Tag: カリフォルニア州

カリフォルニア州火災 トランプ氏が現地視察、気候変動への考え方変えず

カリフォルニア州火災 トランプ氏が現地視察、気候変動への考え方変えず

  トランプ米大統領は17日、カリフォルニア州で起きた大規模火災の現場を視察した。被災地で気候変動についての意見が変わったかと問われると、「そんなことはない」と答えた。 トランプ氏は大統領専用機で州都サクラメント北郊のビール空軍基地に到着。最大の被害を受けたビュート郡パラダイスの街に入った。 沿道で車列を迎える住民らの中には煙を吸い込まないよう、マスクを着けている人もいた。 視察には同市のジョーンズ市長や、カリフォルニア州のブラウン知事、連邦緊急事態管理庁(FEMA)のロング長官、同州選出の下院議員らが同行した。 トランプ氏は焼失した民家の跡などを見て回り、記者団に「こんなことが起きるとはだれも予想しなかった」「もう二度と起きないことを願う」と語った。 同郡の中心都市チコの対策本部で説明を受けた際、気候変動についての意見が変わったかと問われると、「そんなことはない」と答えた。気候変動が今回の火災原因になったかどうかについては、「たくさんの要因があると思う。管理という要因もある」と語った。 トランプ氏はロサンゼルス近郊の高級住宅地、マリブの火災現場も視察した。 州北部と南部の火災で合計約9.7万ヘクタールが焼失し、少なくとも74人が死亡、1000人以上が行方不明になっている。

米カリフォルニア州火災、死者44人に 100人が行方不明に

米カリフォルニア州火災、死者44人に 100人が行方不明に

  米カリフォルニア州のパラダイス市周辺で出火した火災「キャンプファイア」で12日、新たに13人分の遺体が見つかり、この火災による死者の数は42人となった。ビュート郡の保安官によれば、これは州の歴史でも最悪の水準の死者数だという。消火活動が続く中で、死者の数は増えており、州全体の死者数は44人に達した。 カリフォルニア州当局によれば、約100人の行方が分かっていない。このため、犠牲者の数が増加する恐れもある。 別の火災「ウールジーファイア」では強風のなか、消火作業が続いている。 一部の地域では、復旧作業が始まっているところも出ている。ただ、住民が戻るのは全焼した家屋で、周囲には車両や建物の残骸が散乱している。トランプ大統領は12日、「大規模災害」の宣言に対する要請を了承した。これにより、カリフォルニア州には連邦政府からの物資などが提供される。 CNNの気象の専門家によれば、カリフォルニア州南部では13日までに1300万人が火災による危機的な状況に陥っている。危険にさらされている地域は、ロサンゼルスやロングビーチ、サンタアナ、アナハイム、グレンデールなど。 キャンプファイアによって被害を受けた建物は6700軒超と、カリフォルニア州史上で最も多くの被害が出ている。 「キャンプ」「ウールジー」「ヒル」の3つの火災の消火活動にあたる消防隊員の数は8000人を超えている。

米カリフォルニア州の山火事 死者23人、焼失面積が史上最大規模に

米カリフォルニア州の山火事 死者23人、焼失面積が史上最大規模に

  米カリフォルニア州の3カ所で発生している山火事のうち、北部ビュート郡の現場で10日、新たに14人の遺体が見つかり、死者は計23人に達した。 ビュート郡の保安官兼検視官が記者団に語ったところによると、同郡パラダイスの町では民家の中で7人、外で3人の遺体が見つかった。さらに車内から2人、町の東郊にある民家から2人の遺体が発見された。 現場は州都サクラメントから北へ約130キロ離れた地域。すでに7000棟近い建物が焼失した。 10日朝の時点で焼失面積は約4万2500ヘクタールに達し、州の近現代史上最悪となる被害規模を記録。鎮火率は20%とされる。 州内で避難した住民は計30万人を超えた。 州南部のロサンゼルス北郊で続く2件の山火事でも、計20万人が避難した。 このうち高級リゾート地のマリブを含む1件の焼失面積は、8日夜から9日朝にかけて2倍の2万8000ヘクタールに拡大し、鎮火率は5%にとどまっている。 マリブでは1万2000人の住民全員に避難命令が出た。同市内で車内から2人の焼死体が見つかったが、当局は殺人事件の可能性もあるとみて捜査している。 州内ではここ1カ月間ほとんど雨が降らず、乾燥した天気が続いていた。火災を拡大させた強風は10日にいったん収まったものの、11日は再び13~22メートルの突風が吹くと予想され、当局は引き続き厳重な警戒を呼び掛けている。 トランプ米大統領は10日朝、同州の火災について「森林管理のひどい失敗だ」とツイート。「ただちに改善しなければ、もう連邦予算は出さない」と警告した。

