Tag: るファミリーマート

軽減税率、線引き難しい例が無数 小売りの現場は困惑

軽減税率、線引き難しい例が無数 小売りの現場は困惑

  来年10月の消費増税と同時に導入される軽減税率をめぐり、小売りや外食の現場では困惑が広がっている。どの場合なら軽減税率が適用されるのか、線引きが難しい例が無数にあるからだ。8日に国税庁が新たな対応事例を公表したが、顧客にどう周知するかなど課題は多く、導入時の混乱が予想される。 関西地方にあるファミリーマートの店舗では昼食時、イートインコーナーの4席がすぐに埋まる。 軽減税率の導入後は、店内で売る弁当や飲み物は、持ち帰るなら税率8%だが、店内で食べれば10%。店側はレジで客一人ひとりにどちらなのかを確認する必要がある。 持ち帰り用として売った弁当を、客が勝手に店内で食べ始めることも想定される。コンビニ店主の男性は「追加の支払いは求めにくい。見て見ぬふりとなりかねない」。コンビニ業界は人手不足などで店員が1人になる時間帯もあり、チェックするのは難しいのが実情だ。 国税庁は、店の手間を省くため、目立つ場所に「イートインコーナーを利用する場合はお申し出ください」などと掲示すれば、客に確認したとみなすことにしている。ただ、実態として店内飲食が日常化しているなど意思確認が不十分な場合、店に対し、税率を計算し直して消費税の追加納付を求めることもあるという。 イートインをなくしてしまえば、税率は一律8%でいい。ただ、レジ横に並ぶ揚げ物などの販売促進にもつながるため、店にとって欠かせない設備。コンビニ各社は設備を増やしており、大手3社では約3割の店にある。ローソンの竹増貞信社長は「客も店のオペレーションも混乱しないことが重要だ」と指摘する。今後は、細かい対応マニュアルをつくる必要があり、コンビニ各社などが加盟する日本フランチャイズチェーン協会は、財務省と調整を進めている。

Translate

Popular Post

中国ではなく日本がアジアのインフラ投資コンテストで優勝する可能性があります。

中国がベルト・アンド・ロード・イニシアチブを通じたインフラ投資で東南アジアを訴え始める前は、日本がこの地域の開発資金のトップを占めていました。現在2つの大国が経済的影響と商業的影響のために競っているので、北京は戦いに勝ったが戦争を失ったかもしれないと言う人もいます。 すなわち、東京は北京の投資の莫大な量に匹敵することができないかもしれません、しかしそれは評判と地域の影響の点で、先にランクします、専門家によると。 政府が1990年代にインフラ接続の青写真を先導する前に1970年代後半に多国籍企業を通して最初に始まった新興アジアにおける日本のベンチャーは、G-7とOECDが「高品質のインフラ」と呼んでいるもののポスターの子と見られている。そのようなプロジェクトは、発展途上地域における全体的な物流を改善することに加えて、高い安全性、環境、信頼性および包含基準を誇っています。 例えば、国際協力銀行は、国道と港湾のアップグレードのためのベトナムへの貸付は、農村世帯の収入を増やし、貧困レベルを下げ、効率を高めたと主張している。 中国のXi Jinping大統領のBelt and Roadの下にあるいくつかのキャンペーンも「質の高いインフラ」と見なされているが、中国の権力を世界に広めるためのプラットフォームと長い間考えられてきた。 2018年の報告書で、「BRIの意欲的な投資水準では、新しいインフラストラクチャプロジェクトの実際の影響についてはほとんどわかりません」とシニアフェロー兼アジア研究プロジェクト担当アジアプロジェクトのディレクターであるJonathan Hillmanは述べています。 「その支出は、それを最も必要としている人々に役立つでしょうか。それは実行可能なプロジェクトか白い象に入るでしょうか。それは気候変動を助けるか、または傷つけますか。それは価値を創造または破壊しますか?」 地域のエンゲージメント透明度 専門家によると、日本の企業や政府関連機関によって構築された鉄道、通信ネットワーク、農業開発は、彼らが地域の利害関係者に提供する技術研修や教育で特に評価されています。それは東京とホスト国の間でのれんを培うのに大いに役立ちます。 安倍晋三首相の政権は11月に、東南アジア諸国が5年間で8万人の製造業およびデジタル業界の専門家を地域全体のスマートシティの構築を推進する手助けとすると発表した。対照的に、Belt and Roadの参加者はしばしば地元の関与がないことを訴えます - 多くの中国主導の建設努力は、地元企業を関与させるのではなく、中国から大量の材料と労働を輸入すると非難されます。 ベルトと道路プロジェクトのための汚職の恐れもあります。ある例では、中国当局はマレーシアでのインフラプロジェクトのコストを増大させることに同意したと伝えられている、とWall Street...

Read more