Tag: アジア太平洋地域

6つのG20カ国の首脳に会うために阿部を離れて

6つのG20カ国の首脳に会うために阿部を離れて

安倍晋三首相は月曜日に羽田空港を出発し、米国を含む6カ国を政府の飛行機に乗船させた。 彼の訪問の間に、安倍首相は6月の首脳会談のために彼らの協力を要請し、確認するために各国の指導者や他の人々と会い、彼は大阪市で議長を務める。安倍首相は「世界経済、自由貿易およびフェアトレードの促進などの主要トピックについて各国首脳と議論し、(G20首脳会議の)成功のための協力を確認するために時間をかけたい」と述べた。彼の出発前に。 安倍首相は、米大統領ドナルド・トランプ氏との会談で、双方にとって有益であり、自由で公正な貿易をアジア太平洋地域に広めるために、二国間貿易協議の進展を確認したいと述べた。 安倍首相は、朝鮮半島の非核化政策を調整するためにトランプ氏と意見交換を行う予定であると述べた。彼は、何十年も前の平壌の日本人拉致の迅速な解決のためにトランプとの協力を再確認したいと付け加えました。 彼の旅行の前半に、安倍はフランス、イタリア、スロバキアとベルギーを訪問するでしょう。 火曜日、安倍首相は、今年8月に予定されているグループ・オブ・セブンサミットの議長を務めるエマニュエル・マクロン大統領と会談する予定である。 安倍首相は、G20サミットとG7サミットの成功のための自由貿易システムの重要性についての理解を共有するとともに、北朝鮮に対する制裁をめぐる両国の協力を促進することを望んでいる。 安倍首相は水曜日にイタリアのジュゼッペコンテ首相と、木曜日にスロバキアで4人の東欧諸国の首脳らと会談する予定だ。

日本は新規または拡大された石炭火力発電所に反対する

日本は新規または拡大された石炭火力発電所に反対する

オーストラリアの一般炭輸出市場による劇的なエネルギー転換の兆しがさらに現れていることから、日本の環境大臣は、石炭火力発電所を建設または拡張する新しい計画に「原則として」反対すると発表した。 Guardian Australiaは3月、日本が石炭火力発電への計画された投資の大部分を取り消した一方で、日本の投資車が石炭プロジェクトを捨て、代わりにアジア全域での大規模な再生可能プロジェクトの支援を求めていると報じた。 市場アナリストは、最近のオーストラリアの輸出規制がすでに記録的に近い価格を緩和している中国が、一般炭の価格を引き続き決定し、その価値を下げ続ける可能性があると予想している。 オーストラリアの採掘炭の39%を購入する日本のエネルギー部門による予想以上の早い移行は、将来の販売量と新鉱山の存続可能性に影響を与えるでしょう。 資源部門は、北アジアおよび東アジアにおける需要の減速の予測は南アジアおよび東南アジアの一部における需要の伸びによって相殺されると確信しています。 しかし、発展途上アジアにおける新しい石炭火力プロジェクトの資金調達は、中国、日本、韓国に拠点を置く投資ビークルから来る可能性があり、それらの国々の国内政策と密接に関連しているでしょう。 先週末、3つの別々の発表が、パリと政府の大企業の間で、パリの目標への新たな前向きな焦点が日本で出現しているという確信の高まりを追加しました。 朝日新聞によると、日本の環境大臣の原田義明氏は、新規または拡大された石炭火力発電所に反対する「政策構想」を発表した。 環境大臣は新しい発電プロジェクトについて最終的な意見を述べていないが、彼の意見は計画プロセスの基本的な部分と考えられている。 金曜日、日本最大の電力会社である関西電力は、2030年までに再生可能エネルギーポートフォリオを6GWに拡大し、今後2年間でクリーン電力プロジェクトに50億米ドルの設備投資を予定していると発表した。 同じ日に、発展途上アジアの電力プロジェクトの重要な開発者である日本の丸紅株式会社は、2023年までに再生可能エネルギー収入の倍増を目標とすると発表しました。 丸紅は昨年、石炭から撤退すると発表した。その売却決定に続いて、三井物産、三菱商事、伊藤忠商事、双日のコングロマリットが仲間入りしました。今年、日本では3つの石炭火力発電所プロジェクトがすでに中止されています。 日本は石炭火力発電プロジェクトを建設中で、一部はすでに承認されているため、日本のオブザーバーは慎重な姿勢を保っています。安倍晋三首相は、6月に大阪で開催される次回のG20サミットに先立ち、気候変動に関する世界的なリーダーシップを発揮したいと発表しました。 市場アナリストによると、日本の政府と業界が焦点をシフトしたスピードは非常に速いです。世界の金融機関がますます石炭から撤退しているのです。土曜日のオーストラリア最大の保険会社QBEは、今年7月から鉱山や発電を含む新規の一般炭プロジェクトの保険を中止し、2030年までに一般炭プロジェクトを引き受けることはないと述べた。 最近の発表は新しいプロジェクトに関するものであるため、オーストラリアの炭鉱業者はこれらの要点の直接的な影響を10年以上感じない、または段階的な終了の約束を提示する可能性があります。 経済財務分析研究所のエネルギーファイナンス研究部長のTim Buckleyは、今後10年間は​​最も石炭火力に頼る人々にとってきわめて重要であると述べた。 Buckley氏は、政府が世界の金融市場、特に日本の感情の変化を理解できなかった場合、オーストラリア経済、鉱業コミュニティ、および労働者のリスクが高まると述べ、効果的な移行戦略を実施する必要性を無視した。 「準備するための10年があり、それは将来の産業を築くために非常に重要な10年です」とBuckleyは言いました。

