Tag: トランプ大統領

2度目の米朝首脳会談、「来年早々に行う」とトランプ氏

2度目の米朝首脳会談、「来年早々に行う」とトランプ氏

  米国のトランプ大統領は7日、記者団に対し、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との2度目の首脳会談について「来年の早い時期」に行う意向を示した。北朝鮮との関係は「うまくいっている」とも強調したが、関係者の間では非核化に向けた協議が行き詰っているとの見方が出ている。 ホワイトハウスで記者会見したトランプ大統領は「我々は北朝鮮との関係に非常に満足している。うまくいっていると思う。焦りはまったくない」と述べた。そのうえで金委員長との2度目の首脳会談を「来年のどこか早い時期に」行う考えを明らかにした。 しかし米軍関係者や外交筋などからは、非核化を巡る交渉で米朝両国は膠着(こうちゃく)状態に陥ったとの指摘が出ている。米国から最初に譲歩を引き出したい北朝鮮は、制裁の緩和を拒まれたことに対し「心底腹を立てている」とみられる。また双方の交渉担当者同士の個人的ないさかいも、協議を遅らせる要因になる可能性があるという。 中央情報局(CIA)の元幹部で朝鮮半島情勢に携わったブルース・クリングナー氏は、交渉の不調を示す事案として、北朝鮮が最近行った核開発再開の警告、ポンペオ国務長官の下で実務を担うビアガン特別代表と北朝鮮側とがいまだに面会していないこと、米朝両国が「非核化」といった協議の鍵となる言葉の定義について依然として合意に至っていないことを挙げた。 歴史的な米朝首脳会談から5カ月を経てもなおこれだけの問題が残されている現状について、クリングナー氏は「双方の隔たりがまだ極めて大きなものであるのは明らかだ」と語った。

きょう米中間選挙 焦点はトランプ氏「信任」、両院で過半数

きょう米中間選挙 焦点はトランプ氏「信任」、両院で過半数

  トランプ氏「信任」両院で過半数焦点 きょう米中間選挙 トランプ米大統領の信任を問う中間選挙の投票が6日朝(日本時間6日夜)始まる。同日夜(同7日朝)から各州で順次開票される。トランプ氏が勝利した2年前の大統領選後、全米の有権者が一票を投じるのは初めて。与党・共和党が上下両院で過半数を守れるかが焦点だ。2020年の大統領選で再選を目指すトランプ氏の勢いが続いているのか、評価が下される。 トランプ氏は4日、州知事選や上院選で激戦となったジョージア、テネシー両州で演説。最終日の5日には一気に3州を回る。トランプ氏はホワイトハウスで、記者団に「共和党は熱狂のレベルがとても高い」と自信を見せた。 民主党もオバマ前大統領が最終盤になって連日、応援演説し、支持を訴えた。 選挙最終盤になっても、トランプ氏の支持率はいぜん低迷している。政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」(RCP)がまとめた各種世論調査の平均(4日時点)では「支持」が改善傾向にあるものの約44%にとどまり、「不支持」が約53%で上回っている。

機内で痴漢行為の男、「トランプ大統領がいいと言った」と供述 米

機内で痴漢行為の男、「トランプ大統領がいいと言った」と供述 米

  米国内線の旅客機内での痴漢行為で逮捕された男が、調べに対して「米国の大統領がいいと言っている」と話していることが24日までに分かった。 米フロリダ州在住のブルース・マイケル・アレグザンダー容疑者(49)は、ヒューストン発アルバカーキ行きの米サウスウエスト航空機の客室内で、前の座席の女性の胸などを触ったとして、21日に連邦当局に起訴された。 有罪となれば最大で禁錮2年、罰金25万ドル(約2800万円)の刑を言い渡される可能性がある。 同容疑者は連邦捜査局(FBI)の調べに対し、「女性の局部をつかんでもいいと、合衆国大統領が言っている」と語った。 トランプ米大統領は、「有名人ならなんでもできる」「女の陰部をわしづかみにする」などと話した2005年の会話の録音テープが明るみに出て、波紋を呼んだことがある。 被害者の女性は、同機に搭乗していったん眠りに落ちたが、15~20分後に後ろからわきや胸を触られていることに気付いたという。偶然だろうと思ったものの、30分後にまた触られたため、後ろに座っていた同容疑者を問い詰めた。女性はその後、別の座席へ移されたという。

