Tag: ソフトバンク

日本のホンダ、日野がソフトバンク – トヨタのモビリティベンチャーに参加

日本のホンダ、日野がソフトバンク – トヨタのモビリティベンチャーに参加

日本の自動車メーカー、ホンダと日野はソフトバンクとトヨタの間で自動運転車のようなモビリティサービスの革新のためのパートナーシップに参加している。 日本のテクノロジー企業、ソフトバンクコーポレーションとトヨタ自動車は、世界的な競争に立ち向かうための "ユナイテッドジャパン"と呼ばれるもので、昨年末、モビリティサービスの合弁会社を発表しました。 トヨタのライバルであるホンダモーターとトヨタのトラック部門である日野自動車は木曜日、トヨタ - ソフトバンクベンチャーのMonet Technologies Corp.の20億円(2000万ドル)で9.9%の株式を取得すると発表した。 各社は2億5000万円(230万ドル)を投資しているという。 トヨタとソフトバンクはまた、木曜日にモナートコンソーシアムを発表した。モナートコンソーシアムは、モビリティサービスを強化するために、コカ・コーラボトラーズジャパンや東日本旅客鉄道など、他の88社とのパートナーシップを含む。 ヘルスケア企業のフィリップスジャパン、開発者の三菱地所、ヤフージャパンもこのコンソーシアムに参加することに合意した。 安全性への懸念が依然として大きな障害であるが、技術専門家は人工知能およびセンサーの進歩が自動運転および他の移動サービスの可能性を開いていると言う。 本田社長の八郷貴弘氏は、モネとの協力には規制変更を実現するための努力も含まれると述べた。 「ホンダは、日本のモビリティサービス産業の活性化に貢献し、日本社会が直面する交通関連の問題を解決することを望んでいる」と述べた。 日野社長の下吉芳雄氏は、この動きはトラックメーカーが物資や人を輸送するための継続的な努力の一環であると述べた。 「このパートナーシップを通じて、私たちは人とモノが自由に、安全にそして効率的に動く世界を創造するという私たちのビジョンを達成するよう努力します」とShimoは言った。 SoftBankはMonet Technologiesの40.2%を所有しています。トヨタは39.8%を所有しています。 豊田昭夫トヨタプレジデントは、10月に提携を発表した際、自律走行車やその他の技術における世界的な競争を変え、それに追いつくという同社の願望を反映していると述べた。 トヨタは日本の伝統的な会社として広く認められているが、孫正義氏率いるソフトバンクはカーシェアリング会社のユーバー、ディディ、グラブのような伝統的でないブランドに積極的に投資していることで有名である。物事のインターネット、またはIoTで。

ソフトバンク通信子会社、東証が上場承認 12月19日

ソフトバンク通信子会社、東証が上場承認 12月19日

  東京証券取引所は12日、ソフトバンクグループ(SBG)の通信子会社「ソフトバンク(SB)」の上場を承認した。12月19日に東証に上場する。SBGは保有する通信子会社の株式を売り出すことで、最大約2兆6000億円を調達する見通し。新規上場で市場から調達する額としては、国内で過去最大になる見込み。 上場時の時価総額は7兆円前後になるとみられる。上場市場は特定されていないが、東証第1部になりそうだ。SBGの通信会社への出資比率は約6割に下がる。孫正義会長兼社長の率いるSBGは投資会社として成長を追求する。 この日にソフトバンクが提出した有価証券報告書によると、同社が想定する1株あたりの売り出し価格は1500円。全株を保有するSBGは、需要動向に応じて実施する追加売り出し分も含めて約4割分を国内外で売り出す。調達額は約2兆6000億円になる見通しだ。ソフトバンク、野村証券やみずほ証券などの主幹事証券会社は今後、投資家向けの説明会を開いたうえで、12月10日に売り出し価格を正式に決める。 これまで世界のIPOで過去最高額を記録したのは中国のアリババ集団。2014年にニューヨーク証券取引所に上場し、当時の為替レートで2.7兆円を調達した。日本国内では1987年のNTT(約2.3兆円)が最高だ。SBGは調達した資金を世界の有望企業に投資する「ビジョン・ファンド」など投資会社としての成長資金に充てる方針だ。 今年最大の上場案件に対し、市場では警戒感も浮上している。ソフトバンク株を購入するためには、投資家は同額の資金を用意する必要があるためだ。購入資金を確保するため、個人が手持ちの他の銘柄を売って備える「換金売り」が膨らむ可能性がある。同じく携帯電話事業を手がけるNTTドコモやKDDIなどが対象になりやすいとの見方が市場では多い。 市場では「個人投資家の待機資金であるマネー・リザーブ・ファンド(MRF)の残高は約13兆円あり、新規資金で吸収できる」(三井住友アセットマネジメントの市川雅浩シニアストラテジスト)との見方がある一方、10月の株価急落で個人投資家の懐は痛んでいる。コモンズ投信の伊井哲朗社長は「ソフトバンク株が上場後に下落し、含み損が発生すると個人の売買はさらに鈍る」ことで、相場全体に影響するとの指摘もある。 企業統治の面でも課題が残る。ソフトバンク上場を巡ってはSBGとの親子上場も大きな論点になる。東証は親子上場について「一律に禁止しないが、必ずしも望ましくない」との立場を07年に明示。上場企業の間でも親子上場を解消する動きが広がっている。上場審査を担う日本取引所グループの自主規制法人は、ソフトバンクの経営の独立性や親会社のSBGが実質的に投資会社に変質していることなどから、上場を承認したとみられる。 SBGはソフトバンクの上場後も大株主として残る。親子上場は親会社と子会社の株式を持つ個人など少数株主の利益が相反するとの懸念は根強い。東海東京調査センターの石野雅彦シニアアナリストは「(SBGは)投資家としての目線を持って、株主の期待にかなう成長を子会社であるソフトバンクに促す必要がある」と指摘する。