日本の投資家が再生可能エネルギーを後押しすることで

日本の投資家が再生可能エネルギーを後押しすることで

域での大規模な再生可能エネルギープロジェクトの支援を模索しており、エネルギー市場アナリストが「一般炭の終わりの始まり」と言う「記念すべき」シフトを示している。 同時に、日本の銀行や商社は、石炭への投資から遠ざかって、オーストラリアの鉱山から売り払い、石炭火力発電の建設計画を廃止しています。 日本はオーストラリア最大の一般炭輸出国です。 2015年に日本で提案されている石炭火力発電プロジェクトのパイプラインのうち、Global Coal Plantトラッカーの数字によると、4分の3は現在進行中ではないようです。 日本の北西沿岸地域にある秋田にある1.3GWの石炭火力発電所は、棚上げされる可能性が最も高い最新の提案で、今年初めに他の2つが中止されたことを受けています。双日株式会社は今週、伊藤忠が先月の石炭撤退を発表し、三井物産が11月に出資したことを受けて、さらに一般炭からの売却を発表した。 アジアの再生可能エネルギーおよびエネルギー金融分野の情報筋によると、日本の銀行、商社、および2つの著名な国営企業 - 国際協力銀行および国際協力機構 - は、ここ数カ月、再生可能エネルギー分野により重く投資する意向を表明している。 再生可能エネルギーへの関心の高まりは、特に、石炭への既存のばく露を抱えている投資家や企業から来ている。人口の減少に伴い、日本の電力需要は減少しています。その市場では、石炭は、原子力再起動、太陽光発電およびその他の再生可能エネルギーによって提供される追加容量によって混雑しているように見えます。 他の開発者たちは、沖合の風力開発のための場所として、日本海の隣にある秋田に目を向けています。 今週発表されたみずほ銀行の試算によると、日本全国で13の洋上風力発電プロジェクトが環境影響評価を受けており、総投資機会は最大2兆円(250億豪ドル)に達する。 気候行動キャンペーングループである日本のKiko Networkの国際理事である平田君子は、日本のビジネス界のいくつかの大企業の間で感情の変化に気づいたと述べた。 「昨年から、大手銀行やメガバンク、そして保険会社や商社からいくつかの変化が見られましたが、石炭火力政策に関する見解は変わりました」と彼女は言います。 「だから、私たちは、国内および国際的な石炭火力への継続的な支援がもはや国際社会や日本でも受け入れられないと彼らが考えていることを明らかに見ています。大きな変化が起こることを私たちは大いに歓迎します。」 しかしながら、平田氏は、これらの金融機関の政策変更の多くは、すでに現在進行中のプロジェクトではなく、まったく新しい石炭プロジェクトに関連していると警告した。 ...