TAG「トランプ、安倍両氏のごまかし」 国民・玉木氏

TAG「トランプ、安倍両氏のごまかし」 国民・玉木氏

  玉木雄一郎・国民民主党代表(発言録) (日米首脳会談で合意した新たな二国間での関税交渉について)今回の合意内容は一言で言うと、お互いの顔を立てた、先送りの内容だ。これからどうなるかが全くわからない内容になっている。しかも、TAG(日米物品貿易協定)という新たな三文字略称を出してきて、その合意の内容の実態が見えないようにしている。合意内容の実態をごまかしているような言葉を使っているのは極めて不誠実だ。 「トランプ大統領」(T)と「安倍(晋三)総理」(A)の「ごまかし」(G)、それがまさに、TAGではないかと思うような中身になっているので、一体どういう話をしたのか、何を合意したのか。そして協定の外にある、防衛装備品をどれだけ買う約束をしたのか、明らかにしてもらいたい。納税者への説明を果たしていただくという観点から、臨時国会では、しっかりと説明を求めていきたい。

「完全な魔女狩り」。トランプ大統領、アメリカ大統領選めぐるロシアとの結託疑惑を完全否定

「完全な魔女狩り」。トランプ大統領、アメリカ大統領選めぐるロシアとの結託疑惑を完全否定

  米ロ首脳会談、関係改善で一致 核軍縮・シリア問題協力 欧州歴訪中のトランプ米大統領は16日午後(日本時間同日夜)、フィンランドのヘルシンキでロシアのプーチン大統領と会談した。米ロ関係は冷戦後最悪とされるが、両首脳は対話を通じて関係改善を目指すことで一致。トランプ氏は会談後の共同記者会見でプーチン氏を「よい競争相手」と持ち上げた。核軍縮やシリア内戦などでも協力するとしたが、実現させるための具体策は示さなかった。 両首脳の会談は昨年11月以来で計3度目。国際会議の場以外の会談は初めて。トランプ氏は首脳会談の冒頭、「ロシアと仲良くすることは良いことだ」とし、「並外れた関係」を願うと語った。プーチン氏も「二国間関係についても、世界のさまざまな問題をはらむ地域についても、話し合う時がやってきた」と前向きな姿勢を示した。 トランプ氏は会見で核軍縮について「最も大事なことだ。我々は世界の核の90%を持っている」と強調。北朝鮮の核問題についても触れ、核拡散の問題を終わらせると述べた。しかし、先月の米朝首脳会談で北朝鮮の非核化の道筋を示さなかったのと同様、具体的な方法は語らなかった。 トランプ氏は首脳同士の関係構築を進めるとも強調。今後もプーチン氏と頻繁に会談して、世界の問題を解決していくとした。 一方、首脳会談の3日前にロシア軍当局者12人が米大統領選への介入疑惑で起訴され、米議会は、民主主義への攻撃だとして非難するよう求めていた。しかし、トランプ氏は「(トランプ陣営の)ロシアとの結託はない」と理由は示さずに繰り返し、強い姿勢は見せなかった。自身の当選を狙ったロシアの介入への非難には消極的な姿勢を示した形だ。 プーチン氏も「ロシアは選挙を含め、米国のいかなる国内問題にも干渉していない」と強調。トランプ氏は信じる姿勢を示し、「完全な魔女狩り」と断じた。

