Tag: ベルリン

是枝監督の「万引き家族」がパルムドール カンヌ映画祭

是枝監督の「万引き家族」がパルムドール カンヌ映画祭

  第71回カンヌ国際映画祭は19日夜(日本時間20日未明)に閉幕を迎え、長編コンペティション部門に参加した是枝裕和監督(55)の「万引き家族」が、最高賞のパルムドールを受賞した。日本映画のパルムドールは1997年の今村昌平監督の「うなぎ」以来、5作目となる。ベネチア、ベルリンを含めた世界3大映画祭での最高賞は、2002年に宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」が金熊賞をとって以来となる。 「万引き家族」は、監督にとって13本目の長編劇映画。東京の下町が舞台で、今にも壊れそうな平屋で身を寄せ合って暮らす「家族」の物語。一家の生活の糧は、樹木希林さんが演じる祖母の年金だ。足りない生活費を万引きをして補う日雇い労働者の治をリリー・フランキーさんが、その妻の信代を安藤サクラさん、信代の妹役を松岡茉優さんが演じた。子役の城桧吏(じょうかいり)くんと佐々木みゆちゃんの表情豊かな演技も好評だった。 犯罪でしかつながれなかった家族を通じて、「家族のつながりとは何か」という普遍的なテーマを問いかけた作品が、世界最高峰の映画祭で最高の評価を受けた。 是枝監督は2001年に「DISTANCE」で同映画祭のコンペ部門に参加して以来7回目、コンペ部門での出品は「海街diary」以来3年ぶり5回目となる。04年の「誰も知らない」では、当時14歳だった柳楽優弥さんが最優秀男優賞を、13年の福山雅治さん主演の「そして父になる」では審査員賞を受けた。 「万引き家族」は日本で6月8日から公開される。(カンヌ=伊藤恵里奈) ◇ パルムドール以外の主な受賞は次の通り。 グランプリ=「ブラッククランスマン」(スパイク・リー監督)▽監督賞=パベウ・パブリコフスキ(「コールド・ウォー」)▽▽男優賞=マルチェロ・フォンテ(「ドッグマン」)▽女優賞=サマル・イェスリャーモワ(「「アイカ」)▽審査員賞=「カペナウム」(ナディーン・ラバキー監督)▽脚本賞=「ハッピー・アズ・ラザロ」(アリーチェ・ロルバケル監督)、「スリー・フェイシズ」(ジャファル・パナヒ監督)▽スペシャル・パルムドール=「イメージ・ブック」(ジャンリュック・ゴダール監督) カンヌ国際映画祭での主な受賞 1960年 「鍵」(市川崑)審査員特別賞 63年 「切腹」(小林正樹)審査員特別賞 64年 「砂の女」(勅使河原宏)審査員特別賞 65年 「怪談」(小林正樹)審査員特別賞 78年 「愛の亡霊」(大島渚)監督賞 87年 「親鸞・白い道」(三国連太郎)審査員賞 90年 「死の棘」(小栗康平)グランプリ 2004年 「誰も知らない」(是枝裕和)柳楽優弥が最優秀男優賞 07年 「殯(もがり)の森」(河瀬直美)グランプリ 13年 「そして父になる」(是枝裕和)審査員賞

