Tag: ドナルド・トランプ

日本はアジアをリードできるか

日本はアジアをリードできるか

  ドナルド・トランプ大統領は最近、「自由で開かれたインド太平洋」(FOIP)が米国のアジア政策の一部になると発表しました。それは、ルールベースの国際秩序を維持するための努力において、南アジアの日本と東アジアをインドに結び付ける戦略的ビジョンです。 FOIPは南シナ海での中国の主張に対する強力な対応策であり、おそらくアジアからヨーロッパに及ぶ中国のベルト・アンド・ロード・イニシアチブに対抗するためのツールです。 FOIPは新しく開発された概念ではありません。それはもともと2006年に日本の安倍晋三首相によって提唱されました。インドと太平洋地域は、日本、インド、アメリカとオーストラリアのような志を同じくする民主主義の国によって維持される戦略的地域に統合することができます。米国は当時安倍の考えを支持しなかった、しかしトランプ政権は中国の経済と軍の台頭に対抗することを目的とするこの戦略的なビジョンを支持するように思われる。 インド - 太平洋の戦略は確かに日本、アメリカそして他のアジア諸国に大きな願望と機会をもたらすかもしれません。しかし、この段階では、この提案は制度とアイデンティティ形成の間に深刻なギャップに遭遇します。インド太平洋の考えを神話から現実のものに変えることは、アジアの政治学における学術的および政策論争の両方を引き起こしました。インド、日本、またはインドネシアが国益を超えて集団の理解に達することができるかどうか - インド - 太平洋のアイデアの成功は共通のアイデンティティの形成にかかっているので、それは特にアジアの主要国にとって差し迫った問題です。したがって、接続性、多様性および協力に焦点を当てながら、アジアでインド太平洋戦略を実行する上での日本の外交政策のロードマップを作成する必要がある。 FOIPへの米国とオーストラリアからの参加が戦略における日本の役割を薄めるかもしれないという懸念のために、現在日本では激しい政策論争が広まっています。しかし、インド太平洋戦略の策定において、日本政府が修辞学的指導力を取り戻すための実行可能な方法があることに注意すべきです。西部の支配を拒絶し、多様性を通じた独立を得るという「グレーターイーストアジア共栄圏」からの2つの要素は、日本の政策論議に賛否両論を提供する。具体的には、汎アジア主義に関する日本の言説の背後にある修辞学的根拠および論理的根拠を再検討することによって、安倍政権は日本国内の視聴者と国内の双方で共鳴を得るという戦略的機会をつかむのに役立つ。中国と米国の間の激しい電力競争に直面したとき、日本政府は拡張主義勢力として描かれていることの悪影響を最小限に抑え、発展途上国とのパートナーの肯定的なイメージにつながることができます。 戦前の日本からの教訓 1930年から1940年代にかけて、日本は東アジアから東南アジア、そしてインドオセアニアにまで及ぶ地域的概念である「グレーターイーストアジア共栄圏」を提唱しました。当時のコノエフミマロ首相は、当時は「日米の平和主義を拒絶すべきだ」と強く示唆していたので、日本主導で西洋植民地の力から解放されたアジア諸国の創造を目指した。しかし、このイニシアチブは後に日本の軍国主義者によって帝国建設と領土の拡大を支援するために割り当てられました。第二次世界大戦の終わりに日本が敗北しても、共栄圏の概念は、経済成長にもかかわらず、日本の満たされていない願望として残っていました。一見すると、日本が過去から学ぶことができるのは、「世界秩序に挑戦しない」ことであり、また「自由主義的機関と積極的に統合すること」です。 しかし、共栄の概念のもう一つの側面である多様性と開発は、日本がどのようにしてFOIP戦略の将来を形作る上で大きな可能性を秘めているかを明らかにします。アジアの外交と外交における日本の外交は、繁栄、統合、そしてアジア諸国間の自立についてのこれまでの議論を再検討することによって、より幅広い支持を得るかもしれない。安倍首相は、インド太平洋戦略を提唱しながらこれらの性格を詳述することができる。 多様性とのつながり 共栄圏からAbeが学ぶことができることは、アジアとそれ以降の発展途上国のための発展と繁栄への包括的で多様な方法を構築することにあります。当初のコンセプトは独立を通じた西洋支配からアジア諸国を解放しようとしたものであり、中国とアメリカの間の激しい勢力競争に直面したとき、このアイデアの本質は依然としてアジア諸国間の共鳴を持っています。この意味で、日本は発展途上国と大国の間の信頼できる仲介者として役立つべきです。 例えば、日本はアフリカとの経済協力と持続可能な開発を強化するためにインドとのアジア - アフリカ回廊(AAGC)を積極的に推進することができる。エネルギーとインフラに焦点を当てているベルト・アンド・ロードのイニシアチブとは異なり、日本とインドはAAGCの開発プロジェクトにおける共存圏から「独立と多様性」の修辞を借りることができます。カスタマイズされた開発計画 ...

