再入幕39歳 安美錦負け越しも「まだまだできる」

Source: nikkansports

 

<大相撲夏場所>◇9日目◇21日◇東京・両国国技館

 史上最高齢の39歳6カ月で再入幕を果たした西前頭16枚目安美錦(39=伊勢ケ浜)が、西十両筆頭阿武咲(21=阿武松)に負けて負け越しが決まった。正面からぶつかるも耐えきれず、引いてしまい押し出された。

負傷している膝の影響からか、今場所は思うような相撲が全く取れていない。それでも「しっかり当たってどんどん押していこうと思った」と言い訳はしない。両膝のテーピングの量が、負傷具合を物語っているが「やめることは簡単なこと。いつでもやめられる。しっかり向き合って今できることをやる。まだまだできることがあるから頑張ります」と、これからも土俵に上がり続ける。

Source :

nikkansports

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


eleven + two =