Tag: キリスト教

トランプ氏「我々が助けた」 トルコで拘束の牧師釈放

トランプ氏「我々が助けた」 トルコで拘束の牧師釈放

  テロ組織支援などの罪に問われてトルコで長期拘束されていた米国のキリスト教福音派のアンドルー・ブランソン牧師が釈放されたのを受け、トランプ米大統領は12日、「我々が(ブランソン氏を)助け出した。長い時間、尽力してきた」と記者団に語った。ブランソン氏は帰国の途についたといい、13日にもホワイトハウスで面会するという。 トランプ氏は「(ブランソン氏は)非常に苦しんだ。我々は多くの人に感謝している」とし、「非常に喜ばしい」と述べた。 釈放を巡っては、米メディアが米―トルコ間で対トルコ経済制裁の緩和などを条件にした合意があったと伝えていた。だが、トランプ氏は「何の取引もない」とし、トルコ側に譲歩していない姿勢を強調した。 福音派はトランプ氏の最大の支持基盤だ。トランプ政権は牧師を解放しないトルコに対し、閣僚への経済制裁や関税の引き上げで圧力を強化。さらなる追加制裁も示唆してきた。11月の中間選挙を目前に控える中での解放は、トランプ氏にとって、支持者に訴える成果となりそうだ。 ブランソン氏は、トルコ政府が2016年に起きたクーデター未遂の「首謀者」とみている人物を信奉する組織を支援した罪などに問われた。トルコの裁判所は12日に禁錮刑の判決を言い渡したが、未決勾留日数を考慮して国外に出ることを認めた。

複数の教会で爆発、10人死亡 インドネシア第2の都市

複数の教会で爆発、10人死亡 インドネシア第2の都市

  インドネシアの第2の都市スラバヤで13日朝、複数の教会で、ほぼ同時に爆発があった。地元警察によると、少なくとも10人が死亡、市民や警官ら計41人が負傷した。被害はさらに拡大する可能性がある。 スラバヤには日系企業が数社進出しているが、在インドネシア日本大使館によると、これまで邦人の被害は確認されていない。 地元メディアの取材に応じた警察の報道官は「発生は午前7時15分。教会3カ所で三つの爆発が、ほぼ同時に起きた」と説明。少なくとも一つの爆発は、女性と子供による自爆だという。爆弾が不発だった教会もあるとの情報があり、警察は事件の状況や死傷者の身元の特定を進めている。 爆発は日曜朝の礼拝中に起きたとみられており、警察は、スラバヤのすべての教会を一時的に閉鎖した。 インドネシアは、人口のうちイスラム教徒が9割弱、キリスト教徒は1割弱いる。スラバヤは東ジャワ州の州都で、人口は首都ジャカルタに次ぐ270万。伝統的に商業都市として知られる港町で、華人が多く、イスラム教やキリスト教以外の宗教を信仰する人も少なくない。

Translate

Popular Post

韓国との軍事情報共有協定が破棄されたら,どんな問題が起きるのか

  日本政府が韓国をホワイト国(輸出優遇国)から除外した件への報復として、韓国が日本との「軍事情報包括保護協定(GSOMIA、読みはジーソミア)」の破棄をチラつかせていた問題で、アメリカが両国の仲介に動いている。 8月9日には、訪韓中のエスパー国防長官が文在寅大統領と会談し、GSOMIAの延長を働きかけたようだ。しかし、その前の鄭景斗・国防部長官との会談では韓国側が難色を示し、延長に否定的な姿勢を見せたとされる。 GSOMIAの自動延長の期限は8月24日だが、破棄のような事態は本当に起こりうるのか、その行方はまだ不透明だ。 では、仮に韓国の拒否でGSOMIAが破棄された場合、どういった問題が起こるのか。 そもそも「GSOMIA」とは何か 世界の国々はいずれも、自国の安全保障にとって脅威となる国やテロ組織などに関する軍事的な情報を集めている。 しかし例えば、同じ脅威にさらされている国同士であれば、互いの持つ情報を教え合うことで、それぞれの安全保障を強化することができる。あるいは、共同で脅威に対処できれば、さらに有利になるだろう。 しかし、相手国に渡した情報を 外部に漏らされる ようなこと があっ ては困る。そのため、秘密指 定の軍 事情報については しっかり と秘匿し、外部に漏 らさない 措置を とる...

Read more