G20首脳、関税撤廃を懸念

G20首脳、関税撤廃を懸念

  日本政府関係者は、20カ国の主要経済大国からの指導者の中には、米国と中国の貿易戦争が世界経済に与える悪影響が懸念されているとの認識を示した。 しかし、世界の2大経済国である米国と中国が数億ドルの罰金刑に拘束されていることから、G20が合意に達することができるかどうかはまだ分かっていない他の輸入品。 先月のアジア太平洋経済協力サミットでは、ワシントンと北京の間の深刻な分裂を背景に、1993年にフォーラムが始まって以来、21人のメンバーの代表が共同宣言を初めて確定しなかった。 G20首脳会議が2008年の創設以来初めての共同コミュニケを採択するには不十分であれば、世界経済の見通しを曖昧にする共通の枠組みを見つけるための現行の国際枠組みの能力に疑念が沸きます。 ドナルド・トランプ大統領と中国人民代表大使西ジンピンは、2017年11月以来、初めての対面協議を予定している。 国連安全保障理事会は、ブエノスアイレスで開催された安倍晋三首相との会合の初めに、「我々は非常に懸命に働いている」と述べ、米中首脳会談の見通しについて楽観的な見解を表明した。 「もし取引ができれば、それは良いことだ。私は彼らが欲しいと思う、私はしたいと思います、 "トランプは言った、加えて、"いくつかの良い兆しがあります。私たちは何が起こるか見るでしょう。 トランプ氏は、安倍晋三首相と会談し、両首脳の首脳会談で、米国との間の貿易不均衡を「非常に迅速に」対応するよう求めた。 トランプ氏は、財政赤字を「大規模なもの」と「相当なもの」と呼んでいる。「これを非常に迅速にバランスさせることを望んでいる」 トランプ氏は、日本がF-35やその他の米国戦闘機を購入したことを賞賛した。 「日本は大量の戦闘機やF-35などを購入しており、非常に感謝している。 「私たちの赤字のバランスを取ろうとして、彼らは本当に私と一緒に働いている」 日本政府高官は、政府がF-35の新規購入を決定していないが、国防総省は将来のために全国の戦闘機システムを見直していると述べた。 トランプは、米国との巨額の貿易黒字と慢性的な貿易黒字を批判している。彼の政権は、自動車や農業の市場アクセスを拡大するために日本を押しつけると期待されている。 米商務省のデータによると、米国との貿易赤字は2017年に688億5000万ドルで、米国が貿易赤字を出した国の中で3番目に多い。 安倍晋三官房長官は、アルゼンチン首都圏のXiとの会談で、米国と中国の指導者たちが有益な議論を展開することを希望していると述べた。 ウォールストリートジャーナル紙は、米国と中国の関係者を挙げて、春からの関税引き上げの見返りに、中国側の経済政策の「大きな変化」を見据えた新たな協議の開始を検討していると報じた。 しかし、両首脳が貿易問題について譲歩することは容易ではないとの憶測が蔓延している。トゥループは、対話を通じて進行中の貿易紛争を解決しようとしているにもかかわらず、 ...

