Tag: ママ側

「ママ活」17歳の男子高校生が補導も、「ママ側が罰せられることはない」ワケを弁護士解説

「ママ活」17歳の男子高校生が補導も、「ママ側が罰せられることはない」ワケを弁護士解説

  先日、Twitter上で「福岡 17さい ままかつしたい#ママ活募集」と、女性に金銭的援助を呼びかけた17歳男子高校生が、福岡県警に不良行為で補導されたというニュースが流れた。署員が身分を隠し、男子高校生にメッセージを送ると、「2時間カフェでまったり会うので7000円」と具体的な料金を知らせてきたといい、こうしたママ活行為が「不良行為にあたる」と判断されたそうだ。  若い女性の間で、リッチな年上男性と一緒に食事をし、その見返りとして金銭的援助をしてもらうという「パパ活」が広まり、ここ最近、世間の耳目を集めてきたが、ここにきて「ママ活」も登場したことに、ネットユーザーは大きく反応。一方で、今回のようなケースでは、「ママ側は罪にならないの?」「これが高校生じゃなくて、成人男性だったら、どうなっていたのか」など、数々の疑問も上がっている。  確かに「ネット上で知り合った女性と一緒にカフェでおしゃべりし、お小遣いをもらう」という行為自体は、どこか健全ではない空気が漂うが、では「違法行為なのか?」と聞かれると首を傾げたくなる。そこで、弁護士法人ALG&Associatesの山岸純弁護士に、今回の補導を解説いただくとともに、ママ活やパパ活の違法性についてお話を聞いた。  まず山岸氏は、今回の補導について考える前に、「少年法とは何か」という前提を知っておくべきだと語る。そもそも少年法は、「刑法などの『犯罪行為を処罰するための法律』とは、その目的・趣旨がまったく違う」とのこと。20歳未満の少年少女が、将来、立派な大人に成長するように、その成長のために有害となるようなことを取り除こう、教育しようという目的・趣旨があるそうだ。  今回の男子高校生の補導は、少年法に基づく警察の行為ではないが、“少年法の趣旨”に基づいた「少年の逸脱的な非行行為に関する少年警察活動要綱」によって行われたものだという。違法行為や犯罪行為ではなくても、「その前段階の行動や、犯罪に巻き込まれそうな行為、罪を犯しそうな人と付き合う行為を制約する」意味合いがあるという。 「男子高校生は、『2時間カフェでまったり会うので7000円』を提案したとのことですが、警察庁が平成20年10月17日に各都道府県警などに向けて発表した『「不良行為少年の補導について」の制定について』が定める『不良行為』の種別で言うならば、『不健全性的行為』か『金品不正要求』に該当する可能性があります。要するに、『カネを払わせて話の相手をする』ことは、将来、(お金を払ってもらう側とはいえ)金銭が絡んだ性犯罪事件や、恐喝・強要事件を引き起こす可能性があるから、今のうちに教育しておこうという意味において、補導をしたわけです」  となると、未成年からのママ活に乗った女性側は、何らかの罪に問われるのではないかと思いきや、「今回の行為であれば、何も罰せられません」という。それはなぜか。 「『お話をする』だけでは性的な要素がないからです。性的な要素が絡んでくると、いわゆる淫行条例違反などの問題が発生します」  なお、今回補導されたのは、男子高校生が未成年だからであり、もし彼が成人していた場合は、「何の問題もありません。同じように、性的な要素がないからです」という。ママ活・パパ活で問題になるか否かは、性的要素があるか否かだという。 「性的な要素が絡めば、『未成年の女性、成人の男性』『未成年の男、成人の女性』どちらも、当然、都道府県などの淫行条例違反の問題となります。今回、男子高校生が補導されたのは、『ちょっとお話するだけ』が、そのうちに性的なことに発展するのは、火を見るより明らかだからと判断されたのでは。そういったシチュエーションのAVはたくさんあるでしょうし」  しかし山岸氏は、「先ほども言ったように、少年法は犯罪自体ではなく、その前段階の『成長のために有害となるようなこと』も取り締まるのですが、『物を盗む』『人を傷つける』という犯罪と違い、何が『成長のために有害となるようなこと』なのかが、わからない」という問題もはらんでいるという。 「厳しい親もいれば、甘い親もいるように、人ごとに何が有害かは判断が分かれます。この点、警察庁は、恣意的な判断が行われないように、一定の基準を設けていますが、果たしてどこまで『全国一律』に運用できるかわかりません。ある意味、20歳未満の少年少女にとっては、行動予測ができない恐ろしい法律でもあるわけです」  先にも述べたように、警察による補導は、少年法と同じ目的・趣旨で行われる。「ママ活は成長のために有害となるようなこと」と判断する者がいる一方、「有害にならない」と判断する者がいてもおかしくはないだけに、世間を混乱させてしまう面はあるだろう。  Twitter上での「ママ募集ツイート」は減る様子はなく、日本初のママ活アプリがリリースされるとの発表もあるなど、さらなる盛り上がりを見せそうなママ活。現状では、健全ではない程度の認識だろうが、ママ活をめぐる凶悪事件が起きないように祈りたいものだが……。