シャープ、8Kで欧州リベンジ モニターを4月末発売

シャープ、8Kで欧州リベンジ モニターを4月末発売

  独ベルリンで8月末から開かれる欧州最大の家電見本市「IFA」の今年の技術動向を提示する記者会見が4月中旬、イタリアのローマで開かれた。音声認識技術など人工知能(AI)を使ったスマート家電が大きな潮流になる一方で、超高精細の8Kモニターを4月末から欧州で発売すると表明したシャープが話題となった。 「パスワードはSharp―8kです」。会場に到着した報道陣がまず驚いたのは、送迎バスに大きく書かれたシャープのロゴと、同社の名前を冠した無線LANのパスワードだ。同社が多額の協賛をしたことが背景にあり「シャープが積極姿勢に転じた」という声が記者から聞かれた。 シャープが発表したのは70型の8Kモニター。「衛星放送など様々な用途に対応できるようにチューナーはあえて搭載しなかった」とTVシステム事業本部の藤根俊之第二開発部長は語る。この会見に日本から技術責任者が駆け付けるのは初めてで、シャープの熱意がうかがえた。 ただ、日本では年末から8Kの実用放送が始まるが、欧州では今のところ放送予定はない。それでも商品を欧州に投入するのは「ネット配信や医療、産業用途など新たな需要を喚起することで、8K市場でシャープの先進性を訴えたいから」と、同社傘下の欧州製造子会社、UMCのサシャ・ランゲ副社長は語る。 UMCはシャープが財務的に苦しくなった際にテレビのブランド使用権を売却したスロバキアの家電メーカーだ。しかしシャープは台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入り財政難を乗り切ったことで、昨年にはUMCの株式の過半数を取得し、傘下に収めた。現在はシャープのポーランド工場を運営するなど、欧州における現地法人に位置づけられている。 シャープはIFAの見本市でも出展を一時期控えていたが、「技術とブランドに加え資金力と販売力を得たことで、今後はテレビ以外の商品分野でも欧州市場で攻勢をかけていく」とランゲ副社長は強調する。テレビの欧州販売も今年は120万台、2020年には300万台を売る計画だ。 世界のテレビ市場はデジタル化が一巡したことで販売が一時伸び悩んだが、超高精細の4Kテレビの登場で再び販売が拡大している。独調査会社、GfKによると2018年の4K(UHD)テレビの世界販売台数は前年比38%増の9840万台を予測する。売上高は同35%増の778億ドル(約8兆4000億円)を見込んでおり、こうした状況からも8Kが受け入れられる環境が整いつつある。 だが、問題は8Kの技術をどう欧州の消費者に訴えていくかだ。ディスプレー技術に詳しい英調査会社、IHSマークイットのポール・グレイ調査部長は「シャープだけでなく、NHKなど日本全体として8K技術の欧州展開を後押ししていく必要がある」と言う。 シャープは欧州の白物家電事業については、トルコの家電メーカー、ベステルにブランド使用権を売却しており、現在その買い戻しに動いている。今後は音響映像製品から白物家電まですべて以前のように直販体制に切り替えていく戦略だが、それには鴻海―シャープ―UMCの間の結束力を一層高め、機動的に動いていくことが求められている。

カタルーニャ前州首相、ベルギーで独立に向けて活動継続

カタルーニャ前州首相、ベルギーで独立に向けて活動継続

  スペイン・カタルーニャ自治州のプッチダモン前州首相は7日、保釈中のベルリンで会見し、ドイツでの司法手続きが終わり次第、長期滞在中のベルギーに戻り、同自治州の独立に向けて政治活動を継続する考えを明らかにした。 プッチダモン氏は3月25日、訪問先のフィンランドから車でベルギーに戻る途中、ドイツに入国したところを欧州逮捕状に基づき、拘束された。ドイツの地方裁判所は5日に保釈を決定。地裁は独立運動について、反乱罪での容疑は問わなかったが、公金横領の容疑についてはなお調査を継続している。 プッチダモン氏は会見で「スペインの状況を欧州各国に知ってもらいたい」と「外遊」の目的を説明。「希望はドイツでの司法手続きが終わり次第、ベルギーに戻ることだ」と語った。

Translate

Popular Post

羽生は彼の新しい記念碑が仙台を訪問することを願っています

フィギュアスケート選手の羽生柚鶴は4月20日に故郷の覇者として故郷に戻り、平昌オリンピックで金メダルを祝う記念碑の前でポーズを取った。 4月20日に市の青葉区で開かれた式典で、羽生さんは「碑が仙台への観光客の流入を刺激することを願っている」と語った。 この作品は4月29日に地下鉄の国際センター駅に設置される予定です。 駅にはすでに他に2つの記念碑があります。1つは2014年ソチオリンピックで羽生が金メダルを獲得したことを示し、もう1つは2006トリノオリンピックで荒川静香の金メ​​ダルを祝うものです。荒川は仙台で育った若い頃を過ごした。 Hanyuの新しい記念碑は、彼の右手が彼の顔の前に置かれ、左手が手のひらを上にして頭上を上げて、昨年の「Seimei」というタイトルの彼の無料プログラムの初めにポーズをとっているのを特徴とします。 「(ポーズ)は天、地、そして人々を支配する力を表します」と彼はイベントのために集まった観客に説明しました。 "私はその時自信を持って滑っ​​ていました。" 羽生はまた、彼が人々に彼の2つの描写を比較することを望んだと言いました。 「私の顔の表情やポーズは記念碑によって異なります」と彼は言った。 「私は人々にそれらの詳細に注意を払って欲しいのです。」 羽生は、仙台は東日本大震災の8年後にまだ再建されており、津波は都市や東北地方の他の場所を破壊したと述べた。 「私は街を助けるためにできる限りのことをすることを決意しています」と彼は言った。 このイベントに参加した市内の泉区出身の68歳の女性は、羽生の言葉に感動したと語った。 「私は、再建への取り組みに対する揺るぎない決意を聞いた後、涙を流しました」と彼女は言いました。

Read more