大阪直美:日本が新しい女王に目覚めたとき

大阪直美:日本が新しい女王に目覚めたとき

大阪直美はおばあさんのところに立ち寄り、視界から顔を隠し、そして彼女の達成を呼吸しようとしました。 21歳の日本人ハイチ人は、全豪オープンで優勝し、元世界一と2度のウィンブルドンチャンピオンのペトラ・クビトワを破りました。メルボルンでの勝利は、数ヶ月前にUSオープン決勝でSerena Williamsを破った2度目のGrand Slamでした。 彼女は土曜日に7-6、5-7、6-4の勝利でKvitovaの活気に満ちた戦いを克服しました。 1年前、大阪は世界ランキングで72位でした。月曜日に、彼女はテニスの新しい女王になり、ナンバーワンのスロットに上昇し、2010年以来最年少のトップランクの女性選手になります。 彼女がチャンピオンシップポイントを獲得した後、裁判所では、何の悲鳴、喜びへのジャンプ、あえぎはありませんでした。ベースラインから、彼女はネットに走り、抱擁と握手の前にKvitovaにお辞儀をし、群衆の方にお辞儀をしてから彼女のラケットを片付けるために彼女の椅子に歩いた。 数分後、ナオミは「ええと、こんにちは」と彼女の受け入れスピーチを開きました。 日本でハイチの父親と日本人の母親に生まれ、ナオミは3歳からアメリカに住んでいます。彼女の母方の祖父母は当初彼女の両親の関係、そして後にナオミと彼女の姉のテニスへの関与を承認しなかった。 しかし彼女の父親は、ウィリアムズの姉妹たちを見ていることに触発され、幼い頃に彼らを訓練しました。結局、彼女の両親はナオミが日本を代表すると決めました。 土曜日には、深夜の功績を収めた日本の多くの人が、彼女に誇りを持っていることを表明しました。 ナオミがかつて遊んでいた大阪市内のテニススクールで、約30人の子供と親がテレビで試合を見たとNHKのウェブニュースが報じた。 直美はまた、日本の4大新聞すべてのトップページにいました。 TBSショーはトーナメント中のナオミの偉業をトップニュースとしてランク付けし、彼女の功績が国内で最も賞賛されている様子を示しています。 ナオミの祖父は北海道の根室に住んでいます。そこで、市当局は市役所に決勝のためにテレビスクリーンを設置しました。しかし、試合が非常に近いので、ナオミの祖父は試合を見逃すことはしたくなかったので、自宅で試合を観戦することにした。 ナオミ大阪全日空オープン後の朝刊の和紙のフロントページ ナオミは日米両国の市民権を持っています。 しかし彼女が流暢な日本語を話せなかったことは、日本社会のある部分が彼女を日本語として受け入れないことを意味しました。 路上の何人かの人々はまた、ナオミが自分自身を日本語と呼ぶことに躊躇していました。 アル・ジャジーラが質問した60歳の男性は、ナオミの偉業は大きいが、「完全に日本人であるプレーヤーがトーナメントに勝ったならば」と言った。 ...

日本は「もっと謙虚な」態度を育てるべきだ:韓国の月

日本は「もっと謙虚な」態度を育てるべきだ:韓国の月

  韓国のムーンジェイン大統領は、日本が過去に向けて「より謙虚な」態度をとるべきだと述べ、東京が第二次世界大戦中に日本企業によって強制された韓国企業の問題を​​「政治化」することによって二国間関係を傷つけないよう警告した。 両国間の関係は歴史と領土をめぐる紛争によって長い間緊張してきました。問題は朝鮮半島に対する日本の残忍な1910 - 45年の植民地支配からきています。 「日本政府はもっと謙虚な態度をとるべきだと思うが……日本の政治家たちがこの問題を政治化している」とムーン氏は木曜日の記者会見で述べた。 第二次世界大戦中、いわゆる「慰安婦」が日本軍に性的奴隷制に追いやられ、労働者たちが日本企業に就職させたことも、現在の議論の大部分を占めており、領土問題もソウルの支配下にある。 10月、韓国の最高裁判所は、日本の製鋼会社新日鉄と住友金属が4人の元労働者を補償するべきだと判決した。日本はその後、韓国の軍艦がレーダーを日本の巡視機に封鎖したと主張した。 水曜日に、韓国の裁判所が日本の国内資産の一部の差し押さえを承認した後、東京はソウルとの外交協議を要求しました。そして、その動きを「非常に残念」と呼びました。 ソウルの公式データによると、慰安婦のデータによると、約78万人の朝鮮人が35年間の職業中に日本から強制労働に加入していた。 日本は、両国間の歴史的報酬問題はすべて、両者の間の外交関係を再確立した1965年条約の下で解決されたと主張する。 この条約の下では、元植民地に約800百万ドルの助成金と安い貸付金が補償金として提供された。 東京は、裁判所の決定は条約および国際法の違反であると主張しています。 ムーン氏は、1965年の条約は犠牲者の問題をすべて解決したわけではなく、「政府によってではなく不幸な歴史によって」作成され、「裁判所の判決を尊重すべきだ」と述べたと述べた。 北朝鮮関係 一方、ムン氏は記者団に対し、金正日氏がソウルを訪問したこと、ならびに北朝鮮の指導者と米大統領ドナルド・トランプとの間の第2回サミットは「差し迫っている」と述べた。 昨年6月のシンガポールでの最初の会合で、金とトランプは「朝鮮半島の非核化」に向けて取り組むことを約束している曖昧な言葉で書かれた文書に署名した。しかし、その後、双方の合意の解釈について議論しながら、進展は止まっています。 ムーンは、シンガポールの合意は「やや曖昧」であり、金の非核化誓約については「懐疑論」があると認めた。 しかし、金氏は彼と他の指導者たちに、彼の非核化の見解は「国際社会の要求と全く変わらない」と確信しており、平壌はそれを南部や近隣の米軍の存在と結びつけないだろうと述べた。 平壌は制裁措置を解除するために「大胆で非核化のための実践的措置」をとる必要があるが、「平和体制」に合意し、正式に1950年の終結を宣言するなど、「対応措置」もワシントンから必要であると付け加えた。 ...