ソフトバンクが2年連続日本一 プロ野球日本シリーズ

ソフトバンクが2年連続日本一 プロ野球日本シリーズ

  SMBC日本シリーズ2018は3日、マツダスタジアムで第6戦が行われ、パ・リーグ2位から勝ち上がったソフトバンクが2―0でセ・リーグ優勝の広島に勝ち、通算4勝1敗1分けで2年連続9度目の日本一に輝いた(前身含む)。広島は34年ぶりの日本一を逃した。 ソフトバンクは四回1死二、三塁から西田の投前スクイズで先制。五回グラシアルの今シリーズ第1号となる左越えソロで加点した。先発バンデンハークが6回無失点、10奪三振と力投し、継投で零封した。 広島はジョンソンが粘投したが、打線が沈黙した。一回田中、二回安部が盗塁失敗。シリーズを通じて8度企てた盗塁が全て失敗し、得意の機動力を封じられた。

ソフトバンク、延長サヨナラ勝ちで王手 日本シリーズ

ソフトバンク、延長サヨナラ勝ちで王手 日本シリーズ

  プロ野球の日本シリーズは1日、第5戦がヤフオクドームであり、ソフトバンクが5―4で広島にサヨナラで勝ち、2年連続9度目の日本一に王手をかけた。広島は五回に丸の2ラン、六回には会沢のソロ本塁打でリードを奪ったが、ソフトバンクは七回に明石のソロ本塁打で同点。救援陣が七回以降は無失点に抑え、延長十回、先頭の柳田が右越えに劇的な本塁打を放ち、試合を決めた。第6戦は3日午後6時半から、舞台をマツダスタジアムに移して行われる。

ソフトバンク柳田、バット折れてもサヨナラ本塁打

ソフトバンク柳田、バット折れてもサヨナラ本塁打

  これぞ、4番だ。 延長十回。先頭でソフトバンクの柳田が打席へ。広島の守護神、中崎の投じた2球目の内角への123キロ。体をちぎれんばかりに回転させて、バットを振り切る。日本シリーズで本拠12連勝を決めるサヨナラ本塁打の打球が、右翼テラス席へと飛び込んだ。柳田は「リラックスして打とうと思った」。声が弾んだ。 規格外のパワーが、決勝アーチをかけた。「(本塁打は)頭の中になかった」と言いながら体が反応。「バットは折れた」というが、身長188センチ、体重92キロに込めた力で運んだ。 ソフトバンクは、なりふり構わず、勝ちにこだわった。四回。1点をリードしてなお無死一、二塁。さらに追加点の欲しい場面で6番内川が犠打。通算2043安打のヒットメーカーは、2011年にソフトバンクに加入してからレギュラーシーズンで犠打が一つもなかったが、前日第4戦までの打点は「0」。主に昨季まで4番だった36歳にも、プライドを捨てさせた。だが、後続が倒れ、試合はもつれていった。 誤算だったのが、今シリーズでいずれもチームトップの2本塁打6打点を記録していた5番デスパイネの欠場。ひざの状態に不安を覚えた長距離打者を欠き、ベストオーダーが組めない戦いを強いられていた。 その苦しい状況を、4番が救った。3日からは柳田の故郷、広島に舞台を戻す。今季から選手会長を務める主砲は言った。

