Tag: ビール嶋田裕二

コンブチャとして知られるアメリカの感覚は日本への帰り道を作る

コンブチャとして知られるアメリカの感覚は日本への帰り道を作る

  醸造家の島田裕二は慎重に短いワイングラスの茎を握り、商業冷蔵庫に取り付けられた蛇口の1つから透明な、金色の液体を注ぎます、天然炭酸からの軽い泡はビールの頭を思わせる泡の薄い層を作成します。 「これが私たちが「オリジナル」と呼んでいるもので、追加のフレーバーは含まれていません。緑茶、紅茶、砂糖、そして発酵のための真菌だけです」と、42歳のメガネは語っています。 「私たちは日本で唯一の非加熱コンブチャを製造する許可を受けている醸造所です。」 ここでは、埼玉県川口市の川口の工業団地にある大泉古城で、その助手が、茶系の機能性飲料である、低温殺菌されていない「生の」コンブチャを製造する国内初の商業規模の醸造所を経営しています。米国では数百万ドル規模の産業になり、そこではその健康上の利点のために都市に住むミレニアル世代、モデル、そしてアスリートの間で人気になっています。 島田さんは、埼玉県川口市にある大泉古城のこんぶ茶醸造所に、こんぶ茶を1杯注いでいます。 | 三浦佳昭 それは、かつて約40年前、そして別のモニカの下で、日本でも一度大きなことでした。当時、それはkōchakinoko(きのこ茶)と呼ばれていました。細菌と酵母の共生培養の略語であり、kombuchaの発酵過程で使われる成分である「scoby」はきのこに似ています。 飲み物の起源に関してはさまざまな理論があり、その一部は紀元前200年までさかのぼります。満州で。バイカル湖のイルクーツク近くのシベリアの村の住民は、不思議な真菌から作られた飲料のおかげで熟した老人時代に生きていたと伝承されています。 1974年にシベリアの村から持ち帰った日本人からゼリー状の真菌の一部を受け取ったと彼女が言った70年代の未亡人によって、その健康上の利益を称賛する本が出版されたとき、それは日本の感覚になりました。この本には、読者が返却先の住所を送ってくれると真菌の一部が入ったクーポンが付いてきて、すぐに家庭でガラス瓶でプロバイオティクスドリンクを自家製にし始めました。しかし、医療専門家がその利点に疑問を投げかけ始めた後すぐにブームは終わった。 ファンキーなお茶はそれから韓国へ、そしてついにアメリカへと行きました。そこで、それは1990年代半ばにGT Daveと呼ばれる若い起業家によって商品化されました。 今、日本はかつてそれほど熱心に受け入れられてきた傾向に慎重に追いついているようです。しかし、この調合品の新しい別名はマーケティング上の障害になる可能性があります。日本語では、コンブチャは通常、コンブから作られたお茶の一種を指します。 Kombuchaの語源はまだ謎です。 American ...

Translate

Popular Post

は世界最高のものですが、日本のクラフトビールはどうですか?

2014年、日本は、世界的に有名なジム・マレーが「ワールド・ウイスキー・オブ・ザ・イヤー」を選んだとき、世界を驚かせました。 100 「信じられないほどの天才」と彼は書いた。 "現時点ではスコッチがどこにも近づくことができないシングルモルト。" それ以来、日本は独立したウイスキーシーンの最愛の人であるニッカ、サントリー、キリン、秩父のような住宅に賞賛を集めてウイスキーの世界を席巻しました。しかし、ウイスキーを持っているすべての才能のために、日本人はまだ別の西洋の飲み物を習得していません:クラフトビール。 ニセコを拠点とするBar Gyu +と夫の渡辺久の共同所有者であるIoanna Morelliは、次のように述べています。 「日本は夏の間は暑い国であり、朝日やキリンのような主要なプレーヤーは本当に人気がある「スーパーコールド」または「サブ0」ピルスナーを持っています。」 ここ数年で、一握りの日本の工芸品醸造所が全国各地にオープンし、成功の度合いはさまざまです。 「良いビール醸造所は本当に素晴らしい」とビールとワインバーのオーナー、オーストラリアのミックニッポン氏はニセコでも言った。 「悪い人はただひどいのです」 問題の一部は日本の自家製の醸造文化の欠如から生じています。アラバマ州とミシシッピ州は2013年まで合法化していませんでしたが、大多数の州では、自家醸造は1978年に合法化されました。免責 この法律は、さまざまな種類の酵母を専門とするホップファーム、モルトハウス、および実験室に対する需要を生み出し、また、いつの日かは活況を呈している産業を支える強力な知識基盤を生み出しました。それとは対照的に、日本では、1%を超える自家製ビールは違法です。地元の人々は、彼らが大声で宣伝しない限り誰も気にしないと言いますが、合法的な赤字は自家製の醸造コミュニティが小さいままでいることを保証します。 今日、日本の自家醸造業界は主に外国で技術を学び、自分たちの機器を日本に持ち込む外国人によって運営されています。彼らが去るとき、彼らはしばしば他の元パットまたは地元の人々に彼らの機器を売る。 クラフトビールバーMikkeller TokyoのオーナーであるHamilton Shieldsは、ニセコのMick's Placeで夏を過ごしました。...

Read more