Tag: フランス政府

フランス、ルノーと日産の合併を受け入れるよう日本に圧力

フランス、ルノーと日産の合併を受け入れるよう日本に圧力

  フランス政府は、自動車メーカーの同盟を掌握していたカルロスゴーン氏の逮捕を受けて、ルノーSAと日産自動車の合併の可能性を認めるよう日本に要請した。 この要求は、明らかに2つの自動車メーカーを新しい持株会社の下に置くことを目的としたものであり、東京でフランスと日本の関係者間の交渉でなされ、フランス大統領エマニュエル・マクロンの願いを反映している。 フランス政府によって任命されたルノーのディレクターであるMartin Vialを含む代表団は、計画について話し合うために日本の当局を訪問した。 フランス政府はルノーの最大の利害関係者です。 先月、マクロンは安倍晋三首相と会談し、三菱自動車も含めた三者同盟の中で安定的な関係を築くことに合意した。 日産は、フランスのパートナーによる経営への影響を減らし、より公平なものにすることを目指して同盟を見直すことを望んでいると広く考えられています。 同社のビジネスアイデンティティを維持するために、日本政府と協力することで、日産はルノーとの統合を阻止するための措置の策定をスピードアップする、と情報筋は述べた。 2015年、フランス政府は日産とルノーに日本の自動車メーカーの経営に干渉しないことに同意したが、この合意が成り立つかどうかはまだ分からない。 ゴーン氏は11月に逮捕され、日産の財務諸表で彼の賠償金を過少申告していたとされている。 内部告発の後に検察官に申し立てをもたらした日産は、彼の20年の統治の間に彼の力の十分なチェックがなかったと言っている間、議長としてGhosnを追放しました。 彼は日本で保釈を否定されているので、ルノーは会長兼最高経営責任者(CEO)としてゴーンに代わることで今週新しいリーダーを配置する予定です。ゴーンは彼に対するすべての主張を否定した。 ゴーン氏の逮捕から2ヶ月後、日本の自動車メーカーは、ガバナンスを再構築するための改革を推進する中、議長の役割を廃止することを検討している。このスキャンダルはまた、ゴーンが20年間に渡って結んだ組合であるルノーとの同社のパートナーシップを圧迫した。 ゴーン氏は伝えられるところによれば、彼の逮捕前に両自動車メーカーの合併を計画していたという。 日産とルノーの間では、互いの役員会の中でそれぞれの権限を超えて緊張が高まっています。ルノーは、複雑な株式持ち合いを通じて日産の43%を所有しており、日産はフランスの自動車メーカーの15%を所有しています。 先月、ルノーは日産の取締役会に新しいディレクターを任命して、彼らの同盟の範囲内で力を保護することを計画していると言いました。 「ルノーは、取締役の指名をする可能性を行使したいと考えており、これは株主総会で行われる」とも述べた。フランス政府の出資者である同機関の責任者でもあるVialは、BFMビジネスに関するインタビューで述べた。 以前、日産の最高経営責任者である西川裕人は、日産の統治について話し合うためにフランスの自動車メーカーの株主総会の要請を撤回しました。 日産を破産の危機から救ったことで知られるゴーンは、最高執行責任者として1999年にルノーから日本の自動車メーカーに送られました。 ...