日本の100人のステルス戦闘機の購入を検討:報告書

日本の100人のステルス戦闘機の購入を検討:報告書

  日本は、中国の軍事力の拡大に対抗するため、米国からのF-35ステルス戦闘機100台を88億ドル以上購入することを検討しているというニュースが11月27日に報じられた。 ドナルド・トランプ大統領が、軍事用品やその他の米国製品を日本に押しつけて、東京とのワシントンの巨額の貿易赤字を指摘する中で、買収額は報じられている。 日本はすでに米国から42機のF-35ステルス戦闘機を購入することにしており、日経の日刊誌によると、1兆円(88億米ドル)を超える100以上の購入を検討中である。 内閣は、国防計画のガイドラインが発表された12月中旬に、この計画を承認するとの見通しを明らかにした。 防衛省の広報担当者は、「追加購入に関連するものはすべて検討中」と述べ、この報告書を確認することを拒否した。 9月、安倍晋三首相は、「米国の装備を含む高度仕様の軍事装備を導入することは、日本の防衛を強化する上で重要だ」と伝えた。 共同通信社は、ヘリコプター運搬船の運搬や打ち上げができるように、ヘリコプター運搬船の整備も検討している、との見方を示した。 政府は、現在、ヘリコプターを搭載しているフラットトップ型駆逐艦、イズモ(Ezumo)を、中国の海洋主張に批判的な本格的な空母にアップグレードすることを検討している、と地元の報道官は述べた。 中国は、国の軍隊の近代化を強調する最新のマイルストーンで、最初のステルス戦闘機を兵役に配備している。 日本最大級の戦後海軍船舶であるイズモ級の19,500トン船は、248メートル(818フィート)の長さで、最大14ヘリコプターまで運ぶことができます。 来月にガイドラインが公表されると、この計画は最終決定される見込みだという。 岩屋武志国防相は27日、記者団に対し、船の整備について質問した。「可能な限り多くの目的に使用したい」報道官は、この動きは、日本の防衛志向の政策からの移行だと指摘した。 日本の平和主義憲法の下では、軍隊は自制に限られており、国は二国間の安全保障同盟の下で米国に大きく依存している。

トランプ氏、20日までに包括報告 サウジ記者殺害で

トランプ氏、20日までに包括報告 サウジ記者殺害で

  トランプ米大統領は17日、サウジアラビア人記者カショギ氏の殺害にサウジ政府が関与した事件について、実行犯などに関する「包括的な報告」を20日までに受けると明らかにした。現時点では、サウジの事実上の最高権力者のムハンマド皇太子の関与があったと断定するのは「早計だ」と説明しつつ「その可能性もある」と語った。 訪問先のカリフォルニア州で記者団に語った。殺害事件について「おそらく来週月曜日(19日)か火曜日(20日)には包括的な報告を受ける」と説明。報告には「事件を起こした人物が盛り込まれる」との見通しを示した。トランプ氏は17日、米中央情報局(CIA)のハスペル長官やポンペオ米国務長官と電話し、事件について協議していた。 複数の米メディアは16日、CIAがカショギ氏殺害はムハンマド皇太子の命令だったと断定したと報じた。だが米国務省のナウアート報道官は17日の声明で、報道は「不正確だ」と否定。「殺害事件には解き明かされていない多くの疑問がある」と指摘し、今後も情報収集を進める考えを示した。その上で「米政府は殺害事件に関わった犯人に責任をとらせると決心している」と強調。一方で「米国とサウジの戦略的に重要な関係を維持していく」とも説明した。 複数の米メディアによると、ムハンマド皇太子の弟のハリル王子がカショギ氏に電話し、殺害現場になったイスタンブールのサウジ総領事館を訪問するように促していた。CIAが傍受した通話記録によると、ハリル王子にカショギ氏に電話するよう指示したのがムハンマド皇太子で同氏の関与を裏付ける証拠の一つになっている。

米司法省、ウィテカー氏の長官代理就任は「合憲」

米司法省、ウィテカー氏の長官代理就任は「合憲」

  米司法省が、トランプ大統領が指名したウィテカー氏の司法長官代理への就任は合憲との見解を示したことが14日、明らかになった。複数の米メディアが同日報じた。議会上院の承認を受けていない人物の就任は違憲だとして訴訟が起きているが司法省は代理の交代は必要ないと反論した格好だ。 米メディアによると、司法省が作成した文書には上院の承認手続きを経ていない場合でも、少なくても7カ月間にわたって長官代理に就けると明記されている。大統領が正式に長官に指名した人物の承認が滞れば在任期間をさらに延ばせるという。オバマ政権やブッシュ(子)政権でも承認を受けず一時的に高官職に就いたケースがあったと説明した。 2016年の米大統領選でのトランプ氏周辺とロシアの不透明な関係を巡る疑惑について、ウィテカー氏は「(司法当局の)捜査範囲が広すぎる」などと批判したことがあった。疑惑捜査を「魔女狩りだ」と主張するトランプ氏に近いとの見方が多く、野党・民主党や米メディアでは捜査を監督する長官代理には適切でないとの批判する声が目立つ。 メリーランド州の司法長官は13日、合衆国憲法は、最重要な政府高官は上院の承認が必要と定めているとして、ウィテカー氏の交代を求める訴えを同州の連邦地裁に起こしていた。