ソフトB10点!CSファイナルS先勝 “PS男”川島逆転打、雄星攻略

ソフトB10点!CSファイナルS先勝 “PS男”川島逆転打、雄星攻略

  ◇パ・リーグCSファイナルS第1戦 ソフトバンク10―4西武(2018年10月17日 メットライフD) パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(S)は17日、メットライフドームで第1戦(6試合制)が行われ、リーグ2位でCSファーストSを勝ち上がったソフトバンクが、川島慶三内野手(35)の逆転2点打などで4回までに菊池から6点を奪い攻略。16安打で10―4と快勝し、リーグ優勝で1勝のアドバンテージがある西武との対戦成績を1勝1敗のタイとした。 1―2と逆転された直後の4回だった。2死一塁から安打と四球で満塁と菊池を攻めて、打席には今CS初のスタメン出場となった1番・川島。左前に逆転の2点打を放った。日本ハム、ヤクルト、ソフトバンクと3球団を渡り歩いたプロ13年目35歳のいぶし銀の決勝打。昨年の日本シリーズ第6戦でも日本一を決めるサヨナラ打を放ったポストシーズン(PS)男でもあった。さらに上林も左中間を破る2点三塁打、グラシアルも適時打で続き、3連続タイムリーでこの回一挙5点を奪った。川島はこの日、3安打3打点の活躍で起用に応えた。 2点差に迫られた7回には、体調不良や右肩痛で2軍調整が続いた内川が代打で登場。8月14日の楽天戦(ヤフオクD)以来となる1軍出場だったが、中前打でつなぎ、この回3点のダメ押しを呼んだ。 投げてはバンデンハークが6回4失点ながら打線の援護もあって勝利投手に。リーグ優勝は逃したものの、ファイナルSでの雪辱を期すソフトバンクが1勝1敗のタイとした。

中日・松坂大輔投手、古巣ソフトバンクと対戦

中日・松坂大輔投手、古巣ソフトバンクと対戦

  オールスターファン投票の中間発表で、セリーグの先発部門、暫定1位の松坂投手が日本生命セパ交流戦で、古巣ソフトバンクを相手に意地を見せました。 3勝目へ、今シーズン7度目の先発マウンド。1回、パ・リーグ首位打者、柳田選手と初対決。打球はレフトへ飛びますが、ファール、柳田選手のパワーに苦笑いの松坂投手。この打席はフォアボールで歩かせます。その後、満塁のピンチを迎えますが、6番・松田選手を打ち取り無失点。 柳田選手と2度目の対決は2回、2アウト満塁。その初球、スタジアムがどよめくフルスイング。そしてカウント2ボール2ストライクで投げた球はアウトコースいっぱいに決まります。松坂投手の渾身のストレートに柳田選手は手が出ませんでした。 同点の4回、ショート・京田選手がまさかのトンネル。さらにランナーは得点圏へ。松坂投手と柳田選手、3度目の対決は、空振り三振。 松坂投手は5回1失点、左臀部の違和感でマウンドを降りますが、3勝目を手にしています。 【試合結果】中日5-4ソフトバンク

王貞治さんが結婚。お相手は一般女性「10年来生活の共に」

王貞治さんが結婚。お相手は一般女性「10年来生活の共に」

  ソフトバンクは6月1日、王貞治球団会長(78)が一般女性と結婚したことを発表した。サンケイスポーツなどが報じた。結婚は5月30日付という。 王会長は、「私ごとで恐縮ですが、この度、10年来生活を共にしておりました一般女性と入籍しました。これからも2人で充実した日々を過ごしてまいりたいと思いますので、今後とも温かく見守っていただけますよう、お願い申し上げます。急なうえ、シーズン中の個人的なご報告になり、申し訳ございません」と、球団を通じてコメント。 王会長は早稲田実業高の選手として、1956年から夏春4回連続で甲子園に出場したのち、1959年に読売ジャイアンツに入団。三冠王を2回獲得し、世界記録とされる868本塁打を放った国民的スターとして知られる。 1995年に福岡ダイエーホークス監督に就任し、2008年に監督を引退している。 朝日新聞2001年12月12日付の朝刊によると、私生活では1966年に結婚した前妻を2001年に亡くしている。

連続試合出場ストップ…阪神鳥谷に聞こえてきた引退の足音

連続試合出場ストップ…阪神鳥谷に聞こえてきた引退の足音

  「いつかは止まるもの。使ってくれた監督たちに感謝している」 阪神の鳥谷敬(36)が29日のソフトバンク戦に出場せず、歴代2位だった連続試合出場は1939で止まった。 金本監督は、「(起用する)場面がなかった。仕方がない。いつまでもというわけにはいかない」と説明。鳥谷とは昨オフから起用について話し合いをしてきたという。 チームにとってはプラスだろう。記録のための起用は少なからず金本監督の采配の足カセになっていた。 が、鳥谷にとってはどうか。今季の鳥谷は開幕戦こそ二塁でスタメン起用されたが、ベンチスタートの試合が増え、打率も.143に低迷。早大の同級生であるヤクルトの青木は「(連続試合出場が)モチベーションのひとつだったと思うから、本人が一番残念と思う」とおもんぱかると、元阪神監督の岡田彰布氏は先日、週刊誌で「試合で使わないから調子が悪くなった」と指摘していた。 鳥谷は昨年、遊撃から三塁へコンバートされ、ゴールデングラブを受賞したにもかかわらず、今季は二塁へ配置転換。さらにスタメンでの出場機会も減った上に、今後は記録のために試合に出ることもなくなる。遠慮のなくなった指揮官によって途中出場はおろか、二軍落ちさえあるかもしれない。 金本監督が現役の時は、2011年に1766試合で連続試合出場記録が途切れ、翌12年に引退した。鳥谷にも引退の2文字が浮かび始めたといえるが、意地を見せられるか。

ソフトバンク、スイス再保険との出資交渉決裂

ソフトバンク、スイス再保険との出資交渉決裂

  スイスの再保険大手「スイス・リー」は28日、ソフトバンクグループとの出資交渉が決裂したと発表した。スイス・リーは2月、ソフトバンクから出資を受けるための予備的な協議を始めたことを明らかにしていた。ソフトバンク側も28日に交渉が決裂した事実を認めたが、詳細に関するコメントは避けた。 スイス・リーは28日の発表で「社外との提携も含めたテクノロジー戦略を引き続き進める。ソフトバンクの関連会社などとの間で、ビジネスのアイデアを引き続き模索する」としており、ソフトバンクグループ傘下の企業との提携や協業の可能性に含みを持たせた。 スイス・リーは当初、ソフトバンクから発行済み株式の最大3分の1程度、100億ドル(約1兆1千億円)の出資を受け入れる方向で協議していた。だが4月にはスイス・リーが出資比率が10%未満になると発表していた。孫正義会長兼社長は、「(出資比率が)20~30%をスイートスポットとして分野ごとに世界ナンバーワンの会社を集める」としており、比率を巡って折り合いがつかなかったとみられる。 ソフトバンクは米保険スタートアップに出資するなど、フィンテックの分野を開拓している。スイス・リーは世界最大級の再保険会社で、膨大な顧客データを持つ。ソフトバンクが持つ人工知能(AI)の知見を保険料の算定などに生かす狙いがあったようだ。 ソフトバンクの純有利子負債は13兆円と大きい。格付けも低めな上、世界的な金利上昇も警戒されており、保険事業をグループに取り込むことで安定した現金収入を得ることも目指していたとみられる。

Page 1 of 2 1 2

Translate

Popular Post

日本企業は、2020年度に大学院生の摂取量を増やす意欲がない

共同通信の調査によると、日本の大手企業は、経済見通しへの懸念から、2020年度は4月から今年に比べて新卒採用を控えている。 トヨタ自動車、ソニー、みずほフィナンシャルグループを含む112社の調査では、21%、23社が、2019年度の29%からさらに多くの新卒採用を計画していると語った。 それでも、多くの企業は同時に、国内の慢性的な労働力不足と急速な高齢化を考えると、労働力の中で女性と外国人の数を増やすことに熱心であると述べました。 3月中旬から4月上旬にかけて行われた調査では、34%、つまり38社が以前のレベルの新卒採用を維持するとし、16%が10%から雇用を減らすと答えた。 より多くの新卒者を採用することに積極的な姿勢を示している企業は、鉄鋼、機械、不動産、小売の各分野で際立っていました。 10月に消費税を現在の8%から10%に引き上げるという政府の計画で激化している日本経済の方向性に対する不確実性に加えて、ある製造業者は情報の進歩でより少ない数の労働者が必要になると示唆した技術。 しかし、60%の企業が、主に日本の少子高齢化社会のために、必要な資源の確保に苦労していると答えています。 この状況に取り組む努力の一環として、57%が女性により有利な職場環境を作り出そうとしていると答え、24%がより多くの外国人労働者を受け入れようとしていると答えた。

Read more