<アストロズ7-8エンゼルス>◇24日(日本時間25日)◇ミニッツメイドパーク

 エンゼルス大谷翔平投手(23)が、メジャー移籍後最速となる時速101マイル(162・5キロ)をマークした。昨季世界一のアストロズ戦に先発し、6回1死まで6安打4失点5四球7奪三振。今季3勝目こそお預けになったものの、メジャーの先発投手で今季最速を更新した。

大谷の一問一答は以下の通り。

-投球内容は

「粘れたところも、もう少しできたところもあったと思う。もう少しいいところを発揮できる場面はあった。やっぱり本塁打が痛かったかなと。投げたところはそんなに悪くなかったですけど、力のない球だったんじゃないかと思います」

-マメの状況は

「状態的にも、前回よりいい状態で入れたかなと思います」

-アストロズ打線は

「やっぱりいい打線だと感じましたし、なかなか自分の持っていきたいリズムに持っていけなかった。本当に素晴らしい打線だと思います。その打線に対して2連勝できたというのは、チームにとって大きいことだと思います」

-マルドナルド捕手がスペイン語でニックネームを付けたらしいが

「ホルヘです」

-2人の関係は

「ビジネスパートナーです(爆笑)。キャンプの時から僕が投げやすいようにやってくれると感じます。ワンバウンドもしっかり丁寧に止めてくれる。本当に感謝しかないです」

Source :

nikkansports

Next Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

seventeen − thirteen =

Translate

Popular Post

2018年に日本に居住する記録2.73ミルの外国人住民

記録的な2,731,093人の外国人が2018年末に日本で登録され、前年同期比で6.6%増加し、学生数と技術研修生の数の増加に支えられて、法務省は言う。 政府は、国内の深刻な労働力不足の中でより多くの外国人労働者を引き付けることを目的に、来月実施される新しいビザ制度の下で、外国人住民のさらなる増加を期待しています。 登録された居住者の中で、技術研修生は328,360または前年同期比19.7%増となり、留学生は8.2%増の337,000人でした。 国籍に基づき、中国人が764,720人で最大のグループを構成し、韓国人が449,634人で続いた。最も技術的な研修生を日本に派遣するベトナムは、26.1%増の330,835人の住民で3位にランクされました。 同省によると、1月1日現在、同国に不法滞在する外国人の数は11.5%増えて74,167人となった。 そのうち最大のグループは韓国人で、12,766人で、前年同期比0.9%の減少となった。 ベトナムは11,131で、64.7パーセントのジャンプで2番目に来ました、そして10,119で中国人が続きます。 特別永住権を持つ登録韓国人の数は321,416人に2.5%減少したが、永住権を持つ人は3%増の771,568人で登録住民の中で最大のグループを構成していた。

Read more