Tag: コンブチャ

コンブチャとして知られるアメリカの感覚は日本への帰り道を作る

コンブチャとして知られるアメリカの感覚は日本への帰り道を作る

  醸造家の島田裕二は慎重に短いワイングラスの茎を握り、商業冷蔵庫に取り付けられた蛇口の1つから透明な、金色の液体を注ぎます、天然炭酸からの軽い泡はビールの頭を思わせる泡の薄い層を作成します。 「これが私たちが「オリジナル」と呼んでいるもので、追加のフレーバーは含まれていません。緑茶、紅茶、砂糖、そして発酵のための真菌だけです」と、42歳のメガネは語っています。 「私たちは日本で唯一の非加熱コンブチャを製造する許可を受けている醸造所です。」 ここでは、埼玉県川口市の川口の工業団地にある大泉古城で、その助手が、茶系の機能性飲料である、低温殺菌されていない「生の」コンブチャを製造する国内初の商業規模の醸造所を経営しています。米国では数百万ドル規模の産業になり、そこではその健康上の利点のために都市に住むミレニアル世代、モデル、そしてアスリートの間で人気になっています。 島田さんは、埼玉県川口市にある大泉古城のこんぶ茶醸造所に、こんぶ茶を1杯注いでいます。 | 三浦佳昭 それは、かつて約40年前、そして別のモニカの下で、日本でも一度大きなことでした。当時、それはkōchakinoko(きのこ茶)と呼ばれていました。細菌と酵母の共生培養の略語であり、kombuchaの発酵過程で使われる成分である「scoby」はきのこに似ています。 飲み物の起源に関してはさまざまな理論があり、その一部は紀元前200年までさかのぼります。満州で。バイカル湖のイルクーツク近くのシベリアの村の住民は、不思議な真菌から作られた飲料のおかげで熟した老人時代に生きていたと伝承されています。 1974年にシベリアの村から持ち帰った日本人からゼリー状の真菌の一部を受け取ったと彼女が言った70年代の未亡人によって、その健康上の利益を称賛する本が出版されたとき、それは日本の感覚になりました。この本には、読者が返却先の住所を送ってくれると真菌の一部が入ったクーポンが付いてきて、すぐに家庭でガラス瓶でプロバイオティクスドリンクを自家製にし始めました。しかし、医療専門家がその利点に疑問を投げかけ始めた後すぐにブームは終わった。 ファンキーなお茶はそれから韓国へ、そしてついにアメリカへと行きました。そこで、それは1990年代半ばにGT Daveと呼ばれる若い起業家によって商品化されました。 今、日本はかつてそれほど熱心に受け入れられてきた傾向に慎重に追いついているようです。しかし、この調合品の新しい別名はマーケティング上の障害になる可能性があります。日本語では、コンブチャは通常、コンブから作られたお茶の一種を指します。 Kombuchaの語源はまだ謎です。 American ...

Translate

Popular Post

2018年に日本の山に座礁した記録3,129

  木登りやウォーキングなどの活動でブームが続いている中、記録的な3,129人の人々が昨年の日本の山々に取り残されたと、警察の報道は明らかにした。 事故件数は78件から2,661件に増加しましたが、1961年に比較可能なデータが入手可能になって以来、過去最高を記録しました。 これに対し、警察庁によると、死者や行方不明者の数は12人から342人に減少し、そのうち70%以上が60歳以上であるという。 全体では、50.5%の人が立ち往生し、71.9%の人が死亡したか、まだ行方不明になっていますが、60歳以上でした。 最大の苦痛を抱えているのは70歳以上の人で、698人(22.3%)で、60代の人は692人(22.1%)、50代の人は486人(15.5%)でした。 死者と行方不明者のうち、110、32.2%が70代、101、29.5%、60代、42、12.3%が50代でした。 活動別では、385(12.3%)が野生の野菜やキノコを選んでいました。 報道によると、ゲレンデ外スキーの間に合計111人の海外観光客が立ち往生していた。 都道府県別では、長野が297で最も多く、北海道が201、東京が147となっています。 78.4パーセントのケースで、立ち往生している人々は助けを求めるために携帯電話または他の通信機器を使用しました。 2013年以降、事故の数は毎年2,000件を超え、警察は人々に適切なルートの計画と必要な装備品の装着を促しています。

Read more