「晋三、私が日本に移民を送れば君はすぐに退陣だ」トランプ氏がG7でトンデモ発言

「晋三、私が日本に移民を送れば君はすぐに退陣だ」トランプ氏がG7でトンデモ発言

  トランプ氏「日本に移民送れば晋三は退陣」 G7で暴言 晋三、日本に大量移民を送れば、君はすぐに退陣するぞ――。トランプ米大統領がカナダ・シャルルボワでの主要7カ国首脳会議(G7サミット)で、安倍晋三首相に対し、移民問題に関して暴言を吐いていたと、米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が15日報じた。トランプ氏はG7で通商問題を巡って他国と亀裂を深めていたが、不満や放言は他の問題でも炸裂(さくれつ)していたようだ。 同紙がG7に参加していた欧州連合(EU)関係者に聞いたところによると、各国の首脳が移民問題を話し合っていた際、トランプ氏が安倍首相に「晋三、君の国には移民問題はないだろう。しかし、私は2500万人ものメキシコ移民を日本に送ることができるぞ。すると君はすぐに退陣だ」と語ったという。 トランプ氏はG7で、移民に対し、より厳しい姿勢を打ち出したかったとみられる。

トランプ大統領、米朝首脳会談で朝鮮戦争終結の合意に調印する可能性

トランプ大統領、米朝首脳会談で朝鮮戦争終結の合意に調印する可能性

  トランプ米大統領は7日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との12日の会談で、朝鮮戦争を正式に終結させる合意に調印する可能性があると述べた。また、後に金委員長をホワイトハウスに招く用意があることも明らかにした。 トランプ大統領はホワイトハウスでの安倍晋三首相と共同記者会見に臨み、「合意に調印する可能性があるのは確かだ」と発言。「われわれはそれを検討しており、北朝鮮側と話し合っている」と説明した。また、「これは恐らく易しい部分だろう。難しいのは残りの部分だ」とも語った。 トランプ大統領は米朝首脳会談が「素晴らしい成功」になるとの見通しを示した。他方で、会談終了後に自分が再び北朝鮮への「最大限の圧力」について話し始めたら交渉決裂を示唆し、その場合、300項目の対北朝鮮追加制裁リストを用意していると指摘した。 安倍首相は共同会見で、拉致問題について北朝鮮との直接協議を望んでおり、拉致被害者が確実に帰国できるようにする決意だと話した。トランプ大統領は、安倍首相が会談で拉致問題について「長い時間、熱心かつ精力的に」語ったとした上で、米国は「この問題を北朝鮮と間違いなく議論する」と明言した。

トランプ氏「ロッドマン、良いヤツだが招かれていない」 米朝首脳会談

トランプ氏「ロッドマン、良いヤツだが招かれていない」 米朝首脳会談

  トランプ氏「ロッドマン、良いヤツだが招かれていない」 トランプ米大統領は7日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と親交があるNBA(米プロバスケットボール)の元スター選手、デニス・ロッドマン氏(57)に関し、12日の米朝首脳会談に「招待されていない」と語った。一部の米メディアは、ロッドマン氏が首脳会談に合わせて開催地のシンガポールを訪れる可能性があると報じていた。 トランプ氏は安倍晋三首相との首脳会談前、記者団に「デニス・ロッドマン? 私は彼が好きだ。良いヤツだ。でも、彼は首脳会談には招かれていない」と述べた。 ロッドマン氏は2013年から計5回、北朝鮮を訪問し、NBAファンで親友でもある正恩氏と交流を続けている。一部の米メディアは、会談前日にシンガポールに入り、首脳会談に参加する可能性があると報じていた。