バーで銃撃、12人死亡 容疑者も死亡 米カリフォルニア州

バーで銃撃、12人死亡 容疑者も死亡 米カリフォルニア州

  米カリフォルニア州ロサンゼルス郊外で7日夜、銃を持った男が満員状態のバーに押し入り発砲し、当局によると、少なくとも12人が死亡した。容疑者の男も現場で死亡した状態で発見された。 犠牲者には現場に駆けつけた警官1人も含まれる。負傷者は少なくとも10~15人に上るという。 現場はロサンゼルス中心部から60キロあまり離れたベンチュラ郡サウザンドオークス。事件当時、バーの客はラインダンスを楽しんでいたという。 容疑者が自殺したのかどうかや犯行動機は不明。身元も公表されていない。 保安官事務所はテロを含むあらゆる可能性を視野に捜査を進めている。

米女子ゴルフ最終ラウンド 上原は33位

米女子ゴルフ最終ラウンド 上原は33位

  女子ゴルフのアメリカツアーの大会は、25日、カリフォルニア州で最終ラウンドが行われ、上原彩子選手は33位でした。 35位からスタートした上原選手は、最終ラウンドでイーグル1つ、バーディー2つ、ボギー2つでスコアを2つ伸ばし、通算6アンダーとして33位でした。 上原選手は「全体的にいいプレーができている。来週のメジャー大会がすごく楽しみになった」と話しました。 40位からスタートした畑岡奈紗選手は、バーディー3つ、ボギー4つでスコアを1つ落とし、通算2アンダーで58位でした。 優勝は韓国のチ・ウンヒ選手で、14番ホールでホールインワンを決めるなど通算16アンダーまでスコアを伸ばし、ツアー通算4勝目を挙げました。

Translate

Popular Post

中国ではなく日本がアジアのインフラ投資コンテストで優勝する可能性があります。

中国がベルト・アンド・ロード・イニシアチブを通じたインフラ投資で東南アジアを訴え始める前は、日本がこの地域の開発資金のトップを占めていました。現在2つの大国が経済的影響と商業的影響のために競っているので、北京は戦いに勝ったが戦争を失ったかもしれないと言う人もいます。 すなわち、東京は北京の投資の莫大な量に匹敵することができないかもしれません、しかしそれは評判と地域の影響の点で、先にランクします、専門家によると。 政府が1990年代にインフラ接続の青写真を先導する前に1970年代後半に多国籍企業を通して最初に始まった新興アジアにおける日本のベンチャーは、G-7とOECDが「高品質のインフラ」と呼んでいるもののポスターの子と見られている。そのようなプロジェクトは、発展途上地域における全体的な物流を改善することに加えて、高い安全性、環境、信頼性および包含基準を誇っています。 例えば、国際協力銀行は、国道と港湾のアップグレードのためのベトナムへの貸付は、農村世帯の収入を増やし、貧困レベルを下げ、効率を高めたと主張している。 中国のXi Jinping大統領のBelt and Roadの下にあるいくつかのキャンペーンも「質の高いインフラ」と見なされているが、中国の権力を世界に広めるためのプラットフォームと長い間考えられてきた。 2018年の報告書で、「BRIの意欲的な投資水準では、新しいインフラストラクチャプロジェクトの実際の影響についてはほとんどわかりません」とシニアフェロー兼アジア研究プロジェクト担当アジアプロジェクトのディレクターであるJonathan Hillmanは述べています。 「その支出は、それを最も必要としている人々に役立つでしょうか。それは実行可能なプロジェクトか白い象に入るでしょうか。それは気候変動を助けるか、または傷つけますか。それは価値を創造または破壊しますか?」 地域のエンゲージメント透明度 専門家によると、日本の企業や政府関連機関によって構築された鉄道、通信ネットワーク、農業開発は、彼らが地域の利害関係者に提供する技術研修や教育で特に評価されています。それは東京とホスト国の間でのれんを培うのに大いに役立ちます。 安倍晋三首相の政権は11月に、東南アジア諸国が5年間で8万人の製造業およびデジタル業界の専門家を地域全体のスマートシティの構築を推進する手助けとすると発表した。対照的に、Belt and Roadの参加者はしばしば地元の関与がないことを訴えます - 多くの中国主導の建設努力は、地元企業を関与させるのではなく、中国から大量の材料と労働を輸入すると非難されます。 ベルトと道路プロジェクトのための汚職の恐れもあります。ある例では、中国当局はマレーシアでのインフラプロジェクトのコストを増大させることに同意したと伝えられている、とWall Street...

Read more