マクロン仏大統領、国家主義を批判 第1次大戦終戦100年式典で

マクロン仏大統領、国家主義を批判 第1次大戦終戦100年式典で

  パリで11日、第1次世界大戦終戦100周年の記念式典が開かれ、エマニュエル・マクロン仏大統領は各国首脳に国家主義(ナショナリズム)を拒否するよう呼びかけた。 ドナルド・トランプ米大統領やロシアのウラジーミル・プーチン大統領などが参列する中、マクロン氏は国家主義は「愛国心の裏切りだ」と訴えた。 「『自国利益が最優先で他国のことなど気にしない』と言うことで、その国で最も大切なもの、つまり倫理的価値観を踏みにじることになる」 記念式典は世界各地で行われた。 1914~18年の第1次世界大戦では970万人の兵士と1000万人の市民が犠牲となった。 記念式典に併せ、2カ国首脳会談を持った国もあった。プーチン氏は記者団に対し、トランプ氏と短い会話を交わし、結果は好ましいものだったと話した。 一方でロシアのメディアは、仏政府主催の午餐会では、トランプ氏とプーチン氏が隣に座らないよう直前に席順が変えられたと報じた。 パリの記念式典 マクロン氏をはじめとする各国首脳や高官は、パリの凱旋門の地下にある無名戦士の墓まで歩いて参拝した。この日は雨で、パリ中の教会の鐘が鳴らされる中、マクロン氏らは黒い傘を差して行進した。 その後、20分近い演説で、マクロン大統領は各国首脳に「平和のために戦う」よう訴えた。 パリでの式典にはトランプ米大統領夫妻など70カ国の首脳が出席した 「国際社会から身を引き、暴力や一極支配などに魅了されてこの希望を踏みにじるのは、間違いだ。そのようなことになれば、それは我々の責任だと、次世代は当然指摘するだろう」 式典は、1918年11月11日午前11時に終戦を知らせたラッパの演奏で締めくくられた。 この日の午後には「パリ平和フォーラム」と題された平和会議が開かれ、マクロン氏やアンゲラ・メルケル独首相に加え、プーチン氏やトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領も参加した。 メルケル氏は、欧州やあらゆる場所で「視野の狭い」国家主義が力をつけていると警告した。 ...

米朝首脳会談、来年初め開催に意欲 トランプ氏

米朝首脳会談、来年初め開催に意欲 トランプ氏

  トランプ米大統領は7日の記者会見で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長との2回目の首脳会談について来年初めの開催に意欲を示した。北朝鮮が求めている経済制裁の解除について「私は喜んで解除したいと思っているが北朝鮮も(非核化に)応じなければいけない」と強調した。非核化交渉に関して「急がない」とも語った。

