Tag: マスターズへの特別招待

日本の今平はマスターへの特別な招待を受け入れます

日本の今平はマスターへの特別な招待を受け入れます

  日本の今平修吾は、2019年のマスターズに参加するという特別な招待を受け入れました。 26歳の今平は、ジャパンゴルフツアーで2018年の勲章を獲得し、トップ50内のスポットがマスターズの免除を獲得したとき、昨年世界ランキングで53位にランクインしました。 「ボビー・ジョーンズとクリフォード・ロバーツは世界的なスポーツイベントとしてマスターズを設立しました、それで我々の歴史の中で国際的なプレーヤーに値することへの特別な招待は常に慎重に考えられました」とオーガスタナショナル会長フレッドリドリーは発表で言いました。 「過去12ヶ月間の彼の印象的な記録に基づいて、今年は今平修吾を私たちの分野に歓迎することで、この伝統を続けて喜んでいます。」 今平は昨年7月にT-3以上を日本で終了し、10月にブリヂストンオープンで勝利したことが浮き彫りになった。彼はこれまで3つのメジャーでプレーしてきましたが、最近ではBelleriveでのPGAチャンピオンシップで、昨年の3回ともカットを逃しました。今年は彼の最初のキャリアマスターズ外観になります。 これは、昨年のインドのShubhankar Sharmaへの招待に続いて、プレーヤーがトーナメント委員会から特別免除を受けた2年連続の年です。 Imahiraの追加により、現在のMastersフィールドが80になり、3月31日にValero Texas Openや世界のトップ50にランクインするFedExCupポイントのPGAツアーイベントの勝者にスポットが残ります。

Translate

Popular Post

2018年に日本の山に座礁した記録3,129

  木登りやウォーキングなどの活動でブームが続いている中、記録的な3,129人の人々が昨年の日本の山々に取り残されたと、警察の報道は明らかにした。 事故件数は78件から2,661件に増加しましたが、1961年に比較可能なデータが入手可能になって以来、過去最高を記録しました。 これに対し、警察庁によると、死者や行方不明者の数は12人から342人に減少し、そのうち70%以上が60歳以上であるという。 全体では、50.5%の人が立ち往生し、71.9%の人が死亡したか、まだ行方不明になっていますが、60歳以上でした。 最大の苦痛を抱えているのは70歳以上の人で、698人(22.3%)で、60代の人は692人(22.1%)、50代の人は486人(15.5%)でした。 死者と行方不明者のうち、110、32.2%が70代、101、29.5%、60代、42、12.3%が50代でした。 活動別では、385(12.3%)が野生の野菜やキノコを選んでいました。 報道によると、ゲレンデ外スキーの間に合計111人の海外観光客が立ち往生していた。 都道府県別では、長野が297で最も多く、北海道が201、東京が147となっています。 78.4パーセントのケースで、立ち往生している人々は助けを求めるために携帯電話または他の通信機器を使用しました。 2013年以降、事故の数は毎年2,000件を超え、警察は人々に適切なルートの計画と必要な装備品の装着を促しています。

Read more