Tag: ビジネスと経済

資産凍結により日本、朝鮮、強制労働紛争が深刻化

資産凍結により日本、朝鮮、強制労働紛争が深刻化

  日本は、戦時中の奴隷制度の犠牲者に補償金を支払うことを命じられた日本企業の韓国の資産を差し押さえるという裁判所の判決を受けて、韓国との交渉を求めると述べた。 水曜日に韓国の浦項市の大邱地方裁判所は、同社が元労働者を補償するための画期的な判決を遵守することを拒否していたため、新日鉄と住友金属の資産の凍結要求を承認したと述べた。 東京では、菅芳英内閣官房長官が記者団に対し、日本政府が真剣に判決を下し、水曜の午後には閣僚が対応方法を議論するために集まると述べた。 昨年、韓国の最高裁判所は、1910年から1945年の間の朝鮮半島の日本植民地化の間に会社のために働くことを強制された4人の原告にそれぞれ1億ウォン(88,000ドル)を支払うよう新日本製鐵に命じた。 植民地時代の補償問題はすべて、1965年の両国間の条約によって解決され、裁判所の判決は外交関係をさらに冷やす可能性があると日本は主張している。多くの韓国人はまだ占領と第二次世界大戦の間に受けた虐待のために日本に対する強い憤りを抱いています。 日本の会社は、韓国の製鋼会社POSCOとの合弁事業で、約970万ドルの価値がある234万株を保有しています。 韓国のYonhap通信社は、浦項事務所で正体不明の関係者を引き合いに出して、地方裁判所が全株式ではなく、234万株のうち81,075株を凍結することを決定したと報じた。 Yonhapは、関連する裁判文書が合弁会社に提出されれば資産凍結が効力を生じると述べた。 AP通信の報道機関は、地方裁判所はYonhapの報告をすぐに確認することはできないと述べた。 11月、韓国最高裁判所は、2人の日本企業である三菱重工業に10人の元韓国人労働者を補償するよう命じ、日本からの強い叱責を受けた。

資産凍結により日本、朝鮮、強制労働紛争が深刻化

資産凍結により日本、朝鮮、強制労働紛争が深刻化

  日本は、戦時中の奴隷制度の犠牲者に補償金を支払うことを命じられた日本企業の韓国の資産を差し押さえるという裁判所の判決の後、韓国との交渉を求めるだろうと言います。 水曜日に韓国の浦項市の大邱地方裁判所は、同社が元労働者を補償するための画期的な判決を遵守することを拒否していたため、新日鉄と住友金属の資産の凍結要求を承認したと述べた。 東京では、菅芳英内閣官房長官が記者団に対し、日本政府が真剣に判決を下し、水曜の午後には閣僚が対応方法を議論するために集まると述べた。 昨年、韓国の最高裁判所は、1910年から1945年の間の朝鮮半島の日本植民地化の間に会社のために働くことを強制された4人の原告にそれぞれ1億ウォン(88,000ドル)を支払うよう新日本製鐵に命じた。 植民地時代の補償問題はすべて、1965年の両国間の条約によって解決され、裁判所の判決は外交関係をさらに冷やす可能性があると日本は主張している。多くの韓国人はまだ占領と第二次世界大戦の間に受けた虐待のために日本に対する強い憤りを抱いています。 日本の会社は、韓国の製鋼会社POSCOとの合弁事業で、約970万ドルの価値がある234万株を保有しています。 韓国のYonhap通信社は、浦項事務所で正体不明の関係者を引き合いに出して、地方裁判所が全株式ではなく、234万株のうち81,075株を凍結することを決定したと報じた。 Yonhapは、関連する裁判文書が合弁会社に提出されれば資産凍結が効力を生じると述べた。 AP通信の報道機関は、地方裁判所はYonhapの報告をすぐに確認することはできないと述べた。 11月、韓国最高裁判所は、2人の日本企業である三菱重工業に10人の元韓国人労働者を補償するよう命じ、日本からの強い叱責を受けた。

Translate

Popular Post

2018年に日本の山に座礁した記録3,129

  木登りやウォーキングなどの活動でブームが続いている中、記録的な3,129人の人々が昨年の日本の山々に取り残されたと、警察の報道は明らかにした。 事故件数は78件から2,661件に増加しましたが、1961年に比較可能なデータが入手可能になって以来、過去最高を記録しました。 これに対し、警察庁によると、死者や行方不明者の数は12人から342人に減少し、そのうち70%以上が60歳以上であるという。 全体では、50.5%の人が立ち往生し、71.9%の人が死亡したか、まだ行方不明になっていますが、60歳以上でした。 最大の苦痛を抱えているのは70歳以上の人で、698人(22.3%)で、60代の人は692人(22.1%)、50代の人は486人(15.5%)でした。 死者と行方不明者のうち、110、32.2%が70代、101、29.5%、60代、42、12.3%が50代でした。 活動別では、385(12.3%)が野生の野菜やキノコを選んでいました。 報道によると、ゲレンデ外スキーの間に合計111人の海外観光客が立ち往生していた。 都道府県別では、長野が297で最も多く、北海道が201、東京が147となっています。 78.4パーセントのケースで、立ち往生している人々は助けを求めるために携帯電話または他の通信機器を使用しました。 2013年以降、事故の数は毎年2,000件を超え、警察は人々に適切なルートの計画と必要な装備品の装着を促しています。

Read more