米民主、20年大統領選は視界不良 亀裂抱え党の顔不在

米民主、20年大統領選は視界不良 亀裂抱え党の顔不在

  米中間選挙で8年ぶりに下院の過半数を奪回した野党・民主党はこの余勢を駆って2020年大統領選の勝利をめざす。ただ、現時点で抜きんでた候補は見当たらない。前回の大統領選で党内を二分した中道・穏健派と左派の路線対立もなお抱えており、先行きは視界不良だ。一方、再選をめざすトランプ大統領は人事刷新に踏み切る構えで、態勢立て直しを急ぐ。 「トランプ政権に対するチェック・アンド・バランスの機能を復活させる」。民主の下院トップ、ペロシ院内総務は6日夜、下院奪回を受けて支持者にこう強調した。民主は共和党のブッシュ(子)政権下の06年の中間選挙で、上下両院で過半数を奪還。2年後の大統領選でオバマ前大統領の勝利につなげた。その再来を狙う。 その道は決して平たんではない。1つは高い知名度を誇る「党の顔」の不在だ。08年大統領選はヒラリー・クリントン元国務長官や上院議員で頭角を現しつつあったオバマ氏を擁していた。ヒラリー氏は16年も再挑戦した。 現在、世論調査で名前が上位にあがるのはバイデン前副大統領、無所属のバーニー・サンダース上院議員らだ。いずれも大統領選に出馬経験があって全米で名を知られるが、両氏ともに過去の民主の指名候補争いで敗れている。70歳代の年齢も難点だ。 トランプ政権の移民政策や連邦最高裁判事の人事を巡る追及で、「女性版オバマ」の異名をとるカマラ・ハリス上院議員や、アフリカ系のコリー・ブッカー上院議員ら有望株も台頭しつつある。「今回の選挙は国の未来を決定づける機会となるものだ」。ハリス氏は6日夜、こうツイッターに投稿し、支持者を鼓舞したが、全米で通じる知名度とは言いがたい。 民主の新星オルーク氏は、今回の中間選挙で共和の牙城、南部テキサス州で流ちょうなスペイン語をしばしば交えた演説でヒスパニック(中南米系)を含め支持を拡大し注目を集めた。現職のクルーズ上院議員に肉薄したが、結局惜敗した。 党内の路線争いも悩みのタネだ。16年大統領選は主流派のヒラリー氏と左派のサンダース氏が党の指名を激しく争い、ヒラリー氏が勝利した後も禍根を残した。サンダース氏を支持した若者が「ヒラリー氏の支援には回らない」というケースも多かった。 左派は日本のような国民皆保険の導入や大学無償化、移民税関捜査局(ICE)廃止といったリベラル色の強い政策を訴えており、党主流の中道派とは一線を画す。「病的な嘘つきである大統領と戦っていこう」。上院で3選を果たしたサンダース氏は6日夜、支持者にこう宣言した。 アメリカン大のデビッド・バーカー教授は「バイデン氏のように中道色が強い候補でないと、支持が広がりにくい」と見方を示す。実際今回の選挙で、サンダース氏の支援を受けた候補の当選はニューヨーク州下院14区のオカシオコルテス氏ら一部にとどまり、フロリダ州やメリーランド州の知事選の候補らは相次ぎ敗北した。 ただ、民主内には「トランプ氏に対抗するには、こちらも極端な主張をぶつけるしかない」との声もくすぶる。 一方、トランプ氏は態勢立て直しのため、人事刷新に踏み切る方針だ。複数の閣僚らの交代が有力視される。筆頭格はかねてロシア疑惑への対応を公然と批判してきたセッションズ司法長官だ。ホワイトハウスはすでに後任の人選に着手した。ジンキ内務長官も職権を利用して個人的利益を得ようとした疑いがあり、交代説がくすぶる。 注目されるのはマティス国防長官の去就だ。トランプ氏とは米韓合同軍事演習やアフガニスタンやシリアの米軍駐留などを巡って隔たりがあり、トランプ氏もたびたび不快感を示しているとされる。国際協調を重視し、現実的な安全保障観を持つマティス氏は日本など同盟国からの信頼も厚いだけに、交代すればその影響は大きい。トランプ氏は週内に年末に辞任するヘイリー国連大使の後任人事も発表する。 ブッシュ(子)政権は06年の中間選挙で敗北を喫すると、その最大の原因となったイラク戦争を主導したラムズフェルド国防長官を交代させた。

セッションズ司法長官を更迭 トランプ米大統領

セッションズ司法長官を更迭 トランプ米大統領

  トランプ米大統領は7日、ツイッターでセッションズ司法長官が退任すると発表した。司法省によると、トランプ氏が辞表の提出を求めてセッションズ氏が承諾した。事実上の更迭となる。トランプ氏は6日の中間選挙を終えて交代に踏み切ったとみられる。 両氏には2016年の米大統領選でのトランプ氏周辺とロシアの不透明な関係を巡る捜査の監督をめぐって確執が広がっていた。マシュー・ホワイテカー司法長官首席補佐官が長官代理を務め、正式な後任は今後指名する。