資産凍結により日本、朝鮮、強制労働紛争が深刻化

資産凍結により日本、朝鮮、強制労働紛争が深刻化

  日本は、戦時中の奴隷制度の犠牲者に補償金を支払うことを命じられた日本企業の韓国の資産を差し押さえるという裁判所の判決の後、韓国との交渉を求めるだろうと言います。 水曜日に韓国の浦項市の大邱地方裁判所は、同社が元労働者を補償するための画期的な判決を遵守することを拒否していたため、新日鉄と住友金属の資産の凍結要求を承認したと述べた。 東京では、菅芳英内閣官房長官が記者団に対し、日本政府が真剣に判決を下し、水曜の午後には閣僚が対応方法を議論するために集まると述べた。 昨年、韓国の最高裁判所は、1910年から1945年の間の朝鮮半島の日本植民地化の間に会社のために働くことを強制された4人の原告にそれぞれ1億ウォン(88,000ドル)を支払うよう新日本製鐵に命じた。 植民地時代の補償問題はすべて、1965年の両国間の条約によって解決され、裁判所の判決は外交関係をさらに冷やす可能性があると日本は主張している。多くの韓国人はまだ占領と第二次世界大戦の間に受けた虐待のために日本に対する強い憤りを抱いています。 日本の会社は、韓国の製鋼会社POSCOとの合弁事業で、約970万ドルの価値がある234万株を保有しています。 韓国のYonhap通信社は、浦項事務所で正体不明の関係者を引き合いに出して、地方裁判所が全株式ではなく、234万株のうち81,075株を凍結することを決定したと報じた。 Yonhapは、関連する裁判文書が合弁会社に提出されれば資産凍結が効力を生じると述べた。 AP通信の報道機関は、地方裁判所はYonhapの報告をすぐに確認することはできないと述べた。 11月、韓国最高裁判所は、2人の日本企業である三菱重工業に10人の元韓国人労働者を補償するよう命じ、日本からの強い叱責を受けた。

Translate

Popular Post

2018年に日本の山に座礁した記録3,129

  木登りやウォーキングなどの活動でブームが続いている中、記録的な3,129人の人々が昨年の日本の山々に取り残されたと、警察の報道は明らかにした。 事故件数は78件から2,661件に増加しましたが、1961年に比較可能なデータが入手可能になって以来、過去最高を記録しました。 これに対し、警察庁によると、死者や行方不明者の数は12人から342人に減少し、そのうち70%以上が60歳以上であるという。 全体では、50.5%の人が立ち往生し、71.9%の人が死亡したか、まだ行方不明になっていますが、60歳以上でした。 最大の苦痛を抱えているのは70歳以上の人で、698人(22.3%)で、60代の人は692人(22.1%)、50代の人は486人(15.5%)でした。 死者と行方不明者のうち、110、32.2%が70代、101、29.5%、60代、42、12.3%が50代でした。 活動別では、385(12.3%)が野生の野菜やキノコを選んでいました。 報道によると、ゲレンデ外スキーの間に合計111人の海外観光客が立ち往生していた。 都道府県別では、長野が297で最も多く、北海道が201、東京が147となっています。 78.4パーセントのケースで、立ち往生している人々は助けを求めるために携帯電話または他の通信機器を使用しました。 2013年以降、事故の数は毎年2,000件を超え、警察は人々に適切なルートの計画と必要な装備品の装着を促しています。

Read more