Translate

Popular Post

中国ではなく日本がアジアのインフラ投資コンテストで優勝する可能性があります。

中国がベルト・アンド・ロード・イニシアチブを通じたインフラ投資で東南アジアを訴え始める前は、日本がこの地域の開発資金のトップを占めていました。現在2つの大国が経済的影響と商業的影響のために競っているので、北京は戦いに勝ったが戦争を失ったかもしれないと言う人もいます。 すなわち、東京は北京の投資の莫大な量に匹敵することができないかもしれません、しかしそれは評判と地域の影響の点で、先にランクします、専門家によると。 政府が1990年代にインフラ接続の青写真を先導する前に1970年代後半に多国籍企業を通して最初に始まった新興アジアにおける日本のベンチャーは、G-7とOECDが「高品質のインフラ」と呼んでいるもののポスターの子と見られている。そのようなプロジェクトは、発展途上地域における全体的な物流を改善することに加えて、高い安全性、環境、信頼性および包含基準を誇っています。 例えば、国際協力銀行は、国道と港湾のアップグレードのためのベトナムへの貸付は、農村世帯の収入を増やし、貧困レベルを下げ、効率を高めたと主張している。 中国のXi Jinping大統領のBelt and Roadの下にあるいくつかのキャンペーンも「質の高いインフラ」と見なされているが、中国の権力を世界に広めるためのプラットフォームと長い間考えられてきた。 2018年の報告書で、「BRIの意欲的な投資水準では、新しいインフラストラクチャプロジェクトの実際の影響についてはほとんどわかりません」とシニアフェロー兼アジア研究プロジェクト担当アジアプロジェクトのディレクターであるJonathan Hillmanは述べています。 「その支出は、それを最も必要としている人々に役立つでしょうか。それは実行可能なプロジェクトか白い象に入るでしょうか。それは気候変動を助けるか、または傷つけますか。それは価値を創造または破壊しますか?」 地域のエンゲージメント透明度 専門家によると、日本の企業や政府関連機関によって構築された鉄道、通信ネットワーク、農業開発は、彼らが地域の利害関係者に提供する技術研修や教育で特に評価されています。それは東京とホスト国の間でのれんを培うのに大いに役立ちます。 安倍晋三首相の政権は11月に、東南アジア諸国が5年間で8万人の製造業およびデジタル業界の専門家を地域全体のスマートシティの構築を推進する手助けとすると発表した。対照的に、Belt and Roadの参加者はしばしば地元の関与がないことを訴えます - 多くの中国主導の建設努力は、地元企業を関与させるのではなく、中国から大量の材料と労働を輸入すると非難されます。 ベルトと道路プロジェクトのための汚職の恐れもあります。ある例では、中国当局はマレーシアでのインフラプロジェクトのコストを増大させることに同意したと伝えられている、とWall Street...

Read more