日大コーチ「心を育てるため過激表現」 反則指示は否定

Source: asahi

 

過激なことは言ったが、反則は指示していない――。アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で日大の選手が悪質なタックルをした問題で、日大アメフト部の前監督とコーチは23日、記者会見で「ルールを守るのが基本」と強調した。前日に会見した日大選手の証言と食い違う内容となった。

「誠に申し訳ありませんでした」。午後8時から始まった会見で、内田正人前監督は10秒ほど計3回頭を下げた。井上奨(つとむ)コーチも「私の未熟な指導、未熟な人間性で起こったことだと思っております」と謝罪した。

報道陣からは、危険なタックルの指示の有無について質問が集中した。

内田前監督は「信じていただけないと思うのですが、私からの指示ではありません」と指示を否定。ただ「フィールドで起こったことですので、私の責任だと思っております」と述べた。

タックルをした日大の選手は22日の会見で、試合当日に前監督から「やらなきゃ意味ないよ」と直接言われたと証言した。この点について内田前監督は「申し訳ないが、言っていないと思う」と語った。

井上コーチは「クオーターバック(QB)を潰してこいと言ったのは真実です」と認めた一方で「けがをさせる目的では言っていない」と断言した。「彼はすごく優しい子。闘争心、向上心、必死にやってほしかったんです」。時折、手ぶりを交え、言葉に詰まりながらも、あくまで選手を思っての指示だったと強調した。

「相手がけがをして秋の試合に出られなかったら、こっちの得だろう」「関学との定期戦がなくなってもいいだろう」。選手はこう声をかけられたと説明していた。井上コーチは「得か損か、そういう話はしていない」と述べる一方、「心を育てるために過激な表現になってしまった」とも話した。

危険なタックルの後も選手が試合に出続けたことについて、前監督は「ビデオを見るまでどの程度の反則なのかわからなかった」。井上コーチも「ああいう形は想定していなかった。試合に継続して出すことしか考えていなかった」と釈明した。

会見は23日夜に急きょ設定された。1時間半を超えて広報担当者が会見を打ち切ろうとすると、記者からは「日大のブランドを失墜させることになる」などの声が飛んだ。広報担当者が「(ブランドは)落ちません」「やめてください」などと声を荒らげる場面もあった。

日大選手の証言内容やこれまで指摘されていた疑問点に対する前監督やコーチの見解

「『相手のQBを1プレー目で潰せば出してやる』と言われた」→コーチ「監督から指示はなく、私が言った」

「『やらなきゃ意味ないよ』と監督に言われた」→前監督「言っていないと思う」

「『関学との定期戦がなくなってもいいだろう』とコーチに言われた」→コーチ「言った覚えはない」

「『相手のQBがけがをして秋の試合に出られなかったらこっちの得だろう』とコーチに言われた」→コーチ「得か損かの話はしていない」

反則行為後になぜ交代させなかったか→前監督「ボールを見ていてプレーを見ていなかった」、コーチ「継続して出してあげたかった」

Source :

asahi

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


13 + two =