安倍首相「北朝鮮と直接協議する決意」 日米首脳会談

安倍首相「北朝鮮と直接協議する決意」 日米首脳会談

  安倍晋三首相とトランプ米大統領は7日午後(日本時間8日未明)、ワシントンのホワイトハウスでの会談を終え、共同記者会見に臨んだ。首相は拉致問題解決に向け、「北朝鮮と直接協議していく決意だ」と述べ、日朝首脳会談の開催に意欲を示した。トランプ氏は北朝鮮との国交正常化について、「話し合いを進めていく。国交正常化に確かに期待している」と踏み込んだ。 日米首脳会談は、6月12日にシンガポールで開催予定の米朝首脳会談に向け、対応方針をすり合わせるために行われた。 両首脳は共同記者会見で、北朝鮮が核・ミサイル廃棄に向けた具体的な行動を取るまで国連安保理の制裁決議を解除しない方針を表明。首相は「トランプ大統領は『北朝鮮が行動するまで制裁は解除しない』と述べている。日本の立場もまったく同じであり、日米は完全に一致している」と強調した。 トランプ氏も、非核化などをめぐる米朝間の交渉が合意に達するまで「制裁は解除しない」と明言。ただ、「『最大限の圧力』は効果を生んできたが、この言葉はもう使わない。(北朝鮮と)友好的な交渉を行いたいと思っているからだ」とも述べた。 拉致問題をめぐり、首相は「早期に解決するため、私は北朝鮮と直接向き合い、話し合いたい。あらゆる手段を尽くしていく決意だ」と日朝首脳会談に意欲を示した。同時に「拉致問題の解決に資するものとなる首脳会談かということも当然考えていかなければならない」と強調。トランプ氏との会談でも拉致問題について詳しく説明したと明かし、「トランプ大統領にも理解いただき、日本の立場を支持していただいた」述べた。 これに対し、トランプ氏は「私たちの会話の中で重要な一部だった。北朝鮮とも話し合っていく」とし、米朝会談で拉致問題を提起する考えを改めて示した。 トランプ氏は対日貿易赤字にも言及し、「なんとか対応しなければならない問題」と指摘。「米国は日本と二国間の協定を持ち、公正さ、互恵関係をもって対応していくつもりだ。現在、貿易不均衡はかなりの額にのぼっている。我々の日本に対する輸出がバランスのとれたものになるように、双方に互恵的な貿易関係を結びたい」と強調した。

トランプ氏の親イスラエル外交はなぜ?鍵握るのは福音派

トランプ氏の親イスラエル外交はなぜ?鍵握るのは福音派

  ニューヨーク・タイムズ紙によると、トランプ米大統領は8日、2015年に米英仏独ロ中の6カ国とイランが結んだ核合意から離脱するとマクロン仏大統領に伝えた。14日には米大使館のエルサレムへの移転も控える。国際社会から批判を浴びながらもトランプ氏が親イスラエルの外交政策を強行するのはなぜか。鍵を握るキリスト教福音派団体の集会を取材した。 米東部ニュージャージー州の人口9万人ほどの町トムズリバー郊外。6日夕、巨大なスクリーンが設置された福音派系の教会の壇上に牧師やイスラエル政府関係者らが次々と上がった。口々に強調したのは、イスラエルに対するイランの危険性だ。500人ほどの周辺住民が熱心に聴き入る。 集会を主催したのは410万人以上のメンバーを抱える全米最大の福音派系団体「イスラエルのためのキリスト教徒連合」(CUFI)。トランプ政権にも近い存在だ。 福音派は米人口の約25%が信者と推計され、米国最大の宗教勢力だ。イスラエル寄りの傾向が強く、各種米世論調査では白人の福音派信者のトランプ氏への支持率は約75%。さらに上昇傾向にある。 キリスト教系テレビ番組のホストを務めるCUFI幹部エリック・ステイケルベック氏は、「核合意は、イランが(核)爆弾を得る時間を遅らせているに過ぎない」と核合意離脱を強く訴えた。 同氏は「イスラエルの敵は米国の敵だ」と強調。「今、我々には声がある。光の下で働く機会に恵まれている。ホワイトハウスや議員にアクセスできる」と政権との近さを示した。 集会の参加者は、一様にトランプ氏の政策を称賛した。教会近くに住む塗装業ケビン・レパードさん(51)は「トランプ大統領は、大使館移転で他の大統領になかった勇気を示した。イランはイスラエルへの敵意を示している。(合意離脱を)完全に支持する」と語った。 宗教と政治の関係に詳しいワシントン大学(セントルイス)のマリー・グリフィス特別教授は「トランプ氏とその側近は、福音派の支持を維持しようとしている。これが政策方針の重要な要因になっている。他国の首脳よりも(トランプ氏に)影響力があるようだ」と指摘。「トランプ氏は福音派が長年求めてきた政策を実行に移している。秋の中間選挙に向けてトランプ氏への熱狂を維持させたいのだろう」とした。(ワシントン=杉山正) ◇ 〈イラン核合意〉 2015年に米英仏独ロ中の6カ国とイランが結んだ合意。イランが核開発を大幅に制限する見返りに米欧が経済制裁を緩和する内容になっている。イランと敵対するイスラエルは合意に反発し、オバマ前政権との関係悪化の一因となった。トランプ大統領は「致命的な欠陥がある」とし、大統領選中から離脱を公約にしてきた。 トランプ氏は合意維持の条件として、①イランの弾道ミサイル開発規制の追加②核開発制限の期限の撤廃――などの「修正」を挙げている。欧州は合意維持を求め、追加規制の可能性を米側と協議してきた。トランプ氏は修正の期限を今月12日までとしてきた。

