<オリックス7-0日本ハム>◇15日◇ほっともっと神戸

 日本ハム加藤貴之投手が6回途中でKOされた。

4回まではオリックス打線を1安打に抑える好投。5回は2死に、三塁から若月に先制の2点右前適時打を浴びた。この際、二塁走者のマレーロが暴走気味に本塁へ突入し、アウトのタイミングながら捕手のタッチをかいくぐられ、2点を失った。

さらに6回には1死一、二塁とされて小谷野に適時二塁打を許して降板。5回1/3を6安打5失点。「どんな展開でも先制点だけは与えないようにと思って投げていたんですけど、粘りきれませんでした。申し訳ない気持ちしかありません」と、肩を落とした。

Source :

nikkansports

Next Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

19 − five =

Translate

Popular Post

パイロットがアルコールテストに不合格になった後、日本の飛行機が遅れた

新しい規則にもかかわらず、副操縦士がアルコール呼気検査に失敗した後、今週初めに日本全日本空輸の国内線が遅れた。 飛行乗組員の飲酒を含むいくつかの事件が見出しに当たった後、日本がパイロットによるアルコール消費を抑えるための新たな規制を導入した後にこの事件が起こりました。 火曜日に、ANA副操縦士は322人の乗客と一緒にボーイング777を日本の西部の神戸から東京の羽田空港に飛ばすことになっていました。 しかし彼は呼気検査に失敗し、飛行の約6時間前に彼のホテルの部屋でビール1杯とアルコール飲料の半分の缶を消費したと言った。 交換用のパイロットが発見された間、飛行は1時間以上遅れました。 航空会社は声明の中で、それは「厳密に」事件を扱うだろうと述べた。 それは飛行の24時間前までにアルコールを飲むことからパイロットと共同パイロットを禁止しました。 昨年末、イギリスで日本航空副操縦士が逮捕され、飛行直前に法定限度の10倍近くの血中アルコール濃度で発見された後、10ヶ月間刑務所に投獄された。 彼は伝えられるところによれば飛行前夜に6本以上のワイン2本と1.8リットル以上(米国の4パイント近く)のビールを消費していた。 1月の規則変更の前は、日本は飛行前の航空機乗務員による飲酒に法的制限はなく、呼気検査は必要ありませんでした。

Read more