NY商品、原油6日続落 米のイラン制裁は緩やかとの見方

NY商品、原油6日続落 米のイラン制裁は緩やかとの見方

  5日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場が小幅に6日続落した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の12月物は前週末比0.04ドル安の1バレル63.10ドルで終えた。米政府が5日にイランとの石油や金融の取引を禁じる制裁を発動し、買いが先行した。ただ、トランプ米大統領が制裁を緩やかに進めると述べたと伝わり、取引終了にかけて下げに転じた。 米政権は5日にイラン制裁の対象を石油や金融、造船、保険に広げ、オバマ前政権が2016年に解除した制裁を全面的に再開した。原油取引に伴う決済や石油タンカーの事故に備えた保険取引も禁じられる。世界各国にも制裁に同調するよう求めており、イランからの原油供給は細る見通し。世界の原油需給が引き締まるとの見方から先物に買いが先行した。 4日夜の時間外取引では一時62.52ドルと期近物として約7カ月ぶりの安値を付けていたため、値ごろ感からの買いも入りやすかった。 取引終了にかけては売りが膨らみ、相場は下げに転じた。5日午後、トランプ大統領が記者団に「(イラン制裁は)やや緩やかに進めたい」と述べたと伝わった。個人消費の鈍化につながる原油高を回避するためという。米政府は日本や中国など8カ国・地域にイラン産原油の一時的な輸入継続を認めたとも伝わり、原油需給が引き締まるとの見方が後退した 金先物相場は続落した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で、取引の中心である12月物は前週末比1.0ドル安の1トロイオンス1232.3ドルで終えた。中国の景気減速懸念で銅先物相場が下落し、金も連れ安した。外国為替市場でドルが主要通貨に対して上昇した局面で、ドルの代替投資先とされる金は売り優勢になった。

Page 1 of 6 1 2 6

Translate

Popular Post

中国ではなく日本がアジアのインフラ投資コンテストで優勝する可能性があります。

中国がベルト・アンド・ロード・イニシアチブを通じたインフラ投資で東南アジアを訴え始める前は、日本がこの地域の開発資金のトップを占めていました。現在2つの大国が経済的影響と商業的影響のために競っているので、北京は戦いに勝ったが戦争を失ったかもしれないと言う人もいます。 すなわち、東京は北京の投資の莫大な量に匹敵することができないかもしれません、しかしそれは評判と地域の影響の点で、先にランクします、専門家によると。 政府が1990年代にインフラ接続の青写真を先導する前に1970年代後半に多国籍企業を通して最初に始まった新興アジアにおける日本のベンチャーは、G-7とOECDが「高品質のインフラ」と呼んでいるもののポスターの子と見られている。そのようなプロジェクトは、発展途上地域における全体的な物流を改善することに加えて、高い安全性、環境、信頼性および包含基準を誇っています。 例えば、国際協力銀行は、国道と港湾のアップグレードのためのベトナムへの貸付は、農村世帯の収入を増やし、貧困レベルを下げ、効率を高めたと主張している。 中国のXi Jinping大統領のBelt and Roadの下にあるいくつかのキャンペーンも「質の高いインフラ」と見なされているが、中国の権力を世界に広めるためのプラットフォームと長い間考えられてきた。 2018年の報告書で、「BRIの意欲的な投資水準では、新しいインフラストラクチャプロジェクトの実際の影響についてはほとんどわかりません」とシニアフェロー兼アジア研究プロジェクト担当アジアプロジェクトのディレクターであるJonathan Hillmanは述べています。 「その支出は、それを最も必要としている人々に役立つでしょうか。それは実行可能なプロジェクトか白い象に入るでしょうか。それは気候変動を助けるか、または傷つけますか。それは価値を創造または破壊しますか?」 地域のエンゲージメント透明度 専門家によると、日本の企業や政府関連機関によって構築された鉄道、通信ネットワーク、農業開発は、彼らが地域の利害関係者に提供する技術研修や教育で特に評価されています。それは東京とホスト国の間でのれんを培うのに大いに役立ちます。 安倍晋三首相の政権は11月に、東南アジア諸国が5年間で8万人の製造業およびデジタル業界の専門家を地域全体のスマートシティの構築を推進する手助けとすると発表した。対照的に、Belt and Roadの参加者はしばしば地元の関与がないことを訴えます - 多くの中国主導の建設努力は、地元企業を関与させるのではなく、中国から大量の材料と労働を輸入すると非難されます。 ベルトと道路プロジェクトのための汚職の恐れもあります。ある例では、中国当局はマレーシアでのインフラプロジェクトのコストを増大させることに同意したと伝えられている、とWall Street...

Read more