米抜き核合意へ打開策「数週間で」 欧・イラン外相会合

米抜き核合意へ打開策「数週間で」 欧・イラン外相会合

  【ブリュッセル】米国のイラン核合意からの離脱を受け、英仏独と欧州連合(EU)は15日、ブリュッセルでイランとの外相会合を開いた。米国抜きでの核合意の存続に向けた打開策を「数週間以内」に目指すことで一致した。米国が再開するイラン制裁が欧州からの投資を阻めば、イランが合意にとどまる経済的な見返りを失い、合意が崩壊する懸念がある。イランと取引のある欧州企業を米制裁から守る解決策を探る。 会合でイランと英独仏、EUは米国抜きでもイラン核合意の堅持を目指す方針を確認した。会合後に記者会見したEUのモゲリーニ外交安全保障上級代表(外相)は「経済制裁の解除とイランとの通商・経済関係の正常化が核合意の必須な部分だ」と強調。核合意の崩壊を避けるため、イランの経済的な見返りの確保が不可欠だと訴えた。 中でもカギを握るのが、米国が再開するイラン制裁から欧州企業をいかに保護するかだ。米国は最長半年の猶予期間を経て、制裁を再開する見通し。米制裁ではイランと取引を行う欧州企業も制裁対象となる。制裁が欧州企業のイラン市場進出を阻めば、イランが核開発制限を継続する経済的な見返りがなくなる。 イランのザリフ外相は会合終了後、記者団に「良いスタートを切った」と語ったが、欧州から投資継続の「確証」が得られなければ、イラン国内の強硬派が合意破棄へ勢いづくのは必至だ。ロウハニ大統領も国益に合致しない場合は核合意を離脱するとの姿勢を示す。 EU内では欧州企業の保護策として、欧州投資銀行(EIB)などEU機関による対イラン融資や、EUレベルでのイランへのユーロ建て信用枠などを検討している。 米制裁への強硬な対抗手段として、EUが欧州企業に第三国による経済制裁に従わないよう命じる「ブロッキング規則」も検討する見通し。同規則は96年に米国の対キューバ制裁への対抗手段として制定された。これまで発動されたことはなく、実効性は未知数だ。 EUは16日夜にブルガリアの首都ソフィアで開く非公式のEU首脳会合でもイラン核合意を協議。イランが核合意を順守する限り、欧州側も合意を堅持する姿勢で結束を目指すとともに、米制裁からの欧州企業の保護策についてユンケル欧州委員長が「複数の選択肢」(EU高官)を示す見通しだ。

仏大統領「米はパリ協定復帰を」 米議会で演説

仏大統領「米はパリ協定復帰を」 米議会で演説

  【ワシントン】マクロン仏大統領は25日、米議会の上下両院合同会議で演説に臨んだ。国連や世界貿易機関(WTO)などでの国際協調に関して「米国こそが多国間主義を維持し、改革に寄与すべきだ」と訴えた。「米国第一」を推進するトランプ米大統領をけん制した。 温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」に関連して「生きることは地球を破壊し、子どもの将来を犠牲にして暮らすことなのか」と疑問を呈し「地球を代替するものはない」と強調。トランプ氏はパリ協定からの脱退を宣言したが「米国はいつか復帰すると確信している」と語った。マクロン氏が環境問題を語る間は多くの民主党議員が立ち上がり拍手を送る半面、共和党議員の一部のみが歓迎する場面もあった。 通商問題についても「WTOでの交渉によって正しい答えが得られる」と指摘し「我々がWTOのルールをつくった。それに従うべきだ」と強調した。トランプ氏は鉄鋼やアルミニウムを対象に制裁関税を課すなどWTOのルールを逸脱するとみられる政策が目立つ。 マクロン氏は米仏には「壊れることのない絆がある」とも述べて、両国の友好関係もアピールした。

Translate

Popular Post

東京電力、福島工場で排気筒の撤去作業を延期

  東京電力は、福島第一原子力発電所の危険度の高い汚染度の高い排気筒の解体作業を計算誤差により延期した。 同社は5月16日、当初5月20日に開始予定の高さ120メートルの煙突の作業は、遅くとも6月まで延期されると述べた。 東京電力は、クレーンによって持ち上げられた特殊な切断装置の高さが当初の計画より1.6メートル低くなり、それがスタックの最上部に到達できないことを発見した。 作業担当の東京電力担当官は、「測定機器の誤差により、クレーンアームの吊り上げ角度が当初の計画と異なることが判明したと考えている」と述べた。 同社は現在、角度とクレーンの位置を調整するか、アームを下げた後にアームの長さを伸ばすことを検討しています。 工場の1号機と2号機には排気筒を使用した。 2011年3月に原子力災害が発生したとき、高放射性物質を含む蒸気が煙突を通して放出されました。煙突を支えるのに使用された金属棒は水素爆発によって明らかに傷つきました。 積み重ねの基部の周りの領域には、人が作業するには危険すぎるレベルの放射線が含まれているため、解体作業は遠隔操作で行われます。

Read more