<日本ハム2-5ロッテ>◇8日◇東京ドーム

 日本ハムが今季初の延長戦で競り負けて、連勝が5で止まった。

延長11回に6番手の井口がロッテ打線につかまった。2四球と申告敬遠で2死満塁となり、ロッテ田村に2点中前適時打を浴びた。さらに、打者走者の田村を一、二塁間に挟んでアウトを狙う間に一塁走者まで生還を許して一挙3失点で試合は決まった。

打線は12残塁と拙攻。4番中田は5打数無安打とブレーキで「今日は自分の責任ですね」と、結果を受け止めた。栗山英樹監督(56)は「(打線は)決められるところがいっぱいあった。でも、みんな一生懸命やっていた。申し訳ない」と、振り返った。

Source :

nikkansports

Next Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

15 − 9 =

Translate

Popular Post

中国ではなく日本がアジアのインフラ投資コンテストで優勝する可能性があります。

中国がベルト・アンド・ロード・イニシアチブを通じたインフラ投資で東南アジアを訴え始める前は、日本がこの地域の開発資金のトップを占めていました。現在2つの大国が経済的影響と商業的影響のために競っているので、北京は戦いに勝ったが戦争を失ったかもしれないと言う人もいます。 すなわち、東京は北京の投資の莫大な量に匹敵することができないかもしれません、しかしそれは評判と地域の影響の点で、先にランクします、専門家によると。 政府が1990年代にインフラ接続の青写真を先導する前に1970年代後半に多国籍企業を通して最初に始まった新興アジアにおける日本のベンチャーは、G-7とOECDが「高品質のインフラ」と呼んでいるもののポスターの子と見られている。そのようなプロジェクトは、発展途上地域における全体的な物流を改善することに加えて、高い安全性、環境、信頼性および包含基準を誇っています。 例えば、国際協力銀行は、国道と港湾のアップグレードのためのベトナムへの貸付は、農村世帯の収入を増やし、貧困レベルを下げ、効率を高めたと主張している。 中国のXi Jinping大統領のBelt and Roadの下にあるいくつかのキャンペーンも「質の高いインフラ」と見なされているが、中国の権力を世界に広めるためのプラットフォームと長い間考えられてきた。 2018年の報告書で、「BRIの意欲的な投資水準では、新しいインフラストラクチャプロジェクトの実際の影響についてはほとんどわかりません」とシニアフェロー兼アジア研究プロジェクト担当アジアプロジェクトのディレクターであるJonathan Hillmanは述べています。 「その支出は、それを最も必要としている人々に役立つでしょうか。それは実行可能なプロジェクトか白い象に入るでしょうか。それは気候変動を助けるか、または傷つけますか。それは価値を創造または破壊しますか?」 地域のエンゲージメント透明度 専門家によると、日本の企業や政府関連機関によって構築された鉄道、通信ネットワーク、農業開発は、彼らが地域の利害関係者に提供する技術研修や教育で特に評価されています。それは東京とホスト国の間でのれんを培うのに大いに役立ちます。 安倍晋三首相の政権は11月に、東南アジア諸国が5年間で8万人の製造業およびデジタル業界の専門家を地域全体のスマートシティの構築を推進する手助けとすると発表した。対照的に、Belt and Roadの参加者はしばしば地元の関与がないことを訴えます - 多くの中国主導の建設努力は、地元企業を関与させるのではなく、中国から大量の材料と労働を輸入すると非難されます。 ベルトと道路プロジェクトのための汚職の恐れもあります。ある例では、中国当局はマレーシアでのインフラプロジェクトのコストを増大させることに同意したと伝えられている、とWall Street...

Read more

Login to your account below

Fill the forms bellow to register

Retrieve your password

Please enter your username or email address to reset your password.