールで開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国の会合の枠組みの中で、最新の1対1の会合を開催した。

トランプ氏、ロシア疑惑捜査に協力指示 政府関係者に

トランプ氏、ロシア疑惑捜査に協力指示 政府関係者に

  【ワシントン】トランプ米大統領は18日、ホワイトハウス関係者に対して、自身周辺とロシアの不透明な関係を捜査するモラー特別捜査官の聴取に応じるよう指示したことを明らかにした。捜査に協力姿勢を見せて疑惑を否定する狙いがありそうだ。 トランプ氏は同日、ツイッターでホワイトハウスのドナルド・マクガーン弁護士や要請のあった全てのホワイトハウス関係者に対して「全面的に協力すること」を認めたと明らかにした。100万ページにわたる資料をモラー氏の捜査チームに提出していると説明し「歴史上で最も透明性が高い」と強調した。 モラー氏は2016年の米大統領選でトランプ氏周辺とロシアが共謀した疑惑を捜査している。トランプ氏が疑惑捜査を妨害した疑いも捜査対象となっている。トランプ氏は18日、ロシア疑惑の捜査を「魔女狩りだ」と改めて否定した。 マクガーン氏はロシア疑惑に関するトランプ氏の言動を深く知る人物とされる。米メディアによると、トランプ氏が17年夏にモラー氏の解任を検討した際にマクガーン氏は辞任する意向を示して解任に反対した。5月のコミー前米連邦捜査局(FBI)長官の電撃解任の過程にも関わっていた。コミー氏の解任はロシア疑惑の捜査を妨害する意図があった可能性があり、モラー氏の主な捜査対象になっている。 トランプ氏の弁護士のジュリアーニ元ニューヨーク市長は18日の米FOXニュースのインタビューで「マクガーン氏はトランプ氏の行動に関する最適な証人だ。大統領が誤ったことを一切していないと証言できる」と語った。マクガーン氏は3日間にわたって約30時間の聴取に応じた。 ジュリアーニ氏は同日、ツイッターでも「モラー氏は(疑惑に関する)報告書をまとめる時だ」と強調した。コミー前FBI長官が16年の大統領選直前にトランプ氏のライバルだったクリントン元国務長官の私用メール問題の再調査を始めたことに触れて「コミー氏のように選挙に介入すべきではない」と指摘。11月の米議会中間選挙の2カ月前にあたる9月7日までに報告書をまとめるべきだとの考えを示した。 トランプ氏の弁護団とモラー氏はトランプ氏本人に対する聴取をめぐって協議している。トランプ氏側は司法妨害の疑いについての質問を排除するよう求めるが、モラー氏は難色を示している。トランプ氏側が聴取を拒み続ければモラー氏は法廷での証言を求めて大陪審に召喚する可能性がある。

「完全な魔女狩り」。トランプ大統領、アメリカ大統領選めぐるロシアとの結託疑惑を完全否定

「完全な魔女狩り」。トランプ大統領、アメリカ大統領選めぐるロシアとの結託疑惑を完全否定

  米ロ首脳会談、関係改善で一致 核軍縮・シリア問題協力 欧州歴訪中のトランプ米大統領は16日午後(日本時間同日夜)、フィンランドのヘルシンキでロシアのプーチン大統領と会談した。米ロ関係は冷戦後最悪とされるが、両首脳は対話を通じて関係改善を目指すことで一致。トランプ氏は会談後の共同記者会見でプーチン氏を「よい競争相手」と持ち上げた。核軍縮やシリア内戦などでも協力するとしたが、実現させるための具体策は示さなかった。 両首脳の会談は昨年11月以来で計3度目。国際会議の場以外の会談は初めて。トランプ氏は首脳会談の冒頭、「ロシアと仲良くすることは良いことだ」とし、「並外れた関係」を願うと語った。プーチン氏も「二国間関係についても、世界のさまざまな問題をはらむ地域についても、話し合う時がやってきた」と前向きな姿勢を示した。 トランプ氏は会見で核軍縮について「最も大事なことだ。我々は世界の核の90%を持っている」と強調。北朝鮮の核問題についても触れ、核拡散の問題を終わらせると述べた。しかし、先月の米朝首脳会談で北朝鮮の非核化の道筋を示さなかったのと同様、具体的な方法は語らなかった。 トランプ氏は首脳同士の関係構築を進めるとも強調。今後もプーチン氏と頻繁に会談して、世界の問題を解決していくとした。 一方、首脳会談の3日前にロシア軍当局者12人が米大統領選への介入疑惑で起訴され、米議会は、民主主義への攻撃だとして非難するよう求めていた。しかし、トランプ氏は「(トランプ陣営の)ロシアとの結託はない」と理由は示さずに繰り返し、強い姿勢は見せなかった。自身の当選を狙ったロシアの介入への非難には消極的な姿勢を示した形だ。 プーチン氏も「ロシアは選挙を含め、米国のいかなる国内問題にも干渉していない」と強調。トランプ氏は信じる姿勢を示し、「完全な魔女狩り」と断じた。

Page 1 of 5 1 2 5

Translate

Popular Post

2018年に日本の山に座礁した記録3,129

  木登りやウォーキングなどの活動でブームが続いている中、記録的な3,129人の人々が昨年の日本の山々に取り残されたと、警察の報道は明らかにした。 事故件数は78件から2,661件に増加しましたが、1961年に比較可能なデータが入手可能になって以来、過去最高を記録しました。 これに対し、警察庁によると、死者や行方不明者の数は12人から342人に減少し、そのうち70%以上が60歳以上であるという。 全体では、50.5%の人が立ち往生し、71.9%の人が死亡したか、まだ行方不明になっていますが、60歳以上でした。 最大の苦痛を抱えているのは70歳以上の人で、698人(22.3%)で、60代の人は692人(22.1%)、50代の人は486人(15.5%)でした。 死者と行方不明者のうち、110、32.2%が70代、101、29.5%、60代、42、12.3%が50代でした。 活動別では、385(12.3%)が野生の野菜やキノコを選んでいました。 報道によると、ゲレンデ外スキーの間に合計111人の海外観光客が立ち往生していた。 都道府県別では、長野が297で最も多く、北海道が201、東京が147となっています。 78.4パーセントのケースで、立ち往生している人々は助けを求めるために携帯電話または他の通信機器を使用しました。 2013年以降、事故の数は毎年2,000件を超え、警察は人々に適切なルートの計画と必要な装備品の装着を促しています。

Read more