Page 1 of 3 1 2 3

Translate

Popular Post

中国ではなく日本がアジアのインフラ投資コンテストで優勝する可能性があります。

中国がベルト・アンド・ロード・イニシアチブを通じたインフラ投資で東南アジアを訴え始める前は、日本がこの地域の開発資金のトップを占めていました。現在2つの大国が経済的影響と商業的影響のために競っているので、北京は戦いに勝ったが戦争を失ったかもしれないと言う人もいます。 すなわち、東京は北京の投資の莫大な量に匹敵することができないかもしれません、しかしそれは評判と地域の影響の点で、先にランクします、専門家によると。 政府が1990年代にインフラ接続の青写真を先導する前に1970年代後半に多国籍企業を通して最初に始まった新興アジアにおける日本のベンチャーは、G-7とOECDが「高品質のインフラ」と呼んでいるもののポスターの子と見られている。そのようなプロジェクトは、発展途上地域における全体的な物流を改善することに加えて、高い安全性、環境、信頼性および包含基準を誇っています。 例えば、国際協力銀行は、国道と港湾のアップグレードのためのベトナムへの貸付は、農村世帯の収入を増やし、貧困レベルを下げ、効率を高めたと主張している。 中国のXi Jinping大統領のBelt and Roadの下にあるいくつかのキャンペーンも「質の高いインフラ」と見なされているが、中国の権力を世界に広めるためのプラットフォームと長い間考えられてきた。 2018年の報告書で、「BRIの意欲的な投資水準では、新しいインフラストラクチャプロジェクトの実際の影響についてはほとんどわかりません」とシニアフェロー兼アジア研究プロジェクト担当アジアプロジェクトのディレクターであるJonathan Hillmanは述べています。 「その支出は、それを最も必要としている人々に役立つでしょうか。それは実行可能なプロジェクトか白い象に入るでしょうか。それは気候変動を助けるか、または傷つけますか。それは価値を創造または破壊しますか?」 地域のエンゲージメント透明度 専門家によると、日本の企業や政府関連機関によって構築された鉄道、通信ネットワーク、農業開発は、彼らが地域の利害関係者に提供する技術研修や教育で特に評価されています。それは東京とホスト国の間でのれんを培うのに大いに役立ちます。 安倍晋三首相の政権は11月に、東南アジア諸国が5年間で8万人の製造業およびデジタル業界の専門家を地域全体のスマートシティの構築を推進する手助けとすると発表した。対照的に、Belt and Roadの参加者はしばしば地元の関与がないことを訴えます - 多くの中国主導の建設努力は、地元企業を関与させるのではなく、中国から大量の材料と労働を輸入すると非難されます。 ベルトと道路プロジェクトのための汚職の恐れもあります。ある例では、中国当局はマレーシアでのインフラプロジェクトのコストを増大させることに同意したと伝えられている、とWall Street...

Read more