<大相撲夏場所>◇10日目◇22日◇東京・両国国技館

 横綱白鵬(33=宮城野)が、この日から再出場した小結遠藤(27=追手風)を下して1敗を守った。

立ち合いで一気に土俵際まで追い込んだ際にいなされたが、左に逃げる遠藤をさらに追いかけ、中に潜ってきたところをいなして送り出した。「いなされて離れた分、間をとりながらね」と余裕があった。

相手は負傷した上腕二頭筋にテーピングをしていて、負傷相手にやりにくさがあったかを問われるも「まぁ、一番一番ですよ」と気にはとめず。自身初の2場所連続休場明けからの優勝に向けて、1差で関脇栃ノ心を追う展開に「今まで通りついていくだけです」と淡々と話した。

Source :

nikkansports

Next Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

nineteen − 5 =

Translate

Popular Post

ゴーンの起訴状に追加の資金移動が追加された

  東京検察は、日産自動車の元会長Carlos Ghosnの起訴状に、不適切な口座振替に関する別の申し立てを追加しました。 検察は、ゴーンの資金運用会社はサウジアラビアのビジネスマンの会社から約1800万ドルを受け取ったと言っています。 彼らはすでにゴーンに悪化した信頼侵害の容疑で起訴している。彼らは、彼が日産の子会社からサウジアラビア人の男性の会社へ不適切に約1500万ドルを譲渡したと主張しています。 ビジネスマンが個人投資の損失をカバーするために約2700万ドルの曲にGhosnを助けた後に調査員らは不適切な資金の流れが起こったと疑っていた。 ゴーンは2008年にリーマン・ブラザーズが崩壊した後、約1600万ドルの潜在的損失を被った。 しかし検察官は、ゴーンの資金運用会社がそれ以前に1,800万ドルを受け取ったと信じている。 裁判が開始される前の5月23日に準備裁判所の手続きが開始されます。ゴーンの弁護士がこの訴訟にどのように対処するかに注目が集まっている。

Read more