RelatedPosts

 

<イースタン・リーグ:日本ハム4-2楽天>◇26日◇鎌ケ谷

 日本ハムのルーキー清宮幸太郎内野手(18)が、第1打席で右越えの先制4号ソロを放った。

1軍経験豊富な9年目右腕、楽天戸村の2球目。143キロの直球を右翼芝生席へ運び「うまくタイミングが取れて、いい感じで打てました」と、振り返った。

この日は6試合連続「3番一塁」で先発フル出場。3打数1安打1打点だった。20日の同リーグ、ロッテ戦で公式戦1&2号を放った清宮は、22日同戦で3号をマークした。

Source :

nikkansports

Related Posts

Next Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

17 − 5 =

Translate

Popular Post

2018年に日本の山に座礁した記録3,129

  木登りやウォーキングなどの活動でブームが続いている中、記録的な3,129人の人々が昨年の日本の山々に取り残されたと、警察の報道は明らかにした。 事故件数は78件から2,661件に増加しましたが、1961年に比較可能なデータが入手可能になって以来、過去最高を記録しました。 これに対し、警察庁によると、死者や行方不明者の数は12人から342人に減少し、そのうち70%以上が60歳以上であるという。 全体では、50.5%の人が立ち往生し、71.9%の人が死亡したか、まだ行方不明になっていますが、60歳以上でした。 最大の苦痛を抱えているのは70歳以上の人で、698人(22.3%)で、60代の人は692人(22.1%)、50代の人は486人(15.5%)でした。 死者と行方不明者のうち、110、32.2%が70代、101、29.5%、60代、42、12.3%が50代でした。 活動別では、385(12.3%)が野生の野菜やキノコを選んでいました。 報道によると、ゲレンデ外スキーの間に合計111人の海外観光客が立ち往生していた。 都道府県別では、長野が297で最も多く、北海道が201、東京が147となっています。 78.4パーセントのケースで、立ち往生している人々は助けを求めるために携帯電話または他の通信機器を使用しました。 2013年以降、事故の数は毎年2,000件を超え、警察は人々に適切なルートの計画と必要な装備品の装着を促しています。

Read more