Tag: パリ協定

仏大統領「米はパリ協定復帰を」 米議会で演説

仏大統領「米はパリ協定復帰を」 米議会で演説

  【ワシントン】マクロン仏大統領は25日、米議会の上下両院合同会議で演説に臨んだ。国連や世界貿易機関(WTO)などでの国際協調に関して「米国こそが多国間主義を維持し、改革に寄与すべきだ」と訴えた。「米国第一」を推進するトランプ米大統領をけん制した。 温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」に関連して「生きることは地球を破壊し、子どもの将来を犠牲にして暮らすことなのか」と疑問を呈し「地球を代替するものはない」と強調。トランプ氏はパリ協定からの脱退を宣言したが「米国はいつか復帰すると確信している」と語った。マクロン氏が環境問題を語る間は多くの民主党議員が立ち上がり拍手を送る半面、共和党議員の一部のみが歓迎する場面もあった。 通商問題についても「WTOでの交渉によって正しい答えが得られる」と指摘し「我々がWTOのルールをつくった。それに従うべきだ」と強調した。トランプ氏は鉄鋼やアルミニウムを対象に制裁関税を課すなどWTOのルールを逸脱するとみられる政策が目立つ。 マクロン氏は米仏には「壊れることのない絆がある」とも述べて、両国の友好関係もアピールした。

Translate

Popular Post

パイロットがアルコールテストに不合格になった後、日本の飛行機が遅れた

新しい規則にもかかわらず、副操縦士がアルコール呼気検査に失敗した後、今週初めに日本全日本空輸の国内線が遅れた。 飛行乗組員の飲酒を含むいくつかの事件が見出しに当たった後、日本がパイロットによるアルコール消費を抑えるための新たな規制を導入した後にこの事件が起こりました。 火曜日に、ANA副操縦士は322人の乗客と一緒にボーイング777を日本の西部の神戸から東京の羽田空港に飛ばすことになっていました。 しかし彼は呼気検査に失敗し、飛行の約6時間前に彼のホテルの部屋でビール1杯とアルコール飲料の半分の缶を消費したと言った。 交換用のパイロットが発見された間、飛行は1時間以上遅れました。 航空会社は声明の中で、それは「厳密に」事件を扱うだろうと述べた。 それは飛行の24時間前までにアルコールを飲むことからパイロットと共同パイロットを禁止しました。 昨年末、イギリスで日本航空副操縦士が逮捕され、飛行直前に法定限度の10倍近くの血中アルコール濃度で発見された後、10ヶ月間刑務所に投獄された。 彼は伝えられるところによれば飛行前夜に6本以上のワイン2本と1.8リットル以上(米国の4パイント近く)のビールを消費していた。 1月の規則変更の前は、日本は飛行前の航空機乗務員による飲酒に法的制限はなく、呼気検査は必要ありませんでした。

Read more