スペイン代表、L・エンリケの監督就任発表 前指揮官が吐露「裏切られたと感じている」
「同僚から何もできないヤツという目で…」アトレティコFWモラタ、チェルシー時代の苦悩を告白!
アトレティコで出場機会に恵まれないH・エレーラ「1日に1食しかありつけなかった15歳の頃と比べれば…」
チェルシーの分岐点? マンCエース獲得に迫っていた過去明らかに
MotoGPバレンシア決勝:マルケス優勝でホンダ3冠。ホルヘ・ロレンソ、引退レースを無事完走
W杯日韓大会優勝を経験した元セレソンMFがネイマールの幸せを願う
バルサ復帰説のネイマールにアビダル氏が言及「選択肢の一つになる」
マネ、強力3トップの関係性について語る「母国も母語も違うけど…」
MotoGP最終戦バレンシアFP3:クアルタラロが首位譲らず。マルケス2番手で追う
MotoGPバレンシア予選:初優勝目指すクアルタラロ、今季6回目のポール獲得
「ベバリーがやることは全部分かってる」ハーデンが47得点の爆発でクリッパーズを撃破

Tag: セイコーマート

セブンが勝てない「最強コンビニ」の秘密

セブンが勝てない「最強コンビニ」の秘密

  顧客満足度調査で、業界最大手セブン−イレブンを差し置いて2年連続1位になったコンビニがある。北海道で店舗数1位の「セイコーマート」だ。店舗経営コンサルタントの佐藤昌司氏は、「原材料の調達から加工製造、物流まで、“自前主義”の徹底により、高い価格競争力を実現している」と分析する——。 ■セブン、ファミマ、ローソンも勝てない 「顧客満足」2年連続業界1位、北海道で店舗数1位のコンビニエンスストア——それが「セイコーマート」だ。 日本生産性本部サービス産業生産性協議会の「日本版顧客満足度指数 コンビニエンスストア部門」(2017年度)で、セイコーマートの「顧客満足」は2年連続1位となっている。なお、15年度こそセブンに譲ったものの、10〜14年度の4年間も1位をキープ。最高の評価を受けるコンビニといっていいだろう。 日本生産性本部サービス産業生産性協議会「2017年度JCSI(日本版顧客満足度指数)第1回調査結果」(2017年6月20日発表)より引用 店舗数の状況はどうだろうか。3月末時点のセイコーマートの国内店舗数は1197店。規模としては、業界1位のセブン(2万286店/18年4月末現在)の5.9%に過ぎない。ファミマ(サークルK・サンクス含む、1万7205店/18年3月末現在)やローソン(1万4083店/18年3月末現在)にも、圧倒的に負けている。 だが、北海道に限ると異なる風景が見えてくる。セブン1000店、ローソン655店、ファミマ236店に対し、セイコーマートは1101店。ここではセブンを上回り、堂々の第1位だ。 ■店内併設厨房でできたて料理を提供 セブンイレブンとファミリーマート、ローソンだけでコンビニ市場のシェア9割を占めるなか、セイコーマートの健闘ぶりは注目すべきものだ。とはいえ、北海道以外では茨城県に85店、埼玉県に11店(ともに3月末時点)のみとなっており、北海道以外の読者にはあまり馴染みがないかもしれない。筆者もその一人だった。そこで、どのようなコンビニなのかを確かめるべく、埼玉県さいたま市の「まんだな店」を訪れてみた。 <上>セイコーマートまんだな店(画像=著者提供)<下>人気の店内厨房調理「ホットシェフ」(編集部撮影) 店内に足を踏み入れると、まず店内調理品を展開する「ホットシェフ」コーナーが目に入る。セイコーマートの多くの店舗では、併設の厨房でカツ丼や豚丼、カツカレー、クロワッサン、おにぎりなどを調理し、できたてを販売している。米は厨房で炊き、クロワッサンも厨房のオーブンで焼いているという。これほどの規模で店内調理を行うコンビニチェーンは、ほかにはないだろう。 ホットシェフ以外の売り場構成は、ほかのコンビニとあまり変わりがない。大きく異なるのは品ぞろえだ。セイコーマートでは、地盤である北海道産の食材を使用した食品を多く取りそろえている。店内では、「北海道」と書かれた商品がいたるところに陳列されていた。 たとえば、セイコーマートのプライベートブランド(PB)のヨーグルトは、北海道豊富町産の生乳を使用している。豊富町は夏でも涼しく乳牛が過ごしやすい環境のため、放牧が盛んに行われる土地だという。そこで育った乳牛からしぼった生乳を、町内にあるセイコーマートのヨーグルト工場で加工する。 サンドイッチやサラダ、総菜などに使われる野菜も、北海道産のものを多く使用している。セイコーマートを運営する「セコマ」のグループ会社には、農業生産法人「北栄ファーム」がある。道内の農場で、自社商品用にトマトやキュウリ、ジャガイモなどを育てているのだ。 また、同じくグループ会社の「北嶺」は、道内の複数の漁港のセリ権を持つ。このため、サケやイカ、サンマなどの水産物を、仲卸業者を通さずに直接買い付けることができている。 ■規格外メロンから生まれた人気アイス 北海道産のメロンを使ったアイスもある。北海道産赤肉メロンの果肉をジュースにし、前述した道内産の生乳と組み合わせて、道内の工場でアイスに加工している。道内のメロン農家から、キズなどによる規格外メロンの活用について相談を受けたことがきっかけで生まれた商品だという。発売すると一躍人気商品になり、シャーベットやパフェなどのアイスシリーズへと発展。今ではジュース、サワーといった飲み物にもなっている。 「メロンバニラパフェ」300円(編集部撮影) ...

Translate

Popular Post

スペイン代表監督モレノ 試合後に涙を浮かべ選手達と抱擁

  スペイン代表監督のロベルト・モレノは、ルーマニア代表戦後に話すことを望まなかったが、恐らく代表監督として最後の瞬間を噛み締め、選手達と挨拶を交わしていた。 目に見えて感情が溢れた様子であった同監督は、ラ・ロハの選手達から愛情のこもった挨拶を受けている。試合後にはワンダ・メトロポリターノのピッチ上で、抱擁を交わしながらロッカールームに下がって行った。 ルイス・エンリケがスペイン代表に別れを告げた後、後任としてチームを率いたモレノは、ユーロ2020予選で素晴らしい戦いを見せた。 スペインサッカー連盟(RFEF)の会長ホセ・ルイス・ルビアレスはルイス・エンリケをラ・ロハの監督に復帰させると各メディアで報道されている。 スペイン代表の新監督発表は日本時間19日(火)20時に行われる